移植外科 腎臓移植

腎臓について

腎臓は体の左右にひとつずつ合計2つあり、腰よりやや高い位置で背中側にあります。成人の腎臓の大きさはこぶしぐらいで、重さは120~200グラム、形は「そら豆」に似ています。

心臓から出た血液は腹部大動脈を経て、左右の腎動脈に分かれ、それぞれ腎臓に入っていきます。腎臓で濾過されたあとの血液は腎静脈、下大静脈を通って心臓に戻ります。腎臓でつくられた尿は尿管を通って膀胱にたまり、体外に排泄されます。

腎臓の働き

1. 尿をつくる

腎臓の最も重要な働きは、体の中を流れる血液を濾過して尿をつくることです。血液を浄化し、老廃物や水分などを尿として体外に排泄することによって、体を正常な状態に保ちます。

老廃物の排泄 血液を濾過して、血液の中の老廃物を除去し、尿をつくります。
体内の水分量の調節 腎臓は尿をつくり体外へ排泄することで体内の水分の量を調節します。汗を多量にかいたときなど、体に水分が不足するときは尿の量を減らし、逆に水分が多すぎるときは尿の量を増やして水分を排泄します。
電解質濃度の調節 人間の体の中にはナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウムなどの電解質が含まれており、生命を維持する上で不可欠な働きをしています。これらの電解質の濃度は一定の範囲に保たれる必要があります。腎臓は尿をつくることによって、電解質の濃度を調節します。
酸と塩基のバランスを保つ 人間の体液のpHは弱いアルカリ性で、酸性に傾くと問題が起きます。腎臓は体液の酸とアルカリの排泄を調節して、弱アルカリ性に保っています。

2. ホルモンの分泌とビタミンDの活性化

赤血球を産生するホルモン(エリスロポエチン)や血圧を調節するホルモン(レニン、プロスタグランジンなど)を分泌します。またビタミンDを活性化して、カルシウムの吸収を促進します。

このページをPDFファイルで表示する