第29回サイエンスカフェ

第29回サイエンスカフェ 「植物の老化戦略」

日 時
2015年9月26日(土)14:00~16:00
会 場
la placeマーメイドカフェ広島大学店
話し手
草場 信(広島大学大学院理学研究科附属植物遺伝子保管実験施設 教授)
聞き手
寺本 紫織&参加者の皆さん
参加者
44名(多くの方々のご参加、ありがとうございました)
内 容
9月26日(土)第29回サイエンスカフェ「植物の老化戦略」を開催しました。
今回は植物の老化についての,最先端の研究内容を交えて,説明がありました。植物のうち樹木などは,非常に長い寿命を持っています。植物によっては,条件に応じて「積極的に老化」することがあります。例えば,イチョウの樹木の寿命は1000年ですが,その葉っぱの寿命は1年です。冬の間は効率的に光合成できないからあえて積極的に老化させているのではないかと考えられます。
植物は,積極的に老化して栄養を再配分している、といえるのではないでしょうか。
植物の奥深さを感じることができたカフェでした。

当日の様子

講師 草場 信 教授
司会者の寺本さんに作成いただいた動物と植物の細胞図
参加者の方へのプレゼント(レタス栽培セット)
最近発見された植物ホルモンについて説明の様子