医局員からのメッセージ

このコーナーは,医局員からの意見やアドバイスをまとめたものです。ぜひ読んで頂き、今後の進路の参考にしてください。

整形外科のセールスポイント

「高いニーズ」
対応しきれないほど数多くの医師派遣依頼があり、整形外科医はいわゆる引く手あまたの状態です。少子高齢化による医療経済問題やAIなどの新規技術による医療の変化などで先行きが不透明でも、確かな技術を持った整形外科医は生き残っていけると確信しています。

「整形内科もある」
整形外科では手術による外科的治療だけでなく、神経ブロックや関節注射などによる疼痛コントロールなどの保存治療も重要な仕事です。

「早く活躍できる」
一般的に外科系は手術技術の習得に時間がかかり、一人前の医師として活躍できるまでに多くの年月を要する傾向にあります。しかし、整形外科の手術は比較的簡単でリスクの少ないものから、マイクロサージェリーなど高度な技術を要するものまで多岐にわたり、手術件数も多いため、若い頃から活躍でき、治療への貢献を実感できます。また、ベテランになっても飽きることがありません。

広島大学整形外科のセールスポイント

「スポーツ医学が得意」
広島市には野球、サッカー、バレーボール、バスケットボールなどのプロ球団があり、特に広島カープやサンフレッチェ広島の試合では広島大学整形外科からチームドクターが帯同しています。他の主要都市にもプロスポーツ球団はありますが、地理的に大学と球場が広島ほど近いことは珍しく、怪我の治療だけでなく、選手の検診などにも取り組んでいます。また、広島大学病院にはアスリートの競技力向上や外傷・障害予防への貢献を目的としたスポーツ医科学センターがあります。

「医療開発が得意」
再生医療などの新規医療の開発研究を得意としており、実用化の実績もあります。再生医療関連の大型研究費も獲得しており、関連した基礎研究も数多く行っているため、多くの先生がこれらの研究に携わることで学位(博士号)を取得しています。

「遠方への転勤が無い」
広島大学整形外科には数多くの関連病院がありますが、ほとんどが広島県内です(県外は松山市2病院、八幡浜市1病院のみ)。(亀井 直輔 H9入局)

一丸~ICHIGAN~

広島大学整形外科は、医局員全員で一体感を共有することで一丸となり、大きな目標に向かって前進しています。臨床でも研究でも全国的に活躍している先生が多く、刺激的な環境であると思います。先輩方は時に優しく、時に厳しくとても熱心に指導して下さるので日々自分の成長を実感できるとても魅力的な教室です。もちろん勉強・仕事だけではなく、みんなで野球観戦に行ったり、飲み会で楽しんだりと笑顔の絶えない明るい雰囲気も魅力です。一緒に充実した整形外科生活を送りましょう!(大田 悠貴 H24入局)

整形外科の大海原へ

整形外科では頭と内臓以外の体のほぼすべてを対象に診療を行います。骨、関節、神経、血管、筋肉と幅広く、また年齢層も先天異常などの乳児から骨粗しょう症など高齢者まで多岐に渡ります。ここまで広範囲の守備範囲を持つ科もなかなかないと思います。また、整形外科の中でも分野が様々と分かれており、興味を持った分野を突き進みスペシャリストを目指す先生が多くおられます。きっと興味のある分野があるはず。迷ったら整形へ!(加藤 雄一 H25 入局)

一緒に整形外科で盛り上がりましょう!

女性の整形外科医は大変ですよね?よくこんな質問を受けます。確かに、整形外科の勉強が大変なことはあります。しかし、力仕事はこの医局におられる優しい先生方が快く引き受けて下さるので大変なことは全くありません。その分、女性にしかできないことでカバーすることもできます。整形外科は診断から治療、さらにリハビリテーションにまで関わる事のできる科です。奥が深くとてもやりがいのある科です。一緒に整形外科で盛り上がりましょう!(徳本 真矢 H25入局)

入局・研修について