1 自筆草稿類

(1) 

(2) 小説・

(3) 短・俳句

(4) 評論・主張

(5) 台・シナリオ類

(6) 絵画(習字含む)

 

註:以下、網掛けは一綴りのノートや詩集などの始まりと終わりを示す。*印は他の箇所、主に「文化活動」の項にも掲載あることを示す。

 

(1) 詩

 

資料

番号

資料名

資料詳細

日付

形態等備考

M1934

裸木

不明

鉛筆書 A5ザラ紙1枚 署名

M1935A

そよ風

不明

鉛筆書 A5ザラ紙1枚

M1937A

懸命に立っている

裏面 「生まれて…」

不明

ペン書 薬包紙1枚

M1709B

潮鳴り

11 ~ 12 晩春

M1709 所収

 

 

 

 

 

T0380

詩集

表紙:詩集

鳩時計 みつよし

13 08 ~ 16 01 01

T0381 – T0499 記録

T0381

白い生活

13 08

『療養生活』入選

T0382

テント虫

 

頁下段

T0383

ホタル

 

頁下段

T0384

美しい日は去る

13 10

『療養生活』首位入選

T0385

暑い日

14 07

『療養生活』入選

T0386

柘榴

 

『療養生活』入選

T0387

夏祭

13 09

『療養生活』入選

T0388

秋の小山

 

 

T0389

青い星

14 03

『療養生活』入選

T0390

ゆふべ

14 03

『療養生活』入選

T0391

白蛾

14 10 29

 

T0392

ぼんがん靴

 

 

T0393

あさ・ひる・ばん(タカシをよめる)

14 晩秋

 

T0394

よいあさ

 

 

T0395

くれがた

 

 

T0396

たばこ

 

 

T0397

夏の夜

 

 

T0398

走りゆく波

14

下段使用

T0399

くすり詩抄

14 07

 

T0400

無題「銀の木靴が・・・」

 

他作品の一部か

T0401

無題「ヒルムのように・・・」

 

他作品の一部か

T0402

瞼の裏の印象

 

 

T0403

瀕死の金魚

 

 

T0404

秋の林

 

 

T0405

石蕗

14 10

 

T0406

冬鶯

 

 

T0407

14 12 23

 

T0408

14 11 22

『療養生活』入選

T0409

春雪の夜(ポストへと或る便りを)

15 02

 

T0410

雪解

14 12 26

 

T0411

寂寥

15

 

T0412

猫抱いて

 

 

T0413

早春

 

頁下段 『療養生活』及び『療養日記』輯録

T0414

瞑想

15

 

T0415

或る夜の私・Q氏

 

 

T0416

庭で

 

頁下段 『療養生活』及び『療養日記』輯録

T0417

椿と山脈

 

 

T0418

沈丁の花

 

 

T0419

追恨

 

 

T0420

或る唄

 

 

T0421

二つの草花

14 04 26

 

T0422

希ひ

15 01 15

『健康ニュース』15年6月号掲載

T0423

わが季節のImage(イメージ)

 

 

T0424

えみ

 

 

T0425

病ひ篤き時の或る心象

 

上段欄外

T0426

短劒

 

 

T0427

リリィ島では(小唄風に)

 

 

T0428

習作

 

 

T0429

みどりいろの夢

 

 

T0430

押花に寄せて

15 05 27

 

T0431

洋紅の詩

 

 

T0432

夕方

 

 

T0433

空をごらん

 

 

T0434

道化師の朝の唄

15 05

 

T0435

デス・マスク

 

 

T0436

青い焰のやうに

 

 

T0437

心のたから

 

 

T0438

ひかり

 

 

T0439

おとうと(スティーブンソン・ほんあん)

 

 

T0440

春の唄(小英雄を読みて)

15 05

 

T0441

たそがれの心象

 

 

T0442

夏祭

13 07

『療養生活』入選

T0443

幻影

12 08

『療養生活』入選

T0444

臥椅子にて

15 10

 

T0445

心の風景 (1)飛行機(2)潜航艇

15 10

 

T0446

無題

 

 

T0447

夢魔

15 09

 

T0448

訪れ

 

 

T0449

星を見ながら眠るとき

 

 

T0450

朝の徑にて

15 10

 

T0451

眞白なる壺

 

 

T0452

峠の秋

 

 

T0453

無題

 

 

T0454

わが愛するもの

15 10

 

T0455

永遠の座~故谷山巖君の霊に捧ぐ~

15 11 21

 

T0456

絶頂

15 10

 

T0457

絶頂

15 10

 

T0458

春の夜の言葉

 

 

T0459

思い出

 

 

T0460

灯火を

 

 

T0461

 

 

T0462

祈り

16 02 08

 

T0463

美しき序詩

 

 

T0464

黄金の牛

 

 

T0465

季節の鈴

 

 

T0466

灯ともし頃

 

 

T0467

初秋の島

 

 

T0468

 

 

T0469

白き梢

 

 

T0470

憧憬(海を隔てての)

16 05

 

T0471

アラビヤの黄金

 

 

T0472

遺す言葉

 

 

T0473

岬の家

 

 

T0474

汽笛に寄する想念

 

 

T0475

歴史

 

 

T0476

かたばみ

 

 

T0477

別離

 

 

T0478

水禽(みづどり)

 

 

T0479

 

 

T0480

まこと

16 07

 

T0481

16 08

 

T0482

自然意志

 

 

T0483

お空に住んでいるもの

 

 

T0484

ネギの根

 

 

T0485

たのしさ

 

 

T0486

お正月

 

 

T0487

小鬼

 

 

T0488

青い海の絵

 

 

T0489

勉強

 

 

T0490

ピアノ

 

 

T0491

16 10

 

T0492

南瓜畑を行きし時

 

 

T0493

川端に涼む若き母親

 

 

T0494

孤獨

16 09

 

T0495

中年の勞働者

 

 

T0496

鳶と私

16 02

 

T0497

私の世界

16 10 ~ 16 11

 

T0498

秋空

 

 

T0499

引用

コサック古代民謡より

 

 

 

 

 

 

 

T0261

詩集

つる草文集 みつぼしの署名

「古きノートより」と「詩集(主として小曲) 峠みつよし」を合冊

14 09 ~ 20 03

T0262 – T0322 記録

T0262

詩集(合冊の1)

「古きノートより」

 

T0262 – T0299 記録

T0263

白い外套(奉秋の夜に)

 

 

T0264

僕の手

14 09  

『療養生活』掲載

T0265

早春譜

11 

 

T0266

埋火

 

 

T0267

椿

11 

 

T0268

つとめ帰り

13 

 

T0269

ざくろ

13 

 

T0270

回想

13 12 24

『療養生活』掲載

T0271

銀の笛

 

 

T0272

11 

 

T0273

月夜

11 08

 

T0274

月夜

11 08

 

T0275

11 09

 

T0276

花散れば

11 10

 

T0277

夕焼け

11 10

 

T0278

11 10

 

T0279

渚には

14 08

 

T0280

13 

 

T0281

英魂に捧ぐ (英霊を讃える歌応募作)

14 10

 

T0282

英霊讃頌

14 10

 

T0283

大陸行進曲 応募作

13

 

T0284

朝静か

14 09

 

T0285

凍雲

14 10

 

T0286

石蕗

 

 

T0287

からの花 ~ 西お兄よりもらいし花

15 02 16

 

T0288

王冠

14 11 22

 

T0289

勤労奉仕の歌

14 10

 

T0290

月夜

14 08

『療養生活』掲載

T0291

悲しみ

14 11

 

T0292

愛国行進曲

 

 

T0293

誰も知らない喫茶店

14 12 26

 

T0294

或る突撃の歌

 

 

T0295

菊 国民歌謡応募

15 10

 

T0296

憧れ

15 10

 

T0297

我が家

 

 

T0298

 

 

T0299

幻影

12 07  

「はじめて活字となりし詩」とあり『療養生活』掲載

 

 

 

 

 

M2093

大土堤に上れば

16

ペン書 原稿用紙3枚(1欠落)

 

 

 

 

 

T0300

詩集(合冊の2)

詩集(主として小曲) 峠みつよし

 

T0301 ~ T0322 記録

T0301

雪崩

18 06 25

 

T0302

梳雲

18 10

 

T0303

姉のコラールの為に(2)

19 03

 

T0304

嘆きの聖母(美戸律子コラール一當に附して)

 

 

T0305

調べの想い(絵に添えて)

19 04 21

 

T0306

生くるといふ事は

19 05

 

T0307

或る日

19 05

 

T0308

二人の姉

19 05

 

T0309

19 05

 

T0310

み楯の日

19 08 16

 

T0311

心の園

19 08 17

 

T0312

近寄っては!

19 08 17

 

T0313

懐しき

19 08

 

T0314

神のよろこび

19.8

 

T0315

えみ

18 09 03

 

T0316

悲しみの

19 09 03

 

T0317

痴愚

19 06

 

T0318

友(T.T.君へ)

19 09 13

 

T0319

石蕗の花

19 09 18

 

T0320

秋の人

19 10

 

T0321

驚きと歓びと

19 10

 

T0322

花鉢

20 03

 

 

 

 

 

 

T0136

詩集

NOTE BOOK 詩(三)」

16 ~ 17 初頭

T0137 ~ T0174 記録

T0137

痛み

16 11

 

T0138

勇者

16 11

 

T0139

宝石

16 02

 

T0140

追想

16 11

 

T0141

晩秋茶房譜

16 11

 

T0142

珠數のやうに

16 11

 

T0143

その人~聖画に題して

16 11

 

T0144

海のあをきを

16 11

 

T0145

野にて

16 11

 

T0146

秋の思ひ

16 11

 

T0147

盲目の児と瑪瑙の塔

16 11

 

T0148

失ひ

16 11

 

T0149

白い寝巻

16 12

 

T0150

方向

16 12

 

T0151

病臥しつつ

16 12

 

T0152

原生

16 12

 

T0153

らっきょうに寄せて

16 12

 

T0154

昭和十六年十二月八日の詩

 

 

T0155

流れに歌ふ

16 12

 

T0156

紅の(シルシ)

16 12

 

T0157

顯示

16 12

 

T0158

夢いまだ

16 12

 

T0159

求め

16 12

 

T0160

薄暮

16 12

 

T0161

此の時

16 12

 

T0162

恩寵

16 12

 

T0163

花を入るると

16 12

 

T0164

街角の陰

16 12

 

T0165

小さい詩

16 12

 

T0166

燐寸の火

16 12

 

T0167

動いてはいけない

17 01

 

T0168

心に

17 01

 

T0169

立札

17 01

 

T0170

17 01

 

T0171

17 01

 

T0172

親切にしてやったとき

17 01

 

T0173

それはほんの他愛のない

17 01

 

T0174

あらはれ

17 01

 

 

 

 

 

 

T0175

詩集

シ(四) 峠 光芳

17 ~ 18

T0176 – T0213 記録

T0176

過程

17 01

 

T0177

立場

17 01

 

T0178

メシ(苦しき日に)

17 01

 

T0179

―或る苦しき日に 六編

17 01

 

T0180

横ざまの陽かげの中にR~雨之助先生の為に~

17 02 25

 

T0181

残照(まどゐの療友達へ)

17 02 初旬

『療養生活』17年4月号掲載

T0182

水音 「何処かで・・・」

17 02

 

T0183

噫!否!(死の刻に寄せて)

17 02

 

T0184

美しき時(青春)の秘密

 

 

T0185

天才

17 03

 

T0186

「七洋制覇の歌」応募作

 

 

T0187

河沿ひに歩いてゐると

17 06

 

T0188

求め

 

 

T0189

花を手折るときに

 

 

T0190

結核恢復者(複十字人)

17 10

 

T0191

負けさうな刻

18 03

 

T0192

早吉の死(頼雄への頼りに添えて)

 

早吉:三戸家の雄鶏

T0193

春夜の賦

 

 

T0194

聲客

18 09

 

T0195

ダリアと赤児

18 10 25

 

T0196

一途

18 09

 

T0197

朧夜

18 10 26

 

T0198

領域

18 10 28

 

T0199

かかる時にも

18 06

 

T0200

五月

18 06

 

T0201

結婚

18 06

 

T0202

愛苦

18 11 03

 

T0203

曇天薄暮

18 11

 

T0204

透身の踊り

18 11 23

 

T0205

日本は勝つ(山本兵長の記事に感動して)

17 08 26

 

T0206

或る未明の戦闘(突撃)

17 03

 

T0207

梅雨曇りの歌

18 06

 

T0208

暁の戦闘

17 03

 

T0209

遠い谷間

18 06

 

T0210

地圖

17 02

 

T0211

日輪の国

 

 

T0212

みどりなす

 

 

T0213

覚書

ショパンの“澄心”について

 

 

 

 

 

 

 

T0101

詩集

表紙「(詩二) ゆたか・みつぼし・光芳・峠」、第一頁「推稿一束 回想のよすがに みつよし」と記

15 ~ 21

T0102 ~ T0135 記録

T0102

比喩

 

 

T0103

夕ぐれ(映像)

 

 

T0104

おもかげ

15 03

 

T0105

幻想の地に

15 05

 

T0106

鞦韆

 

 

T0107

郷里

 

 

T0108

便りに添って

15 05

 

T0109

聾唖学校に移譲せられたる旧校舎の講堂に寄せて

 

 

T0110

 

 

T0111

夕ぐれは

 

 

T0112

ゆたかな寂しさの

 

 

T0113

一筋の道 ~ 故成瀬軍曹に捧ぐ~

 

 

T0114

ジャック(戦死した犬の為に)

 

 

T0115

初秋の頃

15 08

 

T0116

そのまぶた

 

 

T0117

短歌

紫なせる(ある人に)

 

 

T0118

知りたいこと

 

 

T0119

思慕

 

 

T0120

貧しき児

 

 

T0121

さくらんぼ

 

 

T0122

はつ夏の少女(ヲトメ)

 

 

T0123

惜離

 

 

T0124

 

 

T0125

囚はれ

16 07 17

 

T0126

ヴィンの森の物語―或る人の夢に和して

 

 

T0127

怖しき悲しみなく

 

 

T0128

蟋蟀

 

 

T0129

昔の家族

 

 

T0130

(ウシオ)浮標(ブイ)

 

 

T0131

慰め

 

 

T0132

滅亡

 

 

T0133

そのこと

 

 

T0134

月夜の雲

 

 

T0135

心の船

 

 

 

 

 

 

 

M1938

「あゝ学舎もこの業も…」

18 11 27

鉛筆書 便箋1枚両面

M1939

「南の風が湿りを…」

19

ペン書 ザラ紙1枚

M2006

「復活祭に寄せて」ほか

19

B5罫紙1枚両面

 

 

 

 

 

T0545

詩集

詩集 S.TOGE

19 ~ 20

T0546 – T0574 記録

T0546

道程

19 01 03

20 01 訂正

T0547

或る想念

19 03

 

T0548

 

 

T0549

顯示(「逸楽」を変更)

19 04 05

 

T0550

讃美のうた 姉のコラール作曲のために

19 03

 

T0551

別れは

19 04 08

 

T0552

夕ぐれは

19 04 10

 

T0553

樹木と神

19 04 11

 

T0554

二度目の思慕(おもい)

18 05

 

T0555

そうして!

19 04 12

 

T0556

楽想

19 04 23

 

T0557

老人

19 05 30

 

T0558

子供

19 04 17

 

T0559

揚棄(宣戦)

19 05

 

T0560

藤樹の死に寄す~その日我は観能の席にありき~

 

 

T0561

或る少年の手紙

19 05

 

T0562