第19回サイエンスカフェ

計算するアメーバの不思議 ~2度のイグノーベル賞に輝く単細胞生物の底力~

日時
2012年7月28日(土)14:30~16:30
会場
広島大学 理学研究科 大会議室
話し手
小林 亮 教授(広島大学大学院理学研究科)
聞き手
寺本 紫織
参加者
70名程度(多くの方々のご参加、ありがとうございました)
内容
7月28日(土)広島大学東広島キャンパス、理学研究科大会議室で、第19回サイエンスカフェ「計算するアメーバの不思議─2度のイグノーベル賞に輝く単細胞生物の底力─」を開催し、約70名の方の参加がありました。今回はイグノーベル賞を2度受賞された理学研究科の小林亮教授による、「粘菌」についてのお話で、内容は単細胞生物である「粘菌」が迷路を解いたり、道路網を作ったりすることもできるという説明にまで及びました。 小林教授と聞き手の寺本紫織さんの軽快なトークによる掛け合いで、笑いに包まれながらカフェは進行していきました。休憩時間には、小林教授のもとで研究されている伊藤賢太郎助教の作成された粘菌を観察することができ、参加者の皆さんは興味津々で観察されていました。また、終了後には希望者の粘菌の「お土産」もあり、参加者の皆さん大満足のサイエンスカフェでした。

当日の様子

準備中の写真 準備中!
今回のテーマ!じゃん!! 今回のテーマの写真
聴衆の写真 熱心に聞き入る皆さん。
迷路だって解いちゃいます! 迷路の写真
観察の写真 実際の「粘菌」を観察!
「粘菌」ライトアップ! 粘菌の写真
説明の写真 説明中!
二人の掛け合いが楽しい♪ 説明2の写真
おまけの写真 おまけの話。
「粘菌」のお土産も! お土産の写真