欧文著書・原著論文

Tanigawa K
Hosoi Y
Hirohashi N
Evacuation from the restricted zone of the damaged Fukushima nuclear power plant: Facing with the reality
Resuscitation. 201;82:1248.
Kondo T
Hattori N
Ishikawa N
KL-6 concentration in pulmonary epithelial lining fluid is a useful prognostic indicator in patients with acute respiratory distress syndrome
Respir Res. 2011. 22;12:32.
Ohshimo S
Bonella F
Sommerwerck U
Comparison of serum KL-6 versus bronchoalveolar lavage neutrophilia for the diagnosis of bronchiolitis obliterans in lung transplantation
J Heart Lung Transplant. 2011; 30:1374-1380

和文著書・原著論文

谷川攻一
細井義夫
寺澤秀一  他
福島原子力発電所事故災害に学ぶ 震災後5日間の医療活動から
日本救急医学会雑誌. 22:782-791
貞森拓磨
楠真二
田村朋子  他
自作伝送システムを用いたビデオ喉頭鏡エアウェイスコープ(R)による気管挿管映像の遠隔地への伝送と課題
日本臨床救急医学会雑誌. 14:415-420
谷川攻一
【原子力災害・放射能汚染への対応】 東京電力福島第一原発事故における医療対応の実際(解説/特集)
救急医療ジャーナル. 19(6):33-37
廣橋伸之
Preventable Trauma DeathとTrauma Registry
救急・集中治療. 23(9-10) ;1532-1541
岩崎泰昌
栄養管理. 日本臨床救急医学会救急認定薬剤師認定委員会編
薬剤師のための救急・集中治療領域標準テキスト, pp155-61,ヘルス出版
岩崎泰昌
呼吸療法に必要な解剖, 病態生理
呼吸器・循環器急性期ケア. 11, 52-7
岩崎泰昌
人工呼吸中のモニタリングと医療安全
呼吸器・循環器急性期ケア. 11, 106-10
大下慎一郎
第10回世界サルコイドーシス学会・第12回国際BAL学会合同学会報告
日本サルコイドーシス学会誌 31:16-17
岩崎泰昌
今日の治療指針 シアン中毒
137-8,医学書院

学会発表(国際)

International Surgical Week 2011 Yokohama, Japan

Hirohashi N
Radiation Emergency Medical System and Roles of Hiroshima University Hospital in the management of nuclear catastrophe.

American Heart Association Scientific Sessions 2011 Orlando, USA

Itai J
Otani T
Ohshimo S
A Survey on Laypersons' Willingness in Performing Cardiopulmonary Resuscitation.

Society of Critical Care Medicine's 40th Critical Care Congress 2011 San Diego, USA

Kida Y
Ohshimo S
Ota K
KL-6, a Human MUC1 Mucin, as a Prognostic Factor for Diffuse Alveolar Hemorrhage Syndrome.

American Thoracic Society International Conference 2011 USA

Ohshimo S
Bonella F
Cai M
Serum KL-6 As Predictor Of Disease Progression In Patients With Pulmonary Alveolar Proteinosis.

European Respiratory Society Annual Congress 2011 Netherland

Ohshimo S
Bonella F
Tanigawa K
Reliability of ATS/ERS criteria for the diagnosis of idiopathic pulmonary fibrosis.

Bio and Medical Informatics and Cybernetics 2011 Orlando, USA

Sadamori T
Kusunoki S
Otani T
Development and validation of a remote image tranmission system for prehospital emergency care.

American Society for Parenteral and Enteral Nutrition 2011 Vancouver, Canada

Iwasaki Y
Yamane M
Tsugawa K
Association between Serum Prealbumin Levels and Systemic Infection of Admission, and Relationships with Sequential Organ Failure Assessment Score in Critically Ill Patients.

学会発表(国内)

第26回日本静脈経腸栄養学会総会・学術集会 2011.2.17-18 名古屋

山根みどり
critical care領域でのプレアルブミン値からみた患者の特徴に関する検討

第38回日本集中治療医学会総会・学術集会 2011.2.24-26 横浜

岩谷美貴子
集中治療室に入室した患者の集中治療体験が与える心理的影響

第34回日本脳神経外傷学会 2011.4.15-16 京都(東日本大震災により中止)

津村龍
急性硬膜外血腫を伴った多発外傷の一救命例

第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2011.6.3-4 札幌

板井純治
プロ野球公式試合に併設した大規模救急蘇生イベントの取り組みについて
鈴木慶
当院における低体温症30例の検討
畝井浩子
救急医療における各職種の役割 救急医療における薬剤師の役割
畝井浩子
救急医療における倫理 薬物療法における倫理と薬剤師の役割 コンプライアンスからアドヒアランスへ

第33回日本呼吸療法医学会学術集会 2011.6.10-11 横浜

木田佳子
びまん性肺胞出血における早期HFOV導入の有用性に関する検討
大下慎一郎
急性呼吸不全におけるHFOVの有効性・予後予測因子に関する検討

第39回日本救急医学会総会・学術集会 2011.10.18-20 東京

谷川攻一
教育講演:救急医に求められる被ばく医療の基礎知識
貞森拓磨
シンポジウム:これからの救急遠隔医療 プレホスピタルからインターホスピタル ICTを利用した救急現場からの映像伝送システムの運用と課題
鈴木慶
severe sepsis / septic shockの予後予測因子としての中心静脈酸素飽和度(ScvO2)の有用性の検討
木田佳子
救命救急センター・集中治療部に入室したびまん性間質影を呈する症例の診断と予後:ニューモシスチス肺炎との関連から
林悠太
突然の徐脈からAsystoleとなった破傷風の1例:心拍変動 (Heart Rate Variability HRV)解析による自律神経機能の評価
貞森拓磨
災害時の情報共有とICT
鳥越勇佑
病院外心停止の原因究明におけるCT検査の有用性と課題
大下慎一郎
救命センター・集中治療室におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)持込み・新規検出が生命予後に与える影響
板井純治
USTREAMを利用したインターネット救急ケースカンファレンスの試みについて

第22回日本急性血液浄化学会学術集会 2011.10.29-30 久留米

廣橋伸之
PMX-DHPにおける血小板凝集能

日本蘇生学会第30回大会 2011.11.18-19 福島

廣橋伸之
東日本大震災と被ばく医療 西ブロック三次被ばく医療機関としての医療活動

広島大学 救急集中治療医学
〒734-8551広島市南区霞1-2-3 
TEL:082-257-5456