広島大学大学院理学研究科 物理科学専攻 Hiroshima University, Graduate School of Science, Department of Physical Science
 
       物理学科           English Pamphlet

ウェブ アニメータウェブ アニメータ





2018/7/20
宇宙科学センター山中雅之特任助教が可視光追跡チームとして発表しました。
【合同記者発表会】史上初、宇宙ニュートリノとγ線によるニュートリノ放射源天体の同定に成功
広島大学掲載ページ
宇宙科学センター掲載ページ
2018/7/13
宇宙科学センターとスタンフォード大学 内海洋輔研究員らの研究成果が報道発表されました。
【研究成果】宇宙ニュートリノ放射源天体の同定に成功
朝日新聞7月13日
日本経済新聞7月13日
産経新聞7月13日
宇宙科学センター掲載ページ
NHKニュース[ニュートリノ観測 宇宙の極めて遠い場所から飛来]

2018/7/3
高エネルギー宇宙研究室の高橋弘充助教らの研究成果が報道発表されました。
【研究成果】銀河系最大級の連星が太陽フレアの1万倍以上の高エネルギー粒子を撒き散らしている様子を世界で初めて観測!
広島大学掲載ページ
中国新聞7月3日
2018/6/26
高エネルギー宇宙研究室の高橋弘充助教、宇宙科学センターの水野恒史准教授らの研究成果が報道発表されました。
【研究成果】ブラックホールに吸い込まれる直前100kmでの物質の幾何構造が判明〜偏光X線を使った世界初の観測に成功〜
広島大学掲載ページ
中国新聞6月26日

2018/6/14

光物性研究室のヌルママト・ムニサ研究員、木村昭夫教授(創発的物性物理研究拠点代表者)の研究成果が報道発表されました。
【研究成果】黒リンにおける電子のたたき上げ現象を世界で初めて観測〜次世代の超高速通信デバイスの素材として期待〜
広島大学掲載ページ
報道発表資料

2018/6/6
6月7日(木)NHK BSプレミアム”コズミックフロント☆NEXT”に内海洋輔 元広島大学特任助教(宇宙科学センター)が出演します。重力波を放った中性子星合体からの光を、人類史上初めて撮影成功することに関わった科学者の一人として研究成果が紹介されます。
広島大学トップページお知らせ
番組ウェブサイト

2018/6/6
構造物性研究室 博士課程後期3年 張志剛さんが、IFAAP2018において、
Student Poster Bronze Prize Award受賞しました。
広島大学掲載ページ
理学研究科掲載ページ

2018/3/7

2018年3月5日-6日の間、創発的物性物理研究拠点第1回国際ワークショップECMP2018が開催されました。
画像をクリックすると大きくなります。

詳細はこちらをご覧ください。(ECMP2018のWEBサイト)

2018/2/23
創発的物性物理研究拠点
第1回 国際ワークショップECMP2018を開催します。
日時:2018年3月5-6日
会場:先端物質科学研究科401N講義室

ポスター発表(英語)募集
学生さんの発表はBest Student Poster Awardの対象となります。
奮ってご参加ください。
詳細はこちら

最終更新日:2018年 7月20日



教員への連絡など(教員のみ)
  〒739-8526 東広島市鏡山1-3-1
広島大学大学院理学研究科物理科学専攻
TEL: 082-424-7381 FAX: 082-424-0717(物理科学専攻事務室)