HOME > センターの概要 > 設立の経緯
設 立 の 経 緯
 
  平成15年4月、「21世紀広島大学マスタープラン」に沿って、学内の5施設・センター(遺伝子実験施設、医学部附属動物実験施設、機器分析センター、低温センター、アイソトープ総合センター)を統合し、全学の自然科学関連の学際的な発展を可能とする教育研究支援体制の強化と生命科学や物質科学関連の研究プロジェクトの推進を目的として、自然科学研究支援開発センターが設置された。本センターの特徴は、高度先端研究機器・設備の集約化と一元的管理・運営を行うことにより研究支援体制を強化し、遺伝子改変モデル動植物の開発など本学が得意とする生命科学的基礎研究から食料・環境問題に対する革新的技術の開発や高度先進医療開発などの分野、さらに世界的に視て活力の高い研究者を有する物質機能開発の分野において、卓越した成果を上げ、幅広い先端的な応用研究へと発展させるところにある。
  平成18年4月、物質科学研究開発部を発展させた先進機能物質研究センターの新設に伴い、センター運営の効率化と教育研究支援の一層の迅速化を図るために、遺伝子実験部門、生命科学実験部門、低温・機器分析部門、アイソトープ総合部門の四部門体制に改組した。
センター設立のイメージ図