研究施設について

● レジデントハウスが完成しました

研修医の皆さんにより充実した研修をしていただくために、研修医用居室68室を有する広島大学病院梁山泊(レジデントハウス)を敷地内に平成23年3月に整備し、4月より入居が始まりました。部屋は1LDKタイプで、バス・トイレ・ミニキッチン・エアコン・勉強机・ベッド・テレビ等の生活に必要な設備が整っています。 →詳しい設備についてはこちら

また、入居者以外でも研修医が利用できる談話室を設けており、研修医同士の憩いの場となっています。

外観 居室内 キッチン 談話室
レジデントハウス外観 レジデントハウス居室内         談話室

 

● 研修医控室を整備しています

院内に研修医専用の控室(男性用、女性用、男女共用の計3部屋)を設け、個人用のロッカーおよびレターボックス、冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット、ソファー、LAN、プリンターなどを整備しています。また、今後は研修医専用の学習室を整備し、学習机や手技練習用シミュレータなどを設置する予定としています。

 

● 学習環境の整備を行っています

豊富なDVD教材の利用、文献検索、医学情報へのアクセス、手技の練習などが24時間可能です。また、Microsoft社製のOS・主要ソフトウェアやウイルス対策ソフトが無償で利用できます。

医学中央雑誌 MEDLINE・EBMR CINAHL Up To Date 今日の診療
JDream U SciFinder Web 化学書資料館 メディカル・オンラインライブラリー  

オンラインにて利用可能な医学文献検索ツール等(抜粋)
広島大学では、約36,880誌(無料誌含む)の電子ジャーナルが利用可能です。

 

● 新時代の医療に対応するため病院再開発が進んでいます

平成15年1月の新病棟の開院に続き、平成25年度中の早期開院を目指し、現在新診療棟(中央診療棟・外来棟)の建設工事が進んでいます。

中央診療棟・外来棟

内観01 内観02