軽金属学会 中国四国支部 第9回講演大会

2017年7月29日(土)、愛媛大学城北キャンパスにて、軽金属学会 中国四国支部 第9回講演大会が開催されました。研究室では以下の発表を行いました。

 

[3]急冷凝固法によるAl-Si-Mg合金の作製と評価/広島大学 ○山本宏,杉尾健次郎,佐々木元,広島アルミニウム工業 田畑潤二,広島県西部工業技術センター 府山伸行

[19]溶融撹拌法により作製したカーボンナノファイバ/Mg複合材料の組織と機械的性質/広島大学 ○田代健太郎,杉尾健次郎,佐々木元

[26]TiB2粒子の含有量がAl基複合材料の組織および熱伝導率に与える影響/広島大学 ○児玉州平,杉尾健次郎,佐々木元

[35]アルミニウム基板へのZrO2粒子分散Cr基電析複合被膜の作製/広島大学 ○佐藤康太,杉尾健次郎,佐々木元,バンドン工科大学 Asep Ridwan Setiawan,Aditianto Ramelan

*[]はプログラム番号

 

佐藤が優秀講演賞を受賞しました。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク