イベント

今後のイベント

伊能忠敬没後200年記念企画講演会
「地図をつくる・地図からわかる」※終了しました

日時:2018年9月15日(土)13時~17時(開場:12時30分)

会場:5-Daysこども文化科学館 1Fアポロホール

申込不要・入場無料

第一部:伊能忠敬の業績と広島との関わり及びその現代的意味を知る

挨拶:伊能忠敬と広島 西川治(元日本地理学会長)

講演①:英国海図と伊能図—瀬戸内海をめぐって
     八島邦夫(元海上保安庁海洋情報部長)

講演②:伊能忠敬の測量とその後の測量:世界や地球をどう測る
     星埜由尚(元国土地理院長)

第二部:地図から広がる世界。マクロな視点・ミクロな視点から

講演③:宇宙から地球を見る:人工衛星からとらえる地球環境
     作野裕司(広島大学)

講演④:都市と地図:新しい地図の試みと都市空間の魅力再発見
     匹田 篤(広島大学)

講演⑤:デジタル伊能図を使ってひらける世界(教育・まちあるき)
    阿部志朗(益田翔陽高校)

主催:広島大学総合博物館・東京地学協会・広島市こども文化科学館

後援:地理科学学会・日本測量協会・第六管区海上保安本部
   国土地理院中国地方測量部・中国新聞社



伊能忠敬没後200年記念企画展示
「地図をつくる・地図からわかる」

日時:2018年8月21日(火)~9月29日(土)10時~17時
   ※日・月・祝日は休館

会場:広島大学総合博物館 本館

入場無料

主催:広島大学総合博物館・東京地学協会・地理科学学会

協力:河出書房新社

内容:2018年は、伊能忠敬の没後200年にあたります。これを記念して、伊能図(レプリカ)・測量道具(レプリカ)を展示し、さらに測量方法や伊能図の作り方・ 忠敬ゆかりの広島人の紹介・地図を使った広島大学研究をパネルで紹介します。また、平成30年7月豪雨の傷跡の地図も掲示します。



連続講座
「里山の植物観察をしよう!-入門編2018-」※申込受付は終了しました

ナビゲーター:技術センター(植物管理室)職員

※本イベントは4回連続講座です。

①4月21日(土)13時~15時30分
「春の野草、スミレ、タンポポの見分け方」

②6月2日(土)13時~15時30分
「初夏の樹木の見分け方」

③9月1日(土)13時~15時30分
「水草の観察と秋の野草の見分け方」

④10月20日(土)13時~15時30分
「秋の樹木とドングリの見分け方」

定員:20名程度
※4回すべてに参加できる方、昨年度参加されていない方を優先。

対象:どなたでも(小学生以下は保護者同伴)

参加費:ひとり400円(保険代・資料代)

会場:植物管理室・自然散策道「発見の小径」(東広島キャンパス)

申込方法:Eメール(hirog@hiroshima-u.ac.jp)で下記必要事項を送付してください。

必要事項:①参加者全員の名前(ふりがな)、②住所、③連絡先(電話番号など)、④学年(就学者のみ)
※今回取得した個人情報は、広島大学総合博物館にかかる関連行事以外の目的で使用することはありません