広島大学 教育学部 第一類 初等教育教員養成コース

大学院紹介

大学院説明会を以下の日程で開催します。大学院進学に関心がある方はどなたでもご参加ください。

前期

◆学内者向け 2019年6月13日(木)17時~18時 (教育学部C527)

◆学外者向け 2019年6月30日(日)13時~ (東千田キャンパス S402講義室)

後期

◆学内者向け 2019年11月28日(木) 17時~18時 (教育学部C527)

◆学外者向け 2019年12月7日(土)13時~ (東千田キャンパス 未来創生センターM204)

詳しくはこちら

大学院概要

広島大学教育学部第一類初等教育教員養成コースには、広島大学大学院教育学研究科が併設されています。併設されているのは、博士課程前期(学習開発学専攻)と博士課程後期(教育学習科学専攻・学習開発学分野)です。

博士課程前期(学習開発学専攻)は、学習開発基礎専修、カリキュラム開発専修、特別支援教育学専修の3つの専修に分かれており、初等教育教員養成コースの上位に位置付くのは、学習開発基礎専修とカリキュラム開発専修です。

博士課程後期(教育学習科学専攻・学習開発学分野)は、学習開発基礎・支援領域、カリキュラム開発領域、特別支援教育学領域の3つの分野に分かれており、博士課程前期(学習開発学専攻)の上位に位置づくのは、学習開発基礎・支援領域とカリキュラム開発領域です。各領域では、所属する大学院生の問題意識に基づき、教育に関わる内容を探求していきます。

大学院での学習・研究では、指導教員による個別指導が多くなり、関係が密になります。そのため、大学院生の行事は指導教員が所属する講座ごとに行われます。初等教育教員養成コースは、学習開発学講座と初等カリキュラム開発講座で構成されており、学習開発講座には博士課程前期の学習開発基礎専修と博士課程後期の学習開発基礎・支援領域が、初等カリキュラム開発講座には博士課程前期のカリキュラム開発専修と博士課程後期のカリキュラム開発領域が含まれます。

各専修・分野に所属する大学院生は、指導教員の研究分野に応じて、次のような学習、研究を行います。具体的には、学習開発学講座で指導を受ける大学院生は、教育学や心理学をベースとした理論的・実践的な教育・研究を通して、学校現場において、学習指導や生徒指導、学級経営、教育相談等について指導的な役割を果たすことのできる専門的力量を身に付けます。また、初等カリキュラム開発講座で指導を受ける大学院生は、学習の価値や学習の構造、メカニズム等に関する研究を基盤として、初等教育を中心とした教科の学習指導法やカリキュラム開発、さらには初等教育における環境教育や情操教育、国際理解教育等、新しい教育課題に対応したカリキュラム開発等に関する学習、研究を行います。

博士課程前期学習開発学専攻で取得可能な免許状
小学校教諭専修免許状 幼稚園教諭専修免許状  中学校教諭専修免許状(各教科)
高等学校教諭専修免許状(各教科)
Pagetop