生体高分子科学研究室

(手島研究室)

生物圏科学研究科生物機能開発学専攻
生体分子機能学

    

 

 光合成で重要な働きをしている蛋白質や、ウィルス感染を阻止する蛋白質の研究を行っています。
 太陽光を利用して二酸化炭素等の無機物から植物の光合成により有用な有機物が作られています。この反応は水素を付加する還元反応です。太陽エネルギーによってできた高エネルギーの電子を使って、炭素(CO2 or HCO3-)、窒素(NO3)、硫黄(SO42−)の無機物が還元されて有機物が合成されています。
 高エネルギー電子の伝達や還元反応に関与する蛋白質の機能がその構造からどのようにもたらされているのか、蛋白質と蛋白質との相互作用から光合成の制御がどのように行われているのか、分子、原子のレベルで解明する研究を行っています。
 また、ウィルス表面にある糖鎖は感染時に重要な働きをしていますが、その糖鎖に特異的に結合して感染を阻止する蛋白質の研究を行っています。
 生物進化によって得られた蛋白質の構造と機能の高度な関係を明らかにすることによって、環境問題の解決や医療の発展に寄与することを目指しています。


              研究教育内容】                         



                【スタッフ】                           



            【大学院生の受け入れ】