学会/研究会発表

2020年

(国際学会)

(国内学会)

(社会活動など)

2019年

(国際学会)
Shinsuke Fujii, Tetsutaro Hayashi, Shunsuke Miyamoto, Xiangrui Han,Hiroyuki Shikuma, Tomoya Hatayama, Sakurako Mukai, Masayuki Mutou, Youhei Sekino, Shogo Inoue, Jun Teishima, Akio Matsubara, Yukiko Honda, Daiki Terada, Kazuo Awai, Ryuji Akita, Naoyuki Kitamura. PERIPROSTATIC FAT THICKNESS IS CORRELATED WITH PROSTATE CANCER GRADE AND IS AN PREDICTIVE MARKER OF CANCER DETECTION FOR PATIENTS OF PI-RADS 3 TO 5. 11th International Symposium on Focal Therapy and Imaging in Prostate and Kidney Cancer, 2019.2.9-11, Kyoto

Takeshi Ueno, Shunsuke Miyamoto, Shinsuke Fujii, Tetsutaro Hayashi, Ryuji Akita, Hiroaki Terada, Yukiko Honda, Shogo Inoue, Jun Teishima, Kazuo Awai, Akio Matsubara. "PREOPERATIVE DIAGNOSIS OF PROSTATE CAPSULAR INVASION IN HIGH GLEASON SCORE PROSTATE CANCER BY 3T MRI. 11th International Symposium on Focal Therapy and Imaging in Prostate and Kidney Cancer, 2019.2.9-11, Kyoto

Tetsutaro Hayashi. Fusion Biopsy. 11th International Symposium on Focal Therapy and Imaging in Prostate and Kidney Cancer, 2019.2.9-11, Kyoto

Tetsutaro Hayashi, Shinsuke Fujii,Takeshi Ueno, Shunsuke Miyamoto, Xiangrui Han, Shogo Inoue, Jun Teishima, Yukiko Honda, Daiki Terada,Ryuji Akita, Hamidreza Abdi, Naoyuki, Kitamura, Kazuo Awai, Akio Matsubara."MULTIPARAMETRIC MAGNETIC RESONANCE IMAGING-TRANSRECTAL ULTRASOUND IMAGE-FUSION BIOPSIES FOR DETECTION OF THE INDEX TUMOR IN PROSTATE CANCER.11th International Symposium on Focal Therapy and Imaging in Prostate and Kidney Cancer, 2019.2.9-11, Kyoto

Hayashi T. , Ikeda K. , Seiler R. , Bell R.H. , Ettinger S. , Wang K. , Oo H.Z., Abdi H. , Jaeger W. , Todenhoefer T. , Collins C. , Matsubara A. , Black P.C. Predictive value and potentials for co-targeted therapy of STAT1 signaling in gemcitabine/cisplatin resistant bladder cancer. 34th Annual EAU Congress, 2019.3.15-19, Barcelona

Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Kenichiro Ikeda, Keisuke Goto, Htoo Zarni Oo, Hamidreza Abdi Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Peter C Black and Akio Matsubara. Parallels between immunohistochemical classification of upper and lower tract urothelial carcinoma using markers of urothelial differentiation. 34th Annual EAU Congress, 2019.3.15-19, Barcelona

Tetsutaro Hayashi, Keisuke Goto, Yukiko Honda, Ryan S Hsi, Kazuhiro Sentani, Ikeda Kenichiro, Yuki Kohada, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Kazuo Awai and Akio Matsubara. Accurate clinical T3 staging by a Computed Tomography scoring system is an independent preoperative predictor of survival in patients with urothelial carcinoma of the ureter. 34th Annual EAU Congress, 2019.3.15-19, Barcelona

Teishima J, Mita K , Shigeta M, Hasegawa Y , Kadonishi Y, Inoue S , Hayashi T , Matsubara A. Improved prognosis for old-aged patients with metastatic renal cell carcinoma after targeted therapy. 34th Annual EAU Congress, 2019.3.15-19, Barcelona

Sekino Y. , Goto K , Sakamoto N , Oue N , Sentani K , Hayashi T, Teishima J , Yasui A , Matsubara A. PCDHB9 promotes resistance to bicalutamide and is associated with the survival of prostate cancer patients. 34th Annual EAU Congress, 2019.3.15-19, Barcelona

Sekino Y., Koike Y , Sakamoto N., Shiota M., Shigematsu Y., Sentani K. , Oue N. Teishima J. , Yasui W. , Matsubara A. KIFC1 inhibitor CW069 induces apoptosis and reverses resistance to docetaxel in prostate cancer. 2019.3.15-19, Barcelona

Akio Matsubara, Advances in science, technology and clinical expertise Advances in robotic prostatectomy techniques to improve erectile preservation and function. 17th Biennial Meeting of the Asia Pacific Society of Sexual Medicine, 2019.4.11-13, Brisbane

Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara. Longitudinal evaluation of frequency of patients taking part in sexual intercourse and sexual activities after undergoing robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy. AUA2019, 2019.5-6, Chicago

T. Hayashi, K. Sentani, K. Ikeda, K. Goto, H.Z. Oo, H. Abdi, S. Shinmei, S. Inoue, J. Teishima, W. Yasui, P.C. Black, A. Matsubara. Parallels between immunohistochemical classification of upper and lower tract urothelial carcinoma using markers of urothelial differentiation. AUA2019, 2019.5-6, Chicago

Tetsutaro Hayashi, Kenichiro Ikeda, Roland Seiler, Bern,Robert H Bell, Susan Ettinger, Kendric Wang, Htoo Zarni Oo, Hamidreza Abdi, Wolfgang Jaeger, Tilman Todenhoefer, Colin Collins, Akio Matsubara, Peter C Black. Predictive value and potentials for co-targeted therapy of STAT1 signaling in gemcitabine/cisplatin resistant bladder cancer. AUA2019, 2019.5-6, Chicago



(国内学会)
定秀孝介、亭島淳、志熊紘行、畑山智哉、向井桜子、武藤雅幸、宮本俊輔、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、梶原充、和田崎晃一、松原昭郎. 前立腺癌密封小線源永久挿入治療後に去勢抵抗性前立腺癌へと進行した症例の検証. 第15回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会, 2019.1.20, 東京都

亭島淳,井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術における術後腎機能の推移. 第11回日本ロボット外科学会学術集会, 2019.1.25-26, 名古屋市

宮本俊輔、林哲太郎、上野剛志、藤井慎介、本田有紀子、寺田大晃、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎.第5回前立腺癌局所療法研究会, 2019.2.1-2, 横浜市

北野 弘之, 木場 由美子, 樫山 誠也, 小野寺 一, 梶原 俊毅, 久保 有子, 吉松 由香里, 森 美菜子, 亭島 淳, 横崎 典哉, 松原 昭郎, 大毛 宏喜. 黄色ブドウ球菌による有熱性尿路感染症の検討. 第30回日本臨床微生物学会 総会・学術集会, 2019.2.1-3, 東京

稗田圭介、福岡憲一郎、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. Retzius腔温存ロボット支援下前立腺全摘除術における早期尿禁制回復. 第27回中国四国前立腺・腎尿路疾患研究会, 2019.2.9, 岡山市

林哲太郎、関野陽平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. スポンサードセッション「進行性泌尿器科癌」 尿路上皮癌に対する抗体薬物複合体治療の可能性. 第28回泌尿器科分子・細胞研究会, 2019.2.22-23,下関市

定秀孝介、福岡憲一郎、藤井慎介、関野陽平、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 磁性体化骨随間葉系幹細胞移植による膀胱組織再生. 第28回泌尿器科分子・細胞研究会, 2019.2.22-23,下関市

関野陽平、大上直秀、後藤景介、重松慶紀、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、亭島淳、安井弥、松原昭郎. 前立腺癌においてprocadherin B9はビカルタミド耐性に関わり、予後不良因子である. 第28回泌尿器科分子・細胞研究会, 2019.2.22-23,下関市

井上省吾、林哲太郎、神明俊輔、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎. 臍逆Y字切開を用いたReduced port 腹腔鏡下副腎摘除術. 第8回泌尿器単孔式_Reduced port 腹腔鏡手術ワークショップ, 2019.3.9, 静岡市

関野陽平. 当院におけるICI併用療法の使用経験. 腎細胞がん治療セミナー, 2019.3.22, 広島市

北野弘之,山崎尚也,井上暢子,梶原俊毅,亭島 淳, 松原昭郎,藤井輝久,大毛宏喜. HIV 感染症に合併した梅毒の serofast reaction についての検討. 第93回日本感染症学会総会・学術講演会, 2019.4.4-6, 名古屋市

亭島 淳, 村田 大城, 井上 省吾, 林 哲太郎, 三田 耕司, 松原 昭郎. ファーストラインチロシンキナーゼ阻害薬投与に対し早期に病勢進行をきたすintermediate/poor群転移性腎細胞癌症例の予測. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

亭島 淳, 井上 省吾, 林 哲太郎, 原 鐵晃, 一戸 辰夫, 松原 昭郎. 広島県におけるがん・生殖医療ネットワークの現状と課題. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

亭島淳. ランチョンセミナー40 腎細胞癌に対する最適な治療アプローチを考える「転移性腎細胞がん治療の薬剤選択」~めまぐるしい変化の中で~. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

井上省吾、林哲太郎、定秀孝介、福岡憲一郎、藤井慎介、関野陽平、神明俊輔、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎. 腹腔鏡下右副腎摘除術におけるAdrenohepatic fusion ー副腎と肝臓の癒着が手術成績に及ぼす影響について. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

井上省吾. シンポジウム 29 原発性アルドステロン症:診断と治療の最前線 原発性アルドステロン症に対する単孔式腹腔鏡手術. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

関野陽平、大上直秀、後藤景介、重松慶紀、林哲太郎、坂本直也、仙谷和弘、亭島淳、安井弥、松原昭郎. 前立腺癌においてprotocadherin B9はビカルタミド耐性に関わり、予後不良因子である. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

宮本 俊輔、亭島 淳, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 井上 省吾, 三田 耕司, 繁田 正信, 松原 昭郎. 腎細胞癌cT3N0-1M0における術後再発の予測. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

林哲太郎. 生検結果のフィードバック. 第1回 KOELIS Users Meeting,第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18, 名古屋市

林哲太郎. 3D Image Fusion Biopsy〜前立腺癌診断における意義と期待される今後の展望〜, 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18, 名古屋市

林哲太郎、後藤景介、本田有紀子、仙谷和弘、小羽田悠貴、池田健一郎、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、安井弥、松原昭郎. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

関野 陽平,大上 直秀, 後藤 景介, 重松 慶紀, 林 哲太郎, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 亭島 淳, 安井 弥, 松原 昭郎. 立腺癌においてprotocadherin B9はビカルタミド耐性に関わり、予後不良因子である. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、韓向鋭、宮本俊輔、馬場﨑隆志、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検により癌検出率は向上し癌検出に係る総コストは低減される ~傾向スコアマッチングによる比較検討~. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

小畠浩平、中田雄一郎、山崎憲政、池田健一郎、仙谷和弘、金山麻裕子、堀江重郎、安井弥、松原昭郎、本田浩章. UTX欠失は炎症性微小環境形成を促進し、p53の機能欠失と協調して膀胱癌を発症する. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

畑山 智哉、 林 哲太郎, 井上 省吾, 神明 俊輔, 本田 有紀子, 小羽田 悠貴, 後藤 景介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 亭島 淳, 粟井 和夫, 松原 昭郎. "臨床病期Ⅲ期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子: 好中球/リンパ球比は有用な予測因子となる. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18, 名古屋市

宮本俊輔、神明俊輔、福岡憲一郎、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎. RALP の早期尿禁制および周術期成績における拡大リンパ節郭清の影響. 第29回骨盤外科機能温存研究会, 2019.6.1, 東京都

向井桜子、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎.経尿道的NBCA 注入療法を行った膀胱難治性瘻孔の1 例.第29回骨盤外科機能温存研究会, 2019.6.1, 東京都

宮本俊輔、武藤雅幸、向井桜子、関野陽平、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 尿路における難治性瘻孔に対しn-butyl-2-cyanoacrylate(NBCA)にて経尿道的瘻孔閉鎖術を施行した2例. 16回泌尿器科再建再生研究会,2019.6.8, 横浜市

井上省吾、林哲太郎、後藤景介、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎. 腔鏡下右副腎摘除術における侵襲性、整容性、満足度のアプローチ別比較. 第31回日本内分泌外科学会総会, 2019.6.13-14, 東京都

井上省吾、関野陽平、後藤景介、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. シンポジウム1 アンドロロジー領域手術のUP-TO-DATE SW for ED. 日本アンドロロジー学会第38回学術大会, 2019.6.21-22,大阪市

藤井慎介、林哲太郎、宮本俊輔、長坂啓司、韓向鋭、岡崎真衣、野村直史、山中亮憲、関野陽平、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸、松原昭郎. 亭島淳,三田耕司、森山浩之、長谷川泰久、梶原充、繁田正信、丸山聡、藤原政治、井上省吾、林哲太郎、松原昭郎. 転移性腎細胞癌に対するニボルマブの効果予測におけるCRPの意義. 第50回腎癌研究会記念大会, 2019.7.6,東京都

関野陽平、Pham quoc Thang、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、亭島淳、松原昭郎、安井弥. 転写超保存領域Uc.416+6は腎癌においてサルコマトイドの分化に関わる. 第11回日本RNAi研究会, 2019.8.28, 広島市

藤井慎介、林哲太郎、宮本俊輔、長坂啓司、韓向鋭、岡崎真衣、野村直史、山中亮憲、関野陽平、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸、松原昭郎. 前立腺周囲脂肪厚(PPFT)を含む生検前因子による臨床有意癌予測ノモグラムの作成. 第7回JSURT(泌尿器画像診断・治療技術研究会), 2019.9.13, 京都市

林哲太郎、後藤景介、本田有紀子、仙谷和弘、池田健一郎、井上省吾、亭島淳、安井弥、粟井和夫、松原昭郎. 尿管癌のCT grading systemは、腎尿管全摘除術の独立した 予後因子である. 第7回JSURT(泌尿器画像診断・治療技術研究会), 2019.9.13, 京都市

林 哲太郎、坂本 直也、池田 健一郎、関野 陽平、後藤 景介、井上 省吾、亭島 淳、仙谷 和弘、大上 直秀、安井 弥、松原 昭郎. 上部尿路上皮癌における ANXA10 発現の意義. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

後藤 景介、関野 陽平、林 哲太郎、亭島 淳、安井 弥、松原 昭郎. HMGB1 の高発現は前立腺癌の予後不良と関連する. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

関野 陽平、坂本 直也、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、安井 弥、松原 昭郎. 腎癌において miR-130b は PTEN を介してスニチニブ耐性に関与する. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

藤井 慎介、林 哲太郎、後藤 景介、関野 陽平、亭島 淳、仙谷 和弘、安井 弥、松原 昭郎. 傍前立腺脂肪長は MRI/超音波融合画像標的生検で検出される前立腺 癌の予測因子である. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

小林 剛、仙谷 和弘、馬場崎 隆志、関野 陽平、重松 慶紀、林 哲太郎、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、佐々木 なおみ、安井 弥. 腎癌における claspin の臨床病理学的意義と癌幹細胞マーカーとの関連性. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

馬場崎 隆志、仙谷 和弘、小林 剛、関野 陽平、浦岡 直礼、坂本 直也、塩田 真己、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥. 前立腺癌における claspin の臨床病理学的分析. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

城戸 綾、関野 陽平、大上 直秀、馬場崎 隆志、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥. 前立腺癌において PCDHB9 はビカルタミド耐性に関わり、予後不良因子である. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

小畠 浩平、池田 健一郎、林 哲太郎、仙谷 和弘、堀江 重郎、安井 弥、松原 昭郎、本田 浩章. KDM6A 欠失は炎症性微小環境形成を促進し、p53 の機能欠損と協調して膀胱癌を発症する. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

後藤景介、山中亮憲、藤井慎介、関野陽平、北野弘之、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 前立腺癌診断時における陰茎長、精巣容積の治療予後予測因 子としての意義. 第78回日本癌学会学術総会, 2019.9.26-28, 京都市

林哲太郎、小林加直、野村直史、村田大城、宮本俊輔、後藤景介、亭島淳、仙谷和弘、安井弥、松原昭郎. シンポジウム3 泌尿器科領域におけるレーザー医療の進歩と課題 蛍光膀胱鏡補助下の経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術による膀胱平坦病変の病理学的評価と再発,予後への影響. 第40回日本レーザー医学会総会, 2019.10.19, 浜松市

林哲太郎. 膀胱癌におけるGC療法と抗PD-1抗体療法の効果予測因子としてのSTAT1 シグナルの意義. 第57回日本癌治療学会学術集会, 2019.10.24-26, 福岡市

林哲太郎、関野陽平、後藤景介、亭島淳、谷山大樹、仙谷和弘、山本秀喜、檜井孝夫、安井弥. 上部尿路上皮癌におけるミスマッチ修復遺伝子異常の臨床的意義. 日本泌尿器腫瘍学会第5回学術集会, 2019.10.26-27, 福岡市

亭島淳、宮本俊輔、杉山一彦、松原昭郎. 結節性硬化症包括的診療グループの取り組みを介した、結節性硬化症に伴う腎血管筋脂肪腫に対する治療. 日本泌尿器腫瘍学会第5回学術集会, 2019.10.26-27, 福岡市

亭島淳,村田大城、三田耕司、長谷川泰久、森山浩之、加藤昌生、梶原充、丸山聡、繁田正信、藤原政治、松原昭郎. 転移性腎癌に対するニボルマブの効果予測における血清CRP値の意義. 第57回日本癌治療学会学術集会, 第57回日本癌治療学会学術集会, 2019.10.24-26, 福岡市

関野陽平、韓向鋭、上野剛志、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、塩田真己、安井弥、松原昭郎. 前立腺癌におけるTUBB3のカバジタキル耐性機構への関与およびPI3K阻害薬の可能性. 日本泌尿器腫瘍学会第5回学術集会, 2019.10.26-27, 福岡市

関野陽平、上野剛志、福岡憲一郎、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、塩田真己、安井弥、松原昭郎. 前立腺癌においてTUBB3はドセタキセル、カバジタキセル耐性に関与する. 第57回日本癌治療学会学術集会, 2019.10.24-26, 福岡市

林哲太郎、関野陽平、後藤景介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 転移性尿路上皮がんに対する分子標的治療:交代薬物複合体治療の可能性. 第69回日本泌尿器科学会中部総会, 2019.10.31-11.3, 大阪市

林哲太郎. 膀胱がん治療における真のパラダイムシフトの幕開け 転移性尿路上皮がんに対する分子標的治療:抗体薬物複合体治療の可能性. 第69回日本泌尿器科学会中部総会, 2019.10.31-11.3, 大阪市

亭島淳、福岡憲一郎、北野弘之、井上省吾、松原昭郎. ワークショップ 1   症例から学ぶ 治療変遷から読み解く腎癌治療 何を、どこまで、どのように? イピリムマブ・ニボルマブ療法承認前に一定の治療効果を得ることができたintermediate/poor risk 転移性腎癌症例 . 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

林哲太郎, 藤井慎介, 宮本俊輔, 上野剛志, 韓向鋭, 本田有紀子, 寺田大晃, 後藤景介, 稗田圭介, 井上省吾, 亭島淳, 粟井和夫, 松原昭郎. 前立腺癌 focal therapy へ : fusion biopsy 時代の全摘標本からの考察. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

林哲太郎. 教育セミナー 3 クオリティを求めた泌尿器科腫瘍の診断と治療 前立腺癌診断のクオリティ向上  ~前立腺形態情報に基づく MRI/TRUS fusion biopsy による診断の向上~. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

藤井慎介、林哲太郎、宮本俊輔、長坂啓司、韓向鋭、岡崎真衣、野村直史、山中亮憲、亭島淳、本田有紀子、秋田隆司、北村直幸、松原昭郎. MRI/TRUS fusion targeted biopsy 時代における臨床有意前立腺癌(csPCa)予測ノモグラムの開発. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

井上省吾、林哲太郎、宮本俊輔、藤井慎介、関野陽平、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎. 後腹膜鏡下副腎摘除術における整容性の縦断的解析. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

亭島淳. 教育セミナー10 講演1 変わりゆく腎細胞癌療法〜とどまることを知らない変化と戸惑いの中で〜. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

後藤景介、山中亮憲、宮本俊輔、福岡憲一郎、藤井慎介、関野陽平、北野弘之、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 前立腺癌診断時における陰茎長、精巣容積と臨床諸因子および予後との関連. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

後藤景介、宮本俊輔、藤井慎介、福岡憲一郎、関野陽平、北野弘之、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 前立腺癌におけるHMGB1発現の治療予後予測マーカーとしての意義. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

関野陽平、韓向鋭、上野剛志、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、塩田真己、安井弥. Involvement of TUBB3 in taxane resistance and the potential role of combination with P13K inhibitor and taxane chemotherapy in prostate cancer. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

北野弘之,繁本憲文、大森慶太郎、木場由美子、樫山誠也、亭島 淳、大毛宏喜、松原昭郎. 有熱性尿路感染症における重症度と ORENUC 分類との関係. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

山中亮憲、野村直史、長坂啓司、宮本俊輔、藤井慎介、関野陽平、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. MRI/TRUS 融合画像ガイド下生検における前立腺癌陰性部位に対する PIRADS と 病理組織学的関連の検討. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

長坂啓司、藤井慎介、林哲太郎、宮本俊輔、韓向鋭、関野陽平、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. MRI/TRUS 融合画像ガイド下前立腺生検(FB)の成績についての検討. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

野村直史、林哲太郎、村田大城、長坂啓司、宮本俊輔、藤井慎介、関野陽平、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 表在性膀胱癌における膀胱多部位生検の有用性. 第71回西日本泌尿器科学会総会, 2019.11.7-10, 松江市

後藤景介. 膀胱癌におけるHMGB1の発現はBCG膀胱内注入療法の効果予測因子である. 第12回BCG注入療法研究会, 2019.11.15,東京都

稗田圭介、宮本俊輔、福岡憲一郎、関野陽平、北野弘之、後藤景介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. Retzius腔温存ロボット支援前立腺全摘除術(RS-RALP). 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

宮本俊輔、関野陽平、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎. Retzius-sparing RALPの術後早期尿禁制における神経温存の影響. 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

亭島淳. ランチョンセミナー 腎細胞癌に対する治療戦略 悶々と悩みながら向き合う腎癌手術. 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

亭島淳. ロボット支援腎部分切除術術後の慢性腎臓病upstageにおける術後急性腎障害の意義. 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

林哲太郎. ハンズオンセミナー1 3D-Image Realtime OBT Fusion Biopsyハンズオンセミナー. 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

林哲太郎、藤井慎介、宮本俊輔、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 未来よしのシンポジウム(展望)5 MRI fusion biopsy:適応から実際の手技、治療アウトカムまで MRI fusion biopsy: 適応から実際の手技、手術におけるアウトカム. 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

林哲太郎、藤井慎介、宮本俊輔、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎. Fusion biopsyによる臨床病期と前立腺全摘標本との比較検討. 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

井上省吾.ランチョンセミナー6 疼痛管理の可能性〜少しの工夫で術後が変わる〜. 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

関野陽平、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 臍部ZigZag切開を用いたReduced port腹腔鏡下根治的腎摘除術の初期経験. 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2019.11.21-23, 京都市

藤井慎介、長坂啓司、林哲太郎、宮本俊輔、韓向鋭、岡崎真衣、野村直史、山中亮憲、関野陽平、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸. MRI/TRUS融合画像ガイド下前立腺生検(FB)と従来の系統的生検比較検討. 第72回広島医学会総会, 2019.11.24,広島市

亭島淳、井上省吾、稗田圭介、林哲太郎、松原昭郎. シンポジウム 20 内視鏡手術における周術期管理チームの役割 泌尿器ロボット支援手術における術前から術後にかけてのチームの役割. 第32回日本内視鏡外科学会総会, 2019.12.5-7, 横浜市

亭島淳、井上省吾、稗田圭介、林哲太郎、松原昭郎. シンポジウム 13  ロボット支援腎部分切除術 ~高難度症例への挑戦 ロボット支援腎部分切除術の習熟と高難度症例への適応拡大. 第32回日本内視鏡外科学会総会, 2019.12.5-7, 横浜市

亭島淳、井上省吾、稗田圭介、林哲太郎、松原昭郎. ロボット支援腎部分切除術術後の慢性腎臓病 upstage における術後急性腎障害の意義. 第32回日本内視鏡外科学会総会, 2019.12.5-7, 横浜市

井上省吾、林哲太郎、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎. ワークショップ 45  副腎腫瘍への最新のアプローチ Reduced port 腹腔鏡下副腎摘除術-整容性からのベストアプローチ. 第32回日本内視鏡外科学会総会, 2019.12.5-7, 横浜市

稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ワークショップ 46  ロボット支援前立腺全摘除術 ~尿禁制回復への工夫 尿禁制回復への工夫- Retzius 腔温存ロボット支援前立腺全摘除術(RS-RALP). 第32回日本内視鏡外科学会総会, 2019.12.5-7, 横浜市

関野陽平、後藤景介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井弥、松原昭郎. オルガノイドを用いた前立腺研究. 第35回前立線シンポジウム,2019.12.14-15, 東京都

福岡憲一郎、後藤景介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎、三田耕司、小林加直、繁田正信、永松弘孝、角西雄一、田丁貴俊、梶原充、加藤昌生. ホルモン療法を行った前立腺癌における診療時転移巣数と予後の関連. 第35回前立線シンポジウム,2019.12.14-15, 東京都



(社会活動など)
林哲太郎. セッション①未来型グローバルセミナー ブリティッシュコロンビア大学留学経験. 広島大学病院卒後臨床研修医セミナー, 2019.1.10,広島大学病院

林哲太郎. セッション② 泌尿器科疾患に対する救急ケア-1〜2次救急を中心に-. 広島大学病院卒後臨床研修医セミナー, 2019.1.10,広島大学病院

亭島淳. 特別講演 腎癌の治療 ~めまぐるしい移り変わりの中で~. 第4回青森泌尿器免疫治療セミナー, 2019.1.21,弘前市

井上省吾. 講演2 一歩進んだ泌尿器内視鏡手術. 呉市泌尿器科学術講演会, 2019.1.24, 呉市

亭島淳. 特別講演 めまぐるしい移り変わりの中で腎癌治療を考える. 腎細胞がん免疫療法フォーラム, 2019.2.7, 秋田市

井上省吾. 特別講演 臨床医が知っておきたい泌尿器疾患. 第13回SGM(Succesor Genetration Meeting), 2019.2.14, 広島市

林哲太郎. 最新癌治療シンポジウム AYA世代がんと最近の進歩, 泌尿器がん.第17回日本癌治療学会 癌治療アップデート教育コース, 2019.2.16, 広島市

亭島淳. 特別講演 腎細胞がんの治療〜めまぐるしい移り変わりの中で考えること〜. 中部静岡腎細胞がん治療講演会, 2019.2.20, 静岡市

松原昭郎. 特別講演 臨床医が知っておきたい泌尿器疾患. 安芸地区学術講演会, 2019.3.28, 安芸郡海田町

宮本俊輔. 3D-Image Realtime OBT Fusion Biopsy ハンズオンセミナー ハンズオンレクチャー. 第107 回日本泌尿器科学会総会, 2019.4.18-20, 名古屋市

松原昭郎. 特別講演 臨床医が知っておきたい泌尿器疾患. 中津市医師会学術講演会, 2019.5.23, 中津市

亭島淳. 特別講演 転移性腎細胞癌の治療 うつりゆく時代の中でのTKI. West Kanagawa New Generation RCC seminar, 2019.5.24, 厚木市

亭島淳. 特別講演 腎細胞癌の治療〜とどまることを知らない変化と戸惑いの中で〜. RCC Immuno-Oncology Seminar, 2019.6.7,名古屋市

亭島淳. 講演1 前立腺がん外来診療を円滑にするために〜前立腺がん地域連携パスとホルモン療法における取り組みと課題〜. 第1回中国地区泌尿器臨床課題研究会, 2019.6.8,広島市

亭島淳.特別講演 新時代における転移性腎細胞癌の治療〜「役者たち」の出番について考える〜. Urologic Oncology seminar in Kanazawa,2019.6.11,金沢市



井上省吾. 講演1 臨床医が知っておきたい泌尿器疾患〜OABとEDの病態を理解する〜. Lower Body Seminar in Hiroshima, 2019.6.20, 広島市

林哲太郎. Advisory Board Meeting アドバイザー. 2019.6.23, 東京都

関野陽平. 前立腺癌の最近の話題. 腎泌尿器臨床研究セミナー. 2019.7.5,広島市

松原昭郎. ランチョンセミナー ここまできた 前立腺癌の治療最前線. 医療薬学フォーラム2019 第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019.7.13, 広島市

亭島淳. 特別講演 新時代にも悩む転移性腎細胞癌の治療 〜「役者たち」の最適な出番は?〜. ヴォトリエント発売7周年記念講演会, 2019.7.18,徳島市

松原昭郎. 前立腺がん治療3つの疑問. 第41回千葉泌尿器科同門会学術集会, 2019.7.20, 千葉市

亭島淳.第2部パネルディスカッション パネリスト. Pfizer Oncology Symposium RCC,2019.7.27,東京都

亭島淳. SESSION1:ディスカッションパート 広島大学でのTSC診療の実際. 結節性硬化症医療連携セミナーin広島, 2019.8.9, 広島市

亭島淳. 第2部RCCワークショップ② パネリスト.RCC New Style Symposium, 2019.8.31, 東京都

亭島淳. 特別講演 ロボット支援手術を「現場目線」で考える -スムーズな導入とさらなる発展のためにー. 南九州内視鏡外科研究会, 2019.6.22,鹿児島市

亭島淳. 変わりゆく腎細胞癌治療〜「迷える子羊」として〜. 香川RCC講演会, 2019.9.3, 高松市

亭島淳. 変わりゆく腎細胞癌治療〜「迷える子羊」として〜. 第6回Pfizer Oncology Symposium in NANAKUMA, 2019.9.6,福岡市

松原昭郎. 特別講演 前立腺がん治療の3つの課題. 日本泌尿器学会第84回佐賀地方会, 2019.9.7, 佐賀市

亭島淳. 特別講演 悩みながらの転移性腎細胞癌治療「ふえた役者たち」の最適な出番は?. 京都腎癌セミナー, 2019.9.19,京都市

亭島淳. 特別講演2 悩みながらの転移性腎細胞癌治療 ~ふえた「役者たち」の最適な出番は?~. RCC seminar in 下野, 2019.9.27, 小山市

松原昭郎. 教育講演 ロボット手術が拓く未来医療. 第67回NPO法人 日本口腔科学学会中国・四国地方部会, 2019.10.12, 広島市

井上省吾. 特別講演 腎泌尿器科における周術期疼痛管理の有用性. 広島腎泌尿器周術期管理セミナー, 2019.10.17, 広島市

山中亮憲. 一般演題 アセリオ定時投与を用いたRAPMNにおける新たな術後疼痛管理. 広島腎泌尿器周術期管理セミナー, 2019.10.17, 広島市

松原昭郎. 特別講演 前立腺癌治療の話題. 仙塩地区泌尿器科懇話会 2019, 2019.10.23, 仙台市

亭島淳. 泌尿器癌に対する薬物療法〜その基本と最近の展開〜. 広島県病院薬剤師会東支部研修会第8回がんセミナー, 2019.10.31, 福山市

亭島淳. 講演 変わりゆく腎細胞癌治療〜「迷える子羊」として〜. 千葉泌尿器科セミナー, 2019.11.13,千葉市

福岡憲一郎.一般口演 非転移性去勢抵抗性前立腺がんにおける治療選択について. 広島Urology Conference, 2019.11.19,広島市

亭島淳. 前立腺がん外来診療を円滑にするために〜前立腺がん地域連携パスとホルモン療法における取り組みと課題〜. リュープリンWeb講演会, 2019.11.28,広島市

2018年

(国際学会)
Inoue S.Hayashi T.Hieda K.Shinmei S.Teishima J.Matsubara A. Comparisons of surgeons’ and assistants’ fatigue after laparoendoscopic single-site versus conventional laparoscopic adrenalectomy: A single surgeon’s experience. EAU European Association Urology 2018, 2018.3.16, Copenhagen

Sekino Y.Sakamoto N.Goto K.Honma R.Shigematsu Y.Sentani K.Oue N.Teishima J.Yasui W Matsubara A. Transcribed ultraconserved region Uc.63+ promotes resistance to docetaxel through regulation of androgen receptor signaling in prostate cancer. EAU European Association Urology 2018, 2018.3.16, Copenhagen

Tetsutaro Hayashi,Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Wolfgang Jaeger, Hamidreza Abdi, Roland Seiler, Tilman Todenhofer, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Ladan Fazli, Akio Matsubara, Peter C Black. NOTCH2-HEY1 axis promotes tumor progression in bladder cancer through cell cycle progression and dedifferentiation. 16th UAA Congress 2018, 2018.4.17-4.22, Kyoto

Tetsutaro Hayashi,Kazuhiro Sentani, Keisuke Goto, Kazuaki Mutaguchi, Kohei Kobatake, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Akio Matsubara. Subtype classification by urothelial differentiation markers stratified prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer. 16th UAA Congress 2018, 2018.4.17-4.22, Kyoto

Honma R, Sakamoto N, Ishikawa A, Taniyama D, Fukada K, Sekino Y, Mukai S, Sentani K, Oue N, Hinoi T, Egi H, Ohdan H and Yasui W. Jun Teishima, Tetsutaro Hayashi, Hiroyuki Kitano, Kousuke Sadahide, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Yukiko Honda, Kazuhiro Sentani, Kazuo Awai, Wataru Yasui, Akio Matsubara. Usefulness of morphological classification of clinical T1 renal cell cancer on predicting upstaging to pathological T3 or higher. 2018 AUA Annual Meeting, 2018.5.19, San Francisco

Akio Matsubara. Theme 1: Prostate Cancer Lecture 1: Novel strategies for targeting CRPC resistant to AR-directed therapies Lecture 2: Identifying and Treating Therapeutic Resistance in CRPC: Translational Approaches. Panel discussion on clinical cases: What is your choice of treatment? Moderator . 2018 AUA Annual Meeting AUA/JUA International Affiliate Society Meeting 2018, 2018.5.20, San Francisco

Jun Teishima, Shinya Ohara, Keisuke Hieda, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Hideki Mochizuki, Koji Mita, Akio Matsubara. Prognostic impact of kinetics of C-reactive protein between before and after surgery in patients with metastatic renal cell carcinoma undergoing cytoreductive nephrectomy treated with tyrosine kinase inhibitor. 2018 AUA Annual Meeting, 2018.5.20, San Francisco

Akihiro Goriki,Takeshi Sano, Alberto Contreras, Htoo Oo, Tetsutaro Hayashi, Akio Matsubara, Peter Black. NOTCH2 in the bladder promotes tumor development and leads to more malignant phenotype. 2018 AUA Annual Meeting, 2018.5.20, San Francisco

Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Keisuke Goto, Htoo Zarni Oo,Hamidreza Abdi, Kazuaki Mutaguchi, Nakatsu, Japan, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Peter C Black,, Akio Matsubara. Immunohistochemical classification using urothelial differentiation markers can stratify prognosis in patients with muscle invasive bladder cancer. 2018 AUA Annual Meeting, 2018.5.21, San Francisco

Shogo Inoue,Kosuke Sadahide,Kenichiro Fukuoka,Shinsuke Fujii, Takeshi Ueno, Shunsuke Shinmei, Keisuke Hieda, Tetdutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara. Longitudinal evalution of frequency of patients taking part in sexual intercourse and sexual activities after undergoing robot-assisted laparoscopicradical prostatectomy. 13th Japan-Asean Conference on Men's Health and Aging, 2018.9.16, Kobe

Jun Teishima, Shogo Inoue, Keisuke Hieda, Shunsuke Shinmei, Tetsutaro Hayashi, Akio Matsubara. Change of preoperative symptoms of late onset hypogonadism syndrome after robot-assistanted radical prostatectomy. 13th Japan-Asean Conference on Men's Health and Aging, 2018.9.16, Kobe

Tetsutaro Hayashi, Roland Seiler, Htoo Zarni Oo, Wolfgang Jäger, Tilman Todenhöfer, Na Li, Ladan Fazli, Akio Matsubara and Peter C. Black. Targeting HER2 with T-DM1,an Antibody-cytotoxic Drug Conjugate, is effective in bladder cancer with HER2 IHC score 2+/3+. 16th meeting of the International bladder cancer network,2018.10.11-13, Rotterdam

Tetsutaro Hayashi, Akihiro Goriki, Kenichiro Ikeda, Yohei Sekino, Shunsuke Shinmei, Shogo Inoue, Jun Teishima, Akio Matsubara. NOTCH2-HEY1 axis promotes tumor progression in bladder cancer by cell cycle progression and dedifferentiation.The 35th KOREA-JAPAN Urological Congress, 2018.12.7-8, Naha

Yohei Sekino,Pham Quoc Thang, Ririno Honma, Yoshinori Shigematsu, Naoya Sakamoto, Kazuhiro Sentani,Naohide Oue, Jun Teishima,Wataru Yasui, Akio Matsubara. Uc.416+A promotes epithelial-to-mesenchymal transition through miR-153 in renal cell carcinoma(94/100). The 35th KOREA-JAPAN Urological Congress, 2018.12.7-8, Naha

(国内学会)
岩根亨輔、Xiangrui Han、田坂 亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎. 前立腺肥大症患者に対する低用量タダラフィルの性機能に及ぼす因子. 第27回日本性機能学会学術総会西部総会, 2018.1.13, 米子市

井上省吾、岩根亨輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. シンポジウム 前立腺癌と性機能障害 ロボット支援前立腺全摘除術後の性機能障害. 第27回日本性機能学会学術総会西部総会, 2018.1.13, 米子市

定秀孝介、亭島淳、岩根亨輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、梶原充、和田崎晃一、松原昭郎密封小線源治療後の死亡原因の検証. 第14回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会, 2018.1.21, 東京

亭島淳. パネルディスカッション パネリスト. RCC Expert Meeting in CHUGOKU, 2018.1.27 林哲太郎、郷力昭宏、Black Peter C,亭島淳、松原昭郎. 一般演題 ポスター3 NOTCH2-HEY1 シグナルは膀胱癌の進展を促進する. 第27回泌尿器科分子・細胞研究会, 2018.2.3,東京

小畠浩平、中田雄一郎、世良康如、山崎憲政、池田健一郎、仙谷和弘、松原昭郎、本田浩章. ヒストン脱メチル化酵素 UTX の機能欠失は炎症シグナルの亢進を介して膀胱癌発症に寄与する. 第27回泌尿器科分子・細胞研究会, 2018.2.3, 東京

福岡憲一郎、稗田圭介、服部稔、岩根亨輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 一般演題 19 [前立腺 5] ロボット支援下前立腺全摘除術のスキル評価―泌尿器科医と非医療従事者の比較—. 第10回ロボット外科学会学術集会, 2018.2.10, 東京

亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎. セッション3「腎局所療法(腎癌難渋症例)」 ロボット支援腎部分切除術における高難度症例. 第4回泌尿器癌局所療法研究会, 2018.2.17, 岡山市

上野剛志、西田健介、藤井慎介、林哲太郎、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 一般演題1 ARI-TRUS融合画像ガイドか前立腺生検の初期成績. 第4回泌尿器癌局所療法研究会, 2018.2.17, 岡山市

藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、西田健介、北野弘之、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸. MRI-TRUS融合前立腺生検において,襲撃部位のみから癌が検出された症例のプロファイル. 第26回中四国前立腺・腎尿路疾患研究会, 2018.3.17, 岡山市

藤井慎介. 一般演題2 腹腔鏡下右副腎摘除術3術式間の比較検討 – 単孔式、従来法(経腹膜、後腹膜到達法)の経験から. Young Urologist Forum In Okayama , 2018.3.24, 岡山市

井上省吾、岩根亨輔、田坂 亮、Xiangrui Han、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島 淳、松原昭郎. 一般演題2 腹腔鏡下右副腎摘除術3術式間の比較検討 – 単孔式、従来法(経腹膜、後腹膜到達法)の経験から. 第7回泌尿器単孔式・Reduced port腹腔鏡手術ワークショップ, 2018.3.31,豊中市

亭島淳、林哲太郎、北野弘之、定秀孝介、神明俊輔、井上省吾、本田有紀子、仙谷和弘、粟井和夫、安井弥、松原昭郎. 臨床病期T1腎癌の病理病期T3以上へのアップグレード予測における腫瘍辺縁形態の意義. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

Akihiro Goriki, Takeshi Sano, Tetsutaro Hayashi, Alberto Contreras-Sanz, Htoo Oo, Akio Matsubara, Peter Black, NOTCH2 over-expression in the bladder promotes tumor development and leads to more malignant phenotype. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

Yohei Sekino,Naoya Sakamoto, Keisuke Goto, Ririno Honma, Yoshinori Shigematsu, Kazuhiro Sentani, Naohide Oue, Jun Teishima, Wataru Yasui, Akio Matsubara. Uc.63+ promotes resistance to docetaxel through androgen receptor signaling and a promising serum biomarker for docetaxel treatment in prostate cancer. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

井上 省吾,岩根 亨輔, 田坂 亮, 西田 健介, 栗村 嘉昌, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 藤井 慎介, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における疲労感の検討 ーLESSは”疲れる”術式か?ー. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

藤井 慎介, 林 哲太郎, 上野 剛志, 西田 健介, 北野 弘之, 井上 省吾, 亭島 淳, 松原 昭郎, 本田 有紀子, 寺田 大晃, 粟井 和夫, 秋田 隆司, 北村 直幸. 前立腺再生検症例におけるMRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の意義. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

定秀 孝介,井上 省吾, 西田 健介, 藤井 慎介, 福岡 憲一郎, 栗村 嘉昌, 上野 剛志, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎. ロボット支援前立腺全摘除術におけるアセトアミノフェン静注液の術後鎮痛効果. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

西田 健介,藤井 慎介, 林 哲太郎, 上野 剛志, 岩根 亨輔, 田坂 亮, 栗村 嘉昌, 定秀 孝介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 松原 昭郎. MRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の有用性:狙撃生検は診断精度を向上させる. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

馬場崎 隆志, 藤井 照護, 白戸 玲臣, 矢野 明, 田丁 貴俊. 当院における腹腔鏡下膀胱全摘除術の検討. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

宮本 俊輔,小深田 義勝, 加藤 昌生, 増本 弘史, 赤坂 保行. 前立腺全摘除術後PSA再発に対する救済放射線療法の検討. 第106回日本泌尿器科学会総会, 2018.4.19-22, 京都市

井上省吾. 腎泌尿器科における疼痛管理の最新治療. テルモ(株)社内講演会, 2018.5.17,広島市

稗田圭介. 腎泌尿器科における基本的な術式について. テルモ(株)社内講演会, 2018.5.17,広島市

亭島淳.パネルディスカッション 〜腎癌診療ガイドライン改定からみた分子標的治療の逐次療法〜. コメンテーター. RCC seminar in Nagasaki, 2018.6.1, 長崎市

稗田圭介, 福岡憲一郎, 上野剛志, 神明俊輔, 井上省吾, 亭島 淳, 松原昭郎. Retzius-sparing腔温存ロボット支援下前立線全摘除術における早期尿禁制. 第15回泌尿器再建再生研究会, 2018.6.16, 那覇市

志熊 紘行, 畑山 智哉, 向井 桜子, 武藤 雅幸, 馬場﨑 隆志, 宮本 俊輔, Xiangrui Han, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 藤井 慎介, 上野 剛志, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎. Sunitinib治療中に発生した腸管気腫症の2例. 第163回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018.6.23, 広島市

武藤 雅幸、向井 桜子, 畑山 智哉, 志熊 紘行, 宮本 俊輔, 馬場崎 隆志, 、藤井 慎介, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 上野 剛志, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎. 経尿道的NBCA注入療法が奏効した胃-上腎杯瘻の1例. 第163回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018.6.23, 広島市

井上省吾. ワークショップ:副腎腫瘍に対する低侵襲治療のさらなる進歩 単孔式副腎摘除術. 第30回日本内分泌外科学会, 2018.6.29, 札幌市

小池 優毅, 関野 陽平, 重松 慶紀, 塩田 真己, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 大上 直秀, 亭島 淳, 松原 昭郎, 安井 弥. KIFC1は前立腺癌においてドセタキセル感受性の制御に関与している(KIFC1 is involved in the regulation of resistance against docetaxel in prostate cancer). 第107回日本病理学会総会, 2018.6.21-23, 札幌市

重松 慶紀, 大上 直秀, 関野 陽平, 服部 拓也, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 亭島 淳, 松原 昭郎, 安井 弥. Kinesin family member 23(KIF23)の膀胱癌における発現・機能解析(Expression and functional role of Kinesin family member 23(KIF23) in bladder cancer. 第107回日本病理学会総会, 2018.6.21-23, 札幌市

関野 陽平, 本間 りりの, 重松 慶紀, 服部 拓也, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 大上 直秀, 亭島 淳, 松原 昭郎, 安井 弥. Uc.416+Aは腎癌においてmiR-153の制御を介して上皮間葉転換を促進する(Uc.416+A promotes epithelial-to-mesenchymal transition through miR-153 in renal cell carcinoma). 第107回日本病理学会総会, 2018.6.21-23, 札幌市

Jun Teishima,Tetsutaro Hayashi,Hirotaka Nagamatsu,Koichi Shoji,Keisuke Goto, Akio Matsubara. FGF family in progression of prostate cancer. 第5回前立線生物学シンポジウム伊勢志摩2018, 2018.7.12-13, 鳥羽市

Yohei Sekino, Yuki Koike, Yoshinori Shigematsu,Naoya Sakamoto, Masaki Shiota, Kazuhiro Sentani, Naohide Oue, Jun Teishima,Wataru Yasui, Akio Matsubara. KIFC1 is involved in the regulation of resisitance against docetaxel and a combibation of KIFC1 inhibitor and docetaxel cloud be a promising strategy. 第5回前立線生物学シンポジウム伊勢志摩2018, 2018.7.12-13, 鳥羽市

井上省吾, 上野剛志, 福岡憲一郎, 定秀孝介, 藤井慎介, 神明俊輔, 稗田圭介, 林哲太郎, 亭島淳, 松原昭郎.前立腺全摘除術施行患者における性行為頻度の術後変化. 第18回日本Men’s Health医学会, 2018.7.14-15, 東京都

亭島淳,大原慎也,神明俊輔,井上省吾,林哲太郎,長谷川泰久,望月英樹,梶原充,三田耕司,松原昭郎. 転移性腎細胞癌の予後予測におけるsystemic immune-inflammation indexの意義. 第49回腎癌研究会, 2018.7.7, 東京都

上野剛志、宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、定秀孝介、福岡憲一郎、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. PI-RADS category1,2を有する症例のMRI-TRU融合画像アルタイムガイド下前立腺生検の意義. 第27回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 2018.7.5-6, 長崎市

亭島淳. ランチョンセミナー 1 ー転移性腎癌における免疫チェックポイント阻害剤と QOL-患者ごとに対応した最適な薬剤選択. 日本性機能学会第29回学術総会, 2018.9.13, 神戸市

藤井慎介、早施設太郎、上野剛志、北野弘之、韓向鋭、志熊紘行、畑山智哉、向井桜子、武藤雅幸、馬場﨑隆志、宮本俊輔、定秀孝介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の初回生検例に対する効用. 第6回泌尿器画像診断・治療技術研究会, 2018.9.13, 京都市

Akio Matsubara, Hiroaki Oda, Kenichiro Fukuoka, Shunsuke Shinmei, Keisuke Hieda, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi , Jun Teishima. Skill evaluation and perioperative outcomes in robot-assisted radical prostatectomy. 36th World Congress of endurology(WCE2018), 2018.9.20-23, Paris

亭島淳、山口佑果、永松弘孝、志熊紘行、藤井慎介、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、松原昭郎. 去勢抵抗性前立腺癌における内分泌性FGF のバイオマーカーとして の意義. 第77回日本癌学会総会, 2018.9.27-29, 大阪市

林哲太郎、郷力昭宏、池田健一郎、ブラックピーター、井上省吾、亭島淳、大上直秀、安井弥、松原昭郎. 古典的Notch2シグナルは細胞周期亢進、未分化能の医事、上皮間葉移行を介して膀胱癌の進展を促進する. 第77回日本癌学会総会, 2018.9.27-29, 大阪市

重松慶紀、大上直秀、関野陽平、服部拓也、坂本直也、仙谷和弘、亭島淳、松原昭郎、安井弥. KIF23の腎癌における発現・機能解析. 第77回日本癌学会総会, 2018.9.27-29, 大阪市

関野陽平、小池優毅、重松慶紀、服部拓也、坂本直也、塩田真己、仙谷和弘、大上直秀、亭島淳、松原昭郎、安井弥. KIFC1は前立腺癌においてドセタキセル感受性の制御に関与している. 第77回日本癌学会総会, 2018.9.27-29, 大阪市

小畠浩平、世良康如、池田健一郎、林哲太郎、仙谷和弘、金山麻裕子、堀江重郎、安井弥、松原昭郎、本田浩章. UTX欠失は炎症性微小環境形成を促進し、p53の機能欠失と強調して膀胱癌を発症する. 第77回日本癌学会総会, 2018.9.27-29, 大阪市

上田 晃嗣, 中津 祐介, 山本屋 武, 井上 賢紀, 水野 優, 松原 昭郎, 浅野 知一郎. プロリン異性化酵素Pin1は、アセチルCoAカルボキシラーゼ1の制御を介して前立腺癌細胞を増殖させる. 第91回日本生化学会大会, 2018.9.24-26, 京都市

向井 桜子, 武藤 雅幸, 志熊 紘行, 畑山 智哉, 韓 向鋭, 宮本 俊輔, 馬場崎 隆志, 藤井 慎介, 福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 上野 剛志, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎. "RALPロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるERAS(術後回復力強化プログラム)の効果. 第112回広島がん治療研究会, 2018.9.22, 広島市

畑山 智哉, 林 哲太郎, 井上 省吾, 神明 俊輔, 後藤 景介, 福岡 憲一郎, 稗田 圭介, 亭島 淳, 松原 昭郎, 本田 有紀子, 粟井 和夫, 小羽田 悠貴. 臨床病期III期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子. 第112回広島がん治療研究会, 2018.9.22, 第112回広島がん治療研究会, 2018.9.22, 広島市

亭島淳、大原慎也、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、長谷川泰久、望月英樹、梶原充、三田耕司、松原昭郎. 転移性腎細胞癌の予後予測におけるsystemic immune-inflammation indexの意義. 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018.10.18-20, 横浜市

林 哲太郎、坂本直也、重松慶紀、小羽田悠貴、梅承恩、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、仙谷和弘、大上直秀、安井弥、松原昭郎. ANXA10の発現低下は、上部尿路上皮癌の進展に関与する. 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018.10.18-20, 横浜市

関野陽平、小池優毅、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、塩田真己、亭島淳、松原昭郎、安井弥. 前立腺癌におけるKIFC1のドセタキセル耐性機構への関与およびKIFC1阻害薬の可能性. 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018.10.18-20, 横浜市

藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、馬場崎隆志、宮本俊輔、定秀孝介、北野弘之、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫、秋田隆司、北村直幸. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の初回生検例に対する効用. 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018.10.18-20, 横浜市

福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、三田耕司、繁田正信、小林加直、牟田口和昭、森山浩之、加藤昌生、梶原充、田丁貴俊、松原昭郎. 非転移性去勢抵抗性前立腺癌に対する治療効果の検討.第56回日本癌治療学会学術集会, 2018.10.18-20, 横浜市

上野剛志、宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、秋田隆司、寺田大晃、本田有紀子、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎. 高Gleason score および被膜外進展を有する前立腺癌の術前診断における3T MRI の有用性. 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018.10.18-20, 横浜市

亭島淳、三田耕司、繁田正信、長谷川康之、角西雄一、松原昭郎. 75 歳以上の転移性腎細胞癌症例に対する分子標的薬投与. 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会, 2018.10.20-21,横浜市

林 哲太郎. 尿路上皮分化マーカーを用いた膀胱癌の免疫組織学的分類は、病理学的悪性度と予後を層別化し、治療方針の決定に有用となる. 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会,2018.10.20-21,横浜市

藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、宮本俊輔、亭島淳、松原昭郎、本田有紀子、寺田大晃、粟井和夫. MRI-TRUS融合画像ガイド下前立腺生検の初回生検例に対する効用. 日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会,2018.10.20-21,横浜市

関野陽平. Case study. The New Era of I-O drug combination treatment-stand Up To Cancer-, 2018.10.25, Hiroshima,

福岡憲一郎. Case study. The New Era of I-O drug combination treatment-stand Up To Cancer-, 2018.10.25, Hiroshima,

神明俊輔. Case study. The New Era of I-O drug combination treatment-stand Up To Cancer-, 2018.10.25, Hiroshima,

亭島淳. イブニングセミナー1  腎がん診療の現状と展望 TKIの特徴を活かした転移性腎細胞癌の治療戦略. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

亭島淳,三田耕司,繁田正信,長谷川泰久,角西雄一,松原昭郎. 75歳以上の転移性腎細胞癌症例に対する分子標的治療. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

神明俊輔、向井桜子、宮本俊輔、馬場﨑隆志、福岡憲一郎、藤井慎介、定秀孝介、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. RALPにおける拡大リンパ節郭清の短期治療成績の検討. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

関野陽平、小池優毅、重松慶紀、坂本直也、塩田真己。仙谷和弘、大上直秀、亭島淳、松原昭郎. KIFC1 is involved in the regulation of resistance against docetaxel and a combination of KIFC1 inhibitor and docetaxel could be a promising strategy. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

定秀孝介、井上省吾、馬場﨑隆志、宮本俊輔、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援前立腺全摘除術におけるアセトアミノフェン静注液(アセリオ)定時投与による術後鎮痛効果. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

馬場﨑隆、北野弘之、宮本俊輔、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 気腫性腎盂腎炎におけるHuang分類の検討. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

宮本俊輔、馬場﨑隆志、定秀孝介、藤井慎介、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. cT3/T4腎細胞癌における予後予測因子の検討. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

向井桜子、宮本俊輔、馬場﨑隆志、藤井慎介、福岡憲一郎、定秀孝介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるERAS(術後回復力強化プログラム)の効果. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

畑山智哉、林哲太郎、井上省吾、神明俊輔、本田有紀子、小羽田悠貴、後藤景介、福岡憲一郎、稗田圭介、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎. 臨床病期Ⅲ期以下の上部尿路上皮癌における病理学的リンパ節転移の術前予測因子. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

志熊紘行、宮本俊輔、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 上部尿路上皮癌における尿管鏡検査および生検の有用性. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

北野 弘之, 木場 由美子, 梶原 俊毅, 久保 有子, 吉松 由香里,森 美菜子,樫山 誠也, 小野寺 一, 亭島 淳, 松原 昭郎, 大毛 宏喜. 黄色ブドウ球菌による有熱性尿路感染症の検討. 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2018.11.16-18, 鹿児島市

藤井慎介、林哲太郎、韓向鋭、志熊紘行、畑山智哉、向井桜子、武藤雅幸、宮本俊輔、馬場﨑隆志、福岡憲一郎、定秀孝介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. TUR組織のARID1A免疫染色はBCG効果予測因子となるか?. 第11回BCG注入療法研究会, 2018.11.17, 東京都

関野 陽平, Pham Quoc Thang, 本間 りりの, 重松 慶紀, 坂本 直也, 仙谷 和弘, 大上 直秀, 亭島 淳, 松原 昭郎, 安井 弥. 腎癌において転写超保存領域Uc.416+Aはsarcomatoid differentiatioに関与する. 第64回日本病理学会秋期特別総会, 2018.11.22-23,広島市

北野弘之、大毛宏喜、山崎尚也、井上暢子、梶原俊毅、亭島淳、藤井輝久、松原昭郎. HIV 感染症おける梅毒の serofast reaction についての検討. 日本性感染症学会 第31回学術大会, 2018.11.24-25, 東京都

井上省吾, 林哲太郎,神明俊輔, 稗田圭介, 亭島淳, 松原昭郎. 尿膜管疾患に対するReduced port 腹腔鏡下尿膜管摘除術の初期経験. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

亭島 淳, 井上 省吾, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 松原 昭郎. ロボット支援根治的前立腺全摘除術の術後におけるLOH症状の変化. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

亭島 淳, 井上 省吾, 稗田 圭介, 神明 俊輔, 林 哲太郎, 松原 昭郎. ロボット支援腎部分切除術のトラブルシューティング. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

井上省吾. ランチョンセミナー7 疼痛管理の可能性~少しの工夫で術後が変わる~ 泌尿器内視鏡手術におけるアセリオを用いた術後管理~攻めのアセトアミノフェンへ~. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

亭島 淳. 第5回泌尿器ロボット支援手術プロクター教育セミナー プロクタリングの実際―こんな時どうする― 機種による相違、注意点. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

林哲太郎. 3D-Image Fusion Biosy ハンズオンセミナー MRI/TRUS fusion prostate biopsy~前立腺癌診断における意義と期待される今後〜. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

林 哲太郎、後藤 景介, 本田 有紀子, 小羽田 悠貴, 池田 健一郎, 神明 俊輔, 井上 省吾, 亭島 淳, 粟井 和夫, 松原 昭郎. 鏡視下腎尿管全摘除術を行なった尿管癌の術前予後予測因子. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

稗田 圭介,福岡 憲一郎, 上野 剛志, 神明 俊輔, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎. Retzius腔温存ロボット支援下前立腺全摘除術における早期尿禁制. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

神明俊輔、宮本俊輔、馬場﨑隆志、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. RALPにおける拡大リンパ節郭清の短期治療成績の検討. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

福岡 憲一郎, 定秀 孝介, 藤井 慎介, 上野 剛志, 神明 俊輔, 稗田 圭介, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎.ロボット支援根治的前立腺全摘除術の習熟度評価におけるGEARSの有用性. 第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,2018.11.27-29, 仙台市

林哲太郎、小林加直、後藤景介、宮本俊輔、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 蛍光膀胱鏡補助下の経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術による膀胱平坦病変の病理学的評価. 第1回泌尿器光力学研究会学術集会, 2018.11.27, 仙台市

北野 弘之, 小羽田 悠希, 松崎 信治, 木場 由美子, 樫山 誠也, 小野寺 一, 梶原 俊毅, 井上 省吾, 亭島 淳, 松原 昭郎, 大毛 宏喜. 周術期予防抗菌薬にセファゾリンを用いたロボット支援下前立腺全摘除術における閉鎖式ドレーンと尿道カテーテル定着菌の検討. 第31回日本外科感染症学会総会学術集会, 2018.11.29, 大阪市

井上省吾, 林哲太郎,神明俊輔,稗田圭介,亭島淳,松原昭郎. ワークショップ 2 一歩進んだ副腎手術 高難度副腎手術症例における手技の工夫―内視鏡手術の特性を活かした新たな展開と挑戦―. 第31回日本内視鏡外科学会, 2018.12.6-8,福岡市

井上省吾, 林哲太郎,神明俊輔,稗田圭介,亭島淳,松原昭郎. ワークショップ 16 泌尿器科領域におけるReduced Port Surgeryの現状と将来展望 これからのReduced port 腹腔鏡下副腎摘除術. 第31回日本内視鏡外科学会, 2018.12.6-8,福岡市

亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎. シンポジウム 13 QOLアウトカム改善を目指したロボット支援前立腺全摘除術の術式の工夫 ロボット支援前立腺全摘除術における解剖学的構造の再建. 第31回日本内視鏡外科学会, 2018.12.6-8,福岡市

亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、松原昭郎. ロボット支援根治的前立腺全摘除術の術前後におけるLOH症状の変化. 第31回日本内視鏡外科学会, 2018.12.6-8,福岡市

宮本俊輔、藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、本田有紀子、寺田大晃、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎. MRI/TRUS fusion prostate biopsyを用いたPI-RADSにおける造影MRIの有用性の検討. 第34回前立線シンポジウム, 2018.12.8-9, 東京都

畑山 智哉、志熊 紘行、向井 桜子、武藤 雅幸、宮本 俊輔、Xiangrui Han、福岡  憲一郎、定 秀孝介、藤井慎介、上野 剛志、関野 陽平、神明 俊輔、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎. 腎粘液管状紡錘細胞癌(Mucinous tubular and spindle cell carcinoma)の2例. 第164回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018.12.15,広島市

向井 桜子、神明 俊輔、武藤 雅幸、志熊 紘行、畑山 智哉、宮本 俊輔、馬場﨑 隆志、藤井 慎介、福岡 憲一郎、定秀孝介、上野 剛志、稗田 圭介、井上 省吾、林 哲太郎、亭島 淳、松原 昭郎. 経尿道的NBCA注入療法を行った膀胱自然破裂の1例. 第164回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018.12.15,広島市

馬場﨑隆志. レクチャー 前立腺癌患者の内分泌療法に伴う骨粗鬆症に対するゾレドロン酸の初期使用経験. 第164回日本泌尿器科学会広島地方会, 2018.12.15,広島市

(社会活動など)
林哲太郎. 留学経験,海外勤務の経験. 泌尿器科 研修医セミナー, 2018.1.12, 広島大学病院

林哲太郎. 腎盂・尿管・膀胱がんの基礎と治療. 患者サロン, 2018.1.18, 広島大学病院

松原昭郎. 特別講演 CRPCの骨転移に対するマネジメント 座長. 西日本ゾーフィゴ講演会, 2018.3.24, 広島市

松原昭郎. 一般演題2 前立腺肥大症と前立腺癌 座長. 第27回日本性機能学会学術総会西部総会, 2018.1.13, 米子市

松原昭郎. 教育委員長 第2回日本泌尿器科学会ウインターセミナー2018 in 神戸, 2018.1.27-28, 神戸市

林哲太郎. 基調講演 転移性腎細胞癌に対するNivolumabの使用経験. 泌尿器疾患懇話会, 2018.1.30, 広島市

松原昭郎. 基調講演 転移性腎細胞癌に対するNivolumabの使用経験 座長. 泌尿器疾患懇話会, 2018.1.30, 広島市

松原昭郎. 特別講演 尿路結石治療の未来を探る 座長. 泌尿器疾患懇話会, 2018.1.30, 広島市

松原昭郎. 一般演題17 [ 前立腺3 ] 座長. 第10回日本ロボット外科学会学術集会, 2018.2.10, 東京都

亭島淳. 特別講演 ロボット支援腎部分切除術ー当院における導入と課題ー. 第2回 光・柳井地区泌尿器科学術集会, 2018.2.22, 柳井市

上野剛志. 3D-Image Fusion Biopsyハンズオンセミナー ハンズオンレクチャー. 第106回日本泌尿器科学会総会ハンズオンセミナー, 2018.4.21,京都市

松原昭郎. 特別講演 前立腺癌のあれこれ. 第51回うつくしま泌尿器科研究会, 2018.5.25,福島市

神明 俊輔, 西田 健介, 栗村 嘉昌, 福岡 憲一郎, 上野 剛志, 稗田 圭介, 井上 省吾, 林 哲太郎, 亭島 淳, 松原 昭郎. 大きな前立腺に対するロボット支援下前立腺全摘術の成績. 第29回 内視鏡外科フォーラムin秋田, 2018.5.26, 秋田市

亭島淳. SessionⅠ 結節性硬化証診療連携の実際 広島大学病院 結節性硬化症治療の現状と課題「泌尿器科の立場から」. 結節性硬化症 診療連携セミナー, 2018.5.29,広島市

亭島淳. 教育講演② ガイドラインから見た腎癌手術療法. RCC seminar in Nagasaki, 2018.6.1, 長崎市

林哲太郎. 抗PD-1抗体薬の使用経験. Hiroshima Urothelial Carcinoma Symposium, 2018.6.7, 広島市

亭島淳. 高齢者腎細胞がんに対する薬物治療 パネリスト. 高齢者の腎細胞がん治療を考える座談会, 2018.6.24, 東京都

松原昭郎. 特別講演 ロボット支援下前立腺全摘除術:3つの疑問. 第17回奈良前立腺研究会, 2018.7.13, 大阪市

亭島淳. 転移性腎細胞癌の薬物治療について. Pfizer Lecture Meeting, 2018.7.23, 北九州市

亭島淳. 第二部パネルディスカッション 将来の薬物治療を踏まえたTKIの役割. POS RCC 2018 EAST, 2018.7.28, 東京都

亭島淳. 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌に対するニボルマブの使用経験と今後の展望. 免疫チェックポイント阻害薬short web seminar, 広島市,2018.8.2

亭島淳. 第二部パネルディスカッション 将来の薬物治療を踏まえたTKIの役割. PfizerOncology Sympojium RCC 2018 WEST, 2018.5.25, 広島市

亭島淳. ディスカッション 腎癌治療の薬剤選択 1stラインの薬剤選択のポイント. 腎細胞癌診療に関する座談会, 2018.9.1, 大阪市

松原昭郎. 特別講演 ロボット支援下前立腺全摘除術(RALP)3つの疑問. 第46回泌尿器科紀ノ国フォーラム, 2018.9.8, 和歌山市

松原昭郎. 招請講演 ロボット支援下前立腺全摘除術RALP:3つの疑問. 第405回日本泌尿器科学会北海道地方会, 2018.10.6,札幌市

上野剛志. 症例から考える化学療法のタイミング. 前立腺がん学術セミナー2018, 2018.10.11,広島市

藤井慎介. ハンズオンセミナー, 第83回日本泌尿器科学会東部総会, 2018.10.12-15, 東京都

亭島淳. Seesion2 転移部位巣へのアプローチCORE-J2018,2018.10.27, 札幌市

松原昭郎. 特別講演 臨床医が知っておきたい泌尿器疾患. 広島赤十字・原爆病院泌尿器科オープンカンファレンス, 2018.10.30, 広島市

亭島淳. 特別講演② 効果・予後予測因子から考える転移性腎細胞癌の治療戦略. 第7回梅鶴 腎泌尿器疾患懇話会, 2018.11.7, 東京都

亭島淳. 特別講演② 腎細胞癌治療の最新のトピックス. RCC Seminar in Osaka, 2018.11.9, 大阪市

亭島淳. 特別講演Ⅰ 効果・予後予測因子から考える転移性腎細胞癌の治療戦略. Urology Cancer Forum Kumamoto, 2018.11.15, 熊本市

林哲太郎. 講演② 尿路上皮癌における薬物治療の現状と課題〜広島大学病院での取り組み〜. Scientific Exchange Meeting 2018(Hiroshima)〜複合免疫療法の可能性を考える〜, 2018.11.20, 広島市

松原昭郎. 新専門医制度についての説明会 1. 新専門医制度についての説明会 1, 2018.11.1-4, 長崎市

藤井慎介. 3D-Image Fusion Biopsy ハンズオンセミナー. 第70回西日本泌尿器科学会総会, 2018.11.1-4, 長崎市

松原昭郎. 特別講演 前立腺がん診療最前線. 平成30年度 健康フェア, 2018.12.1, 広島市

井上省吾. 前立腺癌治療における最近の話題. Knowledge Development, 2018.12.10, 広島市

2017年

(国際学会)
T. Hayashi, K. Sentani, S. Kakumoto, H.Z. Oo, N. Sakamoto, K. Mutaguchi, K. Kobatake, K. Goto, S. Inoue, J. Teishima, W. Yasui, P.C. Black, A. Matsubara. Prognostic impact of immunohistochemical classification of bladder cancer according to luminal (Uroplakin III) and basal(Cytokeratin 5/6) markers. 32nd Annual EAU Congress London, 2017.3.26, London

T. Hayashi, H. Oo, W. Jäger, K. Kobatake, A. Goriki, R. Seiler, T. Todenhöfer, N. Li, L. Fazli, A. Matsubara, P. Black. T-DM1, a novel HER2 antibody-cytotoxic drug conjugate, has anti- metastatic potential and is a promising targeted therapy for bladder cancer with HER2 IHC score 2+/3+. 32nd Annual EAU Congress London, 2017.3.27, London

Inoue S., Kurimura Y., Fukuoka K., Ueno T., Kitano H., Goto K., Shinmei S., Hieda K., Hayashi T., Teishima J., Matsubara A. Longitudinal evaluation of health related quality of life following laparoscopic adrenalectomy: Impact of adrenalectomy on cortisol-producing adenoma. 32nd Annual EAU Congress London, 2017.3.25, London

Jun Teishima, Shinya Ohara, Kousuke Sadahide, Shinsuke Fujii, Hiroyuki Kitano, Shunsuke Shinmei, Keisuke Hieda, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Koji Mita, Akio Matsubara. The impact of kinetics of biomarkers on the prediction of overall survival in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with a tyrosine kinase inhibitor. AUA 2017 Annual Meeting, 2017.5.12, Boston

Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Keisuke Hieda, Shunsuke Shinmei, Jun Teishima, Akio Matsubara. Longitudinal valuation of Health Related Quality of Life Following Laparoscopic Adrenalectomy: Impact of Adrenalectomy on Cortisol-Producing Adenoma. AUA 2017 Annual Meeting, 2017.5.13, Boston

Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Shinji Kakumoto, Htoo Zarni Oo, Naoya Sakamoto, Kazuaki Mutaguchi, Kohei Kobatake, Keisuke Goto, Shogo Inoue, Jun Teishima,Peter Black, Akio Matsubara. Prognostic impact of immunohistochemical classification of bladder cancer according to luminal (Uroplakin III) and basal (Cytokeratin 5/6) markers. AUA 2017 Annual Meeting, 2017.5.12, Boston

Tetsutaro Hayashi, Htoo Zarni Oo, Wolfgang Jäger, Kohei Kobatake, Akihiro Goriki, Roland Seiler, Tilman Todenhöfer, Na Li, Ladan Fazli, Akio Matsubara, Peter Black. T-DM1, a novel HER2 antibody-cytotoxic drug conjugate, has anti- metastatic potential and is a promising targeted therapy for bladder cancer with HER2 IHC score 2+/3+. AUA 2017 Annual Meeting, 2017.5.16, Boston

Inoue Shogo. Moderated Poster presentation II Where is position of Li-ESWT in guide4line?. 16th Asia Pacific Society for Sexual Medicine / 12th Japan-Asian conference on Men's Health and Aging. 2017.9.13, Chiang Mai(Tailand)

Kyosuke Iwane, Shogo Inoue, Hamidreza Abdi, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima,Akio Matsubara. Moderated Poster presentation II Evaluation of the sexual function of sildenafil citrate on the patients with benign prostatic hyperplasia related lower urinary tract symptoms. 2017.9.13, Chiang Mai(Tailand)



(国内学会)
井上省吾、松崎信治、小羽田悠貴、藤井慎介、福岡憲一郎、栗村嘉昌、定秀孝介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 低強度対外衝撃波によるED治療効果の検討-前立線全摘除術後ED症例に対する治療の可能性. 第26回日本性機能学会西部総会, 2017.1.14, 広島市

林哲太郎. Multiparametric MRIによる前立腺癌診断:MRI-TRUS fusion biopsyは臨床的に重要な前立腺癌を確実に診断する. Prostate Cancer Meeting in Hiroshima, 2017.1.19,広島市

亭島淳、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術における術後腎機能とRENAL nephrometry score. 第9回日本ロボット外科学会学術集会, 2017.1.28, 佐賀市

福岡憲一郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、清水優子、小林加直、岩本秀雄、田村賢司、甲田俊太郎、繁田正信. 去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセルの初期治療経験. 第25回中国四国前立線・腎尿路疾患研究会, 2017.2.11,岡山市

藤井慎介、林哲太郎、小羽田悠貴、松崎信治、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. T1膀胱癌の再発・進展予測における好中球/リンパ球比の意義. 第25回中国四国前立線・腎尿路疾患研究会, 2017.2.11,岡山市

上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎. 臨床的意義のある前立腺癌の検出と被膜外浸潤の予測における術前3T MRIの有用性. 第25回中国四国前立線・腎尿路疾患研究会, 2017.2.11,岡山市

藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、北野弘之、松崎信治、小羽田悠貴、定秀孝介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 広島大学病院におけるMRI Fusion prostate biopsyの初期経験. 第3回日本泌尿器癌局所療法研究会, 2017.2.18, 東京都

松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下前立腺癌全摘除術:RALPの手術手技関連演題. ロボット支援腹鏡下前立腺全摘術手術手技研究会. 2017.3.1, 那覇市

林 哲太郎、仙谷 和弘、後藤 景介、神明 俊輔、阿南 勝宏、井上 省吾、亭島 淳、安井 弥、松原 昭郎. 腎癌におけるTSPAN8の高発現は予後不良因子であり、TSPAN8の発現抑制は腎癌の新規治療法となる可能性がある. 第26回泌尿器科分子細胞研究会, 2017.3.11, 大分市

神明 俊輔、林 哲太郎、福岡 憲一郎、藤井 慎介、仙谷 和弘、亭島 淳、沖 一仁、安井 弥、松原 昭郎. 尿路上皮癌における化学療法耐性獲得へのP38 MAPKの役割. 第26回泌尿器科分子細胞研究会, 2017.3.11, 大分市

池田 健一郎、小畠 浩平、仙谷 和弘、林 哲太郎、亭島 淳、安井 弥、本田 浩章、堀江 重郎、松原 昭郎. ヒストン脱メチル化酵素UTXの遺伝子改変による膀胱癌マウスモデルの開発. 第26回泌尿器科分子細胞研究会, 2017.3.11, 大分市

亭島 淳. 泌尿器癌に対するロボット手術〜前立腺癌治療を中心に. 前立腺癌UP TO DATE, 2017.3.16, 広島市

林哲太郎、郷力昭宏、神明俊輔、ピーターブラック、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. STAT1 シグナルは抗がん剤耐性膀胱癌で亢進し、STAT1発現抑制が抗がん剤感受性を回復させ、新規併用治療法となる. 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017.4.21, 鹿児島市

亭島 淳、大原慎也、三田耕司、松原昭郎. チロシンキナーゼ阻害剤を投与された転移性腎細胞癌の予後における血中パラメーターの変動の意義. 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017.4.21, 鹿児島市

井上省吾、林哲太郎、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、神明俊輔、稗田圭介、亭島淳、松原昭郎. 腹腔鏡下副腎摘除術における術後QOLの縦断的検討—QOL改善の視点からみたコルチゾール産生腫瘍における副腎摘除術の意義. 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017.4.21, 鹿児島市

神明俊輔、林哲太郎、藤井慎介、仙谷和弘、亭島淳、仲一仁、安井弥、松原昭郎. 尿路上皮癌における化学療法耐性獲得へのp38MAPK の役割. 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017.4.21, 鹿児島市

定秀孝介. 磁気ターゲティングを用いた磁性体化骨髄間葉系幹細胞移植による膀胱再生の試み. 第14回泌尿器科再建再生研究会. 2017.6.3, 東京

亭島 淳、大原慎也、池田健一郎、神明俊輔、井上省吾、林 哲太郎、望月英樹、三田耕司、松原昭郎. 一般演題O-15 転移性腎細胞癌に対する分子標的薬治療における2nd lineチロシンキナーゼ阻害剤の効果予測. 第48回腎癌研究会, 2017.7.8, 東京

井上省吾、栗村嘉昌、福岡健一郎、上野剛志、池田健一郎、稗田圭介、神明俊輔、林 哲太郎、亭島 淳、松原昭郎.  広島大学における単孔式腹膜鏡下副腎摘除術100例の経験. 6th Reduced Port Surgery Forum2017, 2017.8.4, 大分市

井上省吾、林 哲太郎、栗村嘉昌、福岡健一郎、定秀孝介、藤井慎介、神明俊輔、稗田圭介、亭島 淳、松原昭郎. Surgical Session2:副腎・後腹膜 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における疲労感の検討ーLESSは"疲れる”術式か?. 6th Reduced Port Surgery Forum2017, 2017.8.4, 大分市

栗村嘉昌、田坂亮、岩根亨輔、西田健介、福岡憲一郎、定秀孝介、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援根治的前立線全摘除術における性機能温存希望に関連する因子の検討. 第28回日本性機能学会総会, 2017.9.22, 東京

亭島淳、松原昭郎. 去勢抵抗性前立腺がん〜最適な治療選択のために〜. 第28回日本性機能学会総会. 2017.9.22, 東京

   亭島淳、山口佑果、永松弘孝、藤井慎介、藪本直也、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、松原昭郎. 去勢抵抗性前立腺癌における血清マーカーとしての内分泌性FGFsの意義. 第76回日本癌学会学術集会, 2017.9.30, 横浜市

  林哲太郎、仙谷和弘、坂本直也、牟田口和昭、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、安井弥、松原昭郎. 尿路上皮分化に基づいた免疫組織染色による分類は、膀胱癌の予後を層別化する. 第76回日本癌学会学術集会, 2017.9.30, 横浜市

  藤井慎介,林哲太郎,上野剛志,西田健介,北野弘之,岩根享輔,田坂 亮,定秀孝介,福岡憲一郎,栗村嘉昌,稗田圭介,神明俊輔,井上省吾,亭島 淳,松原昭郎,本田有紀子,寺田大晃,粟井和夫,秋田隆司,北村直幸. 広島大学病院におけるMRI/TRUS fusion prostate biopsyの導入初期成績. 第5回泌尿器画像診断・治療技術研究会, 2017.9.29, 京都市

亭島 淳. Optimal selection of treatment sequence for mRCC trancelating to the daily. Innovation 2nd year Immuno Oncology Interactive conversation program in GU. 2017.10.14, 東京

亭島 淳、林哲太郎、北野弘之、定秀孝介、神明俊輔、井上省吾、本田有紀子、仙谷和弘、粟井和夫、安井弥、松原昭郎. 一般口演 臨床病期T1腎癌の病理病期T3以上へのアップグレード予測における腫瘍辺縁形態の意義. 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017.10.20, 横浜市

林 哲太郎、仙谷和弘、坂本直也、牟田口和昭、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、安井弥、松原昭郎. 一般口演 3 「尿路上皮がん 」尿路上皮分化マーカーによる膀胱癌の免疫組織学的層別化は予後予測因子となる. 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017.10.20, 横浜市

福岡憲一郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、大原慎也、三田耕司、清水優子、小林加直、岩本秀雄、繁田正信、金岡隆平、森山浩之、永松弘孝、牟田口和昭. デジタルポスター 去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセルの治療成績. 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017.10.20, 横浜市

上野 剛志、林哲太郎、後藤景介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、北野弘之、池田健一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. デジタルポスター 高Gleason scoreおよび皮膜外進展を有する前立腺癌の術前診断における3T MRIの有用性. 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017.10.21, 横浜市

亭島淳、大原慎也、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、望月英樹、三田耕司、松原昭郎. 転移性腎細胞癌に対するcytoreductive nephrectomy前後のCRP変動の意義. 第3回日本泌尿器腫瘍学会, 2017.10.22, 東京

林哲太郎、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. Moderated Poster 5 尿路上皮癌におけるデスモソームの存在は、扁平上皮分化の特異的診断マーカーとなる. 第3回日本泌尿器腫瘍学会, 2017.10.22, 東京

福岡憲一郎、栗村嘉昌、上野剛志、稗田景介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. Unmoderated Poster 5 去勢抵抗性前立腺癌患者における治療前NSE値およびpro-GRP値の意義. 第3回日本泌尿器腫瘍学会, 2017.10.22, 東京

亭島淳、高山幸宏、岩畔将吾、林哲太郎、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、三田耕司、加藤了嗣、松原昭郎. ロボット支援腎部分切除術の術前説明における三次元模型の有用性. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.11, 大分市

林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. HER2抗体-薬物複合体(T-DM1)はHER2を高発現する膀胱癌の新規分子標的治療となる. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.11, 大分市

神明俊輔、岩根享輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 腎尿管全摘をおこなった上部尿路上皮癌のpTStageを予測する因子としての腫瘍径の検討. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.11, 大分市

福岡憲一郎、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎、三田耕司、繁田正信、小林加直、牟田口和昭. 去勢抵抗性前立腺癌に対する一次治療の至適投与対象の探索. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.10, 大分市

岩根享輔、西田健介、藤井慎介、福岡憲一郎、栗村嘉昌、定秀孝介、上野剛志、稗田圭介、神明俊輔、林哲太郎、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. タダラフィルの慢性前立腺炎症状に対する副次的効果. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.10, 大分市

田坂亮、林哲太郎、神明俊輔、栗村嘉昌、藤井慎介、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、池田健一郎、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 進行性尿路上皮癌の二次化学療法としてのゲムシタビン、ドセタキセル、白金製剤併用両方の検討. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.10, 大分市

重松慶紀、関野陽平、Naoya Sakamoto,Kazuhiro Sentani,Naohide Oue,林哲太郎,亭島淳,安井弥,松原昭郎. Signal peptidase complex 18(SPC18)contributes to proliferation and invasion capacity throuh EGRE pathway in bladder cancer. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.10, 大分市

林哲太郎、藤井慎介、小畠浩平、後藤景介、神明俊輔、井上洋二、橋本邦弘、三田耕司、森山浩之、松原昭郎. T1微小乳頭型膀胱癌のTURBTでの治療成績. 第31回日本泌尿器科内視鏡学会総会, 2017.11.18, 徳島市

神明俊輔、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 腎尿管全摘をおこなった上部尿路上皮癌のpTStageを予測する因子としての腫瘍径の検討. 第31回日本泌尿器科内視鏡学会総会, 2017.11.17, 徳島市

亭島淳. 手術療法 ロボット支援腎部分切除術〜症例ごとの最適な対応〜. KOBE RCC Expert Seminar, 2017.11.21, 神戸市

北野弘之、梶原俊毅、大毛宏喜、松原昭郎. 一般演題3 「梅毒③」 後腹膜リンパ節腫大と肝機能障害を認め、診断に苦慮した第 1 期梅毒の 1 例. 第30回日本性感染症学会, 2017.12.2, 札幌市

田坂亮、岩根享輔、西田健介、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 副腎オンコサイトーマの1例. 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.12.2, 広島市

岩根享輔、田坂亮、西田健介、田坂亮、定秀孝介、上野剛志、藤井慎介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. Hybrid oncocytic/chromophobe renal tumorの1例. 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.12.2, 広島市

定秀孝介、稗田圭介、岩根享輔、田坂亮、西田健介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 広島大学病院におけるロボット支援下前立腺全摘除術. 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.12.2, 広島市

西田健介、藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、岩根享輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. MRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の有用性:狙撃生検は診断精度を向上させる. 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.12.2, 広島市

上野剛志、藤井慎介、西田健介、林哲太郎、岩根享輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 再生検症例におけるMRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の成績. 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.12.2, 広島市

福岡憲一郎、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎、三田耕司、小林加直、繁田正信、牟田口和昭、森山浩之、加藤昌生、梶原充. 去勢抵抗性前立腺癌に対するcabazitaxelの治療成績(多施設共同研究). 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.12.2, 広島市

亭島 淳、高山幸宏、岩畔将吾、林 哲太郎、井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、三田耕司、加藤了嗣、松原昭郎. 一般演題 Surgical Forum ロボット支援腎部分切除術の術前説明における3次元模型の有用性. 第30回日本内視鏡外科学会総会, 2017.12.8, 京都市

藤井慎介、林哲太郎、岩根享輔、田坂亮、西田健介、定秀孝介、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. BCG注入療法前好中球数と治療効果は関連する. 第10回BCG注入療法研究会, 2017.12.1, 東京

西田健介、藤井慎介、林哲太郎、上野剛志、岩根享輔、田坂亮、栗村嘉昌、定秀孝介、福岡憲一郎、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. ポスターセッション5 MRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下前立腺生検の有用性:狙撃生検は診断精度を向上させる. 第33回前立腺シンポジウム, 2017.12.10, 東京

稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、神明俊輔、亭島 淳、松原昭郎. 泌尿器内視鏡技術認定の有無による単孔式腹腔鏡下手術(LESS)に対する認識の相違. 第6回泌尿器単孔式・Reduced port 腹腔鏡手術ワークショップ, 2017.3.25, 成田市

松原昭郎.ランチョンセミナー16 Advance in multidisciplinary approach for aRCC. 座長. 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017.4.22, 鹿児島市

松原昭郎. Update企画21 パネルディスカッション 上部尿路上皮癌:リンパ節郭清は予後を改善するか. 座長.第105回日本泌尿器科学会総会, 2017.4.23, 鹿児島市

松原昭郎. シンポジウム2 進化しつつある腎細胞がん治療ープレシジョン メディスンに向けてー 「ロボット腎部分切除術」座長. 第26回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会. 2017.7.14, 津市

亭島 淳. シンポジウム2 ロボット腎部分切除術. 第26回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会. 2017.7.14, 津市

松原昭郎. ワークショップ1 「超高齢時代の筋層浸潤性膀胱癌に対する低侵襲手術」 座長. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.10, 大分市

(社会活動など)
松原昭郎.  第26回日本性機能学会西部総会 大会長, 2017.1.14, 広島市

松原昭郎. 特別講演 前立線癌診療ガイドライン2016を踏まえた新しい集学的治療アプローチ 座長. Prostate Cancer Meeting in Hiroshima, 2017.1.19,広島市

松原昭郎. 第25回中国四国前立線・腎尿路疾患研究会 当番世話人, 2017.2.11,岡山市

松原昭郎. 特別講演 座長 前立線癌治療における多様性〜癌も患者さんも十人十色〜. 第25回中国四国前立線・腎尿路疾患研究会, 2017.2.11,岡山市

松原昭郎.  一般講演 ニボルマブの使用経験. オプジーボ適正使用セミナー 座長, 2017.2.23, 広島市

松原昭郎. 座長 特別講演 腎細胞癌に対する免疫療法の潮流. オプジーボ適正使用セミナー 〜1st ANNOUNCEMENT〜, 2017.2.23, 広島市

定秀孝介. 前立腺がんの薬物療法と副作用対策. ひろしまナースセミナー, 2017.2.25, 広島市

松原昭郎. ジェブタナの使用経験. 前立腺癌学術セミナー2017, 2017.3.9, 広島市

松原昭郎.  口演3「前立腺・精巣」, 第26回泌尿器科分子・細胞研究会 座長, 2017.3.11, 大分市

松原昭郎.  プライマリーケアにおける女性過活動膀胱〜診断と治療を中心に. 座長. Female OAB Seminar ー女性のOABにおけるUUIについて, 2017.3.14, 広島市

松原昭郎. 臨床医が知っておきたい泌尿器疾患. 柳井医師会講演会, 2017.3.24, 柳井市

福岡 憲一郎. 前立腺癌について. ひろしまナースセミナー, 2017.4.1, 広島市

松原昭郎. 総会賞応募ポスター06(前立腺癌治療)前立腺癌:治療. 座長、審査員. 第105回日本泌尿器科学会総会, 2017.4.21, 鹿児島市

松原昭郎. 特別講演 Men's Urology with LUTS / BPH 〜タダラフィルの新たな位置づけ. 広島 Male LUTS Conference, 2017.4.27, 広島市

松原昭郎. 特別講演 「ロボット内視鏡手術の最前線」. 福山医療センター 地域医療連携のつどい, 2017.5.18, 福山市

亭島 淳. 患者QOLを考慮した前立腺癌治療戦略. 府中地区医師会学術講演会. 2017.6.2, 府中市

松原昭郎. 特別講演Ⅱ「泌尿器科医の診るCKD(慢性肝臓病)」 座長. ザルティア錠発売3周年記念講演会 IN 広島, 2017.6.20, 広島

松原昭郎. 「CRPC骨転移に対する新しい治療戦略」 座長. CRPC Forum 2017 in 広島, 2017.6.29, 広島

亭島 淳. 特別公演② 患者QOLを考慮した前立腺癌治療戦略. 尾道市医師会学術講演会. 2017.7.26, 尾道市

松原昭郎. 第2回日本泌尿器科学会サマースクール2017 開催 日本泌尿器科学会 教育委員長として, 2017.7.29-30, 東京

松原昭郎. Innovation 4:尿膜管&ドナー腎 座長. 6th Reduced Port Surgery Forum2017, 2017.8.5, 大分市

松原昭郎. 特別講演「進行性前立腺癌の基礎と臨床ーBed to Bench・Bench to Bed−」座長. 第161回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.8.5, 広島市

亭島 淳. 特別講演 泌尿器科癌に対する薬物療法. 第8回広島がん薬物療法セミナー. 2017.9.9,広島大学病院

松原昭郎. 一般口演4「前立腺癌手術」座長. 日本性機能学会 第28回学術総会, 2017.9.22, 東京

松原昭郎. 特別講演 ロボット支援下前立腺全摘除術:3つの疑問. わかしゃち泌尿器科セミナー, 2017.10.4, 名古屋市

松原昭郎. 特別講演 泌尿器疾患治療についての最近の知見. 岩手泌尿器科泌尿器疾患治療セミナー, 2017.10.6, 盛岡市

松原昭郎. 特別講演 ロボット支援下前立腺全摘除術:3つの疑問. 第36回新潟泌尿器科腫瘍研究会, 2017.10.27, 新潟市

松原昭郎. 教育セミナー11 座長. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.11, 大分市

松原昭郎. ヤングウロロジストリサーチコンテスト審査員. 第69回西日本泌尿器科学会総会, 2017.11.11, 大分市

松原昭郎. Urology 座長. Health Science 2017 Symposium with Taichung VeteransGeneral Hospital 健康科学シンポジウム2017 ― 臺中榮民總醫院・広島大学病院―, 2017.11.17, 広島大学病院

亭島淳. Robot-assisted Partial Nephrectomy for Localized Renal Cell Cancer. Health Science 2017 Symposium with Taichung VeteransGeneral Hospital 健康科学シンポジウム2017― 臺中榮民總醫院・広島大学病院―2017.11.17, 広島大学病院

松原昭郎. 特別企画 4 他科より学ぶ骨盤内腹腔鏡手術 座長. 第31回日本泌尿器科内視鏡学会総会, 2017.11.18, 徳島市

松原昭郎. 特別講演 ロボット支援下前立腺全摘除術ー3つの疑問ー. 第8回山口ウロオンコロジーフォーラム, 2017.11.24, 山口市

松原昭郎. 特別講演「基礎研究のススメ」ー若手医師へのメッセージー 座長. 2017.11.25, 広島大学霞キャンパス

松原昭郎. Lecture1 ガイドラインから考える腎細胞がん治療, Lecture2 ロボット支援腎部分切除の現状と展望 総合司会. RCCを考える会 in Hiroshima, 2017.11.28, 広島市

亭島淳. Lecture1 転移性腎細胞がんに対する分子標的薬治療. RCCを考える会, 2017.11.28, 広島市

松原昭郎. 特別講演 「排尿障害の臨床的課題と新Male LUTS・BPH診療ガイドライン」. 第162回日本泌尿器科学会広島地方会, 2017.12.2, 広島市

松原昭郎. OAB治療の新展開 座長. OAB診療Expert Meeting, 2017.12.5, 広島市

2016年

(国際学会)
J. Teishima, H. Nagamatsu, K. Shoji, R. Yamanaka, K. Kobatake, H. Kitano, K. Goto, S. Shinmei, T. Hayashi, N. Oue, W. Yasui, A. Matsubara. Regenerating islet-derived related protein 4 as candidate of a novel biomarker in castration-resistant prostate cancer patients. 31th EAU Congress, 2016.3.14, Munich

T.Hayashi, R. Seiler, R.Bell, S.Ettinger, K.Wang, A.Goriki, H.Z.Oo, S.Awrey, K.Gust, W.Jaeger, T.Todenhoefer, M.Altamirano-Dimas, A.Matsubara, C.Collins, P.Black. STAT1 inhibition restored chemotherapy sensitivity in cisplatin/gemcitabine resistant bladder cancer. 31th EAU Congress, 2016.3.14, Munich

T.Hayashi, K.Sentani, P.Black, K.Goto, S.Shinmei, K.Anami, H.Z.Oo, J.Teishima, W.Yasui, A.Matsubara. TSPAN8 expression in renal cell carcinoma is a poor prognostic fact and a novel therapeutic target. 31th EAU Congress, 2016.3.13, Munich

T.Hayashi, A.Goriki, H.Z.Oo, R.Seiler, Todenhoefer, W.Jaeger, S.Awrey, M.Altamirano-Dimas, L.Fazli, A.Matsubara, P.Black. Notch2-HEY axis promotes tumour growth in bldder cancer through cell cycle progression and de-differentiation. 31th EAU Congress, 2016.3.14, Munich

S.Inoue, T.Hayashi, S.Fujii, K.Kobatake, H.Kitano, K.Hieda, S.Shinmei, H.Nagamatsu, K.Shoji, J.Teishima, A, Mtasubara. Longitudinal eveluation of patient-reported cosmesis outcome following laparoscopic adrenalectomy Laparoendoscopic single-site adrenalectomy vs. conventional laparoscopic adrenalectomy.31th EAU Congress, 2016.3.13, Munich

S.Inoue, H.Kitano, K.Hieda, S.Shinmei, K.Shoji, T.Hayashi, J.Teishima, A.Matsuabara. Prevalence of hand joint symptoms of androgen deprivation therapy in japanese prostate cancer patients.31th EAU Congress, 2016.3.13, Munich

H.Kitano, J.Teishima, R.Yuge, S.Shinmei, H.Nagamatsu, K.Goto, K.Shoji, S.inoue, T.Hayashi, K.Sentani, Y.Kitadai, W.Yasui, A.Mastubara.Combination therapy using molecular-targeted drugs inhibiting platelet-derived growth factor receptors in the tumor microenvirnment of renal cell carcinoma.31th EAU Congress, 2016.3.12, Munich

J.Teishima, H. Nagamatsu, K.Shoji, R.Yamanaka, K.Kobatake, H.Kitano, K.Goto, T.Hayashi, N.Oue, W.Yasui, A.Matsubara.Regenerating islet-derived related protein 4 as a candidate of a novel biomarker in castration-resistant prostate cancer patients.AUA2016, 2016.5.9, San Diego

Tetsutaro Hayashi, Hiroshima, Japan, Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Roland Seiler, Tilman Todenhofer, Wolfgang Jaeger, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Ladan Fazli, Vancouver , Canada, Akio Matsubara.Notch2-HEY axis promotes tumor growth in bladder cancer through cell cycle progression and dedifferentiation.AUA2016, 2016.5.9, San Diego

Hiroyuki Kitano, Jun Teishima, Ryo Yuge, Syunsuke Shinmei, Hirotaka Nagamatsu, Keisuke Goto, Kouichi Shoji, Syogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Kazuhiro Sentani, Yasuhiko Kitadai, Wataru Yasui, Akio Matsubara.Combination therapy using molecular-targeted drugs inhibiting platelet-derived growth factor receptors in the tumor microenviroment of renal cell carcinoma.AUA2016, 2016.5.10, San Diego

Yoshihisa Kawai, Vancouver, Canada, Shusuke Akamatsu, Kyoto, Japan, Tetsutaro Hayashi, Hiroshima, Japan, Eliana Beraldi, Fan Zhang, Roland Seiler, Jeffrey Leong, Htoo Oo, Igor Moskalev, Ladan Fazli, Vancouver, Canada, Hideyasu Matsuyama, Ube, Japan, Peter Black, Colin Collins, Martin Gleave. Paternally expressed gene-10 promotes cell growth and invasion of bladder cancer. 2016.5.8, San Diego

Tetsutaro Hayashi, Roland Seiler, Robert H Bell, Susan Ettinger, Kendric Wang, Akihiro Goriki, Htoo Zarni Oo, Shannon Awrey, Manuel Altamirano-Dimas, Akio Matsubara, Colin Collins, Peter C Black .STAT1 inhibition restored chemotherapy sensitivity in chemo-resistant bladder cancer.CUA2016,2016.6,27,Vancouver

Akio Matsubara. Panel Discussion Session VIII: Prostate Cancer 4 - Surgical Treatment Invited speaker, APPS (Asian Pacific Prostate Society), 2016.9.10, Seoul

Jun Teishima, Shisuke Fujii, Nagamatsu Hirotaka, Ryoken Yamanaka, Kohei Kobatake, Hiroyuki Kitano, Keisuke Goto, Shunsuke Shimei, Tetsutaro Hayashi, Norihide Oue, Wataru Yasui, Akio Matsubara. The impact regerarating islet-derived related protein 4 as candidate of a novel biomarker in castration-resistant prostate cancer. The 33th japan-Korea Urological Congress, 2016.10.8,Aomori

Yuki Kohadda, Shinji Matsuzaki, Yoshimasa Kurimura, Kousuke Ssadahide, Kenichiro Fukuoka, Shinsuke Fujii, Takeshi Ueno, Hiroyuki Kitano, Keisuke Goto, Keisuke Hieda, Shunsuke Shimnei, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima, Akio Matsubara. Serous adenocarcinoma of retropertoneum: case report. The 33th japan-Korea Urological Congress, 2016.10.8,Aomori

(国内学会)
井上省吾、村田大城、藤井慎介、上田晃嗣、小畠浩平、岩本秀雄、神明俊輔、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 根治的前立腺全摘術がもたらすテストステロン値への影響-術後変動の意義について-. 第20回日本生殖内分泌学会, 2016.1.9, 神戸市

亭島淳. 泌尿器疾患に対する救急ケア-1〜2次救急を中心に-. 研修医セミナー, 2016.1.14, 広島大学病院

定秀孝介. 前立腺癌に対し密封小線源治療を施行し血尿を認めた症例の検討. 第12回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会, 2016.1.24, 東京都

松原昭郎. シンポジウム2 各領域におけるコンソールドクターの育成術. 座長, 第8回 日本ロボット外科学会学術集会, 2016.1.30, 米子市

亭島淳,井上省吾,稗田圭介,神明俊輔,小畠浩平,池田建一郎,松原昭郎.ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の経験.第8回日本ロボット外科学会学術集会, 2016.1.30, 米子市

亭島淳. ポスターセッション2「前立腺癌画像診断」座長. 第2回日本泌尿器癌局所療法研究会, 2016.2.13, 名古屋市

瀬野康之他. 泌尿器癌の骨転移に対する放射線治療の意義. 第2回日本泌尿器癌局所療法研究会, 2016.2.13, 名古屋市

林哲太郎 村田大城 藤井慎介 定秀孝介 北野弘之 岩本秀雄 永松弘孝 稗田圭介 金岡隆平 神明俊輔 正路晃一 井上省吾 亭島 淳 松原昭郎.扁平上皮分化を示す尿路上皮癌は予後不良であり、DSC2は扁平上皮分化の免疫染色マーカーとして有用である. 第24回中国四国前立腺・腎尿路疾患研究会, 2016.2.13, 岡山市

林 哲太郎、郷力昭宏、金岡隆平、後藤景介、亭島淳、Peter Black、松原昭郎. Notch2シグナルは膀胱癌の進展を促進し、Notch2抗体は新規治療法となる. 第25回泌尿器科分子・細胞研究会, 2016.2.27, 大阪市

稗田圭介. 泌尿器癌のロボット手術. 広島大学病院キャンサーボード オンコロジーミーティング, 2016.3.2, 広島大学病院

松原昭郎. 来るべき超高齢化社会における泌尿器科医の役割-革新的薬物療法の開発から倫理まで-.座長, 前立腺癌学術セミナー, 2016.3.8, 広島大学広仁会館 

松原昭郎. 一般演題Ⅱ.座長, 第5回泌尿器単孔式・Reduced port腹腔鏡手術ワークショップ, 2016.3.26, 東京都

林哲太郎、井上省吾、村田大城、藤井慎介、金岡隆平、神明俊輔、稗田圭介、正路晃一、亭島 淳、松原昭郎. 第2世代のLESS習得:術式の確立と指導医の助言が習得を早める. 第5回泌尿器単孔式・Reduced port 腹腔鏡手術ワークショップ, 2016.3.26, 東京

松原昭郎. JUA Annual Meeting Award Contest Poster 6. Urothelial Tumors, Clinical, 審査員、第104回日本泌尿器科学会総会, 2016.4.23, 仙台市

松原昭郎. JUA International Oral 4. Incontinence and Others.司会/座長, 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016.4.24, 仙台市

松原昭郎. 司会/座長,フロンティア企画2. ロボット・腹腔鏡(膀胱全摘).第104回日本泌尿器科学会総会, 2016.4.23, 仙台市

亭島淳,大原慎也,定秀孝介,藤井慎介,北野弘之,小畠浩平,神明俊輔,正路晃一,井上省吾,林哲太郎,三田耕司,松原昭郎.一般演題ポスター78,転移性腎細胞癌の転移臓器および分子標的薬の治療効果と好中球/リンパ球比の関連.第104回日本泌尿器科学会総会, 2016.4.25, 仙台市

亭島淳. 司会/座長,一般演題ビデオ3 前立腺. 第104回日本泌尿器科学会総会, 2016.4.25, 仙台市

北野弘之,亭島淳, 弓削亮, 神明俊輔, 永松弘孝, 後藤景介,正路晃一, 井上省吾, 林哲太郎, 仙谷和弘, 北台靖彦, 安井弥, 松原昭郎.一般演題ポスター2,血小板由来成長因子受容体の制御による腎細胞がん微小環境を標的とした分子標的薬併用療法の検討.第104回日本泌尿器科学会総会, 2016.4.23, 仙台市

Tetsutaro Hayashi, Wolfgang Jaeger, Igor Moskalev, Shannon Awrey, Na Li, Ladan Fazli, Wataru Yasui, Akio Matsubara, Peter C Black ,JUA Annual Meeting Award Contest Poster5. Urothelial Tumors, Basicl,Targeting HER2 with T-DM1, an Antibody-cytotoxic Drug Conjugate, is effective in HER2 overexpressing bladder cancer.第104回日本泌尿器科学会総会,2016.4.23, 仙台市

井上省吾,村田大城,定秀孝介,藤井慎介,上田晃嗣,小畠浩平,北野弘之,岩本秀雄,神明俊輔,永松弘孝,稗田圭介,正路晃一,林哲太郎,亭島淳,松原昭郎.一般演題ポスター89,前立腺全摘除術が及ぼす下部尿路症状(LUTS)の影響 −ロボット支援手術,腹腔鏡手術,開放手術における各術式間の縦断的検討から−.第104回日本泌尿器科学会総会, 2016.4.25, 仙台市

藤井慎介,小畠浩平,林哲太郎、定秀孝介,後藤景介,岩本秀雄,井上省吾,大原慎也,加藤昌生,三田耕司、亭島淳、松原昭郎.一般演題口演33,好中球/リンパ球比(NLR)を含む術前臨床病理学的因子を用いた膀胱癌における膀胱全摘後の再発,予後予測の検討.第104回日本泌尿器科学会総会,2016.4.25, 仙台市

後藤景介、本間りりの、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、安井弥. 転写超保存領域Uc.416+Aの胃癌における生物学的機能解析. 第105回日本病理学会総会, 2016.5.14, 仙台市

亭島淳. 座長, 特別講演1 薬物動態・薬物力学からみた腎細胞癌の分子標的治療. 広島腎泌尿器科学講演会2016, 2016.5.24 , 広島市

松原昭郎. 座長, 特別講演2 メタボリック症候群とfuctional urology. 広島腎泌尿器科学講演会2016, 2016.5.24 , 広島市

井上省吾、松原昭郎. ACHT非依存性大結節性副腎皮質過形成(AIMAH)における単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の経験. 第28回日本内分泌外科学会, 2016.5.27, 横浜市

亭島淳. ロボット支援前立腺全摘除術. 第100回日本泌尿器科学会山口地方大会, 2016.6.4, 宇部市

亭島淳. 広島大学におけるLM前立腺癌の治療. アステラス製薬社内研修, 2016.6.9, 広島市

松原昭郎. 広島県泌尿器科セミナー 前立腺疾患と下部尿路機能-疾患制御とQOL-. 第159回日本泌尿器科学会広島地方会, 2016.6.11, 広島市

定秀孝介、亭島淳、井上省吾、藤井慎介、北野弘之、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、松原昭郎. 根治的前立腺全摘除術の術後血尿における縫合糸の影響. 第13回泌尿器科再建再生研究会. 2016.6.18, 米子市

松原昭郎. 特別講演 酸化ストレスとMale Luts. ザルティア錠発売2周年記念講演会in広島県. 2016.7.5,広島市

北野弘之,亭島淳, 正路晃一,藤井慎介、定秀 孝介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、松原昭郎. 逆行性腎盂造影検査と経尿道的尿管ステント留置における有熱性尿路感染症の発症予測因子の検討. 第25回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 2016.7.8, 横浜市

亭島 淳、大原慎也、藤井慎介、定秀孝介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎. 分子標的薬の逐次投与を施行された転移性腎細胞癌の予後における1st line薬剤の効果の意義. 第47回腎癌研究会(25周年記念大会), 2016.7.9,東京

松原昭郎. 特別講演 内科医が知っておきたい泌尿器科疾患. 第553回広島市内科医会学術講演会, 2016.7.28, 広島市

亭島淳. 去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)〜最適な薬剤選択のために〜. Jassen West Japan CRPC Web Seminar (WEB講演会), 2016.7.28, 小倉市

亭島淳. ランチョンセミナー 前立腺癌の診断と治療. 日本泌尿器学会サマースクール2016, 2016.7.31, 東京都

井上省吾、栗村嘉昌、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における性機能長期改善奨励の検討. 日本性機能学会第27回学術総会・第26回中部総会, 2016.8.28

栗村嘉昌、井上省吾、定秀孝介、福岡憲一郎、藤井慎介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 前立腺全摘除術における術後総テストステロン値の変動とGleason Grading system (ISUP2015)におけるupgradingの関連. 日本性機能学会第27回学術総会・第26回中部総会, 2016.8.28

松原昭郎.座長, 講演3 難治性尿失禁に対するこれまでの取り組みと新たな治療戦略. ネオキシテープ発売3周年記念講演会, 2016.9.3, 広島市

亭島淳. 座長, 講演1 ネオキシテープの使用経験. ネオキシテープ発売3周年記念講演会, 2016.9.3, 広島市

林 哲太郎. 一般演題 座長, 好中球/リンパ球比(NLR)を含む術前臨床病理学的因子を用いた膀胱癌における膀胱全摘後の再発,予後予測の検討
前立腺癌全摘術後断端陽性および術後PSA再発に対する放射線治療成績. 第110回広島がん治療研究会, 2016.9.17,広島市

藤井慎介,小畠浩平,林哲太郎、定秀孝介,後藤景介,岩本秀雄,井上省吾,亭島淳、松原昭郎、大原慎也,加藤昌生,三田耕司. 好中球/リンパ球比(NLR)を含む術前臨床病理学的因子を用いた膀胱癌における膀胱全摘後の再発,予後予測の検討. 第110回広島がん治療研究会, 2016.9.17,広島市

亭島淳. 武田薬品 社会講師勉強会 〜前立腺癌の病診連携と前立腺がん検診〜 広島大学での経験. 2016.9.29, 広島市

下妻 晃二郎、小山 政史、舛森 直哉、松原 昭郎、松山 豪泰、神波 大己、西村 和郎、樋之津 史郎、赤座 英之、大園 誠一郎. 腎がん分子標的治療の解析.根治切除不能または転移性の腎細胞癌患者に対するエベロリムス投与前後のQOL変化. 第75回日本癌学会学術集会, 2016.10.7, 横浜市

林哲太郎、神明俊輔、亭島淳、ブラック・ピーター、安井弥、松原昭朗. STAT1シグナルは抗がん剤耐性膀胱癌で亢進し、STAT1抑制は抗がん剤感受性の回復に関与する. 第75回日本癌学会学術集会, 2016.10.8, 横浜市

神明俊輔、林哲太郎、藤井慎介、亭島淳、仲一仁、安井弥、松原昭郎. 膀胱癌における化学療法耐性獲得へのp38MAPKの役割. 第75回日本癌学会学術集会, 2016.10.7, 横浜市

藤井慎介、亭島淳、永松弘孝、正路晃一、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、林哲太郎、大上直秀、安井弥、松原昭郎. REGⅣは去勢抵抗性前立腺癌患者における新規のバイオマーカー候補となる. 第75回日本癌学会学術集会, 2016.10.7, 横浜市

後藤景介、本間りりの、関野陽平、重松慶紀、坂本直也、仙谷和弘、大上直秀、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎、安井弥. 転写超保存領域Uc.416+Aは去勢抵抗性前立腺癌と関連する. 第75回日本癌学会学術集会, 2016.10.7, 横浜市

重松慶紀、大上直秀、西岡祐里、関野陽平、向井正一朗、後藤景介、仙谷和弘、亭島淳、松原昭郎、安井弥. 膀胱癌におけるBST2の発現・機能解析. 第75回日本癌学会学術集会, 2016.10.7, 横浜市

関野陽平、後藤景介、向井正一朗、重松慶紀、仙谷和弘、大上直秀、亭島淳、松原昭郎、安井弥. CAST法により同定されたprotocadherin-β9の前立腺癌における発現と機能解析. 第75回日本癌学会学術集会, 2016.10.7, 横浜市

亭島淳. 卒後教育プログラム5 尿路悪性腫瘍 腎盂・尿管癌 診断と治療. 第81回日本泌尿器科学会東部総会,2016.10.7-10, 青森市

  亭島淳、井上省吾、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎. シンポジウム 腹腔鏡下腎摘除(応用編)ロボット支援腎部分切除術. 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016.11.18, 大阪市

                                                                                                                                                                         亭島淳、大原慎也、藤井慎介、定秀孝介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎.分子標的薬を逐次投与された胃癌の予後における1st line薬剤の効果と中止理由の意義.第54回日本癌治療学会学術集会,ミニシンポジウム5 腎2:腎がんの集学的治療,2016.10.20,横浜市

杉山貴之、下妻晃二郎、小山政史、舛森直哉、松原昭郎、松山豪泰、神波大己、西村和郎、樋之津史郎、赤座英之、大園誠一郎. 根治切除不能または転移性の腎細胞癌患者に対するエベロリムス投与前後のQOL変化.第54回日本癌治療学会学術集会,ワークショップ43 腎5:腎がん分子標的治療の解析,2016.10.21,横浜市

林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎.DSC2の免疫組織染色は予後不良な扁平上皮分化を示す尿路上皮癌の診断に有用である.第54回日本癌治療学会学術集会,ワークショップ41 泌尿器1:泌尿器がん診断の将来展望,2016.10.21,横浜市

松原昭郎. ワークショップ86「前立腺13:ロボット支援手術」 座長. 第54回日本癌治療学会学術集会. 2016.10.22, 横浜市

  林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、郷力昭宏、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. HER2免疫組織染色スコア2+以上が膀胱癌の新規HER2治療薬T-DM1の良い治療標的となる. 日本泌尿器腫瘍学会 第2回学術集会, Moderated Poster1-5, 2016.10.22,横浜市

亭島淳. 座長, 医師の立場から見たCRPCにおける新規薬剤の位置づけ. 化学療法マネジメントセミナー, 2016.11.1, 広島市

井上省吾. 医師の立場から見たCRPCにおける新規薬剤の位置づけ. 化学療法マネジメントセミナー, 2016.11.1, 広島市

亭島淳. 座長,ミニレクチャー 重症尿路感染症の治療戦略. 第106回 日本泌尿器科学会広島地方会,2016.11.5, 広島市

北野弘之. ミニレクチャー 重症尿路感染症の治療戦略. 第106回 日本泌尿器科学会広島地方会,2016.11.5, 広島市

井上省吾、林哲太郎、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、亭島淳、松原昭郎. 総会賞ポスター3 腹腔鏡、ロボット、腎、副腎1, 単施設における単孔式腹腔鏡下副腎摘除術100例の検討. 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016.11.17, 大阪市

亭島淳、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、松原昭郎. 腹腔鏡下・ロボット支援腎部分切除術術後の腎機能とRENAL nephrometry scoreの関連. 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016.11.18, 大阪市

神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ISUP2015を用いたロボット支援腹腔鏡下前立線摘除術における神経温存術式の検討. 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016.11.18, 大阪市

稗田圭介、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 後腹膜アプローチによるロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の経験. 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016.11.18, 大阪市

林哲太郎、小林加直、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 蛍光膀胱鏡補助下の経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術による膀胱平坦病変の病理学摘評価. 第30回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2016.11.19, 大阪市

亭島淳、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、松原昭郎. 術前慢性腎臓病stagegaが腹腔鏡下・ロボット支援腎部分切除術の術後腎機能低下に及ぼす影響. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.25, 下関市

井上省吾、小羽田悠貴、松崎信治、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における性機能の縦断的検討. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.26, 下関市

林哲太郎、後藤景介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. DSC2は扁平上皮分化を示す尿路上皮癌の診断に有用で予後予測因子となる. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.26, 下関市

神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における好中球リンパ球比と臨床病理学的因子との検討. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.25, 下関市

北野弘之、正路晃一、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 経尿道的double J尿管ステント留置における有熱性尿路感染症の発症予測因子と予防的抗菌薬の検討. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.25, 下関市

北野弘之、亭島淳、弓削亮、神明俊輔、永松弘孝、後藤景介、正路晃一、井上省吾、林哲太郎、仙谷和弘、北谷靖彦、安井弥、松原昭郎. Combination therapy using molecular-targeted drugs inhibiting platelet-derived grouth factor receptors in the tumor microenvironment of renal cell carcinoma. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.26, 下関市

上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎. 前立腺癌に対するマルチパラメトリックMRIの有用性の検討. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.26, 下関市

栗村嘉昌、松崎信治、小羽田悠貴、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 尿路上皮癌に対するGC療法の効果の検討. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.25, 下関市

福岡健一郎、松崎信治、小羽田悠貴、栗村嘉昌、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療薬の治療効果の検討. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.25, 下関市

小羽田悠貴、藤井慎介、林哲太郎、栗村嘉昌、福岡憲一郎、上野剛志、北野弘之、後藤景介、神明俊輔、稗田圭介、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. 上部尿路上皮癌における術前好中球/リンパ球比の再発、予後予測因子としての有用性の検討. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.26, 下関市

松崎信治、小畠浩平、藤井慎介、定秀孝介、上野剛志、北野弘之、後藤景介、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 膀胱癌によるpulmonary tumor thrombotic microangiopathy(PTTM)-肺動脈血細胞診を用いて生前診断した1例. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.26, 下関市

定秀孝介、松原昭郎、亭島淳、林哲太郎、井上省吾、神明俊輔、稗田圭介、後藤景介、北野弘之、上野剛志、栗村嘉昌、福岡憲一郎、藤井慎介. 根治的前立腺全摘除術の術後血尿における縫合糸の影響. 第68回西日本泌尿器科学会総会, 2016.11.26, 下関市

亭島淳. レクチャー 前立腺癌治療の診断・治療に関する最新の知見. Knowledge Development研修, 2016.12.1,広島市

上野剛志、林哲太郎、本田有紀子、寺田大晃、後藤景介、北野弘之、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、亭島淳、粟井和夫、松原昭郎. マルチパラメトリックMRIを用いた前立腺被膜外進展の予測因子. 第32回前立腺シンポジウム, 2016.12.11, 東京都

林哲太郎、小畠浩平、小林加直、後藤景介、三田耕司、橋本邦宏、森山浩之、林陸雄、井上洋二、久米隆、井上省吾、亭島淳、松原昭郎. pT1の膀胱癌micropapillary variant に対するBCG療法. 第9回BCG注入療法研究会, 2016.12.2,東京都

亭島淳、稗田圭介、神明俊輔、井上省吾、大原慎也、加藤昌生、三田耕司、松原昭郎. 腹腔鏡下およびロボット支援腎部分切除術の術後腎機能低下の予測におけるRENAL nephrometry scoreの意義. 第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016.12.10, 横浜市



井上省吾、林哲太郎、稗田圭介、神明俊輔、亭島淳、松原昭郎. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術100例の検討. 第29回日本内視鏡外科学会総会, 2016.12.9, 横浜市

2015年

(国際学会)
Teishima J, Hattori M, Inoue S, Hieda K, Kobatake K, Egi H, Ohdan H, Matsubara A. Impact of spatial cognitive ability on the proficiency of urological surgeons in robot-assisted surgery using mimic dV-trainer. 30th EAU Annual Congress, 2015.3.21, Madrid

Teishima J, Kitano H, Kobatake K, Babasaki T, Nagamatsu H, Hieda K, Shinmei S, Goriki A, Shoji K, Inoue S, Kajiwara M, Mita K, Matsubara A. Impact of change in serum C-reactive protein level on the prediction of effects of molecular targeted therapy in metastatic renal cell carcinoma patients. 30th EAU Annual Congress, 2015.3.22, Madrid

S. Inoue, K. Miyamoto, K. Shoji, A. Goriki, M. Kajiwara, J. Teishima and A. Matsubara. Regeneration of rat corpus cavernosa tissue after transplantation of CD 133+ cells derived from human bone marrow and placement of biodegradable gel sponge sheet. 30th EAU Annual Congress, 2015.3.22, Madrid

K. Shoji, J. Teishima, T. Hayashi, S. Shinmei, T. Akita, K. Sentani, Y. Takeshima, K. Arihiro, J. Tanaka, W. Yasui, A. Matsubara. Comparison of clinicopathological features and prognosis in prostate cancer between atomic bomb survivors and control patients. 30th EAU Annual Congress, 2015.3.22, Madrid

Teishima J, Hattori M, Inoue S, Hieda K, Kobatake K, Egi H, Ohdan H, Matsubara A. Impact of spatial cognitive ability on the proficiency of urological surgeons in robot-assisted surgery using mimic dV-trainer. AUA2015, 2015.5.16, New orleans

Teishima J, Kitano H, Kobatake K, Babasaki T, Nagamatsu H, Hieda K, Shinmei S, Goriki A, Shoji K, Inoue S, Kajiwara M, Mita K, Matsubara A. Impact of change in serum C-reactive protein level on the prediction of effects of molecular targetedtherapy in metastatic renal cell carcinoma patients. AUA2015, 2015.5.18, New orleans

Tetsutaro Hayashi, Kilian M Gust, Wolfgang Jaeger, Shannon Awrey, Na Li, Manuel Altamirano-Dimas, Ralph Buttyan, Ladan Fazli, Akio Matsubara, Peter C Black. Caonical Notch2 signaling promotes tumor growth and metastasis in bladder cancer through cell cycle progression,dedifferentiation and EMT. AUA2015, 2015.5.17, New orleans

Tetsutaro Hayashi, Roland Seiler, Robert H Bell, Susan Ettinger, Kendric Wang, Shannon Awrey, Kilian Gust, Wolfgang Jäger, Tilman Todenhoefer, Manuel AltamiranoDimas, Akio Matsubara, Colin Collins, Peter Black. Activation of IFN/STAT1 signaling in cisplatin/gemcitabine resistant bladder cancer. AUA2015, 2015.5.17, New orleans

Shogo Inoue, Shunsuke Shinmei, Koichi Shoji, Mitsuru Kajiwara, Jun Teishima, Akio Matsubara. Regeneration of rat corpus cavernosa tissue after transplantation of CD 133+ cells derived from human bone marrow and placement of biodegradable gel sponge sheet. AUA2015, 2015.5.17, New orleans

(国内学会)
松原昭郎. 講演:CRPCの治療戦略2015 知っておきたいAR標的薬のエビデンスと位置づけ. 第9回KURF(Kobe Urological Research Forum) ,2015.1.17, 神戸市

梶原 充. 間質性膀胱炎ハンナー病変の同定における i-scan の有用性; narrow band image との 比較研究. 第14回日本間質性膀胱炎研究会, 2015.1.18, 東京都

正路晃一. 前立線癌小線源治療後urinary symptoms flare. 第11回 前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会. 2015.1.25, 東京都

松原昭郎. 座長:腎癌治療においてTKIをどう使うか. 広島腎泌尿器科学講演会2015, 2015.1.30, 広島市

松原昭郎. 座長:広島大学病院および関連施設におけるアキシチニブ使用経験. 広島腎泌尿器科学講演会2015, 2015.1.30, 広島市

松原昭郎. 座長:ポスターセッション6 転移巣に対する局所療法. 第1回日本泌尿器癌局所療法研究会, 2015.2.1, 京都市

亭島 淳. ポスターセッション6 腎癌脳転移に対するガンマナイフの予後への効果. 第1回日本泌尿器癌局所療法研究会, 2015.2.1, 京都市

亭島 淳. アドバイザー:腎細胞癌薬物療法に関するアドバイス会議. 2015.2.6, 東京都

亭島 淳. ロボット支援手術での機器関連トラブルとその対処. 第7回日本ロボット外科学会, 2015.2.7, 東京都

松原昭郎. 司会:特別講演1 independent surgeonを目指す若手泌尿器科医へのメッセージ. 広島県泌尿器科学術講演会, 2015.2.10, 広島市

松原昭郎. 司会:特別講演2 ロボット腎部分切除術:新たなるChallenge. 広島県泌尿器科学術講演会, 2015.2.10, 広島市

松原昭郎. 座長:泌尿器癌に対する新しい治療戦略-局所療法から薬物療法まで-. 前立腺癌学術セミナー, 2015.2.17, 広島市

井上省吾. 前立線全摘術における下部尿路症状(LUTS)の縦断的検討. 前立線全摘術における下部尿路症状(LUTS)の縦断的検討, 2015.2.21, 岡山市

松原昭郎. 講演:これから始める、前立腺がんの地域医療連携クリティカルパス. 泌尿器科疾患医療連携カンファレンス, 2014.2.24, 広島市

北野弘之. 講演:腎癌間質組織における分子標的薬の効果. 第24回泌尿器科分子・細胞研究会 スポンサードセッション 「泌尿器疾患における微小環境〜間質の制御〜」, 2015.2.28, 東京都

永松弘孝. EndocrineFGFは前立腺癌増殖を促進する. 第24回泌尿器科分子・細胞研究会, 2015.2.28, 東京都

松原昭郎. 講演:Ⅱ特別講演1:排尿障害の最前線〜かかりつけ医の視点から〜. 日医生涯教育協力講座『かかりつけ医のための泌尿器疾患診療のポイント』, 2015.3.7, 広島市

亭島 淳. 講演:特別講演2 前立腺がんの治療と地域連携パス. 日医生涯教育協力講座『かかりつけ医のための泌尿器疾患診療のポイント』, 2015.3.7, 広島市

松原昭郎. 司会:LESS調査報告. 第4回泌尿器単孔式・Reduced port腹腔鏡手術ワークショップ, 2015.3.28. 津市

亭島 淳. 座長:小径腎癌に対するロボット支援腎部分切除術. 第108回広島がん治療研究会, 2015.3.28, 広島市

井上省吾. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性の縦断的解析 - アプローチ別の検討 -. 第4回泌尿器単孔式・Reduced port腹腔鏡手術ワークショップ, 2015.3.28, 津市

小畠浩平. 小径腎癌に対するロボット支援腎部分切除術. 第108回広島がん治療研究会, 2015.3.28, 広島市

松原昭郎. セッション審査員:前立腺癌:基礎3. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.18, 金沢市

松原昭郎. 座長:フロンティアシンポジウム12: これからの daVinci 手術. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.21, 金沢市

亭島 淳. 転移性腎細胞癌に対する分子標的治療の効果予測におけるCRPの意義. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.18, 金沢市

亭島 淳. 座長:一般演題口演08: 体腔鏡/前立腺1. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.19, 金沢市

林 哲太郎. Notch2は膀胱癌の進展を促進し、Notch2抗体療法は新規治療法として有望である. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.18, 金沢市

井上省吾. 陰茎プレチスモグラフィを用いた低強度体外衝撃波によるED治療効果の検討. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.18, 金沢市

神明俊輔. 腎癌におけるBST2の発現と臨床病理学的因子との検討. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.18, 金沢市

稗田圭介. ロボット支援前立腺全摘除術におけるEPICを用いた術後性機能の評価. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.20, 金沢市

北野弘之. 腎細胞癌異種移植モデルの癌間質組織に対する分子標的薬の効果. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.18, 金沢市

小畠浩平. 筋層非浸潤性膀胱癌の再発におけるChronic Kidney Diseaseの影響. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.18, 金沢市

永松弘孝. D’amico risk分類のintermediate risk群において、肥満は前立腺全摘除術後Gleason score≧8の予測因子である. 第 103 回日本泌尿器科学会総会, 2015.4.20, 金沢市

松原昭郎. 座長:TSC治療における当院の取り組みーアフィニトールによる治療の実際と他科連携の重要性についてー. 結節性硬化症学術講演会 TSC-days HIROSHIMA, 2015.4.28, 広島市

井上省吾. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術において神経温存術式が術後性機能・排尿機能に及ぼす影響-EPICを用いた縦断的解析-. 第12回泌尿器科再建再生研究会, 2015.6.6, 横浜市

松原昭郎. LUTS/BPH薬物療法の新たなる展開-ザルティアの投与経験も含めて-. ザルティア錠発売1周年記念講演会, 2015.6.16, 広島市

松原昭郎. ダヴィンチが開く最先端外科手術. 府中地区医師会学術講演会, 2015.6.18, 府中市

亭島 淳. ロボット支援前立腺全摘除術における性機能温存. 第40回日本外科系連合学会学術集会, 2015.6.18, 東京都

井上省吾. 低強度体外衝撃波による前立腺全摘後EDに対する治療効果の検討. 第25回日本性機能学会中部総会, 2015.6.20, 大阪市

林 哲太郎. 前立腺癌診断とCRPCにおける薬物療法の今後の展望. 第14回中国地区前立腺癌臨床課題研究会, 2015.6.20, 岡山市

亭島 淳. 一般演題 般演題 ⑤ ロボット手術 ロボット手術 2. 第25回骨盤外科機能温存研究会, 2015.6.27, 米子市

井上省吾. 前立腺全摘除術における下部尿路症状(LUTS)の縦断的検討-ロボット支援手術、腹腔鏡手術、開放手術における術式間の比較-. 第25回骨盤外科機能温存研究会, 2015.6.27, 米子市

松原昭郎. mCRPCの治療戦略2015 最新のエビデンスと今後の展望. Prostate Cancer Meeting in Ishikawa, 2015.6.30, 金沢市

井上省吾. 当院でのCRPC治療の現状とイクスタンジの位置付け. Prostate Cancer Meeting in Ishikawa, 2015.6.30, 金沢市

松原昭郎. 座長: 特別講演 楽しい医学研究のすすめ〜助成金申請書の上手な書き方〜. 日本泌尿器科学会 第157回広島地方会学術集会, 2015.7.11, 広島市

亭島 淳. 座長:骨盤機能障害〜大腸外科領域での新たなアプローチ〜. 日本泌尿器科学会 第157回広島地方会学術集会, 2015.7.11, 広島市

林 哲太郎. 司会:シンポジウム 「知っておきたい前立腺癌の画像診断〜現況と今後の展開〜」. 日本泌尿器科学会 第157回広島地方会学術集会, 2015.7.11, 広島市

正路晃一. 難治性OABの治療戦略. 日本泌尿器科学会 第157回広島地方会学術集会, 2015.7.11, 広島市

亭島 淳. 分子標的治療を施行された転移性腎細胞癌の予後におけるbody mass indexの影響. 第46回腎癌研究会, 2015.7.19, 東京都

井上省吾、小畠浩平、神明俊輔、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. 単孔式腹腔鏡下右副腎摘除術におけるAdrenohepatic fusionの検討. 4th Reduced Port Surgery Forum, 2015/7/30-8/1, 秋田市

井上省吾. 広島大学病院における前立腺癌治療について. レクチャーミーティング, 2015.8.27, 広島市

松原昭郎. mCRPCの治療戦略 2015-最新のエビデンスと今後の展望. 鳥取Urology Forum2015, 2015.9.4, 米子市

小畠浩平. 根治的前立腺全摘術前後のTotal Testosterone値変動における臨床的検討. 第15回日本Men's Health医学会, 2015.9.4-9.5, 草加市

上田晃嗣. 去勢抵抗性前立腺癌に対する新規薬剤. 広島大学病院 キャンサーボード オンコロジーミーティング, 2015.9.9, 広島大学病院

松原昭郎. LUTSの評価から見えるもの.座長, 排尿障害 UPDATE in Hiroshima, 2015.9.17, 広島市

稗田圭介、小畠浩平、神明俊輔、正路晃一、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援前立腺全摘除術における血中テストステロン値の術後性機能に及ぼす影響. 日本性機能学会第26回学術総会・第25回西部総会, 2015.9.18-20, 福岡市

松原昭郎. ポスターセッションP14-50 「臓器が んの基礎・診断・治療 (50).座長, 第74回日本癌学会学術総会, 2015.10.10, 名古屋市

亭島 淳、永松 弘孝、正路 晃一、山中 亮憲、平野 達也、小畠 浩平、北野 弘之、後藤 景介、林 哲太郎、大上 直秀、安井 弥、松原 昭郎. 去勢抵抗性前立腺癌におけるReg IV の役割. 第74回日本癌学会学術総会, 2015.10.10, 名古屋市

林哲太郎、Black, Peter , 後藤 景介, Oo, Htoo Zarni, 仙谷 和弘, 亭島 淳, 安井 弥, 松原 昭郎. 膀胱癌における新規HER2 標的治療薬T-DM1 の有効性. 第74回日本癌学会学術総会, 2015.10.10, 名古屋市

北野弘之、亭島淳、林哲太郎、神明俊輔、永松弘孝、後藤景介、弓削亮、品川慶、仙谷和弘、ピーターブラック、北台靖彦、安井弥、松原昭郎. 腎細胞癌同所移植モデルにおける分子標的薬の微小環境への効果. 第74回日本癌学会学術総会, 2015.10.10, 名古屋市

永松 弘孝、亭島 淳、後藤 景介、北野 弘之、松原 昭郎. FGF21 は前立腺癌増殖を促進する. 第74回日本癌学会学術総会, 2015.10.10, 名古屋市

後藤 景介、石川 聖、本間 りりの、坂本 直也、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥. 転写超保存領域T-UCR の胃癌・前立腺癌における発現制御機構. 第74回日本癌学会学術総会, 2015.10.10, 名古屋市

重松 慶紀、後藤 景介、関 野陽平、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥. 膀胱癌におけるSPC18 の発現と機能. 第74回日本癌学会学術総会, 2015.10.10, 名古屋市

関野 陽平、後藤 景介、向井 正一朗、重松 慶紀、仙谷 和弘、大上 直秀、亭島 淳、松原 昭郎、安井 弥. 前立腺癌においてPCDHB9 は浸潤に関与する. 第74回日本癌学会学術総会, 2015.10.10, 名古屋市

亭島 淳. これからのADPKD治療に求められること. ADPKDの最新治療戦略を考える会, 2015.10.15, 広島市

亭島淳、大原慎也、北野弘之、小畠浩平、三田耕司、松原昭郎. 分子標的治療を施行された転移性腎細胞癌症例における好中球/リンパ球比の意義. 第53回日本癌治療学会学術集会, 2015.10.30, 京都市

松原昭郎. イブニングセミナー3 過活動膀胱に対する治療戦略. 座長, 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.6, 福岡市

松原昭郎. ヤングウロロジストリサーチコンテスト 審査員. 第67回西日本泌尿器科学会, 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.6, 福岡市

亭島淳、大原慎也、北野弘之、小畠浩平、三田耕司、松原昭郎. 分子標的治療を施行された転移性腎細胞癌症例における好中球/リンパ球比の意義. 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.6, 福岡市

亭島淳. 一般演題14(口演) 前立腺癌4・ロボット手術, 審査員, 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.6, 福岡市

亭島淳. 一般演題5(口演) 前立腺癌2, 座長, 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.6, 福岡市

松原昭郎. 特別企画 新しい専門医制度について. 座長, 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.7, 福岡市

神明俊輔、村田大城、藤井慎介、小畠浩平、北野弘之、岩本秀雄、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における好中球リンパ球比と臨床病理学的因子との検討. 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.7, 福岡市

Ryuhei Kanaoka, Akifumi Kushiyama, Yasuyuki Seno, Hirotaka Nagamatsu, Hideo Iwamoto, Keisuke Hieda, Syunsuke Shinmei, Koichi Shoji, Shogo Inoue, Tetsutaro Hayashi, Jun Teishima, Tomoichiro Asano, Akio Matsubara. Pin 1 Inhibitor Juglone Exerts Anti-Oncogenic Effects on LNCaP and DU145Cells despitethe Pattterns of Gene Regulation by Pin1 Differing between These Line. 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.6, 福岡市

北野弘之,亭島淳, 弓削亮、神明俊輔, 林哲太郎, 永松弘孝, 後藤景介, 仙谷和弘, 北台靖彦, 安井弥, 松原昭郎. 腎癌間質組織に対する分子標的薬の効果. 第67回西日本泌尿器科学会, 2015.11.7, 福岡市

松原昭郎. 講演Ⅰ「自施設によるザルティア錠の使用経験より」、 講演Ⅱ「広島大学病院におけるザルティア錠の使用経験」.座長, ザルティア錠発売1周年記念講演会 in 中四国, 2015.11.14, 岡山市

正路晃一. 講演Ⅱ「広島大学病院におけるザルティア錠の使用経験」.ザルティア錠発売1周年記念講演会 in 中四国, 2015.11.14, 岡山市

井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ディベート6 右副腎摘除術:右副腎摘除術 単孔式:”キズのない手術”の実現へ. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会,2015.11.19-21, 東京都

井上省吾、稗田圭介、神明俊輔、正路晃一、林哲太郎. 褐色細胞腫に対する腹腔鏡下副腎摘除術の検討. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015.11.19-21, 東京都

神明俊輔、小畠浩平、岩本秀雄、永松弘孝、稗田圭介、正路晃一、井上省吾、林哲太郎、亭島淳、松原昭郎. ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘叙述における好中球リンパ球比と臨床病理学的因子との検討. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会. 2015.11.19-21, 東京都

松原昭郎. ランチョンセミナー6 腹腔鏡下手術のより安全/確実な気腹を考える〜エアシールiFSという選択〜. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015.11.20, 東京都

松原昭郎. シンポジウム 11  今更聞けないロボット手術のコツ.座長, 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015.11.21, 東京都

成田充弘、河内明宏、桶川隆嗣、木下秀文、佐藤文憲、中川 健、羽渕友則、星 昭夫、松原昭郎、吉村耕治、三股浩光. 本邦における泌尿器単孔式およびReduced Port腹腔鏡手術の実態調査. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015.11.19-21, 東京都

亭島淳、服部稔、井上省吾、小畠浩平、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎. 泌尿器科医がda Vinciの鉗子操作を習得する際の4th armの影響. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015.11.19-21, 東京都

亭島淳、井上省吾、小畠浩平、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎. ロボット支援腎部分切除術の導入と今後の課題. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015.11.19-21, 東京都

亭島淳、井上省吾、小畠浩平、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎. RARPにおおける機能温存のコツ. 第29回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2015.11.19-21, 東京都

松原昭郎. 特別講演「腎癌に対する分子標的治療 持てる“武器”をうまく使いこなすには〜」. 長州 Renal Cell Cnancer Meeting, 2015.12.3, 宇部市

松原昭郎. 前立腺癌. 座長, Best of AUA in Japan 2015, 2015.12.5,東京都

亭島淳. 腎癌. Best of AUA in Japan 2015, 2015.12.5, 東京都

亭島淳、服部稔、井上省吾、小畠浩平、神明俊輔、稗田圭介、松原昭郎. 泌尿器科医がda Vinciの鉗子操作を習得する際の4tt armの影響. 第28回日本内視鏡外科学会総会, 2015.12.10-12.12, 大阪市

小畠浩平、亭島淳、北野弘之、村田大城、藤井慎介、上田晃嗣、永松弘孝、岩本秀雄、稗田圭介、神明俊輔、正路晃一、井上省吾、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎. 去勢抵抗性前立腺癌に対する新規ホルモン療法薬の効果予測. 第31回前立線シンポジウム, 2015.12.13, 東京都

松原昭郎. 特別講演 高リスク前立腺癌、去勢抵抗性前立腺に対する治療戦略. 座長. Prostate Cancer Expert Meeting in Hiroshima, 2015.12.19, 広島市

亭島淳. パネルディスカッション:新規治療薬時代のCRPC治療戦略 キーノートレクチャー. 司会, Prostate Cancer Expert Meeting in Hiroshima. 2015.12.19. 広島市

2014年

(国際学会)
Matsubara A. session chair:Symposium Ⅵ Robotic surgery for Asians. The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society (APPS2014), 2014.3.21, Okinawa

Teishima J. The role of regenerating islet-derived family, member 4 in human castration-resistant prostate cancer cells. The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society (APPS2014), 2014.3.21, Okinawa

Inoue S. Prevalence of hand joint symptoms of androgen deprivation therapy. The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society (APPS2014), 2014.3.21, Okinawa

Nagamatsu H. FGF19 subfamily promotes orogression in prostate cancer. The 4th Congress of Asian Pacific Prostate Society (APPS2014), 2014.3.21, Okinawa

J.Teishima, K.Shoji, K.Goto, R.Yamanaka, H.Shikuma, H.Nagamatsu, S.Shinmei, H.Kitano, S.Ohara, T.hayashi, N.Oue, W.Yasui, A.Matsubara. Regenetrating islet-derived family, member 4 enhances cell proliferation, castration-resistance and chemoresistance through aceleration of neuroendocrine differentiation in human prostate cancer cells. 29th Annual EAU Congress(EAU2014), 2014.4.12, Stockholm

T.Hayashi, K.M.Gust, W.Jager, S.Awrey, N.Li, M.Altamirano-Dimas, R.Buttyan, L.Fazil, A.Matsubara. Notch2 promotes bladder cancer progression: Pre-clinical rationale for a novel targeted therapy. 29th Annual EAU Congress(EAU2014), 2014.4.12, Stockholm

T.Hayashi, W.Jager, I.Moskalev, S.Awrey, N.Li.Fazli, W.Yasui, A.Matsubara, P.C. Black. Targeting HER2 with trastuzumab-DM1( T-DM1) is highly effective in preclinical models of HER2-overexpressing bladder cancer. 29th Annual EAU Congress(EAU2014), 2014.4.13, Stockholm

Shogo Inoue, Hiroyuki Kitano, Keisuke Hieda, Katsutoshi Miyamoto, Shinya Ohara, Kanao Kobayashi, Mitsuru Kajiwara, Jun Teishima, Akio Matsubara. Needlescopic-assisted laparoendoscopic single-site (LESS) adrenalectomy. AUA Annual Meeting 2014, 2014.5.16, Orland

Koichi Shoji, Jun Teishima, Shinya Ohara, Akio Matsubara. Restoration of Fibroblast Growth Factor Receptor 2IIIb Enhances the Chemosensitivity of Human Prostate Cancer Cells. AUA Annual Meeting 2014, 2014.5.18, Orland

Hirotaka Nagamatsu, Jun Teishima, Keisuke Goto, Akio Matsubara. FGF19 subfamily promotes progression in prostate cancer cells. AUA Annual Meeting 2014, 2014.5.18, Orland

Jun Teishima, Koichi Shoji, Keisuke Goto, Ryoken Yamaoka, Hiroyuki Shikuma, Hirotaka Nagamatsu, Kiyotaka Oka, Shunsuke Shinmei, Hiroyuki Kitano, Shinya Ohara, Tetsutaro Hayashi, Norihide Oue, Wataru Yasui, Akio Matsubara. Regenerating islet-derived family, member 4 enhances cell proliferation, castration-resistance, and chemoresistance through acceleration of neuroendocrine differentiation in human prostate cancer cells. AUA Annual Meeting 2014, 2014.5.19, Orland

Fuminori Sato, Ken Nakagawa, Akihiro Kawauchi, Akio Matsubara, Takatsugu Okegawa, Tomonori Habuchi, Koji Yoshimura, Akio Hoshi, Hidefumi Kinoshita, Hiromitsu Mimata, Tadashi Matsuda, Toshiro Terachi. Laparoendoscopic Single-Site Surgeries: A Multicencer Experience of 469 Cases in Japan. 32nd World Congress of Endourology & SWL WCE2014, 2014.9.6, Taipei.

(国内学会)
松原昭郎. 腎癌に対する外科的治療の最前線. Urologic New Year Forum in 広島2014 座長, 2014.1.10, 広島市

松原昭郎. 最先端ロボット手術の実際. 市民公開講座, 2014.1.13, 広島大学

梶原 充. 最先端ロボット手術の実際 座長. 市民公開講座, 2014.1.13, 広島大学

井上省吾. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞移植によるラット陰茎再生の試み. 第24回日本性機能学会西部総会, 2014.1.18, 山口市

梶原 充. ハンナー領域を伴う古典的間質性膀胱炎/膀胱痛症行軍に対するnarrow-band imaging systemを用いた経尿道的焼灼術について. 第13回日本間質性膀胱炎研究会, 2014.1.19, 東京

宮本克利. 限局性前立線癌に対する密封小線源永久挿入治療後5年以上経た症例の治療成績. 第10回前立線癌密封小線源永久挿入治療研究会総会, 2014.1.18, 東京

梶原 充. 最近の尿路疾患の話題〜前立腺肥大症治療薬デュタステリドについて、間質性膀胱炎について〜. 2014.1.21, 名古屋市

亭島 淳. 進行性精巣胚細胞腫瘍に対する集学的治療の経験. 第1回広島がん診療セミナー, 2014.1.24, 広島市

正路晃一. 頻度の高い感染症特集 第二部:各論 尿路感染症. 第3回広島大学病院 感染症セミナー, 2014.1,24, 広島大学

松原昭郎. ここまで来たロボット手術-その現状、仮題と将来展望-. 第60回広島麻酔医学会, 2014.1.25, 広島市

井上省吾. "針状細径鉗子(MiniLap)を使用した単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の検討~ Needlescopic surgery との融合~". 第10 回 Needlescopic Surgery Meeting, 2014.1.25, 鎌倉市

松原昭郎. 前立腺がんの治療最前線-ロボット手術. 平成25年度がん医療ネットワーク説明会, 2014.1.30, 三次市

亭島 淳. 転移性前立線癌の治療. サノフィ株式会社社内レクチャー, 2014.1.30, 広島市

亭島 淳. 去勢抵抗性前立腺癌の診療実態についての意見・アドバイス. アドバイザリーミーティング, 2014.2.6, 広島市

松原昭郎. 勃起機能温存のための神経血管の温存テクニック. 第16回前立腺癌臨床課題研究会, 2014.2.8, 東京

松原昭郎. 前立線がんの最新治療と将来展望. 福山医療センター市民公開講座2014 前立線がんのすべてがわかる!PSA検診による早期発見から前立腺がんの最新治療まで, 2014.2.15, 福山市

亭島 淳. ロボット支援手術での機器関連トラブルとその対処. 第22回中国四国前立線疾患研究会, 2014.2.15, 岡山市

亭島 淳. 腎細胞癌における臨床試験について. バイエル薬品(株)中国営業所 社外講師勉強会, 2014.2.20, 広島市

亭島 淳. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の経験. 第6回日本ロボット外科学会, 2014.2.22, 福岡市

梶原 充. 前立腺肥大症の最近の治療. 第3回広島泌尿器科クリニック懇話会, 2014.2.27, 広島市

松原昭郎. ロボット支援下前立線全摘手術の手技と解剖. 第101回徳島県泌尿器科疾患研究会特別講演, 2014.3.6,徳島市

松原昭郎. ロボット支援下前立線全摘手術の手技と解剖. 第18回青森前立腺がん研究会, 2014.3.8, 青森市

亭島 淳. 前立線癌の進行におけるRegⅣの役割. 第23回泌尿器科分子・細胞研究会, 2014.3.15, 山形市

亭島 淳. 前立線癌についての最近の知見. アステラスレクチャーミーティング, 2014.3.19, 広島市

松原昭郎. キーノートレクチャー「泌尿器科領域でのLESSの展望」. 第3回 泌尿器単孔式腹腔鏡ワークショップ, 2014.3.29, 秋田市

大原慎也. 転移性尿路上皮癌に対するGem citabin+Cisplatin およびGem citabin+Carboplatin療法の治療成績. 第106回がん治療研究会, 2014.3.29, 広島大学

梶原 充. ウエルエイジングを目指した排尿管理. 過活動膀胱 学術講演会, 2014.4.8, 福山市

梶原 充. 前立腺肥大症患者に対するデュタステリド療法時におけるα1遮断薬別治療効果. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.24, 神戸市

重松慶紀. 当科(広島県立病院泌尿器科)における体腔鏡下腎部分切除術の初期経験. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.24, 神戸市

小畠浩平. 広島市立安佐市民病院における転移性癌および悪性リンパ腫に対する腹腔鏡. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.24, 神戸市

小畠浩平. 広島市立安佐市民病院における転移性腎細胞癌に対するチロシンキナーゼ阻害剤の予後予測因子の検証. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.24, 神戸市

松原昭郎. パネルディスカッション 単孔式ないしはリデュースポートサージェリー:安全性と整容性の両立 座長. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

亭島 淳. 腹腔鏡/前立腺 ロボット1 座長. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

亭島 淳. 前立線癌におけるReg Ⅳの意義. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

井上省吾. パネルディスカッション 単孔式ないしはリデュースポートサージェリー:安全性と整容性の両立 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性評価ー縦断的解析による従来法との比較ー. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

井上省吾. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞移植によるラット陰茎再生の試み. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

井上省吾. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療の検討. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

正路晃一. 前立腺癌細胞におけるFGFR2Ⅲbの発現回復は化学療法感受性を増強する. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

永松弘孝. FGF19は前立線癌細胞の増殖を抑制する. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

小畠浩平. 広島市立安佐市民病院における去勢抵抗性前立線癌に対するドセタキセル療法の検証. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

小畠浩平. 広島市立安佐市民病院におけるT1 high grade膀胱癌に対するsecond TURの検証. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.25, 神戸市

小畠浩平. 広島市安佐市民病院における腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術の断端陽性例の検証. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.26, 神戸市

亭島 淳. ワークショップ:高齢化する進行尿路上皮癌患者:治療戦略の再考 座長. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.27, 神戸市

梶原 充. わが国小学生を対象にしたインターネットリサーチを利用した過活動膀胱とQOLに関する疫学調査. 第102回日本泌尿器科学会総会, 2014.4.27, 神戸市

松原昭郎. デュステリド併用療法のベネフィットとPSAの管理 座長. アボルブ発売5周年記念講演会, 2014.5.8, 広島市

松原昭郎. ここまで来たロボット外科手術 その現状、課題と将来展望. 平成26年広仁会広島支部総会, 2014.5.17, 広島市

松原昭郎. 前立腺癌治療における病診連携. 広島市南区学術講演会, 2014.5.27, 広島市

松原昭郎. 転移性腎細胞癌に対するスニチブの治療成績 座長. 広島腎泌尿器科学講演会2014, 2014.6.6, 広島市

松原昭郎. 進行腎癌のバイオマーカーと手術療法 座長. 広島腎泌尿器科学講演会2014, 2014.6.6, 広島市

亭島 淳. 転移性腎細胞癌に対するスニチブの治療成績. 広島腎泌尿器科学講演会2014, 2014.6.6, 広島市

松原昭郎. BPH/LUTS治療の新たなる展開〜タダラフィルへの期待〜 座長. ザルティア錠発売記念講演会, 2014.6.12, 広島市

梶原 充. 進行性疾患であるBPH治療の治療戦略を考える—患者さんの治療ニーズを考慮した治療とは?. 第27回日本老年泌尿器科学会 イブニングセミナー, 2014.6.13, 山形市

梶原 充. 生活習慣病と泌尿器疾患. 三次市泌尿器疾患勉強会, 2014.6.20, 三次市

松原昭郎. 前立腺のバイオパソロジー:CRPCの病態を探る 座長. イクスタンジカプセル新発売記念学術講演会, 2014.6.21, 広島市

亭島 淳. 要望演題-腎腫瘍 腎部分切除術・RENAL scoreの検討- 座長. 第155回日本泌尿器科学会広島地方会, 2014.6.21, 広島市

井上省吾. ミニレクチャー ED治療について. 第155回日本泌尿器科学会広島地方会, 2014.6.21, 広島市

重松慶紀. 腎部分切除術におけるRENAL nephrometry scoreを用いた術式別手術成績の評価. 第155回日本泌尿器科学会広島地方会, 2014.6.21, 広島市

亭島 淳. FGF family in the progression of prostate cancer. 前立腺生物学シンポジウム 伊勢志摩2014, 2014.6.27, 鳥羽市

亭島 淳. 前立線癌伸展機構-2 座長. 前立腺生物学シンポジウム 伊勢志摩2014, 2014.6.27, 鳥羽市

亭島 淳. 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の現状. 第13回中国地区前立腺癌臨床課題研究会, 2014.6.28, 広島市

松原昭郎. メタボリック症候群と前立腺癌. 第4回OPCSG(Osaka Prostate Cancer Study Group)研究会, 2014.7.3, 大阪市

亭島 淳. CRPCの治療〜その現状と今後〜. 前立腺癌の診断と治療, 2014.7.4, 福山市

井上省吾. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞移植によるラット陰茎再生. 第11回泌尿器科再建再生研究会, 2014.7.5, 青森市

松原昭郎. 研究会賞演題審査 審査員. 第11回泌尿器科再建再生研究会, 2014.7.5, 青森市

亭島 淳. 分子標的薬を投与された転移性腎細胞癌の治療効果予測におけるCRPの意義. 第45回腎癌研究会, 2014.7.20, 東京都

松原昭郎. 泌尿器がんの早期診断と治療. 広島北キャンサーネット研修会, 2014.7.22, 安佐市民病院

亭島 淳. 当院におけるパゾパニブの使用経験. 腎癌薬物治療研究会, 2014.7.31, 徳島市

井上省吾. 単孔式腹腔鏡下左副腎摘除における先端屈曲型クリップアプライヤーの使用経験. 3rd Reduced Port Surgery Forum in Fukui, 2014.8.1-8.2, 福井市

亭島 淳. 転移性腎細胞癌に対する分子標的治療の効果予測におけるCRPの意義. 第52回日本癌治療学会学術集会, 2014.8.28, 横浜市

井上省吾. アドバンストセミナー:勃起障害治療への新テクノロジーの応用 keynote lecture 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療の初期経験. 日本性機能学会第25回学術総会, 2014.9.6, 仙台市

馬場崎隆志. 陰茎プレチスモグラフィを用いた低強度体外衝撃波治療効果の評価. 日本性機能学会第25回学術総会, 2014/9/6, 仙台市,

小畠浩平. 特別講演1 安佐市民病院における臨床研究と広島大学病院における基礎研究の現況と今後. 第29回安佐医師会泌尿器科医会, 2014.9.11, 広島市

松原昭郎. 座長;特別講演1:分子標的薬の副作用とそのマネージメント.
座長;特別講演2:進行性腎細胞癌の治療戦略〜一次治療薬の選択を中心に〜. 広島県腎癌学術講演会, 2014.9.16, 広島市

亭島 淳. 当院におけるパゾパニブの使用経験. 広島県腎癌学術講演会, 2014.9.16, 広島市

梶原 充. OAB治療の新たな選択し-β3アドレナリン受容体作動薬. ベタニス地区講演会, 2014.9.17, 広島市

梶原 充. 座長;ポスター討論 「検査」. 第21回日本排尿機能学会, 2014.9.19, 岡山市

亭島 淳. 座長;去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の予後予測.
座長;異所生子宮内膜症由来と考えられた骨盤腔内の腹膜に発生した明細胞腺癌の一例. 第107回広島がん治療研究会幹事会, 2014.9.20, 広島大学

北野弘之. 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の予後予測. 第107回広島がん治療研究会幹事会, 2014.9.20, 広島大学

亭島 淳. 去勢抵抗性前立腺癌におけるregIVの意義. 第73回日本癌学会学術総会, 2014.9.25, 横浜市

北野弘之. 腎細胞癌Xenograft モデルにおける発光imaging についての検討. 第73回日本癌学会学術総会, 2014.9.26, 横浜市

永松弘孝. Endocrine FGFs promote progression in prostate cancer. 第73回日本癌学会学術総会, 2014.9.25, 横浜市

松原昭郎. 座長;過活動膀胱治療の新たな展開. ネオキシテープ73.5mg発売1周年記念講演会, 2014.9.26, 広島市

梶原 充. 座長;ネオキシテープの使用経験〜指導箋の工夫〜
座長;難治性過活動膀胱に対する経皮吸収型製剤ネオキシテープの有用性に関する検討, 2015.9.26, 広島市

井上省吾. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療経験. 第14回日本Men's Health医学会, 2014.9.28, 豊中市

松原昭郎. 座長;スポンサードシンポジウム 3:ロボット支援前立腺全摘除術の合併症とその対策. 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014.10.3, 盛岡市

亭島 淳. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の経験. 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014.10.4, 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014.10.4, 盛岡市

井上省吾. 広島大学における単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の工夫 ―術式の標準化を目指して―. 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014.10.2, 盛岡市

井上省吾. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術におけるラーニングカーブと手術難易度の術前予測. 第27回日本内視鏡外科学会総会, 2014.10.3, 盛岡市

松原昭郎. 座長;特別講演1 がん骨転移のメカニズムとBone Modifing Agents. 広島Bone Healrh meeting 2014, 2014.10.7, 広島市

梶原 充. Male LUTS患者の実態と薬物治療を考える. ユリーフ錠「排尿障害治療に関する座談会」, 2014.10.10, 広島市

松原昭郎. 座長;パネルディスカッション4  ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術導入期課題の克服―チームの取り組み, 第79回日本泌尿器科学会東部総会, 2014.10.14, 横浜市

梶原 充. 間質性膀胱炎ハンナー領域の同定におけるi-scanの有用性;narrow band imageとの比較研究. 第79回日本泌尿器科学会東部総会, 2014.10.14, 横浜市

亭島 淳. 泌尿器科医におけるda Vinciの鉗子操作習得後のretentionについて. 第79回日本泌尿器科学会東部総会, 2014.10.13, 横浜市

亭島 淳. ロボット手術導入におけるチーム医療の役割 〜アンケート調査の結果から〜. 第79回日本泌尿器科学会東部総会, 2014.10.14, 横浜市

井上省吾. 針状鉗子併用単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の検討. 第79回日本泌尿器科学会東部総会, 2014.10.13, 横浜市

松原昭郎. 座長;前立線癌診療の最新の話題. 広島県CRPC学術講演会-ジェブタナ発売記念-, 2014.10.16, 広島市

梶原 充. ランチョンセミナー3 BPH患者に対するデュタステリド併用療法の有用性〜実臨床におけるありのままのα1遮断薬別解析〜. 第64回日本泌尿器科学会中部総会, 2014.10.17, 浜松市

梶原 充. 排尿障害の病態と治療. 営業所内研修会, 2014.10.17, 広島市

梶原 充. 高齢者に最適なOAB治療とは 〜フェソレテロジンの最新の知見〜. OABフォーラム2014, 2014.10.21, 松山市

梶原 充. 健やかなシニアライフのために排尿障害から前立線癌まで. 安芸地区排尿障害勉強会, 2014.10.24, 広島市

松原昭郎. 座長;CRPCにおけるアビラテロンの作用機序. Prostate Cancer Symposium in Fukuoka, 2014.10.25, 福岡市

松原昭郎. 座長;去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)に対する治療を再考する〜アビラテロンのエビデンスと位置づけ〜. 広島県ザイティガ発売記念講演会, 2014.10.28, 広島市

亭島 淳. これまでの去勢抵抗生前立腺癌(CRPC) 治療の現状. 広島県ザイティガ発売記念講演会, 2014.10.28, 広島市

松原昭郎. 前立腺がんの最新の知見〜CRPCの治療戦略を中心に〜. ザイティガ発売記念講演会, 2014.10.31, 東京都

松原昭郎. 座長;Over Viewing for Optical Treatment of Prostatic Disease. Meet the Expert in Hiroshima, 2014.11.5, 広島市

亭島 淳. 座長;DutasterideによるBPH治療update. Meet the Expert in Hiroshima, 2014.11.5, 広島市

松原昭郎. 座長;教育セミナー4 ADPKDに対するサムスカ投与のマネージメント. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

松原昭郎. 座長;ヤングウロロジストリサーチコンテスト. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

亭島 淳. 座長;一般演題11 前立線癌4. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

亭島 淳. コメンテーター;特別企画2「泌尿器科はおもしろい」. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.8, 倉敷市

亭島 淳. モーニングセミナー 腎癌に対する分子標的治療 ~持てる“武器”をうまく使いこなす~. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.8, 倉敷市

梶原 充. 座長;ポスター1「副腎・後腹膜」. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

梶原 充. ロコモティブシンドロームと過活動膀胱の関連性についての疫学. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

井上省吾. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における整容性の縦断的解析. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

永松弘孝. D'amico risk 分類のintermediate risk群におけるPSA 再発の検討. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

北野弘之. 去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル療法の予後予測. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

北野弘之. 前立腺癌Gleason Score と男性生殖器の関連. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

馬場﨑隆志. 低強度体外衝撃波によるED 治療効果の検討 −陰茎プレチスモグラフィを用いた客観的評価−. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.7, 倉敷市

小畠浩平. 筋層非浸潤性膀胱癌の再発におけるChronic Kidney Diseaseの影響. 第66回 西日本泌尿器科学会総会, 2014.11.8, 倉敷市

馬場﨑隆志. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED(勃起不全)治療の検討. 第67回広島医学会総会, 2014.11.9, 広島市

井上省吾. 前立線癌の最新治療について. 第12回広島北部腫瘍研究会, 2014.11.13, 庄原市

亭島 淳. アドバイザー;口内炎症例と施設の取り組みの提示および討議. Oral Care Advisory Board Meeting, 2014.11.16, 大阪市

松原昭郎. ランチョンセミナー da Vinci surgeryを円滑に行うための取り組み. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014.11.27, 福岡市

松原昭郎. 座長;ビデオディスカッション3「単孔式腹腔鏡手術」. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014.11.28, 福岡市

亭島 淳. 泌尿器科医がda Vinciの鉗子を操作する際の空間認知能力の影響. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014.11.28, 福岡市

  井上省吾. ロボット支援前立腺全摘除術における疲労感-腹腔鏡下前立腺全摘除術との比較-. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014.11.26, 福岡市

稗田圭介. ロボット支援前立腺全摘除術における神経温存と術後性機能. 第28回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2014.11.28, 福岡市

松原昭郎. 座長;特別講演 尿路・性器感染症の治療に役立つ抗菌薬の基礎知識. 第156回日本泌尿器科学会広島地方会,2014.11.29, 広島市

梶原 充. BPH/LUTS患者のQOL向上を目指して-生活種指導への介入の可能性-. 座談会 ザルティアのと有情で何が変わるか?-生活習慣病とBPH/LUTSとの関連性から-, 2014.11.29, 岡山市

正路晃一. 陰茎海綿体膿瘍の1例. 第36回広島感染症研究会, 2014.11.29, 広島市

梶原 充. 過活動膀胱とロコモティブシンドローム、転倒の関連性について. 第97回日本泌尿器科学会山口地方会, 2014.12.6, 宇部市

松原昭郎. 特別講演 ロボット支援下前立腺全摘叙述(RALP)手技と解剖. 第79回TEUS Tokyo Expert Urology Seminer, 2014.12.8, 東京都

亭島 淳. 広島大学病院泌尿器科におけるロボット支援手術への取り組み. 第8回信州若手スキルアップ勉強会, 2014.12.13, 松本市

井上省吾. ヒト末梢血CD133陽性細胞移植による新たな陰茎海綿体神経再生-前立腺全摘除術後における勃起不全治療への応用-. 第30回前立腺癌シンポジウム, 2014.12.13, 東京都

郷力昭宏. ハイリスク前立腺癌における術後PSA再発の予測因子. 第30回前立腺癌シンポジウム, 2014.12.14, 東京都

亭島 淳. 泌尿器科疾患に対する救急ケア-1〜2次救急を中心に-. 研修医セミナー, 2014.12.16, 広島大学病院

2013年

(国際学会)
Inoue S. Patient-reported satisfaction and cosmesis outcomes following laparoscopic adrenalectomy:LESS vs conventional laparoscopic surgery. 28th Annual EAU Congress Milan, 2013.3.15〜3.19, Milan Teishima J. Significance of Metacognition in Urological Surgeons on the Proficiency Gain Process for Robot-assisred Surgery Evaluated by Using Mimic dV-Trainer. 3rd Asian Pacific Prostate Society meeting Scientific Program, 2013.4.13, Melbourne

Teishima J. Fibroblast Growth Factor 9 in Prostate Cancer Cells is Associated With Postoperative Recurrence Through Accelearation of Mesenchymal Transition, Proliferation, and Invasion. AUA 2013 Annual Meeting, 2013.5.4~5.8, San Diego

Teishima J. The psychological factor, metacognition, is associated with the advantage of learning suturing techniques in robot-assisted surgery. AUA 2013 Annual Meeting, 2013.5.4〜5.8, San Diego

Teishima J. Prognositic Significance of C-reactive Protein in Intermediate-risk Japanese Metastatic Renal Cell Carcinoma Patients Treated with Molecular Targeted Therapy. AUA 2013 Annual Meeting, 2013.5.4〜5.8, San Diego

Inoue S. Prevalence of hand joint symptoms of androgen deprivation therapy in Japanese prostate cancer patients Patient-Reported Satisfaction and Cosmesis Outcomes Following Laparoscopic Adrenalectomy:LESS vs. Conventional Laparoscopic Surgery. AUA 2013 Annual Meeting, 2013.5.6, San Diego

Inoue S.  Patient-Reported Satisfaction and Cosmesis Outcomes Following Laparoscopic Adrenalectomy: LESS vs. Conventional Laparoscopic Surgery. AUA 2013 Annual Meeting, 2013.5.6, San Diego

Tetsutaro Hayashi. TSPAN8 expression in renal cell carcinoma is a poor prognostic factor and a novel therapeutic target. AUA 2013 Annual Meeting, 2013.5.6, San Diego

Inoue S. Low Intergrative Extracorpopreal Shock Wave Therapy for Erectile Dysfunction in ED patients: Initial Experience in Japan. The 14th Biennial Meeting of the Asia-Pacific Society for Sexual Medicine, 2013.5.31〜6.2, Kanazawa

Miyamoto K. Cavernous nerve reconstruction after transplantation to rats of CD133+cells delived from human bone marrow. Asia-Pacific Society for Sexual Medicine, 2013.6.1, Kanazawa

Kobayashi K. Usefulness of Flomoxef in the Prevention of Infection Complicating Transrectal Prostate Needle Biopsy. 第28回国際化学治療方学会, 2013.6.6, 横浜市

Teishima J. Cells with Epithelial-Mesenchymal Transition and the Induction of VEGFA Expression. 33rd Congress of the Societe internationale D'urologie(第33回国際泌尿器科学会議(SIU2013)), 2013.9.9, Vancouver

Shoji K. Restoration of Fibroblast Growth Factor Receptor 2Ⅲb Enhances the Chemosensitivity of Human Castration Resistant Prostate Cancer Cells. 33rd Congress of the Societe internationale D'urologie(第33回国際泌尿器科学会議(SIU2013)), 2013.9.9, Vancouver

M. Eto, Y. Wada, Y. Hirano, K. Mita, Y. Arai, G. Kimura, N.Shinohara, S. Hinotsu, K. Tatsugami, S. Naito. PhaseⅡ clinical trial of sorafenib plus interferon-alfa treatment for patients with metastatic renal cell carcinoma in Japan. The 17th ECCO – 38th ESMO – 32nd ESTRO European Cancer Congress Poster Session Genitourinary Malignancies-Other,2013.9.30, Amsterdam

(国内学会)
梶原 充. 過活動膀胱治療の実際について. 第6回病薬・薬薬連携の会, 2013.1.18, 広島大学

宮本克利. 低・中リスク群限局性前立腺癌に対する密封小線源永久挿入治療の治療成績. 第9回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会, 2013.1.20, 東京都

梶原 充. 下部尿路症状治療の最近のトピックス. 第23回安佐医師会泌尿器科医会, 2013.1.25, 広島市

梶原 充. 排尿障害の薬物療法(夜間頻尿を中心に). 廿日市市排尿障害講演会, 2013.1.29, 広島市

亭島 淳. 泌尿器科におけるロボット支援腎部分切除術. 第48回泌尿器科手術手技関東地区研究会, 2013.2.2, 東京都

井上省吾. 低強度対外衝撃波(ED1000)によるED治療の初期体験. 第23回日本性機能学会西部総会, 2013.2.2, 徳島市

正路晃一. 去勢抵抗性前立腺癌へのFGFR2IIIb発現回復による化学療法剤感受性効果増強のメカニズムの解明, 平成24年度財団法人広島大学講演会・広島大学校友会研究助成金等成果報告会, 2013.2.13, 広島大学

梶原 充. 72mm大の副腎皮質癌疑いに対してMiniLapを使用したNeedlescopic Surgeryが有用であった1例. 第8回 Needlescopic Surgery Meeting, 2013.2.16, 仙台市

亭島 淳. 最新の医学的知見の普及. 第21回中国四国前立腺疾患研究会 座長, 2013.2.16, 岡山市

宮本克利. ヒト骨髄由来 CD133 陽性細胞を用いたラット陰茎海綿体神経の再生. 第21回中国四国前立腺疾患研究会, 2013.2.16, 岡山市

小林加直. 泌尿器科疾患における最近の話題. 第11回済生会呉病院における病診連携 学術講演会, 2013.2.18, 呉市

松原昭郎. 排尿障害の診断・治療の啓発. ベタニス錠1周年記念講演会in 広島 座長, 2013.2.19, 広島市

梶原 充. 排尿障害治療について. 大砲製薬工業株式会社社内研修会, 2013.2.22, 広島市

亭島 淳. 前立腺肥大症を中心とした泌尿器科疾患の治療に関する最新の知見について. 第13回AKUA学術集会, 2013.3.1,

小林加直. 前立腺肥大症を中心とした泌尿器科疾患の治療に関する最新の知見について. 第13回AKUA学術集会, 2013.3.1,

梶原 充. 骨盤臓器脱により尿閉をきたした症例の検討. 第7回TVM研究会学術集会, 2013.3.2, 福岡市

松原昭郎. 腫瘍に対する最新の医学的治験の普及. ランマーク学術講演会 司会, 2013.3.11, 広島市

亭島 淳. 高リスク前立線癌におけるホルモン療法の役割を再考するー放射線療法を中心とした考え方ー. 中国・四国地区前立腺癌治療Expert Meeting, 2013.3.23, 東京都

松原昭郎. 第2回 泌尿器単孔式腹腔鏡手術ワークショップ, 第2回大会長, 2013.3.30, 広島国際会議場

梶原 充. サテライトセミナー ワークショップ 女性過活動膀胱の諸症状に対する牛車腎気丸の安全性, 有用性とアドヒアランスとの関連性について. 第101回日本泌尿器科学会総会 サテライトセミナー(第31回日本泌尿器科学会総会), 2013.4.25, 札幌市

梶原 充. 腫瘍型間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の治療におけるnarro-band imaging systemを用いた経尿道的焼灼術の有用性について. 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013.4.24~4.28, 札幌市

松原昭郎. Robotic partial nephrectomy: Current trends and perspectives for the future. 第101回日本泌尿器科学会総会 座長, 2013.4.27, 札幌市

亭島 淳. 心理学的因子がda Vinciの鉗子操作習得に及ぼす影響. 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013.4.24〜4.28, 札幌市

池田憲一郎. 腎癌患者の予後における被爆の影響. 2013.4.24〜4.28,札幌市

正路晃一. 被爆者前立線癌の臨床病理学的特徴と予後ー非被爆者との比較. 第101回日本泌尿器科学会総会, 2013.4.24〜4.28,札幌市

亭島 淳. 広島大学における前立腺疾患治療〜最近のトピック〜. 第2回備北地区泌尿器セミナー, 2013.5.16, 三次市

梶原 充. 広島大学病院泌尿器科における高齢者膀胱膣瘻の臨床的検討. 第26回日本老年泌尿器科学会, 2013.5.17〜5.18, 横浜市

梶原 充. PSA検査の重要性地−域医療連携パスについて−. 第1回前立腺癌学術講演会, 2013.5.23, 広島大学

松原昭郎. ダビンチが開く外科手術最先端. 広島県製薬協会 講演会, 2013.5.24, 広島市

正路晃一. ADPKD治療薬としての開発経緯、各ADPKD試験の成績報告. トルバプタンADPKD成績報告会, 2013.5.25, 広島市

松原昭郎. 腎癌分子標的治療におけるCRPの意義, 腎癌薬物治療ストラテジー〜治療効果を最大にするために〜. 広島RCC懇話会 座長, 2013.6.6, 広島市

亭島 淳. 腎癌分子標的治療におけるCRPの意義. 広島RCC懇話会, 2013.6.6, 広島市

松原昭郎. 泌尿器疾患の現状と課題〜Scar-Less Surgeryを中心に〜. 広島Urologic Oncology Forum2013 座長, 2013.6.8, 広島市

井上省吾. 低強度体外衝撃波(ED1000)によるED治療の初期経験. 第153回日本泌尿器科学会広島地方会, 2013.6.8, 広島市

稗田圭介. 広島大学病院におけるロボット支援手術の臨床的検討. 第153回日本泌尿器科学会広島地方会, 2013.6.8, 広島市

宮本克利. ヒト骨髄由来 CD133 陽性細胞を用いたラット陰茎海綿体神経の再生. 第10回泌尿器科再建再生研究会, 2013.6.8, 東京

亭島 淳. 当院でのロボット前立腺全摘除術. 第12回中国地区前立腺癌臨床課題研究会 座長, 2013.6.15, 岡山市

亭島 淳. 各施設の手術療法の工夫. 第12回中国地区前立腺癌臨床課題研究会 司会, 2013.6.15, 岡山市

梶原 充. 泌尿器科疾患と生活習慣病. 西区糖尿病治療を考える会, 2013.6.21, 広島市

梶原 充. 女性の患者満足度向上を目指した過活動膀胱治療. 広島内科会学術講演会, 2013.6.28, 広島市

亭島 淳. パネルディスカッション:腎細胞癌における分子「標的薬のシークエンシャル療法. 水無月Renal Disease Meeting, 2013.6.29, 博多市

松原昭郎. 特別講演 分子標的薬時代の腎腫瘍病理. 水無月Renal Disease Meeting 座長, 2013.6.29, 博多市

松原昭郎. ロボット支援手術のあれこれ. 第3回周防泌尿器科懇話会, 2013.7.5, 山口県柳井市

松原昭郎. ここまできたロボット支援手術その現状、課題、将来展望. 三重泌尿器科学術講演会, 2013.7.6, 三重県津市

梶原 充. 真性包茎を呈した慢性移植片対宿主病の男児4例. 第22回日本小児泌尿器科学会, 2013.7.10〜7.12, 東京

梶原 充. 韓国夜尿症学会作成小児過活動膀胱質問票の日本語版の作成と言語的妥当性の検討. 第22回日本小児泌尿器科学会, 2013.7.10〜7.12, 東京

亭島 淳. 前立線癌治療におけるホルモン療法についてのご意見・アドバイス. アドバイザリーミーティング, 2013.7.11, 広島市

松原昭郎. 広島大学病院泌尿器科の最新治療 ― 第1回 前立腺癌 -. 市民公開講座, 2013.7.14, 広島大学

梶原 充. 広島大学病院泌尿器科の最新治療 ― 第1回 前立腺癌 - 座長. 市民公開講座, 2013.7.14, 広島大学

亭島 淳. がんを扱うMRに対する期待とスキル. MRスキルアップミーティング, 2013.7.16, 広島市

梶原 充. 排尿障害の診断と治療. 南区排尿障害講演会, 2013.7.20, 広島市

亭島 淳. 転移性腎癌における非淡明細胞癌と淡明細胞癌の比較. 第44回腎癌研究会, 2013.7.21, 東京都

梶原 充. 広島県4病院におけるデュタステリド最終報告. 広島排尿障害講演会, 2013.7.26, 広島市

梶原 充. 潰瘍型間質性膀胱炎手術後に出現した骨盤臓器脱に対して TVM 手術を施行した 1 例. 第 15 回日本女性骨盤底医学会, 2013.7.28, 東京都

梶原 充. 広島大学病院泌尿器科における膀胱膣瘻患者の臨床的検討. 第 15 回日本女性骨盤底医学会, 2013.7.28, 東京都

亭島 淳. 前立腺がん治療の最前線. 広島がんサポート講演会, 2013.7.28, 広島市

井上省吾. 針状細径鉗子(MiniLap)を使用した単孔式腹腔鏡下左副腎摘除術の検討. Reduced Port Surgery Form in Morioka, 2013.8.3, 盛岡市

小林加直. 広島大学における高度腎機能障害症例に対するエベロリムスの使用経験. FOCUS WEST 2013, 2013.8.3, 博多市

松原昭郎. SessionⅢ 「Radiotherapy」「術後放射線療法」「ホルモン療法併用放射線治療について」 座長. Kyushu Chugoku Prostate Cancer Symposium〜Latest Information 2013〜, 2013.8.24, 福岡市

小林加直. 腸内細菌による感染症での抗菌薬選択. 第9回広島抗菌薬フォーラム, 2013.9.4, 広島市

梶原 充. Laparoendoscopic single-site surgery for pediatric patients in urology. 30th Anniversary Korea-Japan Urological Congress, 2013.9.7, ソウル

梶原 充. Long-term results of hypospadias surgery:current dilemmas. 30th Anniversary Korea-Japan Urological Congress, 2013.9.7, ソウル

梶原 充. New strategies for medical management of overactive bladder in children. 2013.9.7, 30th Anniversary Korea-Japan Urological Congress, 2013.9.7, ソウル

梶原 充. 前立腺肥大症とアボルブについて. グラクソ・スミスクライン社内研修会, 2013.9.17, 広島市

松原昭郎. 「早期からの骨転移治療の重要性」座長. 広島Bone Health meeting 2013, 2013.9.24, 広島市

松原昭郎. セッション 前立腺がん(1) 座長. 第72回 日本癌学会学術総会, 2013.10.5, 横浜市

松原昭郎. 前立腺癌とメタボリック症候群. 第72回 日本癌学会学術総会, 2013.10.5, 横浜市

亭島 淳. 前立腺癌細胞におけるFGF9の集積は上皮間葉移行およびVEGFAの誘導に関与する. 第72回日本癌学会学術総会, 2013.10.5, 横浜市

正路晃一. 前立線癌細胞におけるFGF2Ⅲbの発現回復は化学療法感受性を増強する. 第72回日本癌学会学術総会, 2013.10.5, 横浜市

永松弘孝. FGF19は前立腺癌細胞の増殖を促進する. 第72回日本癌学会学術総会, 2013.10.5, 横浜市

松原昭郎. 腎癌薬物療法のUP TO DATE 座長. 広島腎泌尿器科学講演会2013インライタ発売1周年講演会, 2013.10.8, 広島市

亭島 淳. 転性腎癌に対するアキシチニブの使用経験 座長. 広島腎泌尿器科学会講演会2013-インライタ発売1周年記念講演-, 2013.10.8, 広島市

大原慎也. 転性腎癌に対するアキシチニブの使用経験. 広島腎泌尿器科学会講演会2013-インライタ発売1周年記念講演-, 2013.10.8, 広島市

松原昭郎. ダ・ヴィンチが切り開く外科手術最先端. 世羅郡医師会学術講演会, 2013.10.11, 世羅郡

亭島 淳. より有効な癌薬物療法を目指して. ノバルティスファーマ社員研修会, 2013.10.15, 広島市

梶原 充. 泌尿器疾患における治療学知識の普及. 安芸高田市医師会学術講演会, 2013.10.15, 安芸高田市

梶原 充. 前立腺がん域医療連携パスについて. 第2回前立腺癌学術講演会, 2013.10.17, 広島市

亭島 淳. 分子標的治療を施行された転移性腎細胞癌の無増悪生存期間におけるCRPの影響. 第51回日本癌治療学会学術集会, 2013.10.24〜10.26, 京都市

永松弘孝. 日本人前立腺癌患者におけるBody Mass Index と病理学的悪性度および術後PSA再発の関係. 第51回日本癌治療学会学術集会, 2013.10.24〜10.26, 京都市

亭島 淳. 教育セミナー5 より有効な癌薬物療法を目指して〜「地味な役者」mTOR阻害剤の活かし方〜. 第65回西日本泌尿器科学会総会, 2013.11.1, 佐賀市

松原昭郎. 教育セミナー8 腎癌薬物療法の最新知見に基づく最適な治療戦略と継続投与の工夫 座長. 第65回西日本泌尿器科学会総会 , 2013.11.2, 佐賀市

松原昭郎. ヤングウロロジストリサーチコンテスト 選考審査員. 第65回西日本泌尿器科学会総会, 2013.11.2, 佐賀市

松原昭郎. 卒後教育プログラム2 限局性前立がんの診断と治療 主任講師. 第65回西日本泌尿器科学会総会, 2013.11.2, 佐賀市

梶原 充. シンポジウム 高齢化社会における泌尿器科の役割: ~今、泌尿器科に求められているもの~ 高齢者の排尿の治療. 第65回西日本泌尿器科学会総会, 2013.11.2, 佐賀市

梶原 充. 切迫性尿失禁を伴う過活動膀胱患者に対するフェソテロジン4mgの安全性、忍容性、有用性の検討. 第65回西日本泌尿器科学会総会, 2013.11.2, 佐賀市

永松弘孝. 前立腺癌患者における肥満と臨床病理学的因子の関連. 第65回西日本泌尿器科学会総会, 2013.11.1, 佐賀市

梶原 充. 泌尿器科疾患と生活習慣病. 安佐地区プライマリー勉強会, 2013.11.8, 広島市

松原昭郎. シンポジウム14 ロボット手術のピットフォール〜チームで取り組むトラブルシューティング 座長. 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2013.11.7〜11.9, 名古屋市

亭島 淳. ディベート6 ロボット手術の技術は専門医ならだれでも習得すべきか?-習得する必要はない. 第27回日本泌尿器内視鏡学会, 2013.11.7〜11.9, 名古屋市

亭島 淳. 総会賞ポスター2 腹腔鏡・ロボット 泌尿器科医におけるda Vinciの鉗子操作習得後のretentionについて. 第27回日本泌尿器内視鏡学会, 2013.11.7〜11.9, 名古屋市

小林加直. 前立腺癌の検出における光力学診断の有用性の検討. 第27回日本泌尿器内視鏡学会, 2013.11.7〜11.9, 名古屋市

稗田圭介. 広島大学病院泌尿器科におけるロボット手術の取り組み. 第27回日本泌尿器内視鏡学会, 2013.11.7〜11.9, 名古屋市

井上省吾. 患者から見たLESSの評価-単孔式vs.従来法-. 第27回日本泌尿器内視鏡学会, 2013.11.7〜11.9, 名古屋市

井上省吾. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術における針状細径鉗子の有用性. 第27回日本泌尿器内視鏡学会, 2013.11.7〜11.9, 名古屋市

大原慎也. シンポジウム 「手術支援ロボット 「ダヴィンチ」」広島大学病院泌尿器科におけるロボット支援下手術. 第66回広島医学会総会, 2013.11.10, 広島市

松原昭郎. 手術支援ロボット 「ダヴィンチ」 座長. 第66回広島医学会総会シンポジウム, 2013.11.10, 広島市

松原昭郎. 腎細胞がん治療-UP Date2013-. 広島腎疾患講演会2013, 2013.11.12, 広島市

梶原 充. 初心者のための漢方講座〜泌尿器科医の立場から〜. 2013.11.19, 広島市

松原昭郎. ワークショップ20 ロボット支援手術のトレーニング. 第26回日本内視鏡外科学会総会, 2013.11.30, 福岡市

松原昭郎. ロボット支援腎部分切除術:The Real Benefit. 第154回日本泌尿器科学会広島地方会, 2013.11.30, 広島市

亭島 淳. ワークショップ23 泌尿器科ロボット支援手術におけるトラブルシューティング. 第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013.11.30, 福岡市

井上省吾. 単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の現状と将来-Needlescopic Surgeryとの融合-. 第26回 日本内視鏡外科学会総会, 2013.11.30, 福岡市

梶原 充. ミニレクチャー 「下部尿路症状について〜高齢者から小児まで〜」. 第154回広島地方会学術集会, 2013.11.30, 広島市

亭島 淳. 広島大学におけるロボット支援根治的前立線全摘除術の初期成績. 第29回前立線シンポジウム, 2013.12.14, 東京都

亭島 淳. 転移性前立腺癌の治療. サノフィ株式会社社内レクチャー, 2013.12.17, 広島市

2012年

(国際学会)
Teishima J. Localization of Fibroblast Growth Factor 9 in Prostate Cencer Cells Is Assoiated with Postoperative Recurrence. 27th Annual EAU Congress, 2012.2.24~29, Paris

Hayashi T. The search for secreted protein in prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap: expression of NBL1 is highly restricted in prostate and related in progression. 107th Annual Meeting of the American Urological Association, 2012.5.19~23, Atlanta (USA)

Ikeda K. Catamnestic follow-up of renal cell carcinomas among atomic bomb survivors according to radiation exposure status. 107th Annual Meeting of the American Urological Association, 2012.5.19~23, Atlanta (USA)

Teishima J. Impact of Metacognition in Urological Surgeons on the Process of Gaining Proficiency in Robot‐Assisted Surgery Evaluated Using a Mimic dV‐Trainer. 32th Congress of the Société Internationale d’Urologie, 2012.9.30~10.4, Fukuoka

Kajiwara M. Clinical Efficacy of Dutasteride in Patients Who Failed alpha 1-Blockers for Acute Urinary Retention Due to Benign Prostatic Hyperplasia. 32th Congress of the Société Internationale d’Urologie, 2012.9.30~10.4, Fukuoka

Kajiwara M. The Safety, Tolerability and Efficacy of Mirabegron for Treatment in Patients with Overactive Bladder Symptoms Who withdrew Previous Anticholinergic Agents Due to Adverse Events. 32th Congress of the Société Internationale d’Urologie, 2012.9.30~10.4, Fukuoka

Kobayashi K. Prevalence of fluoroquinolone-resistant Escherichia coli in the intestinal flora of patients undergoing transrectal ultrasound-guided prostate biopsy: Implications for antimicrobial prophylaxis. 32th Congress of the Société Internationale d’Urologie, 2012.9.30~10.4, Fukuoka

Inoue S. CLINICAL OUTCOMES OF LAPAROENDOSCOPIC SINGLE-SITE SURGERY: HIROSIMA UNIVERSITY EXPERIENCE. 32th Congress of the Société Internationale d’Urologie, 2012.9.30~10.4, Fukuoka

Miyamoto K. Cavernous nerve reconstruction after transplantation to rats of CD133+cells derived from human bone marrow. 32th Congress of the Société Internationale d’Urologie, 2012.9.30~10.4, Fukuoka

Hieda K. Initial experience with robot-assisted laparoscopic radical cystectomy with extracorporeal urinary diversion. 32th Congress of the Société Internationale d’Urologie, 2012.9.30~10.4, Fukuoka

Shunsuke Shinmei. Assessment of prostate-speific antigen(PSA) kinetics in prediction of prostatecancer on prostate biopsy. 32nd Congress of the Société Internationale d’Urologie (SIU). 2012.9.30~10.4, Fukuoka

Teishima J. Psychological factors in urological surgeons on learning robot- assisted surgery. 30th World Congres of Endourology and SWL(WCE2012), 2012.9.4~8, Istanbul

(国内学会)
松原昭郎. ホルモン不応前立腺癌に対する基礎と臨床からのアプローチ. 第3回広島大学泌尿器科学教室同門会セミナー 座長, 2012.1.21, 広島市

井上省吾. 細径鉗子(MiniLap)を使用した単孔式腹腔鏡下右副腎摘除術の経験. 第6回Needlescopic Surgery Meeting, 2012.1.21, 福岡市

小林加直. 「グラム陰性菌」検出時の薬剤選択(尿路感染症). 第1回広島大学病院感染症セミナー, 2012.1.29, 広島市

正路晃一. 前立腺癌細胞のFGFR2発現回復による化学療法感受性への効果. 第21回泌尿器科分子・細胞研究会, 2012.2.11, 札幌市

梶原充. 前立腺肥大症により生じた急性尿閉患者に対するデュタステリドの有用性の検討. 第20回中四国前立腺疾患研究会, 2012.2.18, 岡山市

梶原 充. 腎細胞癌に対するLaparoendoscopic single-site surgery(LESS)における創の疼痛、満足度、整容性(美しさ)に関するアンケート調査. 第5回単孔式内視鏡手術研究会, 2012.2.18, 広島市

井上省吾. 腎細胞癌に対するLaparoendoscopic Single-site Surgery (LESS)における創の疼痛、満足度、整容性( 美しさ)に関する患者アンケート調査. 第5回単孔式内視鏡手術研究会, 2012.2.18, 広島市

井上省吾. 腹腔鏡下副腎摘除術における患者自己記入式評価による整容性の評価- 従来法 vs 単孔式 -.第5回単孔式内視鏡手術研究会, 2012.2.18, 広島市

井上省吾. Glove法を用いた肝挙上用追加ポートを必要としない単孔式腹腔鏡下右副腎摘除術の経験. 第5回単孔式内視鏡手術研究会, 2012.2.18, 広島市

亭島 淳. ロボット支援根治的膀胱全摘除術の初期経験. 第16回中国四国泌尿器科悪性腫瘍研究会, 2012.2.18, 横浜市

松原昭郎. ロボット支援手術 〜現状と将来展望〜. 第16回山口臨床泌尿器科医会, 2012.3.8, 山口市

松原昭郎. 前立腺全摘術ー裏から表からー. Astrazeneca Prostate Cancer Forum in Ymanashi, 2012.3.22,山梨県

宮本克利. 膀胱癌患者の予後における被爆の影響. 第102回広島がん治療研究会, 2012.3.24, 広島市

正路晃一. 原子爆弾による被爆者と非被爆者の前立腺癌における臨床病理学的特徴と予後について. 第102回広島がん治療研究会, 2012.3.24, 広島市

松原昭郎. 第100回日本泌尿器科学会総会 サテライトセミナー1-3 前立腺がんの内分泌療法 -前立腺がんにおけるアンドロゲンとアンドロゲン受容体の役割-. 第100回日本泌尿器科学総会 座長, 2012.4.21, 横浜市

亭島 淳. 前立腺癌細胞の増殖と浸潤におけるFGF9の役割. 第100回日本泌尿器科学会総会, 2012.4.20~4.24, 横浜市

梶原 充. 腎細胞癌(RCC)に対する単孔式腹腔鏡下根治的腎摘除術(LESS腎摘)の安全性と有効性の検討. 第100回日本泌尿器科学会総会, 2012.4.20~4.24, 横浜市

大原慎也. 前立腺癌術後の勃起能の経時的変化および関連する因子について. 第100回日本泌尿器科学会総会, 2012.4.21〜4.24, 横浜市

小林加直. 光線力学的診断(PDD)により検出された 膀胱内平坦病変の検討. 第100回日本泌尿器科学会総会, 2012.4.20~4.24, 横浜市

宮本克利. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞を用いたラット陰茎海綿体神経の再生. 第100回日本泌尿器科学会総会, 2012.4.20~4.24, 横浜市

正路晃一. 前立腺癌細胞の化学療法感受性におけるFGFR2の効果. 第100回日本泌尿器科学会総会, 2012.4.20~4.24, 横浜市

小林加直. 尿路感染症の抗菌薬治療 発症予防も含めた観点から 治療すべき時、治療しない時 カテーテル関連UTI(バイオフィルム感染症を含む). 第60回日本化学療法学会総会 シンポジウム. 2012.4.26~27, 長崎市

小林加直. 236 drug-resistant Pseudomonas aeruginosa urinary isolates: clonal dissemination of multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa with the blaIMP-1 gene cassette in Hiroshima. 第60回日本化学療法学会総会AAUS symposium, 2012.4.26~27, 長崎市

神明俊輔. 進行性腎細胞癌における予後因子としてのmiR-155の発現の意義. 第101回日本病理学会総会, 2012.4.26~28, 東京

後藤景介. 進行腎細胞癌におけるmiR-486の発現上昇と予後との相関. 第101回日本病理学会総会, 2012.4.26~28, 東京

亭島 淳. 広島大学病院および関連施設における腎癌治療の現状. 岩国RCC治療カンファレンス, 2012.5.15, 岩国市

亭島 淳. 腎癌のTKI治療のAEマネジメント. ファイザー(株)社内勉強会, 2012.5.22, 広島市

梶原 充. 有害事象のため抗コリン薬を休薬した高齢者過活動膀胱患者に対するミラベクロンの安全性、忍容性、有効性. 第25回日本老年泌尿器科学会, 2012.6.1~2, 徳島市

松原昭郎. ロボット手術の現状と将来の展望. 第83回秋田県泌尿器科集談会, 2012.6.2, 秋田市

松原昭郎. 癌転移メカニズムの新しい考え方と骨転移治療の意義. 広島 Bone Health Meeting 2012 座長, 2012.6.8, 広島市

井上省吾. 単孔式腹腔鏡下右副腎摘除術における下大静脈損傷. 第151回日本泌尿器科学会広島地方会, 2012.6.9, 広島市

上野剛志. 前立腺癌治療の最新情報提供. 広島前立腺癌フォーラム, 2012.6.15, 広島市

亭島 淳. 前立腺癌の治療方針〜各施設の状況を踏まえて〜. 第11回中国地区前立腺癌臨床課題研究会, 2012.6.16, 岡山市

宮本克利. ヒト骨髄由来CD133陽性細胞を用いたラット陰茎海綿体神経の再生. 第9回泌尿器科再建再生研究会, 2012.6.16, 由布市

松原昭郎. ロボット支援手術 〜現状と将来展望〜. 第2回大阪泌尿器科懇話会, 2012.6.22, 大阪市

松原昭郎. ロボット支援手術 〜現状と将来展望〜. 第121東北泌尿器科懇話会 第5回前立腺癌セミナー, 2012.6.25, 仙台市

梶原 充. 広島県4病院におけるデュタステリド最終報告. 広島排尿障害講演会, 2012.6.29, 広島市

井上省吾. 広島大学における単孔式腹腔鏡下腎・副腎摘除術-整容性の評価を中心に-. 第1回泌尿器単孔式腹腔鏡手術ワークショップ, 2012.6.30, 別府市

梶原 充. 頻尿、尿失禁を契機に発見された男児前立腺ポリープの1例. 第21回日本小児泌尿器科学会総会, 2012.7.5, 岡山市

松原昭郎. ロボット手術の現状と将来展望. 東京ミッドタウンセミナー, 2012.7.4, 東京都

亭島 淳. 広島大学における前立腺癌の治療. 第183回広島県病院薬剤師会北支部研修会, 2012.7.27, 三次市

亭島 淳. 瀬戸内RCC SummitーTorisel Advisory Board Meetingー. 2012.7.30, 岡山市

松原昭郎. The Role of Torisel in Treatin Poor-risk mRCC:Case Experiences & Discussion. RCC Meet the Specialist in Hiroshima 座長, 2012.7.17, 広島市

梶原 充. 初診者のための漢方講座〜泌尿器科医の立場から〜. 2012Kampo study Seminar 漢方セミナー, 2012.7.19, 広島市

後藤景介. 腎細胞癌におけるmiR-486の発現上昇と予後との相関. 第31回分子病理学研究会, 2012.7.21~22, 恵那市

亭島 淳. 転移性腎細胞癌に対する分子標的治療の予後予測. 第43回腎癌研究会, 2012.7.22, 東京都

梶原 充. 女性過活動膀胱患者に対するミラベグロンの安全性、忍容性、有効性. 第14回日本女性骨盤底医学会, 2012.7.28~29, 大阪

亭島 淳. 広島大学における前立腺癌の治療. 第183回広島県病院薬剤師会北支部研修会, 2012.7.27, 三次市

松原昭郎. 前立腺がん、肥大症について. グラクソ・スミスクライン社内勉強会, 2012.7.31, 広島市

神明俊輔. 腎淡明細胞癌における予後因子としてのmiR-155の発現の意義. 第9回日本病理学会カンファレンス, 2012.8.3, 山口市

井上省吾. 追加ポートからの細径鉗子補助下に施行した肥満症例に対する単孔式腹腔鏡下右副腎摘除術. 第1回Reduced Port Surgery Forum. 2012.8.24~25, 札幌市

梶原 充. 有害事象のため新規抗コリン薬を休薬した過活動膀胱患者に対するミラベグロンの安全性、忍容性、有効性. 第19回日本排尿機能学会, 2012.8.29~31, 名古屋

亭島 淳. 転移性腎細胞癌に対するエベロリムスを用いたseqential therapy ー広島大学病院における経験ー. CORE-J 2012, 2012.9.1

大原慎也. 癌骨転移における治療方針. 第一三共株式会社 社内勉強会, 2012.9.7, 広島市

松原昭郎. 下部尿路機能障害に対する最新治療法ーAUA2012ハイライトー. 過活動膀胱治療戦略2012 〜ウリトス発売5周年記念講演会〜 座長, 2012.9.8, 広島市

梶原 充. 広島県における過活動膀胱の診療・治療の実態調査. 過活動膀胱治療戦略2012 ウリトス発売5周年記念講演, 広島市

松原昭郎. 広島腎泌尿科学講演会ーインライタ新発売記念講演会ー , 2013.9.13, 広島市

亭島 淳. 進行性腎細胞癌症例における分子標的薬投与ー広島大学病院および関連施設での現状ー. 広島腎泌尿器科学講演会ーインライタ新発売記念講演会ー, 2012.9.13, 広島市

松原昭郎. ロボット手術-現状と将来展望-. 第50回広島鉄道病院オープンカンファレンス 講師, 2013.9.14, 広島市

後藤景介. 進行腎細胞癌におけるmiR-486発現の予後予測因子としての意義. 第71回日本癌学会学術総会, 2012.9.19~21, 札幌市

林哲太郎. CAST法で同定したTMEM50Bの発現は前立腺癌の進展と相関する. 第71回日本癌学会学術総会, 2012.9.19~21, 札幌市

Teishima J. The Effects of Fibroblast Growth Factor 9 in Prostate Cabcer Cells. 第71回日本癌学会学術総会, 2012.9.19~21, 札幌市

Shinmei S. MicroRNA-155 is a predictive marker for survival in patients with renal cell carcinoma. 第71回日本癌学会学術総会, 2012.9.19~21, 札幌市

正路晃一. A Role of FGFR2IIIb in the Chemosensitivity of Castration-resistant Prostate Cancer Cells. 第71回日本癌学会学術総会, 2012.9.19~21, 札幌市

松原昭郎. ロボット手術とは何か?その利点と課題-今後の発展性について-. 中津市医師会学術講演会, 2012.9.27, 大分市

大原慎也. 進行性腎細胞癌に対するmTOR阻害薬の治療成績. 第103回広島がん治療研究会, 2012.9.29, 広島市

松原昭郎. ロボット支援手術の現状と展望〜藤田保健衛生大学における経験〜. 第1回広島低侵襲手術勉強会 司会, 2012.10.9, 広島大学

亭島 淳. .RCC大阪地区座談会, 2012.10.20, 大阪市

亭島 淳. 分子標的治療を施行された転移性腎細胞癌の予後におけるbody mass index の影響. 第50回日本癌治療学会学術集会, 2012.10.25~10.27, 横浜市

松原昭郎. ダ・ビンチが開く泌尿器科手術最前線. 第3回横浜北アボルブ講演会, 2012.11.2, 横浜市

亭島 淳. . アキシチニブ座談会, 2012.11.3, 東京都

松原昭郎. 局所再発ゼロをめざした小線源療法とそのテクニック. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会 教育セミナー ヤングウロロジストリサーチコンテスト 座長, 2012.11.10, 徳島市

梶原 充. 当院で経験した産婦人科手術後膀胱膣瘻3例に対する手術成績. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会, 2012.11.8~10, 徳島市

梶原 充. 男性間質性膀胱炎の臨床的特徴と治療成績. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会, 2012.11.8~10, 徳島市

亭島 淳. メタ認知がda vinciの鉗子操作習得に及ぼす影響. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会, 2012.11.8~10, 徳島市

上野剛志. 腎盂尿管癌の術後再発予測. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会, 2012.11.8~10, 徳島市

栗村嘉昌. 前立腺生検陽性例を予測しうるパラメーターの検討. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会, 2012.11.8~10, 徳島市

定秀孝介. 初発筋層非浸潤性膀胱癌に対するTUR-BT後単独治療後の再発因子の検討. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会, 2012.11.8~10, 徳島市

梶原 充. 当院で経験した産婦人科手術後膀胱膣瘻2例に対する手術成績. 第64回日本泌尿器科学会西日本総会, 2012.11.11, 徳島市

梶原 充. 当院で経験した産婦人科手術後膀胱膣瘻3例に対する手術成績. 第65回広島医学会総会, 2012.11.11, 広島市

松原昭郎. ロボット支援下前立腺全摘除術. AstrazZeneca Educational TV Seminar for Urologists, 2012,11.15, 大阪市

亭島 淳. 心理学的因子がda Vinciの鉗子操作習得に及ぼす影響. 第26回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2012.11.22~11.24, 仙台市

亭島 淳. ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の経験. 第26回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2012.11.22~11.24, 仙台市

稗田圭介. 回腸導管造設術を併用したロボット支援根治的膀胱全摘除術の初期経験. 第26回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2012.11.22~11.24, 仙台市

井上省吾. Assessment of survey about surgical wound by using a questionnaire(アンケートを用いた手術創に関する意識調査). 第26回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2012.11.22~11.24, 仙台市

亭島 淳. 広島大学病院における泌尿器癌の治療 -最近の話題ー. 山口泌尿器科懇話会, 2012.11.27, 宇部市

亭島 淳. 広島県備北地区前立腺癌検診における検診発見癌と外来発見癌の比較. 第28回前立腺シンポジウム, 2012.12.8〜12.9, 東京都

井上省吾. 腹腔鏡下副腎摘除術における記入式質問票を用いた創部痛、満足度、整容性の評価—単孔式 vs. 従来法—.第25回日本内視鏡外科学会総会, 2012.12.6~8, 横浜市

小林加直. 初発筋層非浸潤性膀胱癌に対するTUR-BT後ピラルビシン膀胱内注入療法の効果. 第93回日本泌尿器科学会山口地方会, 2012.12.15, 宇部市

松原昭郎. 前立腺癌における診断・治療に関する意見、アドバイス. アドバイザリーミーティングー前立腺癌治療に関してー, 2012.12.20, 広島市

松原昭郎. ベタニス錠の使用経験〜安全性と忍容性を中心に〜.〜OAB診療の新たな治療オプション〜ベタニス錠新発売記念講演会, 2012.1.27, 広島市

梶原 充. ベタニス錠の使用経験〜安全性と忍容性を中心に〜. ベタニス錠新発売記念講演会, 2012.1.27, 広島市

梶原 充. 新しい前立腺肥ガイドラインの読み方〜快適な排尿ライフのために〜. 第1回備北地区泌尿器セミナー, 2012.3.16, 三次市

大原慎也. 広島大学における前立腺癌治療. 第一三共社内レクチャー, 2012.9.7, 広島市

梶原 充. 過活動膀胱治療戦略2012 広島県における過活動膀胱の診療・治療の実態調査. ウリトス発売5周年記念講演会, 2012.9.8, 広島市

亭島 淳. RCC大阪地区座談会, 2012.10.20, 大阪市

亭島 淳. アキシチニブ座談会, 2012.11.3, 東京都

亭島 淳. 前立腺癌の治療について. 武田薬品工業株式会社 院内勉強会, 2012.12.10, 広島市

松原昭郎. 前立腺癌における診断・治療に関する意見、アドバイス. アドバイザリーミーティングー前立腺癌治療に関してー, 2012.12.20, 広島市

2011年

(国際学会)
Hayashi T, Ohara S, Teishima J, Shoji K, Sentani K, Oue N, Yasui W , Matsubara A. Analyses of novel genes encoding secreted and transmembrane proteins identified by the Escherichia coli ampicillin secretion trap: expression of CDON is involved in tumor cell growth and invasion,Advancements in Urology 2011 an AUA/JUA Symposium, 2011.2.16〜22, Hawaii (USA)

Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Teishima J, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N, Yasui W,Matsubara A. Analyses of novel genes encoding secreted and transmembrane proteins identified by the Escherichia coli ampicillin secretion trap: expression of CDON is involved in tumor cell growth and invasion,The 26th Annual Congress of the European Association of Urology, 2011.2.16〜22, Vienna (Austria)

Naito Y, Oue N, Sentani K, Sakamoto N, Anami K, Hayashi T, Uraoka N, Oo HZ, Wakamatsu Y,Yasui W. Transcriptional regulation of REG4, a novel diagnostic marker of gastrointestinal cancer by CDX2,The 102nd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2011.4.2〜6,Orland, Florida (USA)

Teishima J. The role of fibroblast growth factor 9 in the recurrence after radical prostatectomy, The 102nd Annual Meeting of the American Association for Cancer Research, 2011.4.2〜6, Orland, Florida (USA)

Oo HZ, Uraoka N, Hayashi T, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N,Yasui W. Gene expression profile in scirrhous type gastric cancer by CAST method, 9th International Gastric Cancer Congress, 2011.4.20〜23, Seoul (Korea)

Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Teishima J, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N, Yasui W ,Matsubara A. Identification of transmembrance protein in prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap:expression of CDON is involved in tumor cell growth and invasion, The 2011 Annual Meeting of the American Urological Association, 2011.5.14〜19, Washington D.C. (USA)

Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Teishima J, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N, Yasui W,Matsubara A. DSC2 is a new immunohistochemical marker indicative of squamous cell carcinoma component in urinary bladder cancer and a value of prognostic factor, The 2011 Annual Meeting of the American Urological Association, 2011.5.14〜19,Washington D.C. (USA)

Hayashi T, Goto K, Oka K, Inoue Y,Hayashi M. The management of proximal ureteral calculi 10mm:stone volume is the best indicator of shock wave lithotripsy, flexible ureteroscopy and retroperitoneoscopic ureterolithotomy, The 2011 Annual Meeting of the American Urological Association, 2011.5.14〜19,Washington D.C. (USA)

Oo HZ, Uraoka N, Hayashi T, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Oue N, Yasui W. Gene expression profile of scirrhous type gastric cancer analyzed by CAST method, 8th International Symposium on Minimal Residual Cancer Osaka, 2011.9.21〜23, Osaka

Naito Y, Oue N, Sentani K, Sakamoto N, Anami K, Hayashi T, Uraoka N, Oo HZ,Yasui W. Analysis of a novel transcriptional target:Reg Ⅵ is regulated by CDX2, The 21st International Symposium of the Hiroshima Cancer Seminar"Recent Progress in Carcinogenesis,Progression and Management of Upper GI Cancer ". 2011.11.6, Hiroshima

Kobayashi K. Clonal dissemination of multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa(MDRP)with the blaIMP-1 gene cassette in Hiroshima, 2011 UTⅡ Experts Consensus Conference,2011.11.26〜27, Jeju (Korea)

Kajiwara M.Glomerulations Observed After Bladder Hydrodistention in Children with Refrectory Overactive Bladder Are Glomerulation Possible Diagnostic Halmarks of Interstitinal Cystitis?, 29th World Congress of Endourology and SWL (WCE2011), 2011.11.30〜12.3, Kyoto

Kajiwara M.Narrow-Band Imaging System as a New Diagnostic and Therapeutic Tool for Ulcer Type Interstitial Cystitis/Painful Bladder Syndrome, 29th World Congress of Endourology and SWL (WCE2011), 2011.11.30〜12.3, Kyoto

Inoue S,Hieda K,Shoji K,Miyamoto K,Masumoto H,Kobayashi K,Hayashi T,Kajiwara M,Teishima J, Matsubara A. Patient-Reported Cosmesis Outcomes Following Laparoscopic Adrenalectomy:LESS vs Conventional Surgery, 29th World Congress of Endourology and SWL (WCE2011),, 2011.11.30〜12.3, Kyoto

Teishima J, Hattori M, Tatsugawa A, Shibata M, Ikeda K, Hieda K, Shoji K, Miyamoto K, Masumoto H, Inoue S, Kobayasi K, Hayashi T, Kajiwara M, Matsubara A. Impact of dV-trainer in Assessment of Adaptability for Technique of Robotic Surgery, 29th World Congress of Endourology and SWL (WCE2011), 2011.11.30〜12.3, Kyoto

Hieda K,Shibata M,Ikeda K,Shinmei S, Shoji K,Miyamoto K, Masumoto H, Inoue S, Kobayashi K,Hayashi T, Kajiwara M, Teishima J, Matsubara A. 9th World Congress of Endourology and SWL (WCE2011), 2011.11.30〜12.3, Khyoto

(国内学会)
松原昭郎.ロボット支援手術-現状と展望-,2011.1.8,第10回KMU泌尿器科セミナー, 高松市

梶原充.前立腺肥大症患者の過活動膀胱の有無によるハルナールの治療効果, 広島泌尿器疾患研究会,2011.1.18,広島市

松原昭郎.ロボット支援手術-その実際と将来展望-,第199回広島県放射線医会,2011.2.4,広島市

亭島淳. 前立腺癌小線源治療後のurinary symptom flare,第19回中国四国前立腺疾患研究会,2011.2.5,岡山市

亭島淳. 広島大学病院における限局性前立腺癌の治療,第105回呉泌尿器科医会, 2011.2.15,呉市

岩本秀雄.単孔式腹膜鏡下副腎摘除術の経験,第3回単孔式内視鏡手術研究会, 2011.2.18〜19,東京都

松原昭郎. 泌尿器がんの外科治療最前線,第9回脳神経内科ジョイントミーティング,2011.3.1,広島市

林哲太郎,大原慎也,大上秀直,亭島淳,阿南勝宏,仙谷和弘,安井弥,松原昭郎. 第20回泌尿器科分子・細胞研究会, 2011.3.11〜12, 津市

小林加直,小畠浩平,岩本秀雄,郷力昭宏,沖真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,梶原充,亭島淳,松原昭郎. Gemcitabine/Cisplatin(GC)療法が奏功した膀胱癌 micropapillary variantの2例,第100回広島がん治療研究会, 2011.3.26,広島市

井上省吾.最新の前立腺がん治療について, サノフィ・アベンティス社内レクチャー, 2011.4.8,広島市

梶原充,牟田口和昭,神明俊輔,松原昭郎.女性過活動膀胱患者に対する牛車腎気丸の有用性と治療効果および期間の関連について,第29回泌尿医科漢方研究会学術集会,2011.4.21,名古屋市

瀬野康之,加藤昌生,三田耕司.スニチニブ投与中消化管穿孔を来した2例,第41回腎癌研究会,2011.4.21,名古屋市

亭島淳.有害事象によりチロシンキナーゼ阻害剤投与の中止を余儀なくされた腎癌症例の検討,第41回腎癌研究会,2011.4.21,名古屋市

亭島淳,永井敦,那須保友,山口耕平,内藤誠二.もの申す,上司へ,部下へ-身につけるよう人間関係能力, 第99回日本泌尿器科学会総会,2011.4.21〜24,名古屋市

亭島淳,林哲太郎,正路晃一,大原慎也,松原昭郎.前立腺癌細胞の増殖と浸潤におけるFGF9, 第99回日本泌尿器科学会総会,2011.4.21〜24,名古屋市

梶原充,沖真実,小畠浩平,郷力昭宏,岩本秀雄,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,大原慎也,亭島淳,松原昭郎.潰瘍型間質性膀胱炎の診断,治療におけるnarrow band imageの可能性と問題点,第99回日本泌尿器科学会総会, 名古屋市

梶原充,小畠浩平,郷力昭宏,岩本秀雄,沖真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,大原慎也,亭島淳,松原昭郎.α1遮断薬内腹中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド0.5mg追加投与の有効性と安全性,第99回日本泌尿器科学会総会,2011.4.21〜24,名古屋市

林哲太郎,仙谷和弘,大原慎也,亭島淳,正路晃一,安井弥,松原昭郎.扁平上皮癌成分を伴う膀胱癌の新規診断マーカーDSC2とその予後因子としての意義,第99回日本泌尿器科学会総会,2011.4.21〜24,名古屋市

小林加直,小畠浩平,岩本秀雄,郷力昭宏,沖真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,梶原充,亭島淳,松原昭郎.Rectal swabを用いた広島大学病院泌尿器科外来患者における直腸内耐性大腸菌の保有率,第99回日本泌尿器科学会総会, 2011.4.21〜24,名古屋市

増本弘史,小畠浩平,郷力昭宏,岩本秀雄,沖真実,正路晃一,宮本克利,井上省吾,小林加直,梶原充,亭島淳,松原昭郎.CRPCの予後予測におけるHalabiノモグラムの有効性,第99回日本泌尿器科学会総会,2011.4.21〜24,名古屋市

神明俊輔,郷力昭宏,牟田口和昭.中津第一病院における過去6年間の前立腺全摘除術の治療成績,第99回日本泌尿器科学会総会,2011.4.21〜24,名古屋市

瀬野康之,加藤昌生,三田耕司.エベロリムスによるTKI治療後の転移性腎細胞癌のマネージメント,第99回日本泌尿器科学会総会,2011.4.21〜24,名古屋市

松原昭郎.会陰式アプローチの開発と技術の伝承,第99回日本泌尿器科学会総会, 2011.4.21〜24,名古屋市

小林加直.膀胱がん治療に対するBCG療法,泌尿器がん治療セミナー,2011.4.28, 広島市

林哲太郎,阿南勝宏,大上直秀,内藤寛,浦岡直礼,坂本直也,仙谷和弘,松原昭郎,安井弥,腎細胞癌におけるTSPAN8の発現の意義,第100回日本病理学会総会2011,4.28〜30,横浜市

林哲太郎,仙谷和弘,大上直秀,阿南勝宏,内藤寛,浦岡直礼,坂本直也,松原昭郎,安井弥:CAST法を用いた前立腺癌の新規膜蛋白・分泌蛋白の解析:前立腺癌におけるTMEM50Bの発現の意義,第100回日本病理学会総会2011,4.28〜30,横浜市

松原昭郎.前立腺全摘除術会陰式アプローチから学んだこと,東京泌尿器フォーラム,2011.5.26,東京都

沖真実,梶原充,小畠浩平,郷力昭宏,岩本秀雄,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,大原慎也,亭島淳,松原昭郎.広島県における泌尿器科医・非泌尿器科医の過活動膀胱(OAB)診療・治療の実態調査,第24回日本老年泌尿器科学会,2011.5.28〜29,名古屋市

松原昭郎.前立腺全摘-表から裏から-,あすか前立腺フォーラム,2011.6.2,東京都

梶原充,増本弘史,正路晃一,宮本克利,井上省吾,林哲太郎,小林加直,亭島淳,松原昭郎.単孔式腹腔鏡手術による根治的腎摘除術に対する当科の初期経験,第90回日本泌尿器科学会山口地方会,2011.6.5,宇部市

井上省吾.フリバスASPECT実践研修 ロールプレイ,フリバスASPECT実践研修, 2011.6.10,広島市

大原慎也.前立腺全摘除術後の勃起能の経時的変化および関連する因子について,第8回泌尿器科再建再生研究会,2011.6.11,京都市

亭島淳.前立腺癌における最新の情報提供,佐伯地区医師会学術講演,2011.6.21, 廿日市市

瀬野康之.腎細胞癌ケーススタディ-,第149回広島地方学術会,2011.6,21,広島市

松原昭郎.ロボット支援手術 その現状と将来展望,第7回徳島泌尿器腹腔鏡手術フォーラム,2011.6.23, 徳島市

小林加直.直腸内キノロン耐性大腸菌の同定と経直腸的前立腺針生検時における適切な予防抗菌化学療法選択,第59回日本化学療法学会総会,2011.6.23〜25, 札幌市

亭島淳.前立腺全摘除術後のPSA再発とその治療選択,第10回中国地区前立腺癌臨床課題研究会,2011.6.25,岡山市

亭島淳.広島大学病院における前立腺癌密封小線源永久挿入治療の治療成績, 第8回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会,2011.7.16〜17,東京都

梶原充.最新情報:臨床①小児夜尿症,第5回下部尿路機能先端教育セミナー, 2011.7.17〜18,大阪市

後藤景介,林哲太郎,大原慎也,亭島淳,松原昭郎,大上直秀,安井弥.CAST法を用いた前立腺癌細胞に発現している膜蛋白質の網羅的解析,第30回分子病理学研究会,2011.7.22〜24,倉敷市

松原昭郎.前立腺全摘除術-裏から表から-,福井泌尿器科フォーラム,2011.7.28, 福井市

亭島淳.腎細胞癌治療に関して, ファイザー(株)社内web勉強会,2011.8.5,広島市

梶原充,治療に難渋する頻尿についてー見逃しやすい間質性膀胱炎を観る,第7回倉敷排尿障害セミナー,2011.8.25,倉敷市

梶原充,井上省吾,瀬野康之,増本弘史,宮本克利,林哲太郎,小林加直,亭島淳,松原昭郎. 腎細胞癌に対する腹腔鏡下根治的腎摘除術の術,第4回単孔式内視鏡手術研究会,2011.8.27,東京都

瀬野康之.腎細胞癌に対する単孔式腹腔鏡下腎摘除術,第4回単孔式内視鏡手術研究会,2011.8.27, 東京都

井上省吾,瀬野康之,正路晃一,増本弘史,宮本克利,小林加直,林哲太郎,梶原充,亭島淳,松原昭郎.広島大学病院における泌尿器科単孔式腹腔鏡手術,第4回単孔式内視鏡手術研究会,2011.8.27,東京都

瀬野康之.両側腎細胞癌に対してネオアジュバンド療法を行い腎機能温存手術が可能となった2例,広島腎疾患研究会,2011.8.27,

亭島淳.ロボット手術について,ノバルティスファーマ(株)社内レクチャー, 2011.8.30,広島市

梶原充,小林加直,井上省吾,亭島淳,松原昭郎.潰瘍型間質性膀胱炎/膀胱痛症候群に対するnarrow band imageを用いた経尿道的潰痕焼均術の初期経験,第18回日本泌尿機能学会,2011.9.15〜18,福井市

梶原充.新しい前立腺肥大症ガイドラインの読み方〜快適な排尿ライフのために〜,安芸学術講演会,2011.9.22,広島市

増本弘史.去勢抵抗性前立腺癌に対する予後予測の検討,広島手術フォーラム, 2011.9.22,広島市

林哲太郎.腎癌に対するmTOR inhibitor(Torisel)の使用経験,第101回広島がん治療研究会,2011.9.24,広島市

林哲太郎.腎癌に対するmTOR inhibitor(Torisel)の初期使用経験,広島腎泌尿器学講演会,2011.9.30,広島市

林哲太郎,仙谷和弘,大上直秀,阿南勝宏,坂本直也,浦岡直礼,内藤寛,後藤景介, 亭島淳,松原昭郎,安井弥. Search for secreted protein in prostate cancer by CAST methods:expression of NBL1 is highly restricted in prostate,第70回日本癌学会学術総会,2011.10.3〜5,名古屋市

正路晃一,亭島淳,大原慎也,林哲太郎,松原昭郎.Restoration of FGFR2Ⅲb Enhances the Chemosensitivity of Human Prostate Cancer Cells,第70回日本癌学会学術総会,2011.10.3〜5,名古屋市

後藤景介,林哲太郎,仙谷和弘,阿南勝宏,大上直秀,坂本直也,浦岡直礼,亭島淳,松原昭郎,安井弥.Immunohistochemical analysis of TSPAN8 in renal cell carcinoma:staining of TSPAN8 is a poor prognostic factor,第70回日本癌学会学術総会,2011.10.3〜5,名古屋市

亭島淳,林哲太郎,正路晃一,大原慎也,松原昭郎.前立腺癌細胞へのFGF9集積は前立腺全摘除術後の再発に関与する,第70回日本癌学会学術総会,2011.10.3〜5,名古屋市

松原昭郎.ロボット支援手術 その現状と将来展望,日本臨床泌尿器科医会 第8回臨床検討会,2011.10.9,広島市

松原昭郎.ロボット支援手術 その現状と将来展望,第3回道北泌尿器がんセミナー,2011.10.14,旭川市

大原慎也.集学的治療により完全寛解が得られた前立腺横紋筋肉腫の1例,第76回日本泌尿器科学会東部総会,2011.10.20~22,横浜市

亭島淳.腎部分切除後に再発をきたした小径腎細胞癌の1例,第42回腎癌研究会, 2011.10.26〜30,名古屋市

亭島淳,瀬野康之,松原昭郎.転移性腎細胞癌に対する分子標的治療の予後予測, 第49回日本癌治療学会学術集会,2011.10.27〜29,名古屋市

小林加直.80歳以上の高齢者における筋層非浸潤性膀胱癌のBCG膀胱内注入療法の有効性と安全性,第49回日本癌治療学会学術集会,2011.10.27〜29,名古屋市

小林加直.高齢者の筋層非浸潤性膀胱癌に対するBCG膀胱内入療法の有効性と安全性,第4回BCG注入療法研究会,2011.11.4,東京都

亭島淳,瀬野康之,松原昭郎.シンポジウム:First lineの分子標的薬,第63回日本泌尿器科学会西日本総会,2011.11.10〜12,久留米市

亭島淳.転移性腎細胞癌に対する分子標的治療の予後予測,第63回日本泌尿器科学会西日本総会,2011.11.10〜12,久留米市

梶原充,加藤昌生,沖真実,郷力昭宏,岩本秀雄,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,林哲太郎,亭島淳,松原昭郎.1広島県における内科医の過活動膀胱診療,治療に対する意識の経年的変化,第63回日本泌尿器科学会西日本総会,2011.11.10〜12,久留米市

梶原充,増本弘史,岩本秀雄,沖真美,瀬野康之,金岡隆平,正路晃一,宮本克利,井上省吾,林哲太郎,小林加直,亭島淳,松原昭郎.腎細胞癌に対する単孔式腹腔鏡下根治的腎敵除術の初期経験,第63回日本泌尿器科学会西日本総会, 2011.11.10〜12,久留米市

林哲太郎.The search for novel genes encoding secreted and transmembrane proteins in prostate cancer by the Escherichia coli ampicillin secretion trap,第63回日本泌尿器科学会西日本総会,2011.11.10〜12,久留米市

井上省吾,柴田昌紀,池田健一郎,稗田圭介,正路晃一,増本弘史,宮本克利,小林加直,林哲太郎,梶原充,亭島淳,松原昭郎.腹腔鏡下副腎摘除術における患者自己記入式評価による整容性の評価,第63回日本泌尿器科学会西日本総会, 2011.11.10〜12,久留米市

亭島淳,井上省吾,池田健一郎,正路晃一,増本弘史,宮本克利,小林加直,林哲太郎,梶原充,松原昭郎.ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の初期経験,第64回広島医学会総会,2011.11.13,広島市

梶原充,柴田昌紀,後藤景介,稗田圭介,金岡隆平,神明俊輔,瀬野康之,正路晃一,沖真美,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,林哲太郎,亭島淳,松原昭郎. 女性腹圧性尿失禁に対する経閉鎖孔式中部尿道スリング手術の安全性と有効性, 第64回広島医学会総会,2011.11.13,広島市

梶原充,柴田昌紀,後藤景介,稗田圭介,金岡隆平,神明俊輔,瀬野康之,正路晃一,沖真美,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,林哲太郎,亭島淳,松原昭郎. 骨盤臓器脱のひとつ膣断端脱に対する経膣式メッシュ手術の安全性と有効性, 第64回広島医学会総会,2011.11.13,広島市

井上省吾,梶原充,柴田昌紀,池田健一郎,稗田圭介,正路晃一,増本弘史,宮本克利,小林加直,林哲太郎,亭島淳,松原昭郎.広島大学病院における泌尿器科単孔式腹腔鏡手術,第64回広島医学会総会,2011.11.13,広島市

稗田圭介,柴田昌紀,池田健一郎,神明俊輔,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,林哲太郎,梶原充,亭島淳,松原昭郎.広島大学病院における腹腔鏡下前立腺全摘除術の手術成績,第64回広島医学会総会,2011.11.13,広島市

梶原充.広島県3病院 デュタステリド症例報告,広島排尿障害講演会, 2011.11.25,広島市

稗田圭介,柴田昌紀,池田健一郎,神明俊輔,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,林哲太郎,梶原充,亭島淳,松原昭郎.腹腔鏡下前立腺全摘術の膀胱尿道吻合におけるV-Loc TM 180の使用経験,第25回日本泌尿器内視鏡学会総会, 2011.11.30〜12.3,京都市

亭島淳,服部稔,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,林哲太郎,梶原充,松原昭郎. 鏡視下手術の経験がda Vinciの紺子操作の習熟に及ぼす影響, 第25回日本泌尿器内視鏡学会総会,2011.11.30〜12.3,京都市

亭島淳,井上省吾,稗田圭介,柴田昌紀,池田健一郎,正路晃一,増本弘史,宮本克利,小林加直,林哲太郎,梶原充,松原昭郎.ロボット支援腹空鏡下腎部分切除術の初期体験,第4回日本ロボット外科学会学術集会,2011.12.3,吹田市

亭島淳,服部稔,柴田昌紀,池田健一郎,稗田圭介,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,林哲太郎,梶原充,松原昭郎.da Vinci紺子操作の取得,第4回日本ロボット外科学会学術集会,2011.12.3,吹田市

亭島淳,柴田昌紀,池田健一郎,稗田圭介,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,林哲太郎,梶原充,松原昭郎.低・中リスク群限局性前立腺癌に対する密封小線源永久挿入治療の治療成績,第27回前立腺シンポジウム, 2011.12.11,東京都

梶原充. Homemade single-port device(HSD)を用いた肝挙上用ポートを造設することなくLaparoendoscopic single-site surgery(LESS)を行った右腎細胞癌(RCC)の2例,第91回日本泌尿器科学会山口地方会,2011.12.17,宇部市

松原昭郎.前立腺癌における診断・治療に関する意見アドバイス,アドバイザリーミーティング ー前立腺癌治療に関してー,2011.12.20,広島市

2010年

(国際学会)
Teishima J, Hayashi t, Shoji K, Ohara,S, Matsubara A. The role of fibroblast growth factor-9 in the progression of prostate cancer, 2010.3.5-7, San Francisco

Teishima J. Abnormalities of FGF9 and FGFR2IIIb in Prostate Cancer, International Congress of Antibodies 2010,2010.3.26.Beijing

Hayashi T, Oue N, Anami K, Sakamoto N, Sentani K, Ohara S, Teishima J, Matsubara A, Yasui W.Analyses of novel genes encoding secreted and transmembrane proteins identified by CAST method: CDON is highly expressed in prostate cancer,2010.4.17-22,AACR 101st annual meeting,Washington,DC

Kajiwara M, Miyamoto K, Masumoto H, Oki M, Teishima J, Matsubara A.Combination treatment with solifenacin plus desmopressin for children with persistent nocturnal incontinence which lasts after obtaining complete pf urge urinary incontnence, International Continence Society(ICS) and International Urogynecological Association(IUGA), 2010.4.17-22, Toronto

Teishima J, Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Matusbara A.The Role of FGF9 for Post-operative Reccurence After Radical Prostatectomy,The 27th Japan-Korea Urological Congress, 2011.9.10-11,Kyoto

Teishima J, Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Matusbara A. FGF9 as a Predictive Factor for Postoperative Recurrence after Radical Prostatectomy, 第6回ホルモン依存癌国際シンポジウム, 2010.9.14-15.Tokyo

(国内学会)
Shoji K. Effects of restoration of FGFR2Ⅲb on chemosensitivity in human prosutate cancer, 第69回日本癌学会学術総会, 2010.9.22-24,大阪

Hayashi T, Sakane J, Anami K,Sakamoto N, Ohara S, Matsubara A,Oue N, Taniyama K, Wasui W. Search for genes encoding secreted and transmembrane proteins in prostate cancer cel lines using CAST(前立腺癌細胞株において発現している分泌/膜貫通蛋白質のCAST法を用いた解析), 第69回日本癌学会学術総会, 2010.9.22-24,大阪

Hayashi T, Sentani K, Oue N, Anami K, Sakamoto N, Ohara S,Teishima J, Matsubara A, Yasui W.DSC2 is a new diagnostic marker of urothelial carcinomas with squamousdifferentiation and A prognostic factor.(扁平上皮癌成分を伴う膀胱癌の新規診断マーカーDSC2とその予後因子としての意義), 第69回日本癌学会学術総会, 2010.9.22-24,大阪

Teishima J, Hayashi T, Ohara S, Shoji K, Matsubara A.FGF9 as a Predictive Factor for Postoperative Recurrence after Radical Prostatectomy,第69回日本癌学会学術総会, 2010.9.22-24,大阪

三田耕司.男性更年期の診療、第78回広島プライマリーケアセミナー、2010.1.26,広島市

亭島 淳,林哲太郎,正路晃一,大原慎也,松原昭郎.正前立腺癌細胞の増殖におけるFGF9の役割,第19回泌尿器科分子・細胞研究会,2010.2.19-20, 神戸市

三田耕司.EDの話題 パートナーからの視点, 佐伯区医師会講演会, 2010.2.23,広島市

大原慎也.転移を有する腎癌における腎摘除術の意義, 第98回広島がん治療研究会, 2010.3.27,広島市

松原昭郎.広島大学病院における腎がんの外科的治療,第142回北九州腎臓懇話会,2010.4.20,小倉市

松原昭郎,亭島 淳,井上省吾,宮本克利,正路晃一,上田晃嗣,増本弘史,桐谷玲子,小林加直,大原慎也,梶原 充,三田耕司.会陰式前立腺全摘除術における断端陽性とその治療, 第98回日本泌尿器科学会総会, 2010.4.27-30, 盛岡市

亭島 淳,林 哲太郎,正路晃一,大原慎也,松原昭郎.前立腺癌の進展におけるFGF9の役割,第98回日本泌尿器科学会総会,2010.4.27-30,盛岡市

梶原 充,森山浩之, 正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,桐谷玲子,小林加直,大原慎也,亭島 淳,三田耕司,沖真実,松原昭郎.男性の間質性膀胱炎(CPPS/IC)に関する臨床統計,第98回日本泌尿器科学会総会,2010.4.27-30,盛岡市

正路晃一,亭島 淳,大原慎也,林哲太郎,松原昭郎.前立腺癌細胞に対するFGFR2キナーゼとゾレドロン酸の併用効果, 第98回日本泌尿器科学会総会,2010.4.27-30,盛岡市

亭島 淳,林哲太郎,正路晃一,大原慎也,松原昭郎.前立腺癌の進展におけるFGF9の役割,第98回日本泌尿器科学会総会,2010.4.27-30,盛岡市

松原昭郎,亭島 淳,井上省吾,宮本克利,正路晃一,上田晃嗣,増本弘史,桐谷玲子,小林加直,大原慎也,梶原 充,三田耕司.会陰式前立腺全摘除術における断端陽性とその治療,第98回日本泌尿器科学会総会,2010.4.27-30,盛岡市

三田耕司,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,桐谷玲子,小林加直,大原慎也,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎.乳頭状腎細胞癌の臨床的検討, 第98回日本泌尿器科学会総会,2010.4.27-30,盛岡市

林哲太郎,仙谷和弘,大上直秀,阿南勝宏,坂本直也,大原慎也,松原昭郎,中山宏史, 谷山清己,安井 弥. 前立腺癌の進展におけるFGF9の役割,第99回日本病理学会総会, 2010.4.27,東京都

松原昭郎.前立腺癌ホルモン治療 Up to Date, 横浜北部Urology Seminar,2010.5.27, 横浜市

梶原 充,桐谷玲子, 宮本克利,正路晃一,増本弘史, 井上省吾, 小林加直, 大原慎也, 亭島 淳, 三田耕司, 松原昭郎.骨盤臓器脱に対するTension-Free Vaginal Mesh(TVM)手術による術後疼痛の検討,第12回日本女性骨盤底医学会学術集会,2010.5.29-30,さいたま市

小林加直. 陰茎海綿体膿瘍の1例, 第58回日本化学療法学会総会,2010.6.3-4, 長崎市

林哲太郎,大上 直秀,阿南 勝宏,坂本 直也,仙谷 和弘,大原慎也,松原昭郎, 安井 弥. 分泌/膜貫通タンパク質のCAST法を用いた解析:前立腺癌におけるCDONの発現と増殖・浸潤との関連,第19回日本がん転移学会学術集会・総会,2010.6.16, 金沢市

亭島 淳.前立腺がんにおけるFGF-FGFRファミリー,第3回前立腺生物学シンポジウム伊勢志摩,2010.6.17, 鳥羽市

亭島 淳.高リスク前立腺癌に対する治療戦略中国地区前立腺癌臨床課題研究会,2010.6.26,広島市

松原昭郎.前立腺全摘除術 会陰式アプローチから学んだこと,山形前立腺癌学術講演会,2010.6.30,山形市

梶原 充.男性の排尿障害について-アボルブ使用経験-,2010.7.9,広島市

梶原 充.小児の過活動膀胱について〜おしっこで困ることのない質の高い生活を〜第4回小児夜尿症勉強会,2010.7.24,さいたま市

Kajiwara M, Kobatake K, Goriki A, Iwamoto K, Shoji K, Oki M, Miyamoto K, Masumoto H, Inoue S, Kobayashi K, ohara S, Teishima J, Matsubara A. Transvaginal surgical management of rectocele using biomaterials; Gynecare PROLIFTTM,第15回大腸肛門機能カンファレンス,2010.7.31,東京都

梶原 充. 神経因性膀胱・尿閉7西病院看護部長勉強,2010.8.5,広島市

亭島 淳. 泌尿器癌治療について (ファイザー株式会社), 2010.8.6,広島市

松原昭郎.前立腺全摘除術 会陰式アプローチからの一考察,平成22年度大文字会プログラム,2010.8.21, 京都市

亭島 淳. 転移性腎細胞の治療について, ノバルティスファーマ社内勉強会, 2010.8.2,広島市

小林加直,小畠浩平,岩本秀雄,郷力昭宏,沖真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,大原慎也,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎.前立腺全摘術後における陰茎サイズの変化 –DVC切断は術後の陰茎サイズに影響するか?- 日本性機能学会第21回学術総会, 2010.8.28, 名古屋市

亭島 淳. 前立腺がん最新の治療について 「再燃前立腺癌のケーススタディ- タキソテールをいつ開始するか、いつまで投与するか-」, タキソテール前立腺がんコンセンサスセミナー,2010.9.4,岡山市

大原慎也. 進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の治療成績, 第99回広島がん治療研究会, 2010.9.18 , 広島市

亭島 淳. 「各PSAパラメーターの臨床的役割 〜どの場面でどのように活用するのか〜」 , 第5回九州・中国 Prostate Cancer Workshop,2010.9.18,博多区

梶原 充. 日常治療に役立つ過活動膀胱の診かた, 佐伯地区医師会学術講演会, 2010.9.21, 広島市

林哲太郎,仙谷和弘,大上直秀,阿南勝宏,坂本直也,大原慎也,松原昭郎,安井 弥. DSC2は膀胱扁平上皮癌成分の検出に有用な新規マーカーである,第30回日本分子腫瘍マーカー研究会,2010.9.21, 大阪市

松原昭郎. 前立腺全摘除術〜会陰式アプローチからの一考察〜, 第27回神楽坂カンファレンス,2010.9.24,東京都

梶原 充,沖 真実,小畠浩平,郷力昭宏,岩本秀雄,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,大原慎也,亭島 淳,松原昭郎. 間質性膀胱炎/膀胱痛症候群の診断におけるnarrow-band imaging systmeの有用性について,第17回日本排尿機能学会,2010.9.29-10.1甲府市

梶原 充,加藤昌生,井上洋二,岩本秀雄,沖 真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,大原慎也,小林加直,亭島 淳,松原昭郎. タムスロシン塩酸塩の高齢者、非高齢者前立腺肥大患者に対する安全性と有用性について, 第17回日本排尿機能学会, 2010.9.29-10.1甲府市

井上省吾,郷力昭宏,正路晃一,宮本克利,大原慎也,小林加直,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎.単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の経験.第24回日本Endourology・ESWL学会総会, 2010.10.21-2, 京都市

宮本克利,小畠浩平,郷力昭宏,岩本秀雄,沖真実,正路晃一,増本弘史,井上省吾,大原慎也,小林加直,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎.腎細胞癌に対する鏡視下腎摘除術の腎機能への影響, 第24回日本Endourology・ESWL学会総会,2010.10.21-2,京都市

林哲太郎,岡清貴,井上洋二,林睦雄,後藤景介. 長径10mm以上の上部尿管結石に対する各種治療法の選択について, 第24回日本Endourology・ESWL学会総会,2010.10.21-2,京都市

亭島 淳,郷力昭宏,大原慎也,小畠浩平,岩本秀雄,沖真実,正路晃一,増本弘史,宮本克利,井上省吾,小林加直,梶原 充,松原昭郎.進行性腎細胞癌に対する分子標的薬の治療成績, 第48回日本癌治療学会学術集会,2010.10.28-3, 京都市

小畠浩平,亭島 淳,岩本秀雄,郷力昭宏,沖真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,大原慎也,小林加直,梶原 充,松原昭郎.去勢抵抗性前立腺癌に対するDocetaxel Estramustine併用療法の治療成績, 第62回日本泌尿器科学会西日本総会, 2010.11.4-5, 鹿児島市

宮本克利,小畠浩平,郷力昭宏,大原慎也,岩本秀雄,沖真実,正路晃一,増本弘史、宮本克利,井上省吾,小林加直,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎.ロボット支援下根治的前立腺全摘除術の初期経験, 第62回日本泌尿器科学会西日本総会, 2010.11.4-5, 鹿児島市

郷力昭宏,小畠浩平,岩本秀雄,沖 真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,大原慎也,小林加直,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎.当院における体腔鏡下腎部分切除術, 第62回日本泌尿器科学会西日本総会, 2010.11.4-5, 鹿児島市

亭島 淳,小畠浩平,岩本秀雄,郷力昭宏,沖 真実,正路晃一,増本弘史,宮本克利,井上省吾,大原慎也,小林加直,梶原 充,松原昭郎.広島大学病院泌尿器科における腹腔鏡技術認定医育成のための手術指導と安全確保(指導医認定コース教育プログラム), 第62回日本泌尿器科学会西日本総会, 2010.11.4-5鹿児島市

梶原 充.男性の排尿障害について〜デュタステリド使用経験〜, アボルブ発売1周年記念講演会, 2010.11.9, 広島市

松原昭郎.ロボット支援手術—その実際と今後の展望—,第11回岐阜前立腺セミナー,2010,11,12, 岐阜市

梶原 充. 前立腺肥大症について, 北部泌尿器フォーラム, 2010.11.12-13, 三次市

梶原 充,沖 真実,小畠浩平,岩本秀雄,郷力昭宏,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,大原慎也,亭島 淳,松原昭郎.narrow-band imaging system(NBI)およびi-scan Tone Enhancement(TE)の初期使用経験, 第63回広島医学会総会, 2010.11.14広島市

井上省吾,小畠浩平, 郷力昭宏,岩本秀雄,沖 真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史 大原慎也,小林加直,亭島 淳,松原昭郎.単孔式腹腔鏡下副腎摘除術の治療成績, 第63回広島医学会総会,2010.11.14,広島市

郷力昭宏, 小畠浩平,岩本秀雄,沖 真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,大原慎也,小林加直,梶原 充,亭島 淳,松原昭郎.広島大学病院泌尿器科における体腔鏡下腎部分切除術の成績, 第63回広島医学会総会, 2010.11.14, 広島市

亭島 淳,井上省吾,郷力昭宏, 小畠浩平,岩本秀雄,沖 真実,正路晃一,増本弘史,宮本克利,大原慎也,小林加直,梶原 充,松原昭郎.ロボット支援下根治的前立腺全摘除術の初期経験, 第63回広島医学会総会, 2010.11.14, 広島市

松原昭郎.ここまできたロボット手術-その実際と今後の展望-第63回広島医学会総会2010.11.14広島市

亭島 淳.前立腺癌治療の基礎知識, Educational TV Seminar for Nurse , 2010.11.27, 東京都

亭島 淳,井上省吾,郷力昭宏,小畠浩平,岩本秀雄,沖 真実,正路晃一,増本弘史,宮本克利,大原慎也,小林加直,梶原 充,松原昭郎.ロボット支援下根治的前立腺全摘除術の初期経験, 第3回日本ロボット外科学会学術集会,2010.12.3,福岡市

梶原 充,小畠浩平, 郷力昭宏,岩本秀雄,沖 真実,正路晃一,宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,大原慎也,亭島 淳,松原昭郎. sα1遮断薬内服中の前立腺肥大症患者に対するデュタステリド0.5mg追加投与の有効性と安全性, 第89回日本泌尿器科学会山口地方会, 2010.12.4-5, 宇部市

亭島 淳,小畠浩平,高広悠平,岩本秀雄,郷力昭宏,沖 真実,正路晃一, 宮本克利,増本弘史,井上省吾,小林加直,大原慎也,梶原 充,松原昭郎.去勢抵抗性前立腺癌に対するDocetaxel Estramustine併用療法の治療成績,第26回前立腺シンポジウム2010.12.10-12, 東京都

林 哲太郎,仙谷 和弘,安井 弥.腎腫瘍,第55回広島病理集談会,2010,12.25,広島市

2009年

(国際学会)
Matsubara Akio,Implication of FGFR in loss of hormone dependency of prostate cancer and its application to new therapy for prostate cancer,2009.2.7-8,,The International Workshop on BioDental Education & Research,Hiroshima

Ohara S, Oue N, Hayashi T, Matsubara A, Yasui W,Reg IV expression in cancer of prostate, kidney, and urinary tract: frequent expression of Reg IV in prostate cancer,2009.4.18-22,100th,AACR ,Denver, Colorado

Kobayashi K, Koda S, Sugai M, Matsubara A,CHARACTERIZATION OF A NOVEL AMINOGLYCOSIDE 6-N-ACETYLTRANSFERASE GENE IN A MULTIDRUG-RESISTANT PSEUDOMONAS AERUGINOSA STRAIN ,2009.4.26,104th,AUA Annual Meeting,Chicago

Kajiwara M, Oki M, Moriyama H, Matsubara A,SAFETY AND EFFICACY OF EXTENDED-RELEASE TOLTERODINE FOR NON-NEUROGENIC OVERACTIVE BLADDER IN JAPANESE ELDERS >/=75 YEARS,2009.9.29-10.3,39th,International Continence Society Annual Meeting ,San Francisco

Tetsutaro Hayashi1, Naohide Oue,Katsuhiro Anami1, Naoya Sakamoto, Shinya Ohara, Akio Matsubara,Wataru Yasui,Search for secreted and transmembrane protein using CAST : CDON is highly expressed in prostate cancer,2009.10.2,第68回,日本癌学会学術総会,横浜市

梶原充,SAFETY AND EFFICACY OF EXTENDED-RELEASE TOLTERODINE FOR NON-NEUROGENIC OVERACTIVE BLADDER IN JAPANESE ELDERS >/=75 YEARS,2009.10.15-18,5th,Congress of Asia Pacific Society for the Study of Aging Male,大阪市

Mita K, Shoji K, Miyamoto K, Masumoto H, Inoue S, Kiritani R, Kobayashi K, Ohara S, Teishima J, Kajiwara M, Akio Matsubara,Serum adiponectin level in Japanese patients with prostate cancer,2009.10.15-18,5th,APSSAM(Congress of Asia Pacific Society for the Study of Aging Male,Osaka

Kajiwara M,The prevalence of hot flushes in Japanese older men : A comparison between those receiving endocrine therapy for prostate cancer and the general population,2009.10.15-18,5th,APSSAM(Congress of Asia Pacific Society for the Study of Aging Male,Osaka

(国内学会)
松原昭郎,前立腺癌と下部尿路症状,2009.1.15,九州泌尿器科医会平成20年度第10回研修会,北九州市

松原昭郎,前立腺癌と下部尿路症状,2009.1.23,大竹市医師会月例会, 大竹市

長谷川泰久、三田耕司、石田吉樹、甲田俊太郎、松原昭郎、瀬野康之、植木哲裕、中本貴久,巨大尿管ポリープの1例,2009.2.14,第142回,日本泌尿器科学会広島地方会,広島市

小林加直,甲田俊太郎,加藤文紀,藤原環,板羽秀之,大毛宏喜,松原昭郎,菅井基行,blaIMP-1インテグロンカセットに存在する新規アミノグリコシド耐性遺伝子の解析,2009.2.20,第24回,広島感染症研究会,広島市

甲田俊太郎,石田吉樹,増本弘史,小林加直,長谷川泰久,加藤昌生,亭島 淳,安本博晃,三田耕司,松原昭郎,前立腺癌患者に対する内分泌治療後に発症した手根管症候群症例の1例,2009.2.21,第17回,中国四国前立腺疾患研究会,岡山市

甲田俊太郎,石田吉樹,増本弘史,小林加直,長谷川泰久,加藤昌生,亭島 淳,安本博晃,三田耕司,松原昭郎,副腎腫瘍に対する副腎摘除術の検討,2009.3.7,第24回,日本内分泌学会中国支部学術集会,広島市

松原昭郎,前立腺癌検診の話題と展望,2009.3.13,中津泌尿器学術講演会,中津市

小林加直,甲田俊太郎,加藤文紀,藤原環,板羽秀之,大毛宏喜,松原昭郎,菅井基行,多剤耐性緑膿菌のblaIMP-1インテグロンカセットに存在する新規アミノグリコシド耐性遺伝子の解析,2009.3.14,第82回,日本細菌学会総会,名古屋市

松原昭郎,前立腺癌の増殖因子と受容体ー増殖への関与と治療応用ー,2009.3.14,第349回,日本泌尿器科学会新潟地方会サテライトセミナー,新潟市

松原昭郎,泌尿器癌治療の最前線,2009.3.18,第38回,広島市中区医師会学術講演会,広島市

三田耕司,松原昭郎,進行性精巣腫瘍に対するサルベージ抗癌化学療法,2009.3.28,第96回,広島がん治療研究会,広島市

小林加直,甲田俊太郎,加藤文紀,藤原環,板羽秀之,大毛宏喜,菅井基行,松原昭郎,blaIMP-1インテグロンカセットに存在する新規アミノグリコシド耐性遺伝子の解析,2009.4.16-19,第97回,日本泌尿器科学会総会,岡山市

三田耕司、石田吉樹、増本弘史、小林加直、長谷川泰久、甲田俊太郎、加藤昌生、亭島 淳、安本博晃、松原昭郎,腹腔鏡下副腎摘徐術における腹腔内手術既往の影響,2009.4.16-19,第97回,日本泌尿器科学会総会,岡山

林哲太郎,大原慎也,松原昭郎,仙谷和弘,大上 直,安井弥,尿路系腫瘍におけるRegIVの免疫組織学的検討と血清RegIV値の腫瘍マーカーとしての有用性の検討,2009.4.16-19,第97回,日本泌尿器科学会総会,岡山市

長谷川泰久、三田耕司、石田吉樹、増本弘史、小林加直、甲田俊太郎、加藤昌生、亭島淳、安本博晃、松原昭郎,日本人前立腺生検と血中アディポネクチン,2009.4.16-19,第97回,日本泌尿器科学会総会,岡山市

亭島淳,前立腺癌に対するI-125密封小線源永久挿入治療後のQOL評価<泌尿器科学会学術奨励賞>,2009.4.16-19,第97回,日本泌尿器科学会総会,岡山市

林哲太郎,大上直秀,阿南勝宏,坂本直也,大原慎也,安井 弥,CAST法を用いた前立腺癌の分泌・膜蛋白の網羅的遺伝子解析,2009.5.1-3,第98回,日本病理学会総会,京都市

大原慎也、松原昭郎、三田耕司、長谷川泰久、林哲太郎、國安弘基、大上直秀、安井弥,尿路系腫瘍におけるRegIVの解析:RegIVは前立腺癌で高い発現しており、血清腫瘍マーカーとして有用である,2009.5.1-3,第98回,日本病理学会総会,京都市

松原昭郎,前立腺癌の増殖因子と受容体ー増殖への関与と治療応用ー,2009.5.16,第240回,日本泌尿器科学会東北地方会ランチョンセミナー,仙台市

松原昭郎,前立腺がん検診:現状と将来展望,2009.5.20,第112回,広島市医師会学術講演会,広島市

梶原充、増本弘史、井上省吾、小林加直、大原慎也、亭島淳、三田耕司、松原昭郎、沖真実、森山浩之,小児non-monosymptomatic nocturnal enuresisに対するコハク酸ソリフェナシンおよびデモプレッシン・スプレーの有効性,2009.6.20,第20回,日本夜尿症学会,宇都宮市

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療-最近の知見と今後の課題,2009.6.25,第14回,阪神前立腺疾患セミナー,西宮市

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療ー最近の知見と今後の課題ー,2009.6.26,第16回,福岡前立腺癌研究会,福岡市

松原昭郎,会陰式前立腺全摘除術,2009.7.2,第2回,NSUフォーラム,米子市

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療-最近の知見と今後の課題,2009.7.3,第4回大分泌尿器臨床セミナー,大分市

松原昭郎,前立腺癌の診断と治療-最近の話題-,2009.7.21,第194回,広島大学第一内科同門会火曜会,広島市

林哲太郎,仙谷和弘,大上直秀,阿南勝宏,坂本直也,大原慎也,松原昭郎,中山宏文,谷山清己,安井弥,扁平上皮癌の新規診断マーカーDSC2の膀胱癌における発現と臨床病理学的,2009.7.23,第18回,日本癌転移学会学術集会・総会,旭川市

松原昭郎,泌尿器のがん,2009.7.25,NPOがん患者支援ネットワーク広島講演会,広島市

松原昭郎、亭島淳、三枝、作間,前立腺がんと向き合うために〜知っておきたい診断と治療〜,2009.7.26,,市民公開講座,広島市(中国新聞ホール)

三田耕司、松原昭郎,40歳以下の一般日本成人女性における性に関する情報の伝達,2009.8.29,第46回,日本生殖医学会中国四国支部学術講演会,岡山市

松原昭郎,前立腺癌の診断と治療アップデート,2009.9.8,佐伯区医師会講演会,広島市

梶原充、加藤昌生、増本弘史、井上省吾、小林加直、大原慎也、亭島淳、三田耕司、松原昭郎、沖真実、森山浩之,前立腺肥大症患者の過活動膀胱の有無によるタムスロシン塩酸塩の治療効果,2009.9.10-12,第16回,日本排尿機能学会,福岡市

梶原充、加藤昌生、増本弘史、井上省吾、小林加直、大原慎也、亭島淳、三田耕司、松原昭郎、沖真実、森山浩之,80歳以上、80歳未満の後期高齢者過活動膀胱に対するトルテロジンの安全性、忍容性および治療効果,2009.9.10-12,第16回,日本排尿機能学会,福岡市

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療-最近の知見と今後の課題,2009.9.11,第46回,福山泌尿器科会,福山市

三田耕司、正路晃一、宮本克利、増本弘史、井上省吾、桐谷玲子、大原慎也、小林加直、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎,限局性腎細胞がんに対する腹腔鏡下手術の治療成績,2009.9.12,第97回,広島がん治療研究会,広島市

三田耕司、松原昭郎,女性に対するED治療薬の情報伝達,2009.9.18-19,第20回,日本性機能学会総会,東京

松原昭郎,50歳からの前立腺がん検診のすすめ,2009.9.19,市民公開講座「パパの明日を守りたい」,徳島市

松原昭郎,泌尿器がんの最新情報,2009.9.26,第11回,NPO法人広島がんサポート主催セミナー患者と家族のためのがんセミナー,広島市

小林加直,泌尿器がん治療最前線,2009.9.30,出張講義:三津田学問探訪,呉市

林哲太郎、大上秀直、大原慎也、松原昭郎、坂本直也、仙谷和弘、安井弥 ,Reg IV の前立腺癌における予後予測因子、血清マ—カーとしての有用性,2009.9.30,第29回,日本分子腫瘍マーカー研究会 ,横浜市

松原昭郎,広島大学健康フォーラム2009人生百年を生き抜く〜医療新時代〜、中高年の排尿トラブル,2009.10.3,,市民公開講座,広島市(中国新聞ホール)

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療-最近の話題と今後の課題,2009.10.8,第7回,島根泌尿器科セミナー学術講演会,出雲市

三田耕司、丸川和志、太刀掛俊浩、松原昭郎,嚢胞状を呈した腎腫瘍における術前CT画像の検証,2009.10.22-24,第47回,日本癌治療学会,横浜市

亭島淳,前立腺癌に対するI-125小線源治療後の下部尿路症状の変化,2009.10.22-24,第47回,日本癌治療学会,横浜市

松原昭郎,世界最先端の低侵襲医療(痛みや出血などをできるを目指してだけ少なくする医療)を目指して,2009.10.24,第4回,広島大学テレビセミナー大学病院は今,中国放送テレビ

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療-最近の知見と課題,2009.10.27,第11回,新潟高齢者泌尿器科研究会,新潟市

三田耕司、大田将史、重松慶紀、関野陽平、正路晃一、宮本克利、増本弘史、桐谷玲子、井上省吾、大原慎也、小林加直、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎,パネルディスカッション:効果的・効率的な泌尿器腹腔鏡手術医の育成(指導医教育コース)ー広島大学における腹腔鏡下手術の取り組みー,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

梶原充、沖真実、正路晃一、宮本克利、増本弘史、井上省吾、桐谷玲子、小林加直、大原慎也、亭島淳、三田耕司、森山浩之、松原昭郎,80歳以上の高齢者過活動膀胱に対するトルテロジンの安全性、忍容性および有効性の検討,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

三田耕司、大田将史、重松慶紀、関野陽平、正路晃一、宮本克利、増本弘史、桐谷玲子、井上省吾、大原慎也、小林加直、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎,腹腔鏡手術の解放手術移行症例の検証,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

亭島淳、井上省吾、松原昭郎,前立腺癌に対するI-125小線源治療後の下部尿路症状の変化,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

小林加直、正路晃一、宮本克利、増本弘史、桐谷玲子、井上省吾、大原慎也、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎、大毛宏喜、菅井基行,広島地区における院内分離耐性緑膿菌の検討ー多剤耐性緑膿菌を中心にー,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

小林加直、正路晃一、宮本克利、増本弘史、桐谷玲子、井上省吾、大原慎也、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎,尿より分離されたキノロン耐性大腸菌の検討,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

増本弘史、正路晃一、宮本克利、桐谷玲子、井上省吾、小林加直、大原慎也、梶原 充、亭島 淳、三田耕司、松原昭郎,妊娠中毒症を契機に診断された副腎褐色細胞腫の一例,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

大原慎也、林哲太郎、三田耕司、松原昭郎、大上直秀、安井弥,前立腺癌におけるReg IVの発現,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

梶原充、沖真実、正路晃一、宮本克利、増本弘史、井上省吾、桐谷玲子、小林加直、大原慎也、亭島淳、三田耕司、森山浩之、松原昭郎,男性下部尿路症の診察におけるOAB-SSの有用性について,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

井上省吾、大田将史、重松慶紀、関野陽平、増本弘史、大原慎也、小林加直、梶原充、亭島 淳、三田耕司、松原昭郎,広島大学病院における腹腔鏡下手術の検討,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

松原昭郎,再燃前立腺癌のケーススタディ,2009.11.5-7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会,高松市

亭島淳、増本弘史、宮本克利、井上省吾、桐谷玲子、小林加直、大原慎也、梶原充、三田耕司、松原昭郎,広島大学病院泌尿器科における、進行性腎細胞癌に対する、脳転移症例を含めたスニチニブの臨床効果 ,2009.11.5.7,第61回,日本泌尿器科学会西日本総会サテライトシンポジウム,高松市

梶原充,子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤(POP)に対する子宮温存膣式メッシュ手術の初期経験,2009.11.8,第62回,広島医学会総会,広島市(医師会館)

梶原充,排尿障害について〜明日から役立つ診断と治療〜,2009.11.10,広島市OABセミナー,広島市

井上省吾、正路晃一、増本弘史、宮本克利、大原慎也、小林加直、亭島 淳、三田耕司、松原昭郎,Clinical statistics of laparoscopic surgery in Hiroshima University Hospital (広島大学病院における体腔鏡下手術の検討),2009.11.11-13,第23回,日本EE学会総会,東京

三田耕司、正路晃一、宮本克利、増本弘史、桐谷玲子、井上省吾、大原慎也、小林加直、梶原 充、亭島 淳、松原昭郎,オリンパス賞口演3「腹腔鏡・その他」 泌尿器腹腔鏡下手術に対する意識と現状,2009.11.11-13,第23回,日本EE学会総会,東京

亭島淳、増本弘史、宮本克利、井上省吾、桐谷玲子、小林加直、大原慎也、梶原充、三田耕司、松原昭郎,心肺停止から救命し得た巨大副腎褐色細胞腫の一例,2009.11.14,第17回,日本ステロイドホルモン学会,福岡市

梶原充,アンチエイジング・過活動膀胱,2009.11.14,第21回,日本老年医学会中国地方会,広島市

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療-最近の知見と今後の課題,2009.11.19,第3回,千葉泌尿器オンコロジー研究会,千葉市

松原昭郎,前立腺がん,2009.11.19,,イブニング・ふぉー,中国放送テレビ

小林加直,広島大学病院入院患者の尿路から分離された緑膿菌に関する検討,2009.11.21,第20回,尿路感染症研究会,東京

梶原充,女性に多い病気とその対策—泌尿器科の立場からー,2009.11.22,安佐南区母子寡婦福祉研究会,広島市

三田耕司、松原昭郎,パートナーを有する女性に対するED治療薬の情報伝達,2009.11.22-23,第54回,日本生殖医学会総会,金沢

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療-最近の知見と課題,2009.11.26,第11回,泌尿器疾患研究会,京都市

三田耕司,パネルディスカッション 尿路変更術のトラブルシューティング,2009.11.28,第144回,日本泌尿器科学会広島地方会,広島市

松原昭郎,前立腺癌のホルモン治療-最近の知見と今後の課題,2009.12.5,OCUU泌尿器疾患研究会 ,大阪市

亭島淳、正路晃一、大原慎也、上田正嗣、宮本克利、増本弘史、桐谷玲子、井上省吾、小林加直、梶原充、三田耕司、松原昭郎,病期C前立腺癌に対する治療成績,2009.12.13,第25回,前立腺シンポジウム,東京

松原昭郎,座談会「腎細胞癌の最新治療」,2009.12.18,広島市

三田耕司,EDの話題 パートナーからの視点,2009.12.19,第66回,広島泌尿器科医会,広島市

2008年

(国際学会)
Kato M, Inoue Y, Mita K, Usui T,Online questionnaire survey of overactive bladder in adult female patients,2008.9.13-17,33th,International Urogynecological Association Annual Meeting,Taipei, Taiwan

Kato M, Inoue Y, Matsubara A, Usui T,Topohistology of the female perineal membrane and cavernous nerve: a study using pelvic floor semiserial sections from elderly nulliparous and multiparous women,2008.10.20-24,38th,International Continence Society Annual Meeting,Cairo, Egypt

(国内学会)
梶原 充,加藤昌生,井上洋二,碓井 亞,沖 真実,森山浩之,シンポジウム: 難治性尿路感染の黒幕、小児の排尿異常を考える -腎瘢痕予防への欠くべからざる視点-小児排尿障害の治療と膀胱尿管逆流症の関係について,2008.1.27,第18回,日本逆流性腎症フォーラム,千葉

安本博晃,ブラキセラピー後の排尿機能,2008.2.8,第4回,中四国排尿障害研究会,岡山

安本博晃,松原昭郎,亭島 淳,長谷川泰久,碓井 亞,和田崎晃一,幸慎一郎,伊藤勝陽,125-I永久挿入組織内照射による限局性前立腺癌の治療成績,2008.2.9,第16回,中国四国前立腺疾患研究会,岡山

大原慎也,甲田俊太郎,大口泰助,安川明廣,限局性前立腺癌(cT1c)におけるactive surveillanceの臨床的検討,2008.4.25-27,第96回,日本泌尿器科学会総会,横浜

加藤昌生,井上洋二,松原昭郎,碓井 亞,高齢女性における尿道膣括約筋および深会陰横筋の組織学的検討,2008.4.25-27,第96回,日本泌尿器科学会総会,横浜

三田耕司,小林加直,井上洋二,長谷川泰久,甲田俊太郎,加藤昌生,安本博晃,松原昭郎,碓井 亞,リンパ節転移・遠隔転移のない限局性腎癌に対する治療成績,2008.4.25-27,第96回,日本泌尿器科学会総会,横浜

甲田俊太郎,小原 勝,菅井基行,碓井 亞,当科で検出された臨床分離緑膿菌の耐性機構に関する研究,2008.4.25-27,第96回,日本泌尿器科学会総会,横浜

安本博晃,ケーススタディー「精巣腫瘍」,2008.4.25-27,第96回,日本泌尿器科学会総会,横浜

林哲太郎,大原慎也,大上直秀,仙谷和弘,安井 弥,尿路系腫瘍におけるReg IVの発現と神経内分泌への分化に関する検討,2008.5.15-17,第97回,日本病理学会総会,金沢

大原慎也,大上直秀,林 哲太郎,仙谷和弘,國安弘基,安井 弥,前立腺癌におけるREG IVとEGFRの発現の関連,2008.5.15-17,第97回,日本病理学会総会,金沢

安本博晃,松原昭郎,甲田俊太郎,小林加直,北野弘之,碓井 亞,広島大学における予防抗菌薬の変遷に関する検討,2008.6.6,第56回,日本化学療法学会総会,岡山

三田耕司,泌尿器科領域に学ぶ超音波検査,2008.6.10,,泌尿器科専門医に学ぶプライマリーケアセミナー(大鵬),広島

安本博晃,限局性前立腺癌のCase Study,2008.6.14,第7回,中国地区前立腺癌臨床課題研究会,広島

安本博晃,松原昭郎,北野弘之,三枝道尚,大下彰彦,板本敏行,集学的治療が奏功した多発性肝転移を伴う腎細胞癌の1例,2008.6.21,第140回,日本泌尿器科学会広島地方会,広島

亭島 淳,安本博晃,松原昭郎,前立腺癌と尿路上皮癌の重複癌に関する臨床的検討,2008.6.21,第140回,日本泌尿器科学会広島地方会,広島

加藤昌生,排尿障害の最近の話題,2008.7.3,,安佐泌尿器科医会,広島

三田耕司,排尿障害の検査法・〜症例から学ぶ「排尿障害」の診療〜,2008.7.25,,広島プライマリーケアセミナー,広島

三田耕司,松原昭郎,日本人女性に対する勃起不全治療薬の情報不足,2008.9.5-6,第19回,日本性機能学会総会,秋田

加藤昌生,井上洋二,松原昭郎, 碓井 亞,高齢女性における会陰膜および海綿体神経の組織学的検討,2008.9.11-13,第15回,日本排尿機能学会,東京

梶原 充,沖 真実,森山浩之,加藤昌生,碓井 亞,小児過活動膀胱に対するコハク酸ソリフェナシンの安全性について,2008.9.11-13,第15回,日本排尿機能学会,東京

三田耕司,石田吉樹,増本弘史,小林加直,長谷川泰久,甲田俊太郎,加藤昌生,亭島 淳,安本博晃,松原昭郎,限局性腎癌に対する腹腔鏡下根治的腎摘除術および腹腔鏡下腎部分切除術の中長期成績,2008.9.27,第22回,広島Endourology・ESWL(EE)研究会,広島

小林加直,甲田俊太郎,加藤文紀,藤原環,板羽秀之,大毛宏喜,菅井基行,多剤耐性緑膿菌から検出された新規アミノグルコシドアセチルトランスフェラーゼ遺伝子の解析,2008.10.18,第61回,日本細菌学会中国・四国支部総会,松山

三田耕司,パートナーを有する日本人女性が持つ勃起不全治療薬の意識とその背景,2008.10.23-24,第53回,日本生殖医学会総会,神戸

Hayashi T, Ohara S, Anami K, Sakamoto N, Matsubara A, Kuniyasu H, Oue N, Yasui W,Search for secreted and transmembrane protein in prostate cancer using CAST ,2008.10.28-30,第67回,日本癌学会学術総会,名古屋

Ohara S, Matsubara A, Mita K, Hasegawa Y, Hayashi T, Kuniyasu H, Oue N, Yasui W,RegIV expression in cancer of the prostate,kidoney,and urinary tract:frequent expression of RegIV in prostate cancer,2008.10.28-30,第67回,日本癌学会学術総会,名古屋

三田耕司,長谷川泰久,松原昭郎,碓井亜 ,腹腔鏡下腎盂尿管癌の予後,2008.10.30-11.1,第46回,日本癌治療学会学術集会,名古屋

長谷川泰久,三田耕司,石田吉樹,増本弘史,小林加直,甲田俊太郎,加藤昌生,安本博晃,松原昭郎,広島大学病院腎泌尿器科における膀胱全摘除術の手術成績,2008.10.30-11.1,第46回,日本癌治療学会学術集会,名古屋

三田耕司,石田吉樹,増本弘史,小林加直,長谷川泰久,甲田俊太郎,加藤昌生,亭島 淳,安本博晃,松原昭郎,副腎摘除術の臨床的検討,2008.11.7-8,第60回,日本泌尿器科学会西日本総会,北九州

長谷川泰久,三田耕司,松原昭郎,大段秀樹,腎移植後の残存腎に発生した骨転移を有する腎細胞癌に対しsorafenibを含む集学的治療が奏効した1例,2008.11.7-8,第60回,日本泌尿器科学会西日本総会,北九州

増本弘史,安本博晃,松原昭郎,両側性腎細胞癌の臨床的意義,2008.11.7-8,第60回,日本泌尿器科学会西日本総会,北九州

石田吉樹,亭島 淳,安本博晃,松原昭郎,前立腺癌と尿路上皮癌の重複癌についての臨床的検討,2008.11.7-8,第60回,日本泌尿器科学会西日本総会,北九州

加藤昌生,松原昭郎,過活動膀胱診療に関する医師へのアンケート調査,2008.11.8,第60回,日本泌尿器科学会西日本総会,北九州

三田耕司,石田吉樹,増本弘史,小林加直,長谷川泰久,甲田俊太郎,加藤昌生,亭島 淳,安本博晃,松原昭郎,広島大学病院泌尿器科における腹腔鏡下副腎摘除術,2008.11.11-13,第22回,日本Endourology・ESWL学会総会,大阪

梶原 充,沖 真実,森山浩之,加藤昌生,池田 洋,小児non-monosymptomatic nocturnal enuresisに対するコハク酸ソリフェナシンの治療効果,2008.11.14-16,第58回,日本泌尿器科学会中部総会,大津

長谷川泰久,三田耕司,有広光司,松原昭郎,浅生貴子,沖 健司,碓井 亜,クッシング症候群を呈した副腎black adenomaの1例,2008.11.22,第16回,日本ステロイドホルモン学会学術集会,福井

小林加直,甲田俊太郎,加藤文紀,藤原環,板羽秀之,大毛宏喜,菅井基行,blaIMP-1インテグロンカセットに存在する新規アミノグルコシドアセチルトランスフェラーゼ遺伝子の解析,2008.12.6,第78回,日本感染症学会西日本地方会,広島

甲田俊太郎,小原勝,菅井基行,In113に由来するblaIMP-1インテグルカッセトを含むmobile genetic elementの解析,2008.12.6,第78回,日本感染症学会西日本地方会,広島

増本弘史,加藤昌生,安本博晃,松原昭郎,両側腎・尿管と膀胱に転移した腎細胞癌の一例,2008.12.20,第142回,日本泌尿器科学会広島地方会,広島

長谷川泰久,石田吉樹,甲田俊太郎,三田耕司,松原昭郎,植木哲裕,瀬野康之,中本貴久,巨大尿管ポリープの1例,2008.12.20,第142回,日本泌尿器科学会広島地方会,広島