BIGHANDS 広島大学陸域環境研究会

トップTop

   
   Date: 22 January in 2021
   Place: K204, Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University and Zoom

 Program
  13:00-13:10  Opening and Objective of WS  Shin-ichi Onodera (Hiroshima Univgersity)
  13:15-13:45  Water resources and nutrient flux in a Chinese megacity, Guangzhou
                      Jianyao Chen (Sun Yat-Sen University)
  13:45-14:00  Nutrients change in Guangzhou  Manzhi Li and J. Chen (Sun Yat-Sen University)
  14:00-14:30  Water resources and quality change in Tokyo  Takeshi Hayashi (Akita University)
  14:40-15:10  Nutrient flux change in Osaka Bay watershed  Mitsuyo Saito (Okayama University),
             Kunyang Wang and Shin-ichi Onodera (Hiroshima University)
  15:10-15:40  Recovery of groundwater contaminated by the Tohoku earthquakes tsunami in 2011 in Sanriku           Ichirow Kaihotsu (Hiroshima University)
  15:40-16:10  Tsunami in Indonesia, its impact on natural and social resources
             Eko Yulianto (Indonesian Institute of Sciences)
  16:10-16:25  General discussion
  16:30-17:10  Impact of brackish-water aquaculture activity on groundwater vulnerability in coastal alluvial plain: an evaluation to reach sustainability
             Anna Rusydi (Hiroshima University, and Indonesian Institute of Sciences)
  17:10-17:30  General discussion and Closing
   
   日時  2021年1月23日(土)~1月24日(日)
   場所  広島大学 学士会館会議室1&2

会議日程
 1月23日(土)
  10:00-10:15  はじめに 小野寺真一(広島大学)・齋藤光代(岡山大学)
  10:15-12:15  Lecture 1: interpolation and mapping for downscaling to some grid, HRU, and sub-basin                By 清水裕太(農研機構) Wang, Kunyang(広島大)
   Lunch

   13:30-15:30  Presentation 1
    30min  今村直広(森林総研)  山地源流域における蒸発散と地形による影響の検討
    30min  Wang, Kunyang(広島大) Long-term change of spatial variation in nitrate load
    30min  永野裕子(日林協)・藤井創一朗  地下水涵養量の地質による違い
    30min  清水裕太(農研機構)  栄養塩起源の評価

   15:40-17:40  Personal Discussion 1  By the Web with Simizu,Y and in the room with Wang

   18:30-20:00  On-line Informal Meeting


 1月24日(日)
   8:00-10:00  Personal Discussion 2
  10:00-12:00  Lecture 2: extrapolation and prediction for the future under the land use and climate
              changes    By 清水裕太(農研機構) Wang, Kunyang(広島大)
    Lunch

   13:00-14:20  Presentation 2 
     20min  Kimbi, Sharon(広島大) Urbanization effect with landfilling of paddy field and irrigation ponds on groundwater recharge
     20min  石原秋太(岡山大)  水田の都市化にともなう洪水・窒素負荷影響
     20min  野仲一成・宮川真央(日林協)  有明海筑後川・菊池川流域での解析例
     20min  山崎正稔(パスコ)・木下牧・永野裕子  有明海他流域・常陸太田流域での解析例

   14:20-14:50  General Discussion: Publication, Presentation, Next step and plan
   14:50-17:00  Personal Discussion 3

NEWS & TOPICS

  トップ ページ
 2020年
12月11日
 2020年度 第5回HURu-SAtoインキュベーション拠点研究会
流域圏健全環境と持続可能性~気候変動影響編~
共催:陸域環境研究会、資源エネP、環境科学共同セミナー

第855回 環境科学共同セミナー

日時 : 2020 年 12 月 11 日(金)  
場所 : 広島大学 総合科学部 K204 (講義棟)

プログラム・スケジュール(仮)

 15:20-15:30  はじめに 小野寺真一(広島大学 先進理工研)
 15:30-16:00 清水裕太(農研機構西日本農研センター) 
           瀬戸内海流域における気候変動の栄養塩流出に及ぼす影響  -モデルによる解析
 16:00-16:15  コメント 小原静夏(広島大学  統合生命)、杉木恒彦(広島大学 人間社会)、田中貴宏(広島大学 先進理工)
 16:20-17:00  作野裕司(広島大学 先進理工)
            衛星による流域からの物質流出の推定
             -西日本豪雨時の懸濁物質流出および海洋ごみの移動-
 17:00-17:20  コメント 齋藤光代(岡山大学 環境生命)、岩本洋子(広島大学 統合生命) 、横山 真(福山市大 都市)
 17:20-17:50 総合討論
  
[第 0 部-a] GIS Day in 中国  13:00-15:05 Web 開催
https://home.hiroshima-u.ac.jp/ttanaka/gisday2020.htm

[第 0 部-b] 大崎下島 現地調査(12/14~)展望  14:30-15:10  K204

[第 2 部]  12 月 12 日(土)  9 時~12 時  総合科学部 C617(予定)
 統合モデル WG 「SWAT モデルとリモートセンシングデータの統合」
 講演内容 10 時~ SWAT モデル解析 Wang Kunyang(広島大学 総合科学 D2)
      11 時~ ドローンデータ解析 白石朗光・岩田徹(岡山大学 環境生命研)
 総合討論
2020年
11月13日 
2020年度 第4回HURu-SAtoインキュベーション拠点研究会
流域圏健全環境と持続可能性~ミャンマー編~
共催:陸域環境研究会、資源エネP、環境科学共同セミナー

第852回 環境科学共同セミナー

日時 : 2020 年 11 月 13 日(金)  
場所 : 広島大学 総合科学部第 1 会議室 (事務棟 3 階)

プログラム・スケジュール

 13:00-13:10 はじめに 小野寺真一(広島大学 先進理工研)
[森林保全編]
 13:10-13:40 奥田敏統(広島大学 統合生命研) 環境省プロジェクトの成果と課題
 13:40-14:10 山田俊弘(広島大学 統合生命研) 森林保全とその流域圏健全循環への課題
 14:10-14:30 総合討論
  コメンテーター;長坂 格(広島大学 人間社会研)、石田卓也(広島大学 先進理工研)
  休憩 10 分

[流域編]
 14:40-15:10 落合博貴(日本森林技術協会) JICA プロジェクトの成果と課題
 15:10-15:40 鈴木 圭(日本森林技術協会)  JICA ニーズ対応とその成果と課題
 15:40-16:00 総合討論
   コメンテーター;田中貴宏(広島大学 先進理工研)、清水裕太(農研機構西日本農研)

[沿岸編]
 16:00-16:30 小池一彦(広島大学・統合生命研) 科研プロジェクトの成果と課題―マングロー ブおよび沿岸生態系保全と沿岸健全循環への課題
[総合討論]
 16:30-17:10
  コメンテーター;岩本洋子(広島大学・統合生命研)、齋藤光代(岡山大学)
  とりまとめ;小野寺真一

[第2部] 総合展望 17:30-19:30

[エクストラ編] 14日-15日 SWAT モデル ワーキング

 2020年
10月24日
 第6回公開シンポジウム
「持続可能社会-里山とエネルギーと地域

主催;広島大学大学院総合科学研究科21世紀科学プロジェクト
共催;広島大学エネルギー超高度利用研究拠点、エコネットひがしひろしま、 広島大学SATO研究拠点、陸域環    境研究会,環境共同セミナー
後援;東広島市

第851回  環境科学共同セミナー


日時 : 2020年10月24日(土) 13時~16時 
場所 : 広島大学総合科学部 第1会議室 (入場人数制限のため事前登録のみ)  
           ★要旨集はこちら

 開会挨拶等 13時10分~  
  はじめに 広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授  小野寺真一

 講演 13時20分~15時20分
  高垣広徳  東広島市 市長 「東広島市の環境政策」
  餘利野直人 広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授  「安心社会のマイクログリッド構想」
  田中貴宏  広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授  「地域づくりとバイオマスエネルギー利用」
  更科安春・三宅紘一郎 一般社団法人まめな 代表理事   「大崎下島久比地区での地域活動」

 15時30分~16時00分 司会:広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授 市川貴之
 「東広島市のバイオマスの利活用について」   
  話題提供;現状の活動状況   東広島市環境対策課環境先進都市推進統括監  波谷一宏  
   コメンテーター:広島大学大学院先進理工系科学研究科 教授 市川貴之 
           わくわくソーラーシェアリング・ファーム代表 重家雅文
  閉会挨拶 16時00分    
      
  コーディネーター 小野寺真一 広島大学大学院先進理工系科学研究科          
           082-424-6496  sonodera@hiroshima-u.ac.jp
 2020年9月30日  講演会の開催について

日時 : 9月30日(水)16:00~17:00  
場所 : 総合科学部 J306
演題 : 「北極海-大気-植生-凍土-河川系におけ る水・物質循環の時空間変動
     (科研費基盤 S 研究 プロジェクトについて)」
      (Pan-Arctic Water-Carbon Cycles: Project of Grant-in-Aid for Scientific Research (S) in JSPS)
講演者 : 名古屋大学 檜山哲哉 教授
 2020年9月23日  SATO拠点研究会

日時 : 9月23日(水)14:30~17:30
場所 : 総合科学部 第1会議室 前回と同じ  
      オンライン   Zoomミーティング
      https://zoom.us/j/97401610343?pwd=U2VRVE01Uko2Q2RiQUtoZkEraWFUZz09
    ミーティングID: 974 0161 0343
    パスコード: 5ck0YM

話題提供 : 前半2時間
 はじめに :小野寺真一 (先進理工研)『SATO NETへの可能性』
 [里山編] : 淺野敏久  (人間社会研)『広大博物館の「地域まるごと博物館」の取り組み 』
 [里水編] : 今村直広  (森林総合研究所)『里山を取り巻く森林の現状と課題』
 [里海編] : 小原静夏  (統合生命研)『広島の里海について』 
 特別講演: 開發一郎  (名誉教授) 『東広島の地下水および水資源について』

総合討論 : 後半1時間 
         コメント : 話題提供者以外  
         総合討論 : 本部からの要請、今後の計画、共同研究申請、その他
 2020年  7月27日 2020年度 第1回 都市-農村流域圏の健全循環創成(SATO NET創成)研究拠点 会議

日時:7月27日(月)14:30~17:30
場所:広島大学 総合科学部  第1会議室 もしくは、Zoom 
 ※学外の方で広大にお越しの方は旅費等を別メールで相談させてください。

1)拠点概要(メンバー紹介を含む)およびヒアリング結果概要
2)課題の確認(コメントを含む);メンバーの融合、大型資金研究費獲得、新規メンバー依頼
3)活動方針
4)予算執行方針
 
【ドローン水文生態学研究会】(1 部)12 時~14 時 田町キャンパスイノベーションセンター 4 階 ラウンジスペース


PAGE TOP
© 2015 BIGHANDS 広島大学陸域環境研究会