禁煙を始めてみませんか?


広島大学は2020年1月より, 敷地内全面禁煙となります。この機会にぜひ禁煙しましょう。

保健管理センターは、学生・教職員の禁煙支援、相談を行っています。

学生(学部生、大学院生)の方では、ニコチンパッチによる禁煙治療が必要な場合は、無料で処方します(2018-2020年度)。そのほか医療機関の禁煙外来の紹介も行っています。
禁煙治療をご希望の方は、保健管理センターのホームページから予約してください。

・予約はこちらから

なお、禁煙相談や医療機関の禁煙外来ご紹介は、別にもお受けできますので、ご相談のある方は、保健管理センターまでご連絡ください。(学内者限定)
    ・東広島キャンパス :6192 (電話受付時間:9:00〜16:00)
    ・霞キャンパス   :5096 (電話受付時間:9:00〜16:00)
    ・東千田キャンパス :2199 (電話受付時間:13:00〜16:00)


こんなにあるたばこの害 

1.本人への影響

日本人が命を落とす最大の原因がたばこです。たばこは、脳卒中や心臓病をはじめ、多くの病気と関係しており、年間約13万人がたばこが原因で亡くなっていると報告されています。


(厚生労働省検討会報告書 喫煙の健康影響に関する検討会編: 喫煙と健康、2016)


2.周囲への影響

たばこの煙には5000種類以上の化学物質、70種類の発がん物質が含まれています。 わが国では、受動喫煙が原因で、脳卒中、虚血性心疾患、肺がん、乳幼児突然死症候群(SIDS)の病気で年間1万5千人が死亡していると推計されています。
受動喫煙による他人に対する危害を防止するためには、マナーにゆだねるだけでなく、社会としてたばこが吸える場所を規制することが必要です。


 上手に禁煙するために 

1.禁煙に成功しやすい方法とは?

禁煙は自力でも可能ですが、ニコチンパッチやニコチンガム、内服薬といった禁煙補助薬を利用すると、ニコチン切れの症状を抑えることができるので比較的楽に、しかも自力に比べて3〜4倍禁煙に成功しやすくなることがわかっています。

 

2.自分にあった禁煙方法を選ぼう

タイプ別にお勧めの禁煙方法の目安を示しました。自分に合った禁煙方法を選びましょう。


  禁煙方法   お勧めのタイプ
  医療機関で禁煙治療を受ける    ・ ニコチン依存度が中程度〜高い人
 ・ 禁煙する自身がない人
 ・ 過去に禁煙して禁断症状が強かった人
 ・ 精神疾患など,禁煙が難しい特性がある人
  薬局・薬店でニコチンパッチや
  ニコチンガムを使ってやめる  
 ・ ニコチン依存度が低い〜中程度の人
 ・ 禁煙する自信が比較的ある人
 ・ 忙しくて医療機関を受診できない人

(内容は厚生労働省「禁煙支援マニュアル(第二版)増補改訂版を一部改変)

健康情報のページに戻る