HOME > 配属希望の方へ > 研究紹介

交通工学研究室OB 田中健太

ohya Research Title;
パーソナルモビリティ導入を前提とした走行ネットワーク選定手法の提案(仮)
Supervisor; 藤原章正 教授
<一言>
海外留学しているような環境で研究しています!

■どんな研究か?

私は「オールド・ニュータウンの再生」の一環の研究をしています。今後、ニュータウンでは急速な高齢化が進行し、自由に移動ができず、買い物や友人との交流な ヌが難しくなるという問題が生じ、“オールド・ニュータウン”となり衰退の一途をたどってしまうといわれています。この研究ではこの問題点に着目し、近年開発が進んでいる“パーソナルモビリティ(以下PM)”を利用し、元気な高齢者で賑わうニュータウンへと再生を目指しています。僕の研究では、実際にニュータウン内をPMが走行するためのどのような道路走行環境を整備すべきか、安全性の検討を行っています。
※詳しくはHP「オールド・ニュータウン再生」をご覧ください

■どこが面白いか?

この研究では、現地調査や社会実験のため、広島市高陽ニュータウン住民の方々に協力を頂いています。論文レビューや分析をデスクだけが研究場所ではありません。実際にニュータウンを見て歩くこと、住民の方からお話をお聞きすることも私にとっては貴重な研究の一環です。研究的視点を学びながら住民の方の声にも触れる、これがまちづくりの醍醐味だと感じながら研究に取り組んでいます。

■どう社会に役立つか?

ニュータウンは日本各地に存在します。かつて夢のニュータウンとしてあこがれの的であった賑わいを再び呼び起こすべく、現代の社会に見合った形で再生させる。それは今後社会の主役となっていく高齢者へ新しいライフスタイルを提供し、ひいては日本社会の賑わいを復興させることにつながっていくと信じて研究をしています。

■将来のキャリアにどう活かすか?

研究テーマの「高齢者の移動手段確保」は今後日本社会が直面する大きな課題です。研究を通して得た経験と知識を生かし、明るく元気な高齢社会創出の担い手として社会に役立っていきたいと考えています。

交通工学研究室OB 土井翔悟

nakashima Research Title; 都心の活性化について(仮)
Supervisor; 張峻屹 教授
<一言>
『馬鹿者よ,大志を抱け!』

■どんな研究か?

 皆さんは買物される時に,どこへ行きますか?どうやって買い物に行きますか?
 広島市にはたくさんの大型ショッピングモールがあります.皆さんも車でソレイユに行ったりしますよね.ソレイユなんかはオシャレなアイテムが揃う場所ですし,一つの場所で多くの買物が出来るのでとても便利です.一方で考え方を変えてみると,本通り周辺のお客さんが減っている事も事実です.紙屋町周辺が街として活気がなくなるといわゆるドーナツ化現象などにも繋がるかもしれませんし,皆さんが車で行きやすい x外のショッピングモールばかりに行ってしまうと沢山のCO2が排出されて地球温暖化をも助長してしまうでしょう.
 このような背景から,僕は都心で買物をする人々を増やそうと頑張っています.都心が活性化されて沢山の人が買物してくれれば,有名ブランドも広島へ出店してくれると思うんだけどなー.

■どこが面白いか?

先程の紹介を見てどう思いましたか?『買物』と言うとっても身近な行為をテーマにしています.少し良い事ばかり書きすぎたかもしれませんが,考える力が必要です.先生に指示されて実験し,条件を変えて繰り返し・・・と言う研究とは少し異なった題材となっています.

■どう社会に役立つか?

 ここだけ少し真面目に書きます.地球温暖化を防ぐためにも温室効果ガスの一つであるCO2の排出量を削減する事が世界全体での昨今における課題です.色々なアプローチがあると思いますが,この研究はその中の一つです.郊外の大型ショッピングセンターへは車での訪問が前提として設計されています.この事はCO2の排出に繋がっていると考える事が出来るでしょう.そもそもCO2の排出量の削減は,皆さんもご存知かと思いますが,京都議定書で定められています.この効力も2012年で無くなり,今後新たな枠組みを制定する上で日本も主導的となり議論を進めていかなければなりません.…と大きく見れば世界を動かす(かもしれない)研究です.

 もう少し別の視点からミクロに見てみましょう.郊外のショッピングセンターは,車を運転することの難しいお爺ちゃんやお婆ちゃんが利用するには不便です.そんな高齢者の方たちの為にも,公共交通の発達 オた都心を開発もしくは再開発し買物環境を整えてあげる事は,高齢社会国家の日本ではとても大切となります.

 気が付いた人もいらっしゃるかもしれませんが,この研究は大きく見ると,自動車依存型社会からの脱却に一役買っています.『地球温暖化防ごうぜ』とか『自動車いらねーじゃん』と思っている人にとっては,本当に楽しく研究できるテーマかと思います.

■将来のキャリアにどう活かすか?

 私の研究は色々な学問分野との融合の下に得られます.技術者として包括的に物事 捉える為の良い訓練になっているように思います.

ページのトップへ