連携施設から広島大学病院での研修【松本 丈雄】

高度救命救急センターでの経験〜県内連携施設より〜

連携施設から広島大学病院での研修私は広島大学の救急集中治療医学に入局しつつも、後期研修プログラムはJA広島総合病院に所属し救急後期研修を開始しました。連携施設である広島大学病院には後期研修の2年目に戻り、一旦学外の施設での研修を経て、現在再度大学病院で研修中です。
広島大学の魅力はなんといっても高度救命救急センターならではの、最重症患者の対応を学べるという点です。重症呼吸不全患者のVVECMOでの治療や、重症多発外傷を整形外科の外傷チームと連携して治療を行うなど、他の施設では得られない経験を積むことができます。
キャリアについても柔軟に対応していただいており、私も広島県地域枠(ふるさと枠)での義務を果たしつつ、専門医取得ができるよう配慮いただいております。
若手も増えてきており、日々切磋琢磨しながら診療に望んでおります。興味のある方は是非一度見学に起こしいただければと思います。

後期レジデントの声へ戻る

広島大学 救急集中治療医学
〒734-8551広島市南区霞1-2-3 
TEL:082-257-5456