留学体験記【島谷 竜俊】

Children’s Hospital Los Angelesでの留学を通して

留学体験記2019年4月から6ヶ月間、Dr.Robinder Khemani(Department of Anesthesiology and Critical Care Medicine, Children’s Hospital Los Angeles CHLA)の下で、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)に対する人工呼吸器管理の臨床研究を学ばせて頂きました。
CHLAは北米でも有数の研究施設であり、特に呼吸不全に関する数多くの研究が進められていました。研究に関わるスタッフの数はとても多く、各人が情熱を持って研究に取り組んでいる姿を目の当たりにし感動しました。
また実際のデータ取得や統計解析に関わらせて頂けたことはとても貴重な経験でした。
何よりもこの留学でCHLA のスタッフや日本から来た同じ研究の志を持った仲間に出会い、帰国後も研究について相談できる良好な関係を築くことができたことは掛け替えのないものだと感じています。
私はこの留学を通して間違いなく成長することができました。
改めてこの留学機会を与えてくださいました志馬教授に感謝致します。
私の体験が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。

後期レジデントの声へ戻る

広島大学 救急集中治療医学
〒734-8551広島市南区霞1-2-3 
TEL:082-257-5456