腸管出血性大腸菌(O157など)の感染にご注意


 
 大腸菌  大腸菌は人の腸内にも存在しますが、一部のものは症状を引き起こし病原性大腸菌とよばれます。
中でも毒素を産生し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こす腸管出血性大腸菌という
要注意の大腸菌があります(O157、O26など)。
 季節  季節的には夏から秋は腸管出血性大腸菌が多発しやすく,十分注意が必要です。
 症状  症状は無症状から,腹痛・下痢で血便を伴うもの,そして重症化して溶血性尿毒症症候群など様々です。
抵抗力のない方,小児,お年寄りは注意しましょう。
 予防   ○手洗いを励行しましょう。
 ○肉などは新鮮なものでもよく加熱しましょう。
 ○手指,食材はよく洗浄しましょう。
 ○調理器具はよく消毒しましょう。
 ○食品は適正な温度で保管し,加熱の際は十分にしましょう。 
 ○下痢や発熱など,体調が悪い場合は,医療機関を受診しましょう。

《 さらに詳しい情報は,下記のページもご覧ください 》
-- 参考となるページ --

◎腸管出血性大腸菌による食中毒を防ぎましょう(広島県作成)

◎腸管出血性大腸菌Q&A(厚生労働省作成)

◎食中毒全般について(厚生労働省作成)


====================================================================
【 連絡先 】

[ 東広島地区]電話番号:082-424-6192
[ 霞地区]  電話番号:082-257-5096
[ 東千田地区]電話番号:082-542-6970