HOME > 配属希望の方へ > 研究室生活の紹介

Life in HiTEL


  • A short video

  • For the 1st JSD Alumni Gathering in Vietnam on March 29, 2013, prepared by Luong Thi Kim Oanh, Nguyen The Ngoc Anh, and Tran Hoang Hai Nam

  • 交通工学研究室OB 中島英樹[外航海運会社内定]

    nakashima Research Title;
    突発的事象時を考慮した旅行時間予測手法の開発と適用(仮)
    Supervisor; 藤原章正 教授
    <一言>

    前に出てのエラーはOK!(野球)

    ■なぜ、交通研を選んだか?

    ・研究を通して政策的な視点、即ち幅広い視野を持てる点に、魅力を感じたため!
    ・英語が当たり前に飛び交う環境、論理的思考を鍛えられる環境 ェ自身にとって有益なものであると確信したため!

    ■1日のタイムスケジュール

    <9:00~12:40>研究室到着、研究に打ち込む
    <12:40~13:10>会館食堂にて昼食
    <13:10~13:30>芝生で仮眠
    <13:30~>研究、雑務、TAの準備、アルバイトをバランス良くこなす
    <18:00~20:00>重要なゼミ
    ※重要なゼミが夜にある、いわゆる夜型の研究室です。

    ■研究室生活の特徴は?

    何と言っても国際色豊かな環境。プチ留学と言っても過言ではない!(全国探しても珍しいよ) あとは責任を持って自分の研究をすること。質・量共に個人の裁量に任される部分が多いので時間をしっかり管理して良い研究をしてください。(良い研究;世の為になる制度設計、理論構築、事象分析等) またイベント係のおかげで、楽しいイベントが目白押し!(フットサル大会、BBQ、サッカー観戦等)

    ■先生との関わりは?

    先生方は4人とも、時には厳しく、時には父親のように優しくしてもらっています。道に迷った時には必ず助言をくださいます。基本的には飲み会がお好きで、一緒に飲める時は腹を割って話す事ができ、また先生方の面白いお話が聞けてとても楽しいです!

    ■後輩へのメッセージ

    対外的な視野を広げたい人には絶好の環境です。また先輩はみな面倒見が良く大人です。留学生はみな温かみがあり、また尊敬出来る人ばかりです。ここで1年または3年または6年過ごす事で、きっと大きく成長しているはず!

    ページのトップへ