Activities

Report on 2018 HINDAS 3rd Regular Seminar

Organizer: HINDAS

Date: 13:30-16:50, Saturday, July 21st, 2018

Venue: Large Conference room, 1F, Faculty of Letters, Hiroshima University

 

<Program>

Yoshimi UNE(Kanazawa University):

「コインバトール地域の紡績工業からみた南インド繊維産業の流通構造と労働市場」

本報告は2回に渡ってタミル・ナードゥ州コインバトールで調査した11の紡績工場の分析をもとに,同地域における紡績工業の流通構造と労働市場に着目し,南インド繊維産業の存立構造を考察した。

タミル・ナードゥ州はインド最大の織布産地であり,その中心がコインバトール州である。一方,同州では紡績部門の川上・川下にあたる綿花生産および織布生産が近年減少している。そのため,コインバトールの紡績工場にとって,遠方からの原料調達および遠方への製品出荷が求められ,そうした取引相手の獲得が成長の重要な鍵となる。このような工程間の流通部分を担うのが地域内外の個人エージェントである。彼らは個人的人脈や情報,言語能力によって売り手と買い手を結びつけ,繰り綿業者と紡績工場,紡績工場と織布工場といった工程間の流通を担っている。

当地域は,2000年代中頃以降に労働者不足となり州外労働者の流入が顕著になってきた。現在は多くの州外労働者が当地に滞留し,より給与と待遇の良い職場を渡り歩くジョブホッピングが一般化している。これにより紡績工業における労働者の獲得競争の激化を招いていることが窺える。

質疑では,ムンバイーやアフマダーバードなど他産地の盛衰との因果関係,ワーカーの技術的要求水準,個人エージェントによる流通の将来性,工程間地域間分業に関する研究における流通やエージェントの役割とその位置付けなどに関して質問やコメントが寄せられた。

 

    

 

Katsuki UMEDA(Chiba University):

「大都市近郊における商業的酪農の勃興―デリーとベンガルールの事例から―」

 

    

 

Taeko UESUGI(Senshu University):

「ムンバイにおけるジュエリー産業の集積に関する一考察」

本発表では、ムンバイ都市圏に集積しているジュエリー産業について報告した。ムンバイのジュエリー産業では、高級ブランドが貴金属、宝石をふんだんに活用したジュエリー生産・販売しているだけでなく、ファッションジュエリー・イミテーションジュエリーと言われる金メッキ製などの格安ジュエリー生産・販売が盛んである。高級ブランドはムンバイ各地に直営店があり、郊外住宅地にもブランドショップの集積地が存在している。イミテーションジュエリーについては、都心のフォート地区内にあるザベリバザールに大集積地がある。ザベリバザールは卸売(小売、工場も)が中心で、その販路はインド国内だけでなく中東や欧米地区などグローバルに広がっている。近年ではインターネット通販に展開しており、インドのイミテーションジュエリー流通のグローバルハブとなっている。  

     

                             

 

 


Language:Japanese  

To top page