研究内容

重症呼吸不全における体外式膜型人工肺(ECMO)の有効活用をめざした研究

重症呼吸不全における有用性が認められてきている体外式膜型人工肺(extracorporeal membrane oxygenation:ECMO)は,極めて優れた有効性を示す一方で,多彩な合併症も起こし得ます.このため,ECMOを安全かつ有効に活用するための指標を見つけることが重要です.私たちの教室では,重症呼吸不全患者の臨床データ,血清タンパク,気道上皮発現タンパク,肺組織病理を多角的に解析することにより,ECMOを有効活用できる早期予測因子を同定する研究を行っています。

重症呼吸不全における高頻度振動換気法(HFOV)の有効活用をめざした研究

OSCAR,OSCILLATE試験の結果,重症呼吸不全における有効性を示すことができなかった高頻度振動換気法(high frequency oscillatory ventilation:HFOV)ですが,実際の臨床現場では明らかな有効性を示すことをしばしば経験します.つまり,OSCAR,OSCILLATE試験の背景には,HFOVが有効な患者群をうまく同定できなかったことが関与している可能性があると考えられます.私たちの教室では,重症呼吸不全患者の臨床データ,血清タンパクを多角的に解析することにより,HFOVを有効活用できる早期予測因子を同定する研究を行っています。

次世代シークエンス法を用いた重症呼吸不全患者の病態解明をめざした研究

急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome :ARDS) に代表される重症呼吸不全は、いまだにその病態が完全には明らかにされていない難治性致死性疾患です。私たちの教室では、ARDSの病態形成・病態修飾に未知あるいは微量の病原体が関与している可能性を見出し、末梢気道検体に含まれる病原微生物の全遺伝子情報を網羅的解析する次世代シークエンス法を用いた研究を行っています(京都府立医科大学との共同研究)。

急性呼吸不全における呼吸生理解明・人工呼吸器の有効活用をめざした研究

急性呼吸不全における肺保護換気戦略では,一回換気量制限,適切な呼気終末陽圧(positive end expiratory pressure:PEEP),高二酸化炭素血症の許容が示されています.しかし,これらの設定法が本当に最善の方法であるか,分子病態生理学的には十分な検討が行われていません.私たちの教室では,食道内圧(胸腔内圧),経肺圧,横隔膜電位,横隔膜エコーなどの技術を用いて,ヒトおよび動物における肺実質・呼吸補助筋の病理学的変化を検証する研究を行っています。

間質性肺炎急性増悪の病態解明・新規治療法開発をめざした研究

間質性肺炎急性増悪発症には人種的な差異があり,日本人に好発することが知られています.つまり,間質性肺炎急性増悪の発症メカニズムには,遺伝的・環境的因子が関与している可能性が強く疑われます.私たちの教室では,ドイツとの国際共同研究により,間質性肺炎急性増悪の発症メカニズムを臨床データ・発現タンパク・遺伝子・病原微生物から多角的に解明し,新たな治療標的分子を同定する研究を行っています。

敗血症の病態解明および新規治療法開発をめざした研究

敗血症は発症率が高く,かつ致死率も高い疾患であるため,その病態解明および新規治療法開発は極めて重要な課題です.しかし,これまでの数々の研究結果からは,敗血症が非常に複雑な病態メカニズムを有していることも明らかになっています.私たちの教室では,血清発現タンパク,炎症細胞機能,遺伝子多型に着眼し,敗血症を多角的に病態解明することにより,新規治療法開発をめざした研究を行っています。

敗血症の早期目標指向型治療(EGDT)改良による生存率向上をめざした研究

敗血症診療において,早期目標指向型治療(early goal-directed therapy:EGDT)が重要であることはよく知られています.しかし,EGDTをより高度に達成するためには,敗血症発症の認識の遅れ,搬送の遅れ,治療開始の遅れを最小限に抑えることが重要になります.つまり,敗血症診療は病院到着前から開始されていると言っても過言ではりません.私たちの教室では,病院前集中治療を実現するため,敗血症の早期診断・搬送システムを構築する研究を行っています。

救急災害現場におけるICTおよびIOTの利活用

臨床研究と平行して、ICTおよびIOTを利活用した病院前救護、災害時における情報共有プラットホームや情報ネットワーク上にデータを送るプラットホームおよびデバイスの研究と医療機器等の研究開発を産学官連携で行っています。

救急画像伝送システム
車内を映すカメラ、車外活動を映すカメラ、心電図や血圧計などの生体モニター情報を伝送することで病院前救護・災害現場の情報を可視化し情報を共有する仕組みの研究。
救急搬送支援システム
傷病者情報、応需情報を入力・参照する支援システム。
デジタルペンを用いたトリアージタグシステム・災害診療記録システム
紙をデジタルインターフェースとするデジタルペンを用いた災害時情報共有の研究。
デジタルペンを用いた身元確認用デンタルチャートシステム
トリアージタグシステムの技術を応用し、神奈川歯科大学災害法医歯科学講座と共同で開発した身元確認のための仕組みの研究
呼吸音の可視化
呼吸音を解析し可視化することで聴診技術が熟練していなくても呼吸音の情報を客観的に共有できる仕組みの研究
<呼吸音自動解析システムに関する記事>
http://annals.org/aim/article/2491914/innovation-analysis-respiratory-sounds
https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/news/7177
※パイオニア社は、呼吸音自動解析システムに用いた技術、成果の一部を活かした電子聴診器を製品化しています。
<電子聴診器の製品化に関する記事>
http://pioneer.jp/biz/mhbd/mss/index.php
http://pioneer.jp/corp/news/press/index/2062/
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/011205777/?ST=health
災害時におけるドローンの利活用
新しい情報共有手段であるドローンを利活用することで、これまで困難であった情報を共有する仕組みの構築

ドクターヘリの有効活用をめざした研究

ドクターヘリは,傷病者発生現場へ医療資源とともに医療スタッフを送ることにより,傷病者の診断・治療開始・適切な医療機関選別・搬送のすべての時間を短縮し,患者の救命率向上を図る技術です.しかし,特殊な環境下で行う医療行為であるために,特殊な知識・技能も必要となります.私たちの教室では,ドクターヘリの有効活用実現・技術向上をさせるため,情報ネットワークおよび搬送システム改良をめざした研究を行っています。

アナフィラキシーショックの病態解明をめざした研究

アナフィラキシーには,短時間で速やかに改善するものから重篤化するものまで,さまざまな多様性が存在しています.致死的になることもあるため,その病態解明は重要度の高い課題ですが,いまだにアナフィラキシーの病態全容は明らかにはなっていません.私たちの教室では,アナフィラキシーにおける細胞内顆粒に着眼し,アナフィラキシーの病態解明をめざした研究を行っています。

水素ガス吸入療法研究に関する先進医療

当教室では、心停止後症候群に対する水素ガス吸入療法研究に関する先進医療の臨床研究に参加しています。この研究は、厚生労働大臣が定める「先進医療」制度に基づき、「第3項先進医療(先進医療B)」としての認定されています。

「水素ガス吸入療法」について
水素ガス吸入療法とは、呼吸を助けるために投与される酸素に、微量の水素ガス(1.3~4%)を混ぜて吸入する治療法です。この治療法について、これまで動物実験で死亡率や脳神経の後遺症を少なくする効果があることが示され、また、人に対する水素ガス吸入療法の研究も行われその安全性を確認しました。しかし、院外心停止後患者さんに対して水素ガス吸入療法が有効なのかどうかはまだわかっていません。院外心停止後に自己心拍が一旦回復しても心臓機能低下あるいはその他の臓器障害により約80%の患者さんが死亡し、重い後遺症を加えると回復できない患者さんは90%にのぼります。
この研究の目的
この研究では、現時点で最善と考えられる標準治療と、この標準治療に水素ガス吸入療法を追加した試験治療の治療効果を「無作為化2群比較臨床試験」で比較します。治療効果は患者さんの死亡率や脳神経の後遺症をもって判定します。この研究の目的は、水素ガス吸入療法の安全性だけでなく治療効果を高める有効性を示すかどうかを検討することです。
院外心停止後患者に対する水素ガス吸入療法の有効性の検討
地域の皆様・患者様へ

広島大学 救急集中治療医学
〒734-8551広島市南区霞1-2-3 
TEL:082-257-5456