広島大学 教職大学院

メニューMENU

 広島大学の教職大学院には,これからの学校づくりを牽引し指導的な役割を果たし得るスクールリーダーを育成するための学校マネジメントコースと,新しい学校づくりの有力な一員となり得る新人教員、新しい学校づくりの中心となるミドルリーダーを育成するための教育実践開発コースがあります。
 開設以来、教員を志望した修了生は100%が教員として採用され、広島県内外で教鞭をとっています(含非常勤、臨採)。また、修了した現職教員は、教頭2名、教育委員会係長級1名、指導主事2名が登用されるなど、各方面で活躍しています。
 「国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する取組状況について~グッドプラクティスの共有と発信に向けた事例集」(2019年5月29日)文部科学省Webサイトで、本専攻が教職大学院の好事例として選ばれました。

新着情報

ご挨拶

教職開発専攻(教職大学院)での学びに期待すること

宮里 智恵
広島大学大学院教育学研究科
教職開発専攻
専攻長 宮里 智恵

 広島大学大学院教職開発専攻(教職大学院)は、平成28年度に開設され、本年度で4年目を迎えます。教職大学院は、社会の変化やそれに伴って生じてきた様々な教育課題に対応できる、高度な専門性や豊かな人間性を有した教員の育成を目的として制度化されました。

 社会の状況は日々刻々と目まぐるしさを増し、これからの社会を生きる子供たちは、答えのない、或いは答えが1つとは限らないよりよい生き方を自ら模索し、判断し、実行し、振り返り、さらに新たな模索をする、という力を身につける必要があります。また、その生き方は独りよがりではいけません。多様な考え方を持つ他者を認め、他者と協働しながらよりよい生き方を模索していくことが求められます。

 そして、そうした生き方のできる人は、これからの社会を「生きる」だけでなく、社会を「創る人」でもあります。この「未来の社会を創る人」を育てる営みは、わたしたち教育の場に託されています。人を育てるのは人なのです。どんなに時代が進んだとしても、人を一人の独立した人格者に育てるのは教育の仕事です。皆さんはその担い手となるべく、ここに集いました。

 本学においては、「探究・創造・協働の学び」を追求する新しい学校づくりを担う、「総合的で実践的なプロフェッショナル」の育成を目的としています。そのために、院生個々が自らの課題を設定し、課題解決のために深く探究するとともに、協働の学びを通して視野を広げ、新たな価値の創造をめざして自己を高めていくようにカリキュラムを設定しています。

 カリキュラムの特徴は次の点にあります。「共通科目」等における理論学習と、「学校における実習科目」であるアクションリサーチ実地研究とを有機的に結びつけ、アクションリサーチ・セミナーにおいて個々の研究テーマについて理論と実践を往還させながら探究することを通し、実践的対応力や実践的研究力を有した教員を育成するという点です。このカリキュラムに沿った学びを通して、自らの実践的対応力や実践的研究力を高めていってください。そしてその力を学校現場へ返し、学校における教育課題の解決に具体的に貢献できる教員になっていただきたいと思います。

 教育に王道はない、と言います。教育は地道な仕事です。しかし、「未来の社会を創る人」を育てるという大きな夢のある仕事でもあります。日々、学び続ける教員として、高度な専門性はもちろんのこと、教員としての使命感や情熱など豊かな人間性も育んでください。本専攻での学修を通して、視野の広い、そして思慮の深い教員となるべく2年間研鑽を積んでください。皆さんの成長を大いに期待しています。

平成31年4月1日

広島大学大学院教育学研究科
教職開発専攻 専攻長 宮里 智恵

お問い合わせ

広島大学大学院教育学研究科支援室(大学院課程担当)

<所在地>
〒739-8524
東広島市鏡山1-1-1

TEL:082-424-6719
FAX:082-424-7108
e-mail:



道徳教育の 授業力向上シンポジウム

PAGE TOP