広島大学 教育学部 第一類 初等教育教員養成コース

トップ学生生活

学生生活

在校生メッセージ

初等教育教員養成コース3年 前田 誠司さん
初等教育教員養成コース 3年
前田 誠司さん

皆さん、こんにちは。私は広島大学の初等教育教員養成コース(以下、「初等」と略)に所属している前田誠司です。このページを見てくださっている皆さんの中には「広島大学の初等に入るぞ」と決めている人がいる一方で「興味はあるけれど、まだ迷っている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。進む大学を決めるというのは確かに簡単なことではありませんよね。私はそんな皆さんに広島大学の初等の良さを紹介したいと思います。
 初等は学生主催のイベントがたくさんあり、仲間たちと一緒に楽しめる機会が多いです。「私は地元から離れて知り合いがいない・・・」という人も安心してください。初等では「ゼミ」や「班」で一緒に行動することが多く、そういった活動を通して自然に友達ができていきます。「ゼミ」や「班」は新入生と先輩の合同で作られるため学年を越えたつながりもでき、大学生活をはじめ様々な悩みを相談できます。私は親元から離れて生活しいるおかげで乗り越えられたと思っています。
 しかし、もちろん遊んでばかりではありません。様々な講義・演習を通して学ぶことは小学校教員になるために大切なことばかりです。学生は皆、将来に対する熱い思いを持っています。最初は迷いのある気持ちで入学した人も仲間同士で協力し合って教員を目指していく気風から刺激を受け、教師になるという気持ちを培っていくことができます。
 また、初等は小学校教員になることを目的としたコースでありながら柔軟な将来設計ができるコースでもあります。小学校教諭免許状にプラスして、幼稚園教諭免許状や各教科の中学校教諭免許状、さらに、高等学校教諭免許状、学校図書館司書教諭資格が取得できるなど選択の幅が広いのです。卒業生の中には教育学で学んだことを活かしながらも一般企業に就職した先輩もいます。小学校だけでなく「中学校や幼稚園の先生になることにも興味がある」という人にも初等をお勧めします。
 広島大学が総合大学であることも魅力のひとつです。大学には教育学以外の分野を専門とする学生も大勢います。教育学部の学生とだけ接するのでは考え方が狭くなってしまうこともあるかもしれませんが、他の分野を専門とする学生との付き合いは様々な専門分野や多種多様な考えに触れる機会を与えてくれます。広島大学が総合大学であるということは私にとって将来の夢を幅広い視点から考えるためによい環境でした。
 もっとお伝えしたいことはありますが、是非とも知ってほしいことだけをここにまとめました。初等の学生一同を代表して、皆さんの入学を心からお待ちしています。

学生の一日

私は今年度3年生になりました。3年生になると、大学生に児童役をしてもらって行う「模擬授業」がある授業科目が多くなります。私の時間割では「初等理科学習指導論」「図画工作科教育法」「初等家庭科教育法」「初等国語科授業研究」「初等音楽科教育法」「初等体育科教育法」で行われます。これらは今までの授業で学んだことを実践に活かしていくための機会であり、9月から始まる「小学校教育実習」に向けた大切な予行練習でもあります。「模擬授業」の準備では子どもたちにとって「わかりやすい」「楽しい」授業にするためにどうすれば良いのかを仲間たちと一緒に様々な視点から検討します。そのため、授業時間外にも自主的に集まり真剣に話し合いをしています。
 また、私は1年生のときから「フレンドシップ」という活動にも参加しています。これは大学のある東広島市に住む小学生や地域の方々と月に1回、様々な体験活動を行うボランティアのようなもので「地域教育実践Ⅰ」「地域教育実践Ⅱ」という授業として位置づけられています。先生方から助言をいただきながら実際に子ども達と接することができという点で教師としての力をつけるためにはとても有意義な学びの機会になっています。

前田さんの3年前期の時間割

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1コマ 教育方法・技術論 特別支援教育   初等教材研究法Ⅰ
初等社会科教育法
2コマ 教育相談 初等理科学習指導論
学習心理学 幼児心理学
算数科教育法
3コマ 生徒・進路指導論
家庭科学習材講義
初等国語科教育法
   
4コマ 道徳教育指導法
図画工作科教育法
初等音楽科教育法
古代中世文学研究法 初等体育科教育法
5コマ   初等家庭科教育法
     
Pagetop