第7回サイエンスカフェ

コケってどんな植物? ~コケにできないコケの話~

話し手
出口 博則 教授(広島大学 理学研究科長)
聞き手
寺本紫織
日時
2009年10月31日(土)14:00~16:00
参加者
60名程度(たくさんの方々のご参加、ありがとうございました!)
会場
広島大学東広島キャンパス マーメイドカフェ
内容
「苔庭」と呼ばれる日本庭園をはじめ、日本人にはなじみ深い「コケ」。どこにでも見られるこの「コケ」、実は太古の水中から初めて陸に上がったたくましい植物なのです。広島大学ではコケ植物に関する研究が伝統的に行われており、国内最多の約40万点の標本が保管されています。また、広島大学は日本で初めて南極のコケ植物を研究し、発表を行いました。今回のサイエンスカフェではゲストに広島大学理学研究科・研究科長の出口先生をお迎えしてコケの話を伺います。実際に顕微鏡でコケの観察もしていただけます。たかがコケ、されどコケ。コケの話は奥が深いのです!

当日の様子

第7回カフェ写真 第7回カフェ写真2