生体検査部門更新日: 2020年1月28日

生理機能検査は直接患者さんと接して行う検査です。
様々な機器を用いて患者さんの身体の機能・形態に関する生体情報を検査します。
循環器・呼吸器・神経生理・超音波検査・耳鼻領域での検査も行っています。
患者様のプライバシーを考慮し個室で検査を行っています 。

トピックス

2016年6月9日 ISO15189 :2012を取得しました。

国立大学法人広島大学 広島大学病院検査部・輸血部・病理診断科

認定更新日: 2019年2月19日      有効期間  : 2023年3月31日

生理機能検査室のご案内

生体検査部門の検査項目

  • 生理機能検査室及び耳鼻科の検査室で行う検査を紹介します

循環器検査(クリックで詳細表示)

心電図検査・24時間ホルター心電図・心室加算平均心電図・運動負荷心電図(CPX含む)・血圧脈波検査(CAVI/ABI)・睡眠時無呼吸検査等検査を行っています。当院では24時間ホルター心電図・PSG解析の解析を行っています。

検査件数

2016年 2017年 2018年
心電図(心室遅延含む) 23325 22891 23295
24時間ホルター心電図 897 808 743
運動負荷(CPX含む) 831 643 560
血圧脈波検査 1381 1169 1039
睡眠時無呼吸検査(簡易PSG含む) 451 354 490

測定機器

心電計 8台

ホルター解析器 1台 ホルター記録器 8台

運動負荷心電図・CPX 各1台

血圧脈波検査(CAVI/ABI) 2台

睡眠時無呼吸検査 Full PSG 1台 簡易PSG 4台

24時間ホルター心電図検査

24時間ホルター心電図検査風景

 

 

 

超音波検査(クリックで詳細表示)

生理検査室では心臓、腹部(消化器領域)、上肢血管の超音波検査を行っています。当院では心臓超音波5台(1台を上肢血管と兼用)、腹部超音波(肝臓)4台、フィブロスキャン2台、腹部超音波(消化管)1台の計12台で行っています。

心臓超音波(担当技師数2~5名)

循環器内科医師と月2回の心エコーカンファレンスにて症例検討を行っています。また、心不全カンファレンス、心臓病教室に参加しチーム医療の一員としての活動も行っています。経食道心エコー、運動負荷心エコー、薬物負荷心エコーでは検査補助等含め、臨床と連携して行っています。症例によっては医師による3D解析を行います。

検査件数

2016年 2017年 2018年
心エコー 5239 5786 5864
経食道心エコー 189 416 517
運動負荷心エコー 160 171 172
薬物負荷心エコー        (ドブタミン負荷・アデノシン負荷) 68 31 9

腹部超音波(担当技師数3名)

腹部超音波検査ではスクリーニング以外に肝硬度測定(VTQ・Fibroscan・RTE)、4Dエコー、また造影超音波検査、ラジオ波治療の補助に入ることがあります。検査室に消化器代謝内科の医師が常駐しており、連携を取り合いながら業務を行っています。ラジオ波治療では技師がエコー装置の操作、医師はエコー画像とCT画像を同期してアブレーションしています。高性能の超音波機器を備えた環境で、精度の高い検査結果が提供できるよう努めています。

検査件数

2016年 2017年 2018年
腹部エコー(肝) 5128 5311 4927
腹部エコー(消化管) 1464 1422 1190
造影エコー 382 359 322
ラジオ波 26 27 14

上肢血管超音波(担当技師数1名)

2015年12月から新たに検査室で運用を開始しました。透析シャント作成前の血管評価を行っています。

超音波検査室検査室は全室個室・空調完備とし、患者プライバシーに配慮した作りになっています。

 

 

 

 

画像解析資料管理室画像解析資料管理室(所見入力風景)

 

 

 

 

画像診断システム画像診断システム:全超音波検査室の画像と、運動負荷検査室・腹部超音波検査室(造影・ラジオ波・生検・エタノール注入療法)のモニター監視をリアルタイムで行っています。

 

 

 

 

運動負荷心エコー検査運動負荷心エコー検査風景

 

 

 

 

Real-time Virtual SonographyRVS:Real-time Virtual Sonography。左:CT画像、右:エコー画像 囲み部分が腫瘍。

 

 

 

 

 

 

乳腺領域(クリックで詳細表示)

乳腺外科外来では臨床検査技師が常時2~3名配置されており、超音波検査や化学療法効果判定の造影検査、RVS、超音波ガイド下インターベンション補助等を行っています。また、術前カンファレンスでは症例の超音波検査画像や動画を用いたプレゼンテーション資料を作成し、所見解説など情報提供を行っています。術後カンファレンスでは、手術後の病理結果と術前検査との対比や治療方針等、総合的な診断知識を深めることができます。

検査件数

2016年 2017年 2018年
乳腺超音波検査 2284 2220 2119
乳腺超音波ガイド下インターベンション補助等 669 713 493

 

デジタル・マンモグラフィ画像Viewer超音波検査室内にデジタル・マンモグラフィ画像Viewerが設置されており、マンモグラフィ画像を参照しながらの検査が可能です。症例によってはMRIやPET-CT、乳房専用-PETなどの画像も確認します。

 

 

 

 

 

乳腺超音波検査検査風景。各部屋個室で超音波装置2台が稼働しています。BGMにはオルゴールの音楽♪が流れており、患者さんによりリラックスしていただけるよう環境や接遇を心掛けています。

 

 

 

 

 

乳腺術後カンファレンス乳腺術後カンファレンス風景。乳腺外科医、病理診断科医、放射線科医、技師などが参加しています。

 

 

 

 

 

 

脳波・誘発脳波検査(クリックで詳細表示)

脳波検査

脳から発生する微弱な電気信号を頭部に装着した電極でとらえ、増幅させて波として表したものです。主にけいれんを起こした時、意識が無い時にCTやMRIなどと併せて異常がないか検査を行います。

誘発脳波検査

聴性脳幹反応、体制感覚誘発電位、視覚誘発電位検査を行っております。

検査件数

2016年 2017年 2018年
脳波検査 1213 1257 1333
誘発脳波検査 112 110 196

測定機器

脳波検査:Neurofax EEG-1218(日本光電工業株式会社)

誘発脳波検査:MEB-2204, MEB-9404(日本光電工業株式会社)

脳波検査測定機器誘発脳波検査測定機器誘発脳波検査測定機器2

 

脳波検査脳波検査風景

 

 

 

 

 

 

 

カンファレンス てんかん症例検討会:医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、言語聴覚士などのコメディカルスタッフも参加しております。
てんかんWEBセミナーにも参加しております。

 

 

 

 

 

肺機能検査・尿素呼気試験(クリックで詳細表示)

肺機能検査

肺機能検査は,呼吸換気機能を評価する検査です。評価内容として,術前評価,呼吸器疾患評価,呼吸機能障害の程度評価,治療効果・経過観察などがあります。

スパイログラフィー,機能的残気量検査,肺拡散能力検査,クロージングボリューム,改善率,呼気ガス分析NO,呼吸抵抗,経皮的酸素飽和度(SpO2)を行っています。

尿素呼気試験

尿素呼気試験は,H.pylori (ヘリコバクター・ピロリ)感染の有無が判定できます。H.pyloriは胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因菌とされています。尿素を含んだ製剤を服用することで、服用前後の呼気に含まれる13CO2の変化量を測定します。食事や喫煙の影響を受けるため、当院では検査前6時間の絶食、喫煙後の場合は30分以上空けてもらう事をお願いしています。

検査件数

2016年 2017年 2018年
肺機能検査 5982 6191 6576
呼気ガス分析NO 413 501 560
尿素呼気試験 280 264 222

 

   

 

 

  • 耳鼻科検査で行う検査紹介

耳鼻科領域検査(クリックで詳細表示)

耳鼻科外来に2~3名臨床検査技師を派遣し,耳鼻科領域の検査をしています。平衡機能検査(めまい)・嗅覚検査・味覚検査・頭頚部超音波など行なっています。

検査件数

2016年
2017年 2018年
頸部超音波検査 2469 2605 2574
頸部エコーガイド下生検補助等 221 250
耳鼻科一般検査 4096 4262 4280

 

頭位変換眼振検査 赤外線CCDカメラを用いた頭位変換眼振検査を行っている様子です。 めまい検査は他に、重心動揺検査・平衡機能検査なども行っています。

 

 

 

 

 

嗅覚検査 嗅覚検査を行っている様子です。
当院ではにおいに考慮し、嗅覚検査室を設備しています。

 

 

 

 

 

 

 

頚部超音波検査頸部超音波検査を行っている様子です。
甲状腺だけでなく,頭頸部全体をみています。

資格

  • 生体検査に従事する臨床検査技師が有する専門資格を紹介します

有資格者(クリックで詳細表示)

資格名称 取得者
心電図検定2級 4
心電図検定1級 1
JHRS認定心電図専門士 7
認定心電検査技師 9
専門技術師(脳波分野) 1
超音波検査士(循環器) 5
二級臨床検査士(循環生理学) 4
超音波検査士(消化器) 3
超音波検査士(体表) 2
超音波検査士(健診) 1
乳房超音波講習会受講(A判定) 3
超音波検査従事者のためのマンモグラフィ読影講習会(A判定) 2
診療情報管理士 1
緊急検査士 1
健康食品管理士 1
検体採取並びに味覚検査・嗅覚検査の実施に必要な知識及び技能取得講習会修了 15

学術活動

  • 生体検査における学術活動を紹介します

2017年度(クリックで詳細表示)

【学会発表】

  • 上田直 HCV症例における3種類の肝硬度測定と肝切除病理標本による肝繊維化評価の比較,(日本超音波医学会第53回中国地方会学術集会 広島),2017.8
  • 林 輝洋 経胸壁心エコ-図検査での診断に苦慮した感染性心内膜炎の1例,(日本超音波医学会第53回中国地方会学術集 広島),2017.8
  • 加納昭子 著名な心膿液貯留をきたし予後不良であった膠原病性肺高血圧症の1例 ,(日本超音波医学会第53回中国地方会学術集会 広島),2017.8
  • 横山幸枝 胆癌患者の経過中に右房内腫瘤を認めた2症例,(日本超音波医学会第53回中国地方会学術集会 広島),2017.8

【研修会・講師】

  • 小山由実 心電図入門(不整脈編),(広島県臨床検査生理検査部門研修会), 2018.6
  • 濱田麻紀 ホルター解析の基礎から応用, (生理検査講習会in広島)

2016年度(クリックで詳細表示)

【学会発表】

  • .豊田祐佳吏 HBOC患者における術後フォローアップ中に発見された乳がんの1例,(日本超音波医学会第52回中国地方会学術集会), 島根, 2016.9
  • 加納昭子 画像上経過観察しえた未治療非浸潤癌性乳管癌(DCIS)の1例,(日本超音波医学会第52回中国地方会学術集会), 島根, 2016.9
  • 坂元恭子 腹部超音波検査が診断に有用であった回腸悪性リンパ腫に1例,(日本超音波医学会第52回中国地方会学術集会), 島根, 2016.9
  • 横山幸枝 肥大型心筋症としてフォロー中の患者に左室緻密化障害様の心エコー所見を呈した1例,(日本超音波医学会第52回中国地方会学術集会), 島根, 2016.9
  • 福井佳与 腫瘍浸潤性リンパ球tumor‐infiltrating lymphocytes(TILs)を示す乳がんの超音波画像と病理組織像の対比,(第37回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会), 埼玉, 2016.10
  • 加納昭子 乳癌術前化学療法早期効果判定における超音波検査の有用性,(第37回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会), 埼玉, 2016.10
  • 豊田祐佳吏 マンモグラフィにおける石灰化病変に対する超音波検査による良悪の鑑別評価について,(第37回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会), 埼玉, 2016.10
  • 浅田佳奈 心電図検査にて著しいST上昇を認めたたこつぼ心筋症での1例, (第13回合同地方会 – 日本臨床検査医学会), 岡山, 2016.12
  • 沖西由衣 心電図記録中に一過性にST上昇を認めた1例(第34回広島県医学検査学会), 岡山, 2017.2

【研修会・講師】

  • 小山由実 脳波検査を好きになろう(第5回日本神経生理検査研究会 中国四国支部勉強会),鳥取, 2016.12

2015年度(クリックで詳細表示)

【学会発表】

  • 坂元恭子 造影超音波を施行しえた肝血管肉腫の一例,広島腹部造影超音波勉強会,広島,2015.6
  • 坂元恭子 造影超音波を施行しえた肝血管肉腫の一例,日本超音波医学会第51回中国地方会学術集会,広島,2015.9
  • 加納昭子 乳腺筋上皮癌の一例,第12回合同地方会(第61回日本臨床検査医学会中国・四国支部総会 第156回日本臨床化学会中国支部例会総会) ,岡山,2016.2
  • 増冨智美 当院における嗅覚検査の現状,第48回 日本臨床衛生検査技師会 中四国支部医学検査学会,鳥取,2015.11
  • 岩本光実 当院における嗅覚・味覚検査の現状,第48回 日本臨床衛生検査技師会 中四国支部医学検査学会,鳥取,2015.11

2014年度(クリックで詳細表示)

【日本語論文】

  • 岡野典子 当院における呼吸機能検査の内部精度管理に関する3年間の比較検討,医学検査VOL.63NO.52014:615(89)~622(96),広島,2014.9

【講演】

  • 小山由実 広島大学の新しい取り組み~生体検査部門の取り組み~,第9回全国国立大学臨床検査技師会中国四国地区研修会,岡山,2014.11
  • 桑原知恵 心電図入門(不整脈編),広島県臨床検査技師会平成26年度第1回生理検査部門研修会,広島,2014.7

【学会発表】

  • 林 輝洋 マルチモダリティーによって経過を観察し得た転移性心臓腫瘍の一例,第26回日本心エコー図学会学術集会,福岡,2015.3