植物栄養生理学研究室

論文


実岡 寛文
乾燥地や塩集積土壌などの不良環境下で生産性の高い植物の機能を明らかにし、環境ストレスに強い植物の育成などを行っています。さらに、低フィチンダイズの開発を通じて、リン酸資源の枯渇に対応した農業技術の開発を行っています。

これまでの研究論文などはこちらをご覧ください。



上田 晃弘
植物の環境ストレス(主に塩害)耐性機構の分子生理学的研究および遺伝子工学的手法による環境ストレス耐性植物の作出を行っています。また、自然環境からの有用細菌の単離と細菌のバイオフィルム形成を利用した植物の生産性向上のための技術開発を行っています。

これまでの研究論文などはこちらをご覧ください。
l



劉 利雲
塩・アルカリストレス下における生産性と品質の高い植物の選抜と耐性植物の特性を解
明し、植物における塩・アルカリ耐性の強化と品質向上に関する研究を行っています。


これまでの研究論文などはこちらをご覧ください。