本文へスキップ

広島大学 大学院医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門・精神神経医科学です。

交通アクセス お問い合せ サイトマップ

入局者の声

■ トップページ入局希望の方へ>入局者の声

広島大学精神科入局者の声

 卒後数年目の入局者の声を紹介したいと思います。
 瀬分盛央

 平成27年 島根大学卒
 広島大学病院にて前期研修
 平成29年4月より広島大学病院精神科にて後期研修中
  
 平成29年度新入局の瀬分盛央と申します。私は広島県出身で、島根大学医学部を卒業した後、 広島大学病院で初期研修を受けました。 研修中に何度か精神科の勉強会や飲み会に参加させて頂きましたが、 雰囲気の良さを感じ入局を決めました。スタッフの先生方は素敵な人ばかりでとても教育的です。 いつも初歩的な質問ばかりしていますが、親切丁寧にご助言を頂いています。 カンファレンスでは時に厳しいご意見を頂きますが、非常に勉強になり診療に役立っています。 広島大学精神科は緩和ケアやリエゾン領域、また研究への門戸も開かれており、幅広く学問を学べることも魅力の一つだと思います。 精神疾患に対する社会的関心がますます高まっている今日ですが、 少しでも興味を持たれている方は是非一度見学されてみて下さい。

 藤田翔

 平成27年 広島大学卒
 平成27年 広島大学病院にて前期研修
 平成29年4月より広島大学病院精神科にて後期研修中
  平成29年度入局の藤田翔と申します。広島大学を卒業後、広島大学病院で初期研修を経て精神科に入局しました。 父が精神科だったこともあり、入学時より精神医学に興味を持っていました。そのため学生の頃から医局主催の勉強会に参加し、研究実習でも精神科にて分子生物学的実験も経験いたしました。
 このように生物・心理・社会的な観点から精神医学を学ばせていただき、その幅広さと深さに面白さを感じることができました。
また卒業後の初期研修では精神科を合計3か月間ローテートし、入院、外来初診、 リエゾンと様々な症例を経験し、一例ごとに上級医の先生方と詳しくディスカッションしました。
 このように丁寧に診療できることが大学で研修をする良さだと思います。
先生方の精神医学に対する思いは熱く真剣でその姿勢も私の憧れでもあります。
また医局の雰囲気も良く研修病院として最高の環境だと思っています 。これからも一人前の精神科医となれるよう精一杯努力してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

 上敷領 俊晴
 平成25年 鹿児島大学卒
 平成26年 鹿児島市医師会病院にて前期研修
 平成28年 県立広島病院にて後期研修
 平成29年 10月より広島大学病院精神科にて後期研修
精神科医の魅力というと全人的に患者さんを診ることができるとか、患者さんの人生を救うことができるとか色々な点を挙げることができると思いますが、私が精神科医に魅かれた理由は、そんな立派なものではなくて、私自身の体験から、うつ病と向き合う仕事に従事したいと思ったことがきっかけでした。その後に紆余曲折を経て、なんとか医師とはなりましたが、果たして自分が精神科医になれるのだろうか、という不安は強かったです。人付き合いも苦手で、会話も得意じゃない、普段の生活でさえ人の気持ちを分かってあげられないのに、精神科の患者さんの心を理解してあげられるのだろうか、と正直全く自信がありませんでした。でも入局して、そういった懸念は吹き飛びました。それぞれの先生方がそれぞれ診療スタイルの差こそあれ、確固とした信念を持って診療に当たっておられて、その後姿を見ることは、単なる研修プログラムの内容以上に得られるものが大きいです。いつか自分もそうなれればと思いながら日々診療にあたっていますが、まだそういった軸のある診療というのには程遠くて、悪戦苦闘の毎日を送っています。患者さんはこちらの都合なんて構ってくれないし、自分が落ち込んでいる時も関係なく目の前には患者さんが待っています。色々なことに思い悩みながら、山積みの仕事を前に、ただ漫然と遅くまでカルテと向き合っています。でもそういったことも含めて、今はとても仕事が楽しいです。大学に限らず、自分のロールモデルとなるような先生方が医局にはたくさんいらっしゃいます。扱う分野も幅広く、学ぶことは尽きないので、どの道を選んだとしても、きっと後悔のない人生を送ることができると思います。精神科に興味をお持ちの先生方は是非、広島大学の精神科にいらしてください。きっと人の心の不可思議さや人生のおかしな玄妙さといったものの虜になることでしょう。

 土井 勉
 平成26年 広島大学卒
 西医療センターにて前期研修
 もともと内科系に興味を持っており、前期研修2年目では内科系や救急科などを中心に研修しておりました。 2週間ほど精神科病院で研修した際に、医療観察法に出会い、少しずつ精神科に興味を持ち始めました。また内科の患者様を診察させてい ただくときに、患者様の精神的な問題に悩むことが多かったのですが、研修先の総合病院は精神科が存在しなかったため、わからないこと が多くやるせない気持ちになったことが多くありました。
 そのため前期研修2年目の12月に、内科的なことは好きでしたが、精神科を希望 することにしました。 後期研修1年目は呉医療センターに配属となりました。精神科についての基礎知識や技術がない状態で不安で、また当院での業務はかなり 多忙なのですが、上級医に相談がしやすく、看護師との連携もとりやすいと感じております。広島大学で行われた勉強会を受講し知識の 整理を行ったり、実際の臨床の問題を相談させていただいたりできたのも心強かったと思います。
 1年目からリエゾン介入を含む多数の 症例を経験でき、上級医と相談しながら、自分で考え主治医として治療方針を決定したり、急変時の対応を行ったり、他科と連携しなが ら一人の患者様を退院まで診させていただいていただくなど貴重な経験を積んでいます。また個人的には、ACLSを取得した翌日にCPRを させていただくという経験をしました。
 毎日エキサイトな経験をさせていただいております。どの科も大変魅力的ですが、精神科も魅力的ではないかと思います。是非多くの先生と一緒に仕事ができたらと思います。

 橘 結香

 平成25年 鳥取大学卒
 平成25年 県立広島病院にて前期研修
 平成27年 広島大学病院にて後期研修
 平成28年7月 呉医療センター中国がんセンター
 平成29年4月〜 産休中
 平成27年度入局の橘です。私は鳥取大学卒業後、地元である広島に帰り、県立広島病院で2年間の初期研修を行いました。 初期研修の間はどの科も興味深く進路に大変悩みました。精神科は、病気を治すだけではなく人の人生に関わることができ、 やりがいがある点、1人の患者とじっくり関わることができる点、気分障害、認知症、神経症、睡眠障害、発達障害など身近な疾患が多く、 ニーズが高い点などに魅力に感じました。また入局説明会では先生方は優しく温和な方が多い印象で、各病院の医師の数が豊富で 指導体制が整っている点、関連病院が比較的近場で、日々の勉強会が充実している点も魅力に感じました。 しかし実際問題として、精神科領域は医学生時代も初期研修時代もいわゆるメジャー科といわれる科と比べると触れる機会が少なく、 3年目の医師としてしっかり働くことができるのかと強く不安を感じていました。しかし、指導医の先生もそれを十分理解して下さり、 精神科としての診察の仕方、病気への理解、治療方針のアドバイスなど丁寧で手厚い指導を受けることができました。 他科に比べて入院期間が長い患者が多いですが、初診から関わり、患者が元気になり退院に至ったときはとても達成感があります。
 平成28年7月に呉医療センター中国がんセンターへ異勤しました。今年4月から産休を取らせて頂いています。 大きなライフイベントが重なりましたが、妊娠中の体調に合わせ、働かせて頂くことができました。 休暇中も他の科と比べ、技術的に衰えることが少なく自宅で勉強できる点も精神科の魅力だと思います。 今後は育児と仕事を両立し、長期的に医師として働いていきたいと考えており、上級医の先生と相談しながら 自分のライフスタイルに合わせた職場復帰ができればと思っています。精神科は児童精神や女性特有のメンタルヘルスなど、 女性医師が求められることも多い分野です。男性だけではなく女性の先生にも是非おすすめしたいです。 興味のある方は気軽に一度見学にいらして下さい。

 田村知子
 平成24年宮崎大学卒
 平成24年 広島赤十字・原爆病院にて前期研修
 平成26年より広島大学病院で後期研修  
 私は平成24年に大学を卒業し、2年間の研修の後、平成26年に広島大学精神科に入局致しました。 研修医の間に様々な科を回って患者さんと接するうちに、じっくりと患者さんと向き合いながら治療していく精神科に興味を持 つようになりました。進路をまだ悩んでいる時に、山脇教授が「精神科は自分の人生の色々な経験が診療に役立つし、 逆に、精神科医として学ぶことが自分の人生にも役立つよ。」というお話をしてくださり、感銘を受け入局を決断致しました。
 入局後は広島大学病院で1年間働き、その後は1年間出産でお休みし、また同院で復帰させていただいております。 精神科では、大学病院やその他の総合病院、単科の精神科などでバランスよく勤務して経験を積んでいくことが可能ですが、 女性として家庭と両立しながら働くことを親身に考えてくださるので、今も子育てをしながら仕事を続けることができています。 広島大学の精神科に入局させていただき、本当に良かったと思っています。

お問い合わせ

岡田 剛(おかだ ごう)
広島大学大学院 精神神経医科学教室 医局長
〒734-8551 広島市南区霞1-2-3
Tel 082-257-5207、Fax 082-257-5209
メール:
 
教室説明会
入局者報告
セミナ-&勉強会
研究会
学会
学外講演会
臨床研究
その他お知らせ

広島大学
大学院医歯薬保健学研究院
応用生命科学部門・精神神経医科学

〒734-8551
広島市南区霞1-2-3
TEL 082-257-5555
FAX 082-257-5209