広島大学大学院統合生命科学研究科・生物資源科学プログラム

広島大学生物生産学部・水圏統合科学プログラム

水産増殖学・うみの研

学遊派が集う個性的で魅力的な ”うみの研”

 
 

 海や川に住む魚たちは水圏生物を代表する生き物。そして、私たちにとって欠かせない食料資源であって、漁業者の皆様にとっては大切な漁業資源です。だからこそ水圏生物の恩恵に感謝しつつ、未来に向けて共存していく必要があります。私たちの大切な財産である水圏生物を守り、必要なら増やし、有効利用する、そして、共存していくための研究をおこなっているのが「うみの研」です。内容は少し専門的になりますが、研究室に興味ある方は、ぜひ、お立ち寄り下さい。                            海野徹也

Welcome to the Umino’s Lab.
(Conservation for aquatic living resources)
Official English pagehttps://home.hiroshima-u.ac.jp/gsbstop/interview/en/umino.htmlshapeimage_2_link_0
次のページへActivities2018.html
トッピックス・ニュースは公式フェイスブックページで!(誰でもアクセスできます)
http://www.facebook.com/Umino.Labhttp://www.facebook.com/Umino.Labhttp://www.facebook.com/pages/%E3%81%86%E3%81%BF%E3%81%AE%E7%A0%94/114818955335277shapeimage_5_link_0
2019 主なトッピックス
○1月 ちぬ倶楽部2月号, うみの研からこんにちは!「巨チヌの年齢」を山下院生が執筆
〇グスタボ院生が筆頭著者の頭足類の分子系統学的研究に関する論文がオープンアクセスジャーナルPeer Jの生態学分野で、2018年閲覧数トップ3位
○1月29日 博士論文公聴会「人工アユの計数形質および種苗性に関する研究(占部)」と「Population genetics in the highly commercial Humboldt squid Dosidicus gigas(グスタボ)」
〇2月12日 修士論文発表会で山下院生が「クロダイの成長及び遺伝的集団構造に関する研究」を発表
〇2月14日 卒業論文発表会、楢崎が「DNAバーコーディングによる水産食品の種同定」、吉田が「超音波バイオテレメトリを用いた親アオリイカの回遊生態に関する研究」
○2月ちぬ倶楽部4月号,うみの研からこんにちはに「チヌと寄生虫」を藤田院生が執筆
○3月14日 恒例の研究室卒業記念日帰り旅行で宮島弥山登山
○3月23日 グルタボ院生(D3)が広島大学学長表彰を受賞
○3月23日 山下裕太郎院生(M2)が広島大学生物圏科学研究科長表彰を受賞
○3月23日 「第10回 市場まつり」に参加して、フィッシュ&チップスを販売・完売
〇3月26日 牡蠣好きを育てる特別講座が広島市水産センターで開催され海野が講師
○3月26-29日 平成31年度日本水産学春季大会で 河合院生と藤田院生が口頭発表
○4月、嵐君(愛媛大学)が新メンバーに、歓迎釣り大会を開催
〇4月から グルタボ先生が広島大学育成助教
〇5月、海野が監修した「広島 牡蠣とり帳」が“アジア太平洋エフィー賞”
〇6月、釣りごろつられごろ (TSSテレビ新広島) 楢﨑と小澤が出演
〇6月、RCCテレビ・News6で、広島で資源が激減しているタチウオについて海野がコメ
〇6月、フランス・ブレストで開催されたThe Future Oceans2 IMBeR Open Science Conferenceで、藤田がポスター発表
〇ちぬ倶楽部8月号の「うみの研からこんにちは3rd!」に小澤が誌筆
〇つり人8月号に博士課程2年の河合の記事が掲載
〇7月、マツダスタジアムで広島湾でとれる魚介類をPRするイベント販売のお手伝い
〇7月FM東広島の地域情報番組、1300〜EASTじゃけん(堀江さん)にフィッシュでJOY!コーナーが再スタート
〇7月、2019年度サタケ基金研究助成に 小澤さんの卒論テーマであるチヌの臭い研究が採択
〇8月、「さかなの不思議」が共同通信より各紙へ配信
〇8月、広島大学広報誌『HU-plus』vol.10ぶちおもしろい広大講義で「釣りの科学」が紹介
〇9月、岡山県の漁業者講習会で海野が発表
〇9月、福井県立大学で日本水産学会秋季大会で吉田が口頭発表
〇9月、Marine Biotechnology Conference 2019で河合(D2)、藤田(M2)ポスター発表
〇グスタボ先生に2019 Chorafas Prize( in Life Science & Medicine部門)が授与
〇10月、新メンバー、修 士  Gao Sangkayanon、3年生  大下竜輝、雜賀達生、 森創太 有田帆乃果 、2年研究者養成コース  長谷川歩杜 

〇広島大学校友会・広島大学同窓会主催 第13回ドリームチャレンジ賞をうみの研から5名が受賞
  藤田(M2)「モデル生物としてのウオノエ科寄生虫Mothocya parvostisの確立」
  嵐(M1)「クロダイの嗅覚生理に関する研究~クロダイとカキ・アサリの共存に向けて~」
  楢﨑(M1)「世界に示せ!日本の水産食品の安全」
  下田(B4)クロダイの脳発達研究~広島の水産資源が共存する未来へ~」
  中越(B4)「産卵期の夜間におけるクロダイの行動調査~クロダイの資源管理と消費拡大に向けて~」
〇10月、RCCテレビ イマなまっ! 金曜コーナー、「ぶら島太郎の海魅人に会いたい」10月25日金放送
〇10月、日経新聞10月16日、「豊かな漁場瀬戸際に」海野のコメント掲載