第26回サイエンスカフェ

第26回サイエンスカフェ 「太陽系ができるまで~100億年の物語~」

日 時
2014年8月2日(土)特別カフェ:10:00~12:30・第26回:14:30~17:00
会 場
特別カフェ:附属理学融合教育研究センター・第26回:la placeマーメイドカフェ広島大学店
話し手
高橋 徹(広島大学 先端物質科学研究科)
寺田 健太郎(大阪大学 理学研究科)
聞き手
岡野稔弘(大学院生)・小坂有史(大学院生)・寺本 紫織
参加者
特別カフェ:32名・第26回:52名(多くの方々のご参加、ありがとうございました)
内 容
8月2日(土)第26回サイエンスカフェ「太陽系ができるまで~100億年の物語~」を開催しました。今回は、申込みいただいた方が多かったため、同日の午前中に同じ内容の特別カフェを実施し、大学院生が聞き手を務めました。
第26回は、太陽系の誕生と進化のお話で、前半の星ができるまでを高橋先生、星ができてからを寺田先生が担当しました。
前半はビッグバンより前の宇宙の話や、インフレーションにより、太陽系の材料ができあがり、暗黒物質という見えないものに水素が引き寄せられて、素粒子同士がぶつかり合い、水素→星→銀河となるとの説明がありました。
星ができあがった後半は、星ができる条件や星の寿命の話、元素のできる過程の説明があり、生命の起源について知ることのできるカフェでした。

当日の様子

高橋先生(右)と寺本さん(左)
寺田先生
元素周期表を見ながら
宇宙の石
会場の様子
特別カフェの様子