最近の学術業績・賞など

最近の学位論文や研究活動レポートなど、当グループの実績をお知らせします。

2018

9月19日 塩谷先生の論文がExperimental and Therapeutic Medicine誌に掲載されました。

Exp Ther Med. 2018;16:3070-3076.
Plasminogen activator inhibitor-1 serves an important role in radiation-induced pulmonary fibrosis.
Shioya S, Masuda T, Senoo T, Horimasu Y, Miyamoto S, Nakashima T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N.


8月29日 山口先生の論文がIn Vivo誌に掲載されました。

In Vivo. 2018;32:1155-1160.
Bevacizumab with Single-agent Chemotherapy in Previously Treated Non-squamous Non-small-cell Lung Cancer: Phase II Study.
Yamaguchi K, Masuda T, Fujitaka K, Miwata K, Sakamoto S, Horimasu Y, Hamai K, Miyamoto S, Nakashima T, Okamoto Y, Iwamoto H, Ishikawa N, Miyata Y, Okada M, Hamada H, Hattori N.


8月14日 実綿先生の論文がMolecular Therapy – Nucleic Acids誌に掲載されました。

Mol Ther Nucleic Acids. 2018;12:698-706.
Intratracheal Administration of siRNA Dry Powder Targeting Vascular Endothelial Growth Factor Inhibits Lung Tumor Growth in Mice.
Miwata K, Okamoto H, Nakashima T, Ihara D, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Shibata A, Ito T, Okuda T, Hattori N.


7月15日 研修医の先生が地方会で表彰されました。

宮地先生が第59回日本呼吸器学会中国・四国地方会で表彰されました

第59回日本呼吸器学会中国・四国地方会 研修医優秀演題賞
抗TIF-1γ抗体陽性皮膚筋炎を契機に胸腔鏡補助下肺生検で診断しえた肺原発リンパ上皮腫様癌の1例
宮地由樹、中西雄、吉田雄介、山口覚博、坂本信二郎、堀益靖、益田武、宮本真太郎、中島拓、岩本博志、藤高一慶、濱田泰伸、平田信太郎、杉山英二、服部登


4月19日 第115回内科学会総会・講演会を主催しました。

河野名誉教授(現:広島都市学園大学学長)が第115回内科学会総会・講演会の会長を務めました。

集合写真

学会ホームページをご覧ください


4月18日 徳毛先生の論文がLung Cancer誌に掲載されました。

Lung Cancer. 2018;119:21-24.
Nivolumab-induced severe pancytopenia in a patient with lung adenocarcinoma.
Tokumo K, Masuda T, Miyama T, Miura S, Yamaguchi K, Sakamoto S, Horimasu Y, Nakashima T, Miyamoto S, Yoshida T, Iwamoto H, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N.


3月28日 大月先生の論文がEuropean Respiratory Journal誌に掲載されました。

Eur Respir J. 2018. pii: 1701610.
Aminopeptidase N/CD13 as a Potential Therapeutic Target in Malignant Pleural Mesothelioma.
Otsuki T, Nakashima T, Hamada H, Takayama Y, Akita S, Masuda T, Horimasu Y, Miyamoto S, Iwamoto H, Fujitaka K, Miyata Y, Miyake M, Kohno N, Okada M, Hattori N.


2017

12月7日 山口先生の論文がOncotarget誌に掲載されました

Oncotarget. 2017;8:94382-92
AGER rs2070600 polymorphism elevates neutrophil-lymphocyte ratio and mortality in metastatic lung adenocarcinoma
Yamaguchi K, Iwamoto H, Sakamoto S, Horimasu Y, Masuda T, Miyamoto S, Nakashima T, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N.


11月15日 益田先生の論文がCancer Chemother Pharmacol誌に掲載されました

Cancer Chemother Pharmacol. 2018;81:131-139
The extent of ground-glass attenuation is a risk factor of chemotherapy-related exacerbation of interstitial lung disease in patients with non-small cell lung cancer
Masuda T, Hirano C, Horimasu Y, Nakashima T, Miyamoto S, Iwamoto H, Ohshimo S, Fujitaka K, Hamada H, Hattori N


10月28日 3学会合同地方会を主催しました

服部先生が第26回日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会の会長を務めました

濱田先生が第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会の会長を務めました

学会ホームページをご覧ください

太田先生が第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会で表彰されました

第58回日本呼吸器学会中国・四国地方会 研修医優秀演題賞
ALK遺伝子転座陽性肺多形癌に対してアレクチニブを使用した一例
太田沙綾、三浦慎一朗、北島真紀子、堀益靖、益田武、中島拓、岩本博志、藤高一慶、濱田泰伸、服部登