第11回サイエンスカフェ

葉緑体にあいた穴 ~開けゴマの分子機構~

日時
2010年8月28日(土)14:00~16:00(受付開始13:30)
場所
広島大学 東広島キャンパスla place マーメイドカフェ広島大学店
話し手
古本 強(広島大学 理学部 准教授)
聞き手
寺本 紫織
参加者
50名程度(多くの方々のご参加、ありがとうございました)
内容
生きているすべてのものは、他と自らを区別する膜や、細胞内を区切る膜を持ちます。生きていくためには、膜内外での連絡通路、つまり、特別にものが通る「穴(扉)」が必要です。物が通過するとき、どのようにこの扉が開くのでしょうか。今回、葉緑体という細胞のなかにある一つの袋にあいた「ピルビン酸を通す穴」を見つけました。また調べていくうちに、この穴をあける呪文がわかりました。みなさんにこっそりお教えします。
第11回カフェ写真 第11回カフェ写真2