留学体験記【石井 潤貴】

Children’s Hospital of Philadelphia(CHOP)

留学体験記医師5年目の2018年の11月から1ヶ月間、Children’s Hospital of Philadelphia(CHOP)のInternational Observershipへ参加しました。
私の初めての海外医療機関での研修でした。
Pediatric Intensive Care Unit (PICU)で得た経験を基に、CHOP 主導の大規模観察研究へ参加することもできました。
きっかけは当教室での参加者募集の呼びかけでした。
・毎日の多職種ベッドサイドラウンド:医学部6年生から治療方針を決定
・患児や親が毎日ラウンドに参加し積極的に意見を述べる制度
・エビデンスに則った様々な治療パスウェイ
・全米一のPICU 教育システム
・徹底した患者安全文化と医療の質改善、互いへのリスペクト
語り尽くせませんが最先端のシステムに触れ普段の診療の幅を益々拡げられると実感しました。
研修の合間には旅行したりThanksgiving party に参加したりして文化を満喫しました。
働き始めると1ヶ月間の暇を頂いて海外研修に赴く機会はそうそうないので、当教室の診療スタイルだからこそ、叶った願いだったと思います。
これから仲間になる後輩たちにもっともっと良い経験をして頂けるよう、応援したいと思います。

後期レジデントの声へ戻る

広島大学 救急集中治療医学
〒734-8551広島市南区霞1-2-3 
TEL:082-257-5456