| What's New  | Mission  | Action Plan  | Registration system  | Management  | Member fee  | News letter  | Workshop  | Schedule  | Link |

 
■2009.06.23 第6号ニュースレターがダウンロード可能になりました。(PDF No.6
■2008.06.25 第5号ニュースレターがダウンロード可能になりました。(PDF No.5
■2007.06.26 第4号ニュースレターがダウンロード可能になりました。(PDF No.4
■2006.07.20 コンテンツにリン研究部会ワークショップ(No.3)が追加されました。(PDF No.3
■2006.07.20 第3号ニュースレターがダウンロード可能になりました。(PDF No.3
■2006.06.28 第3回シンポジウムを環境バイオテクノロジー学会中開催。場所は東京大学弥生講堂。
■2005.07.15 コンテンツにリン研究部会ワークショップが追加されました。(PDF No.1 No.2
■2005.07.13 リンク集に環境バイオテクノロジー学会を登録しました。
■2005.06.15 第1・2号ニュースレターがダウンロード可能になりました。(PDF No.1 No.2
■2005.03.12 第2号ニュースレターを発行しました。
■2004.07.06 第1回シンポジウムを環境バイオテクノロジー学会中開催。場所は東京大学弥生講堂。
■2004.02.11 第1号ニュースレターを発行しました。
■2003.11.11 環境バイオテクノロジー学会リン研究部会の公式ホームページを立ち上げました。
 
リンは、農業をはじめ人間活動に欠くことのできない資源です。しかし今世界では、リン資源の将来的枯渇が懸念されています。既に欧米では、リンを戦略物資に指定しリン鉱石の輸出を規制したり、国を挙げてリン資源の回収とリサイクルに取り組み始めています。一方わが国は、多量のリン鉱石を全て海外から輸入しながら、未だにリン資源を十分に回収再利用していません。そのため、わが国の湖沼や内湾などに流れ込んだリンが、富営養化による環境破壊を引き起こすに至っています。

・リン研究部会では
■リンの基礎科学、リン資源回収とリサイクル技術およびリンの新しい産業利用の方法などに関するわが国で最も重要な情報交換の場を実現します。
■広くリン資源リサイクルの必要性を訴えて、国のレベルでリン資源の回収とリサイクルの実現を目指します。
■リン資源回収リサイクルに関する産学官プロジェクト推進のために中心的役割を担います。
 
■研究部会のホームページを開設します。
■リンをめぐる最新情報や話題をテーマとするシンポジウムや講演会を企画します。
■海外との積極的な情報交換に努め、関連する国際会議等への参加を呼びかけます。
■リン資源の回収や再利用等に関する産学官の研究開発プロジェクトを提案します。
 
■部会登録申請方法
氏名、所属、住所、電話、FAX、E-mail をお書きの上、メールあるいはFAXにてお申込み下さい。
■お申込み先
広島大学大学院先端物質科学研究科 分子生命機能学専攻内 黒田章夫 宛
〒739-8530 東広島市鏡山1-3-1  TEL:082-424-7758 FAX:082-424-7047
E-mail: akuroda@hiroshima-u.ac.jp
部会登録申請書(PDF)はこちら
 
■部会代表世話人 独立行政法人産業技術総合研究所生物機能工学研究部門 副研究部門長 中村和憲
■世話人 大阪大学大学院工学研究科応用生物工学専攻 教授 大竹久夫
■世話人 広島大学大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 教授 黒田章夫
 
■部会費 年間 1,000円/個人   10,000円/企業または団体
 
■第1号ニュースレター   ダウンロードはこちら(PDF)
■第2号ニュースレター   ダウンロードはこちら(PDF)
■第3号ニュースレター   ダウンロードはこちら(PDF)
■第4号ニュースレター   ダウンロードはこちら(PDF)
■第5号ニュースレター   ダウンロードはこちら(PDF)
■第6号ニュースレター   ダウンロードはこちら(PDF)
 
■第1回リン研究部会ワークショップ 2004.07.06  (PDFダウンロード
  ・リン研究部会設立 : 産総研 中村和憲
  ・HeatPhos法によるリン回収 : 大阪大学 大竹久夫
  ・し尿からのリン回収 : JFEエンジニアリング 白毛宏和
  ・ツインリアクターによる高効率MAP回収法の開発荏原プロセス : 荏原製作所 田中俊博
  ・リン含有率の高い汚泥を生成する下水処理プロセス : 早稲田大学 常田聡
■第2回リン研究部会ワークショップ 2005.06.28  (PDFダウンロード
  ・土壌微生物を利用したリンの有効利用 : 農業環境技術研究所 斉藤雅典
  ・土壌に蓄積する難溶性リン酸の作物による特異的溶解・吸収機構に関する研究 神戸大学 阿江教治
  ・下水汚泥由来リン酸資源の作物への施用効果 : 日本土壌協会 古畑 哲
■第3回リン研究部会ワークショップ 2006.06.28  (PDFダウンロード
  ・循環式バイオマス・トイレ装置よりリンを回収する技術 : 関西ピー・ジー・エス(株) 鈴木 實
  ・水酸アパタイトの不均一核形成を誘起する材料設計 : 九州大学大学院歯学研究科 竹内 あかり
■第4回リン研究部会講演会 2007.06.26
  ・鉄鋼業とリン資源との関わりについて−天敵か財産か− : 東北大学大学院環境科学研究科 長坂徹也
■第5回リン研究部会講演会 2008.06.25
  ・リン捕集材としてのリン酸ジルコニウムと結晶化学 : 広島大学大学院工学研究科 山中昭司
  ・晶質ケイ酸カルシウムによるリン回収 : 小野田化学工業 美濃和信孝
■第6回リン研究部会講演会 2009.06.23
  ・鶏ふん焼却灰からのリン化合物回収技術について : 宮崎大学工学部土木環境工学科 土手 裕
   
■行事予定 (工事中) ■リンク集
黒田章夫
環境バイオテクノロジー学会