臨床実習

臨床実習

【目的】
 泌尿器科学は、尿路と精路の疾患を診断し、治療する専門分野の1つである。
なかでも前立腺肥大症、前立腺癌、膀胱癌、腎細胞癌、尿失禁は高齢化社会において増加しており、
さらに近年の内視鏡手術・低侵襲手術の進歩は著しく、臨床医は正しい泌尿器科学の知識を得る必要がある。本実習によって、泌尿器科疾患への理解を深め、臨床医としての全人的医療をめざす。
 
【実習の実際】
 到達目標
 外来実習:外来患者診療を適切に実施できる能力を養う。
 1) 適切な問診がとれる能力と共に、患者心理を理解して問診する態度を身につける。
 2)泌尿器科的身体所見の診察法を修得する。
 3)問診・身体所見に応じて、検査計画を立てる能力を修得する。
 4)泌尿器科外来検査法について、適応や検査法の実際を理解する。
 
 病棟実習:主治医団と行動を共にし、入院患者に対する全身及び局所管理が適切に行えるように、
      基礎知識と技術を養う。
 1)個々の患者に対して、適切な治療計画を立案する。
 2)担当患者に対して入院の原因となった病態の医学的な理解を深め、患者のQOLを考慮した
   全人的なアプローチを学ぶ。
 3)病棟におけるチーム医療の一員として医師のなすべき役割を理解する。
 
 手術室実習:手術手技の基本を学び,泌尿器科疾患の手技について理解する。
 1)一般的な外科手術手技のみではなく,泌尿器科に特有の内視鏡手術を理解する。
 2)主治医団と共に手洗いをし,手術を間近に見ることで泌尿器科疾患の病態に関する理解を
   深める。
 3)術前・術後の患者管理について修得する。
 

担当教官

亭島 淳 准教授       
井上省吾 診療講師
  林 哲太郎 講師

施設の選択
研修は該当する期間に大学と学外施設において行うが、個別に希望を聴取の上、日程を調整、確定する。

学外の教育研修施設と指導責任医師名
1)広島市立安佐市民病院   三田耕司 部長
2)JR広島鉄道病院     橋本邦宏 部長
3)広島西医療センター    奥谷卓也 院長
4)呉医療センター      繁田正信 科長

研修内容
1)研修は広島大学および教育研修施設において研修する。
2)研修期間の2週間のうち1週間を大学病院、1週間を教育研修施設での研修を原則とする。


連絡先:腎泌尿器科学 亭島 淳
内 線:5242
E-mail:matsua@hiroshima-u.ac.jp