広島大学大学院統合生命科学研究科附属臨海実験所(海洋分子生物学研究室)
Marine Biological Laboratory, Graduate School of Integrated Sciences for Life, Hiroshima University

教育関係共同利用拠点

  文部科学省が公募する平成30年度「教育関係共同利用拠点」に本臨海実験所が認定されました。
拠点事業名は「生物の多様性や発生と進化を学ぶ・しまなみ海道広域海洋生物教育共同利用国際拠点」
認定期間は、平成30年9月5日〜平成35年3月31日です。
詳細は、文部科学省のホームページhttp://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/daigakukan/1360542.htm
広島大学大学院統合生命科学研究科のホームページhttps://www.hiroshima-u.ac.jp/ilife/kyodo_riyoを参照して下さい。

施設利用者募集

  広島大学大学院統合生命科学研究科附属臨海実験所では他大学の施設利用者を募集しています。
具体的には,当臨海実験所周辺で採集・分類といった,瀬戸内の多様な生物を用いた実習の
場として,また,海産無脊椎動物(ホヤ・ウニなど)を用いた発生実験の実習の場として,場合
によっては当施設スタッフが一部をお手伝いすることも可能です。また卒業研究・
大学院生の研究の利用など広く募集しております。詳細に関してはお問い合わせ下さい。
  なお,当臨海実験所は,半索動物ギボシムシや無腸動物ナイカイムチョウウズムシを用いた
進化・発生(Evo-Devo, Evolution & Development)をキーワードに教育研究を進めて
います。


MBL_Jissyukoubo04032019.jpg

↓ダウンロードはこちらから(PDF形式)

利用を希望される方は、利用願いを電子メールにてお送りください。
提出先: rinkai-jimu◎hiroshima-u.ac.jp(迷惑メール防止のため@を◎に変えています)
詳細は施設利用についてのページをご覧ください。

お知らせ

2019年

  • 4/3 大学院理学研究科附属臨海実験所の所属を改組に伴い更新しました。
     4/1より,大学院統合生命科学研究科附属臨海実験所となりました。
  • 4/3 実習のページを更新しました。
     今年度より,公開臨海実習が日程の異なる3つの実習(基礎生態学臨海実習,進化発生学臨海実習I,進化発生学臨海実習II)に増えました。
     どの日程の実習を受講希望するのか,ご注意下さい。また,3つ全ての実習を受講することは可能ですが,単位は1実習に対してのみ付与されます。
     実習に関するお問い合わせは,下記までお願いします。

2018年

  • 5/8 実習のページを更新しました。
     今年度の海洋生物学実習Aおよび海洋生物学実習Bの日程及び詳細を公開しています。一部、未定の項目があります。詳しくは学科事務室を通して配付する資料で確認してください。
     今年度の公開臨海実習の日程及び詳細を公開しています。一部、未定の項目があります。詳しくは各大学学部教務担当係を通して確認してください。

  • 5/2 実習のページを更新しました。
     今年度の放送大学実習およびしまなみ海道域海洋生物学実習の日程及び詳細を公開しています。

  • 5/1 実習のページを更新しました。
     今年度の実習の日程を公開しています。

過去のお知らせはこちら

お問い合わせ

  広島大学大学院統合生命科学研究科附属臨海実験所
  〒722-0073 広島県尾道市向島町2445番地
  TEL: 0848-44-1143
  FAX: 0848-44-5914
  E-mail: rinkai-jimu◎hiroshima-u.ac.jp(◎を@に変更して下さい)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-16 (火) 18:09:39 (69d)