欧文著書・原著論文

Shime N
Kawasaki T
Nakagawa S
Proposal of a New Pediatric Sequential Organ Failure Assessment Score for Possible Validation.
Pediatr Crit Care Med. 2017Jan;18(1):98-99.
Ohki S
Ohshimo S
Shime N.
Potential confounders of the accuracy and reliability of delirium assessment tools.
Crit Care Med. 2017 Jan;45(1):e114
Tanabe Y
Ohshimo S
Shime N.
Outcome prediction for acute respiratory distress syndrome: Are the current 3 variables really optimal?
Crit Care Med. 2017;45(2):e237-e238.
Miyoshi H
Ohshimo S
Shime N.
Is higher cerebral oxygen saturation really predictive of favorable neurologic outcome after in-hospital cardiac arrest?
Crit Care Med 2017
Yamaga S
Shime N.
The role of source control in septic patients
Crit Care Med. 2017;45(6):e618-e619
Kida Y
Ohshimo S
Shime N.
Optimal cut-off value for LIPS and potential confounders for identifying the risk of developing ARDS
Crit Care Med. 2017;45(6):e624-e625
Shimatani T
Ohshimo S
Shime N.
Next Step to Understand Subphenotypes of Acute Respiratory Distress Syndrome.
Am J Respir Crit Care Med. 2017 196(6):795-796
Ohshimo S
Guzman J
Costabel U etc.
Differential diagnosis of granulomatous lung disease: clues and pitfalls
Eur Respir Rev. 2017 Aug 9;26(145)
Yamaga S
Shime N
Sonneville R etc.
Risk factors for sepsis-associated encephalopathy.
Intensive Care Med. 2017 Oct;43(10):1548-1549
Ohki S
Ohshimo S
Shime N.
Does enhanced antibiotic de-escalation really have no benefit in the ICU?
Crit Care. 2017 Nov 2;21(1):270
Yamaga S
Shime N.
Association between appropriate empiric antimicrobial therapy and mortality from bloodstream infections in the intensive care unit.
J Infect Chemother. 2017 Dec 29
Kyo M
Ohshimo S
Ota K etc.
Combined rupture of left ventricular free wall and pericardium.
Intensive Care Med. 2017 Dec;43(12):1858-1859
Kikutani K
Ohshimo S
Shime N.
Potential Confounders of Procalcitonin-Guided Antibiotic Therapy for Sepsis.
Crit Care Med. 2017 Dec;45(12):e1310-e1311
Kyo M
Ohshimo S
Shime N.
Confounders Affecting the Prognosis in Patients With Acute Decompensated Heart Failure Who Underwent Extracorporeal Membrane Oxygenation.
Crit Care Med. 2017 Dec;45(12):e1309

和文著書・原著論文

志馬伸朗
集中治療(5)小児集中治療
麻酔科学レビュー2017-最新主要文献集-;298-302.総合医学社
志馬伸朗
救急医療 ショック
最新ガイドライン準拠 小児科診断・治療指針 改訂版第2版, 269-272. 中山書店. 東京.
志馬伸朗
重症感染症病態におけるバイオマーカーの使い道
臨床病理65(3), 303-307、日本臨床検査医学会.
志馬伸朗
人工呼吸器関連事象・人工呼吸器関連肺炎の予防と治療
消化器・一般外科医のための救急・集中治療のすべて, 臨床外科71(11)増刊号; 27-33.医学書院, 東京.
志馬伸朗
プロカルシトニンなど新規感染症マーカー:ICUにおける重症感染病態への有用性
病態バイオマーカーの”いま”, 生体の科学67(5)436-437. 医学書院, 東京.
志馬伸朗
敗血症
今日の治療指針2017年版;216-217. 医学書院. 東京
志馬伸朗(プランナー)
【春の先ドリ勉強会】わかりにく~いをスッキリ解決!肺炎のケアと予防
呼吸器ケア. メディカ出版, 大阪, 2017; 15(1):81
京道人
志馬伸朗
NPPVを成功させるポイントは何でしょうか? また, 開始時に成功を予測することはできるのでしょうか?
急性期NPPVハンドブック
京道人
志馬伸朗
肺炎の診断の流れ; 重症度, 微生物検査手法
呼吸器ケア2017. 4
大木伸吾
志馬伸朗
スルバクタム・アンピシリンの適正使用とは?アンピシリンとの使い分けは?
救急・集中治療. 総合医学社, 東京. 2017; 29(7・8)
鈴木慶
木田佳子
京道人  他
集中治療医による訪問診療により人工呼吸器離脱後管理を行った青年期急性呼吸不全の1例
日本集中治療医学会雑誌2017;24:53-54
貞森拓磨
災害時における無人航空機(ドローン)の利活用
大学病院の現状. 文部科学省
大下慎一郎
志馬伸朗
肺炎への最新のアプローチ~ジェネラリストの立場とスペシャリストの視点から~ 19 ステロイドの適応は?最新のエビデンス
Medicina. 医学書院, 東京. 2017;54(1): 94-96.
大下慎一郎
「ER・ICUにおける手技の基本と実際Q&A ?ベテランに学ぶトラブル回避法?」 VIII. 急性期管理 28. PCPS(経皮的心肺補助装置)
救急・集中治療. 総合医学社 29巻, 臨時増刊号, 2017
大下慎一郎(監修)
ここが変わった!ガイドライン ARDSキーポイント15
呼吸器ケア. メディカ出版, 大阪, 2017; 15(1): 71-110.
大下慎一郎
志馬伸朗
9. 結核疑い患者の感染評価プロトコル
今日から使える!ER-ICUマニュアル集. 中外医学社. 東京 2017
大下慎一郎
志馬伸朗
10. 重症肺炎診療プロトコル
今日から使える!ER-ICUマニュアル集. 中外医学社. 東京 2017
大下慎一郎
志馬伸朗
13. 気管支肺胞洗浄(BAL)プロトコル
今日から使える!ER-ICUマニュアル集. 中外医学社. 東京 2017
大下慎一郎
志馬伸朗
18. 敗血症性ショック初期治療プロトコル
今日から使える!ER-ICUマニュアル集. 中外医学社. 東京 2017
大下慎一郎
志馬伸朗
間質性肺炎と実質性肺炎はどう違うのか
呼吸器ケア. メディカ出版, 大阪, 2017
大下慎一郎
志馬伸朗
肺炎を診断する画像所見は?
呼吸器ケア. メディカ出版, 大阪, 2017
大下慎一郎
ARDSベルリン基準を考える
人工呼吸管理に強くなる【改訂版】. 羊土社. 東京. 2017
大下慎一郎
病態ごとに設定し,設定が適切か評価してみよう
人工呼吸管理に強くなる【改訂版】. 羊土社. 東京. 2017
小山和宏
志馬伸朗
肺炎の診断に必要な理学所見やバイタルサインは?
呼吸器ケア. メディカ出版, 大阪, 2017; 94-97.
鈴木慶
平山順子
志馬伸朗
誤嚥の評価と予防策は?
呼吸器ケア. メディカ出版, 大阪, 2017; 107-110.
志馬伸朗(編集)
ICU感染制御を究める
ICU感染制御を究める
志馬伸朗(分担執筆)
日本版敗血症診療ガイドライン2016(J-SSCG2016)ダイジェスト版
日本版敗血症診療ガイドライン2016(J-SSCG2016)ダイジェスト版.日本集中治療医学会/日本救急医学会
志馬伸朗(分担執筆)
感染症専門医テキスト 改訂版第2版 第Ⅰ部解説編
感染症専門医テキスト 改訂版第2版 第Ⅰ部解説編. (編)一般社団法人日本感染症学会
志馬伸朗(分担執筆)
成人肺炎診療ガイドライン2017
成人肺炎診療ガイドライン2017
志馬伸朗(編集)
レジデントノート19(12)救急・ICUのコモンな薬の使い方
レジデントノート19(12)
志馬伸朗
特集にあたって~薬をかしこく使うには
レジデントノート19(12);2078-2079
山賀聡之
志馬伸朗
救急・ICUでよく使う抗痙攣薬.
レジデントノート19(12);2117-2122
大木伸吾
志馬伸朗
救急・ICUでよく使う利尿薬.~フロセミドを中心に.
レジデントノート19(12);2110-2116
石井潤貴
志馬伸朗
救急・ICUでのステロイドの使い方.
レジデントノート19(12);2131-2137,
志馬伸朗(特集編集)
抗菌薬-その常識は正しいか?-
救急・集中治療29(7.8)
太田浩平
志馬伸朗
菌血症に対する抗菌薬投与期間は一律2週間必要か?
救急・集中治療29(7.8);566-571
木田佳子
志馬伸朗
開胸管理中あるいはECMO中予防的抗菌薬投与は必要か?
救急・集中治療29(7.8);543-545
大下慎一郎
志馬伸朗
培養陰性の敗血症性ショックに対して,経験的治療の継続あるいは中止判断はどうすればよいか?
救急・集中治療29(7.8);524-528
大木伸吾
志馬伸朗
スルバクタム・アンピシリンの適正使用とは?アンピシリンとの使い分けは?
救急・集中治療29(7.8);536-542
津村龍
栗栖薫
志馬伸朗
重度のうっ血性心不全を来したクッシング病の1例
日本救急医学会雑誌2017;28:852-856
儀賀 普嗣
石戸谷 耕一
貞森 拓磨  他
医療過疎地域診療における電子聴診器活用の可能性
日本遠隔医療学会雑誌(13)2:128-130
細川康二(分担執筆)
救急医療におけるメディカルコントロール
救急医療のおけるメディカルコントロール
志馬伸朗
小児の呼吸管理
第22回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト
志馬伸朗
院内肺炎と人工呼吸器関連肺炎
藤田次郎専門編集 呼吸器疾患 診断治療アプローチ 呼吸器感染症:291-297
志馬伸朗
京道人(分担執筆)
Q7. NPPVを成功させるポイントは何でしょうか?また、開始時に成功を予測することはできますか?
鈴木正之・丸川征四郎監修 急性期NPPVハンドブック:194-197
志馬伸朗
ICUでの感染症管理
臨床麻酔実践シリーズ9 麻酔科医が知っておくべき感染症の知識:75-86
志馬伸朗
ンプル感染対策 いくつかのやめるべきこと
厚生連尾道総合病院医報 26:7-11
志馬伸朗
小児敗血症の最新トピックス
ICUとCCU 41(4);263-270
志馬伸朗
いま、解熱処置を再考する
エキスパートナース2017(5)特別付録 エキナスmini②;30-34
志馬伸朗
発熱と解熱処置
月刊レジデント10(5);21-27
志馬伸朗
敗血症の新しい考え方~適切な早期認識と介入による救命率向上に向けて~
呼吸器内科32(2);175-182
志馬伸朗
J-SSCG2016とSSCG2016を比較する 小児の敗血症について
救急医学41(11)1482-1491
志馬伸朗
竹内宗之
戸田雄一郎  他
日本蘇生協議会蘇生ガイドライン ~小児の蘇生:心拍再開後集中治療
日集中医誌 2017;24(2):184-198
志馬伸朗
(小児の敗血症性ショックでガイドラインは今も有効か)ステロイド補充について:conの立場から
小児救命救急・ICUピックアップ①ショック:107-110
志馬伸朗
侵襲・炎症・感染を理解する
ICU・CCU看護 教育セミナー(中級コース)テキスト2017年度版:99-108
志馬伸朗
肺炎の診療には敗血症の概念をどのように取り入れるか
呼吸器内科33(2):145-149
志馬伸朗
あらためて考える、“バイタルサイン”
福山医療センターだより10(8);9-10
志馬伸朗
敗血症への対応~新しい定義に基づく早期認識と救命率向上にむけて
広島市医師会だより29(9);6-11
細川康二
志馬伸朗
日本発の新感染症マーカー"プレセプシン"に寄せる期待と現実
医学のあゆみ (第5土曜特集 臨床検査の最前線 :
将来の検査を展望する) 263(13), 1224-1228
田邉優子
志馬伸朗
まず,循環器患者さんで人工呼吸管理が必要となる病態を理解しよう!
循環器ナーシング7(7);4-11
志馬伸朗
人工呼吸器関連肺炎(VAP)
呼吸臨床1(3):1-6

学会発表(国際)

SCCM's 46th Critical Care Congress 2017/1/21-25 Honolulu, Hawaii

Kida Y
Ohshimo S
Kyo M etc.
Protein expression profile in acute exacerbation of interstitial pneumonia supported on V-V ECMO
Kyo M
Ohshimo S
Kida Y etc.
Validation of qSOFA criteria for sepsis

American Thoracic Society International Conference 2017 2017/5/19-24 Washington DC

Ohshimo S
Nishi H
Horimasu Y etc.
Helicobacter pylori as a risk factor for acute exacerbation in idiopathic pulmonary fibrosis

ASIA PACIFIC ELSO CONFERENCE 2017 2017/10/12-14 Australia

Ohshimo S
Extracorporeal membrance oxygenation for 2016 influenza-associated acute respiratory failure in Japan.

The European Anaesthesiology Congress 2017/6/3-5 Switzerland

Suzuki K
Kusumoki S
Sadamori T etc.
Comparison of video-laryngoscope and conventional Macintosh laryngoscope for simulated emergency tracheal intubation by pre-hospital emergency care providers with copious vomiting or bleeding in oral cavity.

International Congress of Chemotherapy and Infection 2017 2017/11/24-27 台湾

Kyo M
Ohshimo S
Kosaka T etc.
Impact of inappropriate empiric antibiotic therapy on the mortality inpeadiatric patients with bloodstream infections.

学会発表

第6回広島大学病院感染症セミナー~治癒につながる感染症診療ストラテジー~ 2017/1/15 広島

志馬伸朗
症例から紐解く敗血症診療ガイドライン2017

ひろしま呼吸管理セミナー 2017/1/28

志馬伸朗
監修
大下慎一郎
新しい換気評価 - 経肺圧・NAVA・横隔膜運動・PAV+

平成28年度良質な医師を育てる研修(小児救急に関する研修会) 2017/2/2 岡山

志馬伸朗
救急での感染症

広島救急循環器ジョイントセミナー 2017/2/2 広島

大木伸吾
ショックにおけるβ刺激薬の使い道は?

第22回日本脳神経外科救急学会 2017/2/3-4 香川

津村龍
脳空気塞栓症の2例

第29回沖縄呼吸ケアセミナー 2017/2/11 沖縄

志馬伸朗
呼吸管理の常識と日々の実践を見直す

福島県周術期管理セミナー 2017/2/18 福島

志馬伸朗
周術期感染制御:最新の知見

第18回大分県深在性真菌症研究会 2017/3/3 大分

志馬伸朗
集中治療における深在性真菌症対策

第28回新都心感染症研究会 2017/3/7 東京

志馬伸朗
敗血症の抗微生物療法

第44回日本集中治療医学会学術集会 2017/3/9-11 札幌

志馬伸朗
抗菌薬スチュワードシップとICUにおける医療の質評価
志馬伸朗
重症患者の発熱は解熱しない
志馬伸朗
セッション1重症患者の早期回復のために今、知っておくべきこと Enhanced recovery antimicrobial therapy:早期回復についながる抗菌療法を目指して
志馬伸朗
テーマを見つける + 倫理委員会に出す
志馬伸朗
中川聡
青山和由  他
小児における推奨
志馬伸朗
土井松幸
遠藤重厚  他
特定集中治療室管理料1及び2算定施設における実態調査報告:2017
志馬伸朗
藤谷茂樹
小林敦子  他
集中治療医とICD、感染症専門医資格
志馬伸朗
松田直之
国公立大学附属病院集中治療部協議会との連動
京道人
大下慎一郎
島谷竜俊  他
集中治療室における新規発症心房細動に対する電気的除細動の効果
大木伸吾
大下慎一郎
京道人  他
集中治療室患者におけるMRSA菌血症の予後因子の検討
大下慎一郎
補助循環の最前線 - ECPR、ECMOの現場から -
木田佳子
大下慎一郎
京道人  他
間質性肺炎急性増悪におけるV-V ECMO有用性の分子病理学的検討
太田浩平
大学病院の集中治療室選任薬剤師に期待すること
岡崎裕介
太田浩平
小山和宏  他
A群溶血性レンサ球菌による壊死性筋炎の一例

第40回日本脳神経外傷学会 2017/3/10-11 東京

津村龍
大谷 直嗣
稲川 嵩紘  他
重症頭部顔面外傷の2例の治療経験

第30回広島外科フォーラム 2017/3/16 広島

志馬伸朗
敗血症診療ガイドライン2017 up date

第42回日本脳卒中学会学術集会 2017/3/16-19 東京

津村龍
脳空気塞栓症の2例

多職種連携学術講演会~中丹西地区の救急医療を考える~ 2017/3/19 京都

志馬伸朗
重症患者の発熱マネジメント

救急蘇生委員会教育セミナー 2017/3/22 広島

太田浩平
敗血症:診療ガイドライン2016をふまえて

6th Conference of International Union Against Tuberculosis and Lung Disease, Asia Pacific Region (APRC) 2017/3/22-24 Tokyo

Ohshimo S
Exposure and ILD

第33回日本救急医学会中国四国地方大会 2017/5/19-20 米子

京道人
大下慎一郎
島谷竜俊  他
集中治療室入室患者におけるqSOFA scoreの検証

第57回日本呼吸器学会学術講演会 2017/4/21-23 東京

志馬伸朗
(シンポジウム)VILI概念に基づくARDS患者の呼吸管理
志馬伸朗
VILI概念に基づくARDS患者の呼吸管理

島根感染症セミナー 42880 島根

志馬伸朗
救急・集中治療領域での感染症マネジメント

第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2017/5/26-28 東京

志馬伸朗
佐々木淳一
渡邊学   他
救急外来における微生物検査の現状と問題点
津村龍
稲川嵩紘
島谷竜俊  他
肺嚢胞を伴う間質性肺炎患者に発症した脳空気塞栓症の1例
島谷竜俊
山賀聡之
儀賀普嗣   他
機械学習による呼吸音自動解析システムの改良と性能検証.
津村龍
肺嚢胞を伴う間質性肺炎患者に発症した脳空気塞栓症の1 例

第49回IDATENインタラクティブケースカンファレンス 2017/6/3 東京

志馬伸朗
敗血症ガイドライン2016~少し深く読んでみる~

人工呼吸器非同調・経肺圧・呼吸仕事量セミナー 2017/6/3 東京

大下慎一郎
ECMO使用中の計肺圧の臨床応用

セプシスカンファレンスin広島 2017/6/15 広島

三好博実
症例ディスカッション

第32回高知県感染症研究会 2017/6/28 高知

志馬伸朗
敗血症ガイドライン~抗菌療法を中心に~

国立病院機構福山医療センターオープンカンファレンス 2017/7/5 広島

志馬伸朗
あらためて考える、バイタルサイン

神奈川感染症セミナー 2017/7/6 横浜

志馬伸朗
敗血症における抗菌療法

おりづるサマーセミナー 2017/7/8 広島

志馬伸朗
Opning 血液凝固とDICを究める
志馬伸朗
侵襲によりなぜ過凝固になるのか
大下慎一郎
血液凝固検査:ベーシック2
細川康二
血液凝固とDICを究める
木田佳子
血液凝固検査:ベーシック1
山賀聡之
侵襲によりなぜ過凝固になるのか

第142回広島県眼科医講習会 2017/7/9  広島

志馬伸朗
救急災害医療の基礎知識:特に初期対応について.

第39回日本呼吸療法医学会学術集会 2017/7/15-16 東京

志馬伸朗
成人肺炎診療ガイドライン2017:救急集中治療医の立場から
志馬伸朗
蝶名林直彦
日本におけるHFNCの実態:社会保険委員会調査より
大下慎一郎
人工呼吸器関連肺炎(ventilator-associated pneumonia:VAP)最新動向~その予防と診断~
大下慎一郎
ECMO治療成績向上におけるECMOプロジェクト活動の意義
京道人
大下慎一郎
島谷竜俊  他
人工呼吸中の虚空不全患者における食道内圧と横隔膜厚の相関. 第39回日本呼吸療法医学会学術集会. 2017.7.15, 東京
木田佳子
大下慎一郎
京道人  他
急性呼吸不全における気管支肺胞洗浄の有用性

平成29年 第1回 北部福岡感染症研究会 2017/7/19 福岡

志馬伸朗
重症感染症の抗菌療法

ICUセミナーin名古屋~早期離床を目指して~ 2017/7/29 名古屋

志馬伸朗
敗血症治療を考える~診断と治療~

第294回 長野県周産期カンファランス 2017/8/2 長野

志馬伸朗
臨床研究とガイドラインを考える~新しい敗血症ガイドラインも含めて

感染症サマースクール2017 ワークショップ3血流感染症・敗血症 2017/8/5 東京

志馬伸朗
lecture

広島大学新技術発表会2017in広島 2017/8/21 広島

儀賀普嗣
無人航空機の利活用について(AR版)

第57回臨床呼吸機能講習会 2017/8/25 横浜

志馬伸朗
人工呼吸器における感染・栄養管理

おおさか呼吸管理セミナー 呼吸管理の知識の引き出しを増やし、明日から実践! 2017/8/26 大阪

志馬伸朗
人工呼吸器関連肺炎対策2017アップデート

第22回3学会合同呼吸療法認定士認定講習 2017/8/28-29 東京

志馬伸朗
小児の呼吸管理

心配蘇生ガイドライン勉強会2017 2017/9/9 広島

津村龍
意識障害の評価と介入
太田 浩平
敗血症性ショックの評価と介入

高知重症感染症セミナー 2017/9/16 高知

志馬伸朗
敗血症ガイドライン2016

第7回呼吸治療関連指定講習会 2017/9/23 東京

志馬伸朗
人工呼吸器関連肺炎

ABBOTT FAIR 2017京都 2017/9/28 京都

志馬伸朗
敗血症のバイオマーカーを再考する

第32回日本Shock学会総会 2017/9/30 岐阜

志馬伸朗
敗血症ガイドライン2016アップデート~ショック管理を中心に~

第3回北摂感染ネットワーク 2017/9/30 大阪

志馬伸朗
敗血症ガイドライン~抗菌療法を中心に~

第21回日本遠隔医療学会学術大会 2017/9/30-10/1 栃木

儀賀普嗣
石戸谷耕一
貞森拓磨  他
医療過疎地域診療における電子聴診器活用の可能性

West Japan クリティカルケアヤングアカデミー 2017/10/6 広島

菊谷知也
過粘稠 K.pneumoniaeによる重症肺炎の一例

第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017/10/24-26 大阪

志馬伸朗
救急領域における抗菌薬の選び方
志馬伸朗
抗菌薬のやめどき, やめかたを考える.
志馬伸朗
佐々木淳一
渡邊学  他
救急外来部門における微生物検査体制:問題点と解決への糸口
大下慎一郎
ARDSに対してステロイド療法は有効と言い切れない
山賀聡之
大下慎一郎
京道人  他
アナフィラキシーにおける細胞内ヒスタミン濃度の有用性
津村龍
稲川嵩紘
青木志郎
肺嚢胞を伴う間質性患者に発症した脳空気塞栓症の1例
鈴木慶
楠真二
貞森拓磨  他
嘔吐モデルに対する救急救命士による気管挿管におけるAirway ScopeとMcGRATH MACの比較
石井潤貴
山賀聡之
志馬伸朗
肺血栓塞栓症に陰圧性肺水腫を合併した一例

合同開催 第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会西日本支部総会 2017/10/27 長崎

志馬伸朗
救急集中治療におけるantimicrobial/antifungal stewardship

第8回長崎麻酔セミナー 2017/11/1 長崎

志馬伸朗
救急・集中治療領域での感染症マネジメント

第27回日本医療薬学会年会 2017/11/4 千葉

志馬伸朗
敗血症の定義/概念と病態生理のアップデート

2017年度ICU・CCU看護教育セミナー 2017/11/10 東京

志馬伸朗
侵襲・炎症・感染を理解する

第24回日本航空医療学会総会・学術集会 2017/11/10-11 青森

津村龍
稲川嵩紘
鈴木慶  他
消防ヘリによるピックアップ方式で対応した頭部顔面外傷の1例

第5回MCCRC in Japan 2017/11/11 京都

志馬伸朗
Community-acquired and Healthcare-acquired pneumonia

旭化成社員研修会 2017/11/14 広島

志馬伸朗
敗血症診療ガイドライン2016

第16回関東深在性真菌症研究会 2017/11/25 東京

志馬伸朗
救急集中治療領域の抗真菌治療

第30回日本外科感染症学会総会 2017/11/29 東京

岡崎裕介
木田佳子
田邉優子  他
電撃性紫斑病と播種性血管内凝固症候群を呈した Capnocytophaga 感染症の一例

第26回大阪シンポジウム 2017/12/2 大阪

志馬伸朗
肺炎と敗血症

第17回急性期NPPV研究会 2017/12/9 東京

志馬伸朗
小児急性期NPPV:エビデンスを含めた概論

第11回びまん性肺疾患フォーラム 2017/12/16 大阪

大下慎一郎
最新のIPF急性憎悪治療「ECMO」

広島大学 救急集中治療医学
〒734-8551広島市南区霞1-2-3 
TEL:082-257-5456