細胞機能化学研究室・荒川研究グループ ホームページへようこそ


は じ め に

 土壌細菌の仲間である放線菌は, 抗生物質・免疫抑制剤・薬理活性物質・除草剤・酵素阻害剤などの多くの二次代謝産物を生産するので, 最も重要な有用微生物の一つです。事実, 抗生物質の実に7割が放線菌によって作られているのです。しかし、抗生物質が効かない MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)や VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)のことがテレビや新聞で報じられているように, 人類と細菌との長い戦いは現在も続いています。また, 癌やエイズに真に有効な薬を求めて, 放線菌等の微生物の培養液を用いたスクリーニングも盛んに行われています。
 私たちの研究室では、
放線菌の生命現象」を遺伝子・酵素・代謝産物の視点から多面的に研究しています。抗生物質の生合成メカニズムの解析を中心として、生命の設計図である遺伝子情報解析や二次代謝の制御システムの解析などを行っています。そしてその成果を新規抗生物質の創出生産性の向上などの応用にもつなげたいと考えています。

1.抗生物質の生合成マシナリー(設計図)の精密解析と物質生産への応用

2.二次代謝生産制御システムの包括的解析

3.多面発現制御による休眠二次代謝産物の発掘(ゲノムマイニング)

4.高機能生理活性物質の単離・構造決定および生化学的解析

 

連絡先:

 〒739-8530
 広島県東広島市鏡山 1-3-1
 広島大学大学院統合生命科学研究科
 生物工学プログラム
 細胞機能化学研究室 610N

 准教授 荒川賢治 (ARAKAWA, Kenji) (個人HP)
 E-mail: karakawa(at)hiroshima-u.ac.jp ※(at)は@に変換してください
 TEL&FAX: 082-424-7767

※ 大学院生(修士・博士)を募集しています。お気軽に上記連絡先に連絡をいただけたらと思います

2019年度以降の入学試験は大学院統合生命科学研究科・生物工学プログラムにて行われます。

詳細は https://www.hiroshima-u.ac.jp/ilife/about にて。


お 知 ら せ

2019/7/29 放線菌Streptomyces rochei 7434AN4株の全ゲノム解析に関する、理化学研究所・東京農業大学・国立感染症研究所・本学自然科学研究支援開発センターとの共同研究論文が Scientific Reports に掲載されました

2019/7/23 山本徹也先生(名古屋大)との共同研究論文が Materials Today Communications に掲載決定されました

2019/7/7 江口雄聡君がThe 4th A3 Foresight Symposium on Chemical & Synthetic Biology of Natrual Products · Best Oral Presentation Awardを受賞しました

2019/6/29 インドネシア・マカッサル州立大学にて基調講演を行いましたバイオのつぶやき

2019/5/20 エジプトからの博士研究員が新メンバーに加わりました

2019/4/1 学部4年生が新メンバーに加わりました

2019/1/1 原圭佑君および鈴木敏弘博士(現 東京農業大学)の研究内容が「バイオサイエンスとインダストリー」誌に掲載されました

2019/2/28 Dr. Ahmed Ayoubとの共同研究論文がACS Omegaに掲載されました

2019/1/25 山本徹也先生(名古屋大)との共同研究論文がChem. Lett.に掲載されました

2019/1/17 見崎裕也君が日本農芸化学会中四国支部 奨励賞(学生部門)を受賞しました

2019/1/9 手島愛子さんが2018年度大学院先端物質科学研究科エクセレントスチューデントスカラーシップを受賞しました

2018/12/5 1st Egyptian-Japanese Joint Symposium (Ain Shams University, Cairo) およびJSPSカイロセンター特別懇話会にて招待講演を行いました バイオのつぶやき

2018/9/26 山本徹也先生(名古屋大)との共同研究論文がEur. Polym. J.に掲載されました

2018/10/5 第33回HiHA Seminar をお世話しました

2018/9/26 山本徹也先生(名古屋大)との共同研究論文がChem. Lett.に掲載されました

2018/7/10 手島愛子さんがThe 3rd A3 Foresight Symposium on Chemical & Synthetic Biology of Natrual Products · Best Oral Presentation Awardを受賞しました

2018/4/1 学部4年生が新メンバーに加わりました

2018/3/9 山内佑介君の研究論文がJ. Biosci. Bioeng.に掲載されました

2018/2/23 荒川准教授の総説がAntonie van Leeuwenhoekに掲載されました

2018/1/10 原圭佑君が2017年度大学院先端物質科学研究科エクセレントスチューデントスカラーシップを受賞しました

2017/12/19 手島愛子さんが日本農芸化学会中四国支部 奨励賞(学生部門)を受賞しました

2017/12/1 客員研究員がメンバーに加わりました(~12/25)

2017/7/23 手島愛子さんが2017年度生物工学若手研究者の集い・夏のセミナーにて優秀ポスター賞を受賞しました

2017/4/1 学部4年生が新メンバーに加わりました

2017/1/9 国吉久人先生(広島大学生物圏)との共同研究論文がBiosci. Biotechnol. Biochem.に掲載されました

2016/12/16 HiHA第8回Workshopをお世話しました

2016/12/12 河本正次先生(広島大学先端研)との共同研究論文がBiochem. Biophys. Res. Commun.に掲載されました

2016/11/5 荒川准教授が第15回広島大学長表彰を受賞しました

2016/10/8 Dr. Ahmed Ayoub, Prof. Jack Tuszynski (Univ. Alberta, Canada) らとの共同研究論文がJ. Med. Chem. に掲載されました

2016/10/1 修士学生(10月入学)が新メンバーに加わりました

2016/4/22 荒川准教授が長瀬研究振興賞を受賞しました

2016/4/1 学部4年生が新メンバーに加わりました

2016/1/13 波多江希さんが2015年度大学院先端物質科学研究科エクセレントスチューデントスカラーシップを受賞しました

2016/1/1 荒川准教授の研究内容が「バイオサイエンスとインダストリー」誌に掲載されました

2015/10/14 荒川准教授がバイオインダストリー協会・発酵と代謝研究奨励賞を受賞しました

2015/9/8 Yosi Nindita博士が2015年度日本放線菌学会大会ポスター賞を受賞しました

2015/8/24 國武博文君の研究論文がChemBioChemに掲載されました

2015/4/1 学部4年生が新メンバーに加わりました

2015/3/25 波多江希さんが修士中間発表会ベストポスター賞を受賞しました

2014/12/9 Yosi Ninditaさんの研究論文がMol. Microbiol.に掲載されました

2014/11/6 曹志生君、吉田竜平君の研究論文がJ. Antibiot.に掲載されました

2014/4/1 学部4年生が新メンバーに加わりました

2013/12/24 荒川准教授の日本農芸化学奨励賞・受賞総説がBiosci. Biotechnol. Biochem.にacceptされました

2013/11/13 客員研究員が新メンバーに加わりました

2013/10/2 研究留学生が新メンバーに加わりました

2013/7/30 Yosi Ninditaさん(筆頭著者)の研究論文がFEMS Microbiol. Lett.に掲載されました

2013/4/8 学部4年生が新メンバーに加わりました

2013/3/24 荒川賢治准教授が日本農芸化学会・農芸化学奨励賞を受賞しました

2012/7/7 広島大学大学院生物圏科学研究科・国吉久人准教授との共同研究論文がBiosci. Biotechnol. Biochem.に掲載されました

2012/6/18 ポリケチド合成酵素の解説論文がNature Chemical Biologyに掲載されました

2012/6/14 シグナル分子SRBの研究論文がChemBioChemに掲載されました

2012/2/23 曹志生君の研究論文がBiosci. Biotechnol. Biochem.に掲載されました

2012/2/6 ホームページリニューアル(順次アップデートしていきます)

 

[Top page] [Research topic 1 2 3 4] [Member] [Publication] [Photo] [Go to 5-lab top page]

[English page]