Activities

Report on 2019 HINDAS 6th Regular Seminar

2019 HINDAS 6th Regular Seminar

 

Date: 13:30-17:00, Saturday, 25th, January, 2020

Venue: Large Conference room, 1F, Faculty of Letters, Hiroshima University

 

<Program>

Shiho TANAKA(Graduate Student, Hiroshima University/Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science):        

バングラデシュ国境地域小規模少数民族の生活と就学 -クミとコーチュの事例より-

本研究発表においては、バングラデシュの少数民族の中でもマイノリティな立場にある小規模少数民族「チッタゴン丘陵地帯系のクミ」と「北部平野部系コーチュ」に焦点を当てて、その生活と就学実態を報告した。2017年に初等教育純就学率 97%、初等教育終了率78%を達成し、教育の量的拡大から質的向上のフェーズへ移行したバングラデシュであるが、多くの途上国と同様にラスト10%の子どもたちへの教育普及が課題となっている。2017年から少数民族に対して母語教育を進めているものの、対象となっているのは大規模少数民族である。そこで、バングラデシュの少数民族の多様性を描くために、未だモノグラフの少ない小規模少数民族村落での世帯主に対する質的手法による悉皆調査を2017年から進めている。調査の結果、クミの場合は地理的要因等から村内や近隣に学校が設置されていない場合が多く、量的拡大が未だに課題となっていることが分かった。その一方、コーチュはほぼすべての子どもたちが(障害児2名のみが就学できていなかった)初等教育にアクセスを果たしているが、初等教育の普及は見られたがそれ以降の進学へのモチベーションの向上が見られないことを確認することができた。今後、教育の施行者側に対する調査を進めその実態を明らかにしていきたい。

会場からは、バングラデシュのみならず人類学の視点による研究をアジア全体に視野を広げてレビューすることの必要性や、教育と生活の変化の関連性等幅広い質問とコメントが出され、活発な議論が展開された。

 

                               

 

Masaood MOAHID(Graduate Student, Hiroshima University):

“The role of input suppliers' credit in farm inputs acquisition in Afghanistan”

Access to improved technologies largely depends on the availability of credit. Access to formal credit is shallow in Afghanistan, and the farmers largely relay on the informal credit. Input supplier credit is one of the informal sources of credit to the farmers in Afghanistan.

Using qualitative data from the interviews of 23 farmers and ten input suppliers in the three cities in Afghanistan, this study aims to analyze the role of the credit obtained from input suppliers in farm investment, the reasons for receiving and giving credit, and the problems faced.

The study also analyzes the advantages the input suppliers have over financial institutions. These advantages are necessary for designing effective formal credit programs.

The credit was provided to the farmers in-kind, which is acceptable to the farmers as it complies with Islamic doctrines of finance. The credit reduced the risk of underinvesting in production. However, it did not help in acquiring capital goods and long-term investment. The credit was mainly based on a personal relationship. The short repayment period and the lack of transparency were the challenges faced by the farmers.

Input suppliers give credit mainly to expand their businesses. Default and currency risk were the main problems they faced.

In lending to farmers, input suppliers have advantages over financial institutions in acquiring information, controlling borrowers, and in the social acceptance of the credit they disburse.

The study suggests suitable policies to increase access to formal credit for farm investment in Afghanistan.

Formal credit is given based on proper structures that has more transparency, can be accessed by a higher number of farmers. Therefore, formal credit should complement input suppliers' credit while incorporating the advantages of the input suppliers' credit to the possible level.

Most questions from the audience were on the proposed model. I explained how the proposed model would complement the shortcomings of the input suppliers' credit for agriculture in Afghanistan.
The proposed model is the Murabaha credit, which incorporates many of the advantages of input suppliers' credit. For example, this is based on Islamic finance, which is acceptable to farmers in Afghanistan. Murabaha is credit in-kind, so the risk of credit diversion is lesser; it links financial institutions with the input suppliers. Connecting financial institutions with the input suppliers decrease the credit risk and the informational constraints to some extent.

Furthermore, Murabaha is more transparent as the farmers would know the purchase price of the inputs.

 

                            

 

Yusuke BESSHO (Komazawa University):

現代中国の南アジア向け『仏教外交』―コルカタとブッダガヤを事例に

本報告では、現代中国が南アジア向けに行っているインフラ構築とそれに伴うソフトパワー戦略を「仏教外交」の視点から検討するため、北インドにおいて仏教関連史跡が集中しているビハール州、および華人系居住区が現在も機能しているコルカタでのフィールドワークを元にした報告を行った。「仏教外交」とは、現代中国が南アジア向けのインフラ投資に伴って採用している“アジア仏教の復興と繁栄”という文化的な開発スキームである。これは「一帯一路」と呼ばれる中国主導のユーラシア経済再編構想と結びついており、中国と南アジア諸国との間の「文化的近縁性」を誇示することで開発推進を円滑化するソフトパワー戦略の一環として位置づけることができる。現在、中国がインド向けの仏教外交を展開する上で重視しているのが、唐王朝の時代にインドへ往復した玄奘三蔵をめぐる文化資産である。本報告では、ビハール州のブッダガヤ、ラージギル、ナランダ、およびコルカタの華人地区などで得られたフィールドデータをもとに、かつて古代に仏教を媒介としてインドと中国を結んだ玄奘関連の文化資産が実際にどのように利活用されているのかについて、初歩的な検討を行った。

 

                             

 

 

 

 

To top page