Home News Research Publications Messages Member Links English HB-style


2020 年度のニュース
  • 2020 年 9 月 8 日 - 11 日
    日本物理学会秋季大会に宮下剛夫(D3)、吉川智己(D3)、石坂仁志(D2)、小澤秀介(M2)、尾田拓之慎(M2)、河野嵩(M2)、白石海人(M1)、杉山貴哉(M1)が参加し、最新の研究成果を発表しました。
  • 2020 年 8 月 26 日
    当研究室D2の吉川智己らを中心とした「ホイスラー合金Co2MnGe(Ga)薄膜のGe(Ga) L2,3端における磁気円二色性スペクトル」についての研究成果がPhysical Review Bに掲載されました。
    T. Yoshikawa et al., Phys. Rev. B 102, 064428 (2020).
  • 2020 年 7 月 6 日
    当研究室のヌルママト・ムニサ助教を中心に「相変化材料GeSb2Te4化合物中に、ディラック電子を初めて発見」をしました。本研究は広島大学を中心として 東京大学、スペイン・ロシア・アゼルバイジャンとの国際共同研究による成果でACS Nanoに掲載されました。
    Munisa Nurmamat et al., ACS Nano 14, 9059 (2020).
    広島大学プレスリリース
  • 2020 年 4 月 1 日
    新四年生三名が当研究の新しいメンバーとして配属されました!
close

2019 年度のニュース

    2019.5.8 at Hiroshima University

  • 2020 年 3 月 23 日
    河野嵩(M1)が理学研究科長表彰を受けました。[写真]
  • 2020 年 3 月 23 日
    卒業式が行われました。
  • 2020 年 3 月 16 日 - 19 日
    日本物理学会年次大会に石坂仁志(D1)、尾田拓之慎(M1)、河野嵩(M1)が参加し、最新の研究成果を発表する予定でした。 お体にお気をつけてお過ごしください。
  • 2020 年 2 月 18 日
    博士論文公聴会が行われました。
  • 2020 年 2 月 17 日
    卒業論文発表会が行われました。
  • 2020 年 2 月 13 日 - 14 日
    修士論文発表会が行われました。
  • 2019 年 11 月 28 日
    当研究室D3のWang Xiaoxiaoらを中心とした研究成果"Disentangling orbital and spin textures of surface-derived states in non-symmorphic semimetal HfSiS"がPhysical Review Bに掲載されました。
    X. Wang et al., Phys. Rev. B 100, 205140 (2019).
  • 2019 年 11 月 7 日 - 10 日
    釜山大学で開催されたThe 2019 Korea - Japan Students Workshopに小澤秀一(M1)、河野嵩(M1)が参加しました。また、河野嵩がBest Presentation Awardを受賞しました。
  • 2019 年 11 月 1 日
    当研究室D2の吉川智己らを中心とした「トポロジカル絶縁体における二方向光起電力効果」についての研究成果がPhysical Review Bに掲載されました。
    T. Yoshikawa et al., Phys. Rev. B 100, 165311 (2019).
  • 2019 年 10 月 14 日
    当研究室M1の河野嵩らを中心とした「共鳴光電子分光によるCo2MnGeの部分状態密度の観測」についての研究成果がPhysical Review Bに掲載されました。
    T. Kono et al., Phys. Rev. B 100, 165120 (2019).
  • 2019 年 10 月 6 日 - 11 日
    広島市内で開催されたThe 19th International Conference on Solid Films and SurfacesにXiaoxiao Wang(D3)、吉川智己(D2)、河野嵩(M1)が参加し、最新の研究成果を発表しました。また、この学会で河野嵩(M1)がBest Student Poster Awardを受賞しました!
  • 2019 年 9 月 18 日 - 21 日
    応用物地学会秋季学術講演会に木村昭夫教授、吉川智己(D2)、河野嵩(M1)が参加し、最新の研究成果を発表しました。
  • 2019 年 9 月 10 日 - 13 日
    日本物理学会秋季大会に木村昭夫教授、Munisa Nurmamat助教、Xiaoxiao Wang(D3)、吉川智己(D2)、小澤秀介(M1)、尾田拓之慎(M1)、河野嵩(M1)が参加し、最新の研究成果を発表しました。
  • 2019 年 9 月 5 日 - 6 日
    広島大学で開催された最先端光電子分光で拓く量子物質科学研究に関するワークショップにXiaoxiao Wang(D3)、吉川智己(D2)、石坂仁志(D1)、小澤秀介(M1)、尾田拓之慎が参加し、最新の研究成果を発表しました。
  • 2019 年 9 月 3 日 - 4 日
    広島大学で開催された放射光科学若手国際ワークショップにXiaoxiao Wang(D3)、吉川智己(D2)、石坂仁志(D1)、小澤秀介(M1)、尾田拓之慎が参加し、最新の研究成果を発表しました。
  • 2019 年 8 月 27 日 - 28 日
    ゼミ旅行で山口県に行きました。
  • 2019 年 7 月 15 日 - 19 日
    広島市内で開催されたNTTI 2019 and BEC 2019にXiaoxiao Wang(D3)、吉川智己(D2)が参加し、最新の研究成果を発表しました。
  • 2019 年 4 月 1 日
    放射光物性・物理研究室の皆さんと合同でお花見・親睦会を行いました。
close

2018 年度のニュース

    2018.4.23 at HiSOR

  • 2019 年 3 月 23 日
    卒業式が行われました。
  • 2018 年 3 月 18 日 - 20 日
    The Second International Workshop Emergent Condensed-Matter Physics ECMP2019に吉川智己(D1)、宮下剛夫(D1)、小澤秀介(B4)、尾田拓之慎(B4)が参加し発表を行いました。また、この学会で吉川智己(D1)、宮下剛夫(D1)がStudent Poster Awardを受賞しました!
  • 2018 年 3 月 14 日 - 17 日
    日本物理学会に岩澤英明特任准教授、石坂仁志(M2)、松田旭央(M2)、小澤秀介(B4)が参加し、最新の研究成果を発表しました。
  • 2018 年 3 月 7 日 - 8 日
    The 23rd Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiationに角田一樹(D3)、市川典万(M2)、小澤秀介(B4)、尾田拓之慎(B4)が参加し発表を行いました。また、この学会で小澤秀介(B4)がBest Student Poster Awardを受賞しました!
  • 2018 年 3 月 4 日 - 8 日
    APS March Meeting 2019に岩澤英明特任准教授、吉川智己(D1)、宮下剛夫(D1)が参加し発表を行いました。
  • 2018 年 2 月 15 日
    博士論文公聴会が行われました。
  • 2018 年 2 月 14 日
    修士論文発表会が行われました。
  • 2019 年 2 月 12 日
    卒業論文発表会が行われました。
  • 2019 年 2 月 1 日
    当研究室の角田一樹(D3)らを中心とした、p型トポロジカル絶縁体の反転分布現象に関する研究成果がPhysical Review Bに掲載されました。本研究は広島大学を中心として東京大学物性研究所、ロシア・ノヴォシビルスク大学との国際共同研究による成果です。
    K. Sumida et al., Phys. Rev. B 99, 085302 (2019).
  • 2018 年 11 月 16 日 - 18 日
    広島大学(東広島キャンパス)で開催された2018 Japan-Korea Student Workshopに吉川智己(D1)、宮下剛夫(D1)が参加し、最新の研究成果を発表しました。また岩澤英明(特任准教授)が招待講演を行いました。さらに、この学会で宮下剛夫(D1)がExcellent Presentation Awardを受賞しました!
  • 2018 年 11 月 1 日
    本研究室の真木祥千子助教がご栄転されました。

  • 2018 年 10 月 4 日 - 6 日
    広島大学(東広島キャンパス)で開催されたInternational Workshop on Trends in Advanced Spectroscopy in Materials Science (TASPEC)に岩澤英明(特任准教授)、Nurmamat Munisa(研究員)、吉川智己(D1)、宮下剛夫(D1)、市川典万(M2)が参加し、最新の研究成果を発表しました。
  • 2018 年 10 月 2 日
    当研究室D3の角田一樹らを中心に「プロテクトされた表面と大きなバルクバンドギャップを併せもつトポロジカル絶縁体の発見」をしました。本研究は広島大学を中心としてイタリア、ドイツ、ロシア、スペインとの国際共同研究による成果でPhysical Review Materialsに掲載されました。
    K. Sumida et al., Phys. Rev. Mater. 2, 104201 (2018).
  • 2018 年 9 月 27 日
    マールブルグ大学、レーゲンスブルグ大学(ドイツ)およびノヴォシビルスク大学(ロシア)との「トポロジカル表面ディラック電流の光制御」に関する国際共同研究の成果がNatureに掲載されました!
  • 2018 年 9 月 22 日 - 23 日
  • 2018 年 9 月 16 日 - 17 日
  • 2018 年 9 月 9 日 - 12 日
    同志社大学(京田辺キャンパス)で開催された日本物理学会2018年秋季大会に吉川智己(D1)、宮下剛夫(D1)が参加し、最新の研究成果を発表しました。また木村昭夫(教授)がシンポジウム講演を行いました。
  • 2018 年 9 月 6 日
    当研究室のNurmamat Munisa研究員を中心としたトポロジカル絶縁体の論文の図が、2019年春のアメリカ物理学会講演会APS March Meeting 2019(2019年3月4-8日にボストンで開催)のロゴに採用されました! 〔APS March Meeting 2019 ]
  • 2018 年 6 月 29 日
    当研究室のNurmamat Munisa研究員を中心とした研究成果「黒リンにおける電子のたたき上げ現象を世界で初めて観測 〜次世代の超高速通信デバイスの素材として期待〜」について広島大学からプレス発表されました。〔広島大学の広報
  • 2018 年 6 月 6 日
    当研究室D1の吉川智己による「光エージングによるトポロジカル絶縁体表面での光起電力の増大」についての研究論文がApplied Physics Lettersに掲載されました。
    T. Yoshikawa et al, Appl. Phys. Lett. 112, 192104 (2018).
  • 2018 年 6 月 1 日
    岩澤英明先生が当研究室の特任准教授として着任されました。
  • 2018 年 5 月 18 日
  • 2018 年 4 月 23 日
    本研究室の井野明洋特任准教授がご栄転されました。
  • 2018 年 4 月 4 日
    光物性研究室と放射光物性・物理研究室合同でお花見・親睦会を行いました。
close

2017 年度のニュース

    2017.4.24 at HiSOR

  • 2018 年 3 月 23 日
    卒業式が行われました。
  • 2018 年 3 月 22 日 - 25 日
    日本物理学会に角田一樹(D2)、市川典万(M1)、鹿子木将明(B4)が参加し、最新の研究成果を発表しました。またこの学会で、角田一樹(D2)が学生ポスター優秀賞を受賞しました!
  • 2018 年 3 月 8 日 - 9 日
    The 22nd Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiationに角田一樹(D2)、宮下剛夫(M2)、石坂仁志(M1)、市川典万(M1)、鹿子木将明(B4)が参加し発表を行いました。
  • 2018 年 3 月 5 日 - 6 日
    The 1st International Workshop on Emergent Condensed Matter Physics (ECMP2018)に木村昭夫教授、角田一樹(D2)、鹿子木将明(B4)が参加し発表を行いました。またこの学会で角田がBest Student Poster Awardを受賞しました!。
  • 2018 年 2 月 15 日
    修士論文発表会が行われました。
  • 2018 年 2 月 13 日
    卒業論文発表会が行われました。
  • 2017 年 12 月 19 日
    本研究室D2の角田一樹が平成29年度広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ対象学生に選ばれ表彰されました! 平成27年度に続き、2度目の受賞となります。[受賞時の写真]
  • 2017 年 11 月 2 日 - 4 日
    2017 Japan-Korea Student Workshopに参加し発表を行いました。また、この学会で石坂仁志(M1)がExcellent Presentation Awardを受賞しました!〔広島大学の広報
  • 2017 年 10 月 26 日
    当研究室の角田一樹(D2)を中心とした研究成果「トポロジカル絶縁体に付与した光情報の持続時間を飛躍的に長くすることに成功」について広島大学からプレス発表されました。〔広島大学の広報
  • 2017 年 10 月 26 日
    トポロジカル絶縁体の非平衡キャリアダイナミクスに関する研究がScientific Reportsに掲載されました! K. Sumida et al., Sci. Rep. 7, 14080 (2017).
  • 2017 年 10 月 19 日
  • 2017年 9 月 21 日 - 24 日
    日本物理学会に田北仁志(D2)、角田一樹(D2)、後藤一希(M2)、吉川智己(M2)、宮下剛夫(M2)、市川典万(M1)、檜垣聡太(M1)、松田旭央(M1)が参加し、最新の研究成果を発表しました。またこの学会で、角田一樹(D2)が領域5学生ポスター優秀賞を受賞しました!
  • 2017 年 9 月 15 日 - 16 日
    ゼミ旅行に行きました。
  • 2017 年 7 月 19 日
    日経産業新聞の朝刊に、記事「格子振動で高温超電導 広島大、仕組みの一端解明」が掲載されました。
  • 2017 年 7 月 7 日
    中國新聞の朝刊に、記事「高温超電導「格子振動」が鍵 広島大で証拠観測 論争に一石」が掲載されました。
  • 2017 年 7 月 6 日
    当研究室の 井野明洋 特任准教授と、大阪府立大学大学の 安齋太陽 助教 (当研究室 OB)が、研究成果「高温超伝導の立役者、決定的証拠を観測」についてプレス・リリースを行いました 〔広島大学の広報放射光科学研究センターの成果解説〕。
  • 2017 年 7 月 2 日 - 7 日
    The 17th International workshop on strong correlations and angle-resolved photoemission spectroscopy (CORPES17)に田北仁志(D2)、角田一樹(D2)、Umut Mansur(D1)、後藤一希(M2)、宮下剛夫(M2)、石坂仁志(M1)が参加し発表を行いました。
  • 2017 年 6 月 4 日
  • 2017 年 4 月 24 日
    光物性研究室と放射光物性・物理研究室合同で新人歓迎会を行いました。
  • 2017 年 4 月 6 日
  • 2017 年 4 月 1 日
    新4年生が配属されました!
close

2016 年度のニュース
close

2015 年度のニュース
close

2014 年度のニュース
2013 年度のニュース
2012 年度のニュース
2011 年度のニュース
2010 年度のニュース
2009 年度のニュース
2008 年度のニュース
2007 年度のニュース
2006 年度のニュース
2005 年度のニュース
広島大学 理学部・理学研究科 物理科学専攻

Copyright(C) 広島大学 大学院理学研究科 物理科学専攻 光物性研究室