トップページにもどる

 

知的社会研究所

Institute for Studies on the Intellect-based Society

(ISIS)

 

11. 「科学者の創造的思考」を阻むもの(1)新聞報道

 

11.1. VERITAS

11.2. 05衆院選に関するおかしな見方(新聞紙上から引用)

11.3. マスメディアの弱点(1)対立をあおる

11.4. マスメディアの弱点(2)「日本の戦後民主主義」を清算できない

11.5. 報道が示す毎日新聞社の構造改革の必要性

 

目次内容の詳細

 

11.1. VERITAS

11.2. 05衆院選に関するおかしな見方(新聞紙上から引用)

  1)山崎正和(劇作家)(「05総選挙、私の見方」毎日8/16/05)

  2)高村薫(作家)(「05総選挙、私の見方」毎日8/18/05)

  3)森嶋幹夫(毎日新聞・論説委員)(「視点、解散・総選挙」毎日8/18/05)

  4)岩見隆夫(毎日新聞・特別顧問)「近聞遠見 『やりすぎ』をめぐって」(毎日8/20/05)

  5)牧太郎(毎日新聞・専門編集委員)(「05年衆院選、何が問われるか」毎日9/6/05)

  6)内田樹(神戸女学院大教授・フランス現代思想)(「風の行方、05衆院選を問う」毎日9/13/05)

  7)服部孝章(立教大教授・メディア法)(「メディアを読む、放送」毎日9/13/05)

  8)松原隆一郎(東京大教授・社会経済学)(「小泉ガリバーの出現、私の見方」毎日9/14/05)

  9)高村薫(作家)(「風の行方、05衆院選を問う」毎日9/14/05)

 10)岩見隆夫(毎日新聞・特別顧問)(「3者座談会、05衆院選をふり返って 衆院選の結果をどうみるか」毎日9/14/05)

 11)野口悠紀雄(早稲田大教授)(「小泉改革の行方、識者に聞く」毎日9/16/05)

 12)武田徹(評論家)(「論点、選挙の結果 こう見る」毎日9/17/05)

 13)大竹文雄(大阪大教授)(「経済論壇から、『二分法』の落とし穴」日経9/25/05)

 14)岩見隆夫(毎日新聞・特別顧問)「近聞遠見 ポピュリストの退場?」(毎日11/5/05)

 15)田中真紀子(衆院議員)(「発言席 『ハーメルンの笛吹き』」毎日11/6/05)

 16)倉重篤郎・毎日新聞政治部長(「インタビュー、政権党の半世紀」毎日11/20/05)

 17)中曽根康弘(元首相)(「インタビュー、政権党の半世紀」毎日11/20/05)

 18)宮沢喜一(元首相)(「インタビュー、政権党の半世紀」毎日11/20/05)

 19)岩見隆夫(毎日新聞・特別顧問)「近聞遠見 亀井静香と中野正剛」(毎日12/17/05)

11.3. マスメディアの弱点(1)対立をあおる

11.4. マスメディアの弱点(2)現実からかけ離れた政府批判

 1)社説「ポストXの06年」(毎日1/1/06)

 2)社説「06年を考える ポスト郵便局」(毎日1/8/06)

 3)福田和也(文芸評論家、慶應大教授)「インタビュー、2006年 私の提言 『小泉後』論 どう総括し、展望するか(6)」(毎日1/13/06)

 4)岩見隆夫(毎日新聞・特別顧問)「近聞遠見 竹中路線が問われる」(毎日1/14/06)

11.5. 報道が示す毎日新聞社の構造改革の必要性

 1)05衆院選の争点は「日本の戦後民主主義」の改革です( 10.3.参照)

 2)「人間社会のパラドックス」を理解していません( 1.7.参照)

 3)「上から下」にできた社会の発想から脱皮できていません( 7.2. 7.3.参照)

 4)「行動の限定合理性」を理解して欲しいし( 10.7.参照)、「科学者の創造的思考」も不足しています( 1.6.参照)

 5)毎日新聞の構造改革が必要です

 6)「開かれた新聞」委員会を置き、委員の意見を掲載しているのは謎です

 

文献一覧

【文献61】Helen Keller、The story of my life (1887-1901), Midstream (1929)、ヘレン・ケラー「わたしの生涯」(岩橋武夫 訳)角川文庫(昭和41);11.1.11.5.

 

トップページにもどる