CT(コンピューター断層撮影)                            


CTってなに?

CTとMRIの違いは

CTの利点は?

CTの欠点は?

どんなときにCTをとるの?


CTってなに?

CTとは放射線によってからだの断層撮影を行う方法です。
手や足、胸やお腹は骨で覆われていないので超音波断層撮影などが有効ですが頭は骨で囲まれており通常は超音波などでみることができません。そこでCTが大変大切な検査となります。
かつてCTがなかった時代には頭の中は脳血管造影といって脳の動脈に造影剤を注入してレントゲンを撮影する方法や気脳写といって脳の中(正確には脳室の中)に空気を入れてレントゲンを撮影する方法などがとられていました。
しかしそれらは影絵にすぎず正確な診断はなかなか難しかったのです。
CTの誕生は画期的で、脳の病気の診断は著しく向上しました。
しばらくの間、脳の画像診断の雄として君臨してきましたが1990年代にMRIが普及してきてからはその地位をMRIに奪われ衰退していくかに見えました。
しかしながら、その後造影剤の改良や撮影の高速化、スライス幅(輪切りの厚さ)の薄切化、コンピューターの画像処理能力の向上による画像の3次元化などにより新たな役割をもつようになりました。


CTとMRIの違いは?

CTとMRIの最大の違いは検査に使うものです。
CTでは放射線を使うのに対してMRIでは磁力線をつかいます。
CTのほうが出血病変などに対する感度はよく、MRIでは脳梗塞や脳腫瘍の診断、後頭蓋窩(脳幹付近)の診断に優れます。MRIでは骨が写らないので骨の異常などはCTのほうがよくわかります。
MRIでは磁力線を使うため、体の中に金属がある人は要注意です。ペースメーカーが入っている人はMRIを受けることはできません。


CTの利点は

撮影時間が早い(子供でもかんたんに検査できる)
脳出血に対する感度が高い
骨の異常がわかる
体に金属やペースメーカーなどがはいっていても撮影できる


CTの欠点は

脳幹付近の診断が難しい
脳梗塞に対する感度が低い
詳しい検査にはヨード系造影剤が必要。
放射線被曝する

どんなときにCTをとるの?

CTが得意とするのは
外傷(交通事故、転落、打撲など)
脳出血(くも膜下出血、脳内出血)
大きな病変の簡単なスクリーニング
脳血管の異常の立体的な把握
などです。
つまり、頭部外傷や脳出血が疑われる時はCTがよいです。
また、脳の血管異常が疑われる時には脳血管造影より安全で簡便、そして立体的に描写できるため有用です。

CTが不得意なのは
脳梗塞の初期
脳幹部付近の診断
小さな脳腫瘍
などです。
つまり、脳梗塞が疑われる時はCTをとって異常がなかったからといって大丈夫とは限りません。
ただし、最新鋭のCTでは特殊な撮影方法により脳梗塞の初期や血流低下なども比較的容易に診断できる様になってきました。