トップページにもどる

 

知的社会研究所

Institute for Studies on the Intellect-based Society

(ISIS)

 

12. 首相の靖国参拝問題

 

12.1. 靖国問題の背景

12.2. 理解しておくべき経緯

12.3. 中国のひとたちは日本人への怨みをどのようにして乗りこえたか

12.4. 日本人に対するBC級戦犯裁判

12.5. 裁かれずに終わった多くの残虐行為

12.6. 日本人の「一億総懺悔」を腰くだけにした冷戦

12.7. 戦犯に対する「二重基準」の形成

12.8. 大平洋戦争への入り口で日本人に猛省をうながしていた朝河貫一(1)

12.9. 大平洋戦争への入り口で日本人に猛省をうながしていた朝河貫一(2)

12.10. 大平洋戦争への入り口で日本人に猛省をうながしていた朝河貫一(3)

 

目次内容の詳細 

12.2. 12.3. 12.4. 12.5. 12.6. 12.7. 12.8. 12.9. 12.10. 

 

12.1. 靖国問題の背景

1)議論する前に理解しておくべき事項

 (1)中国政府首脳が日本政府首脳に求めていること

 (2)05年4月の中国における大規模な反日デモの真相

2)議論を始める前に確認しておくべきこと

 (1)この問題の本質は倫理である

 (2)ナショナリズムの排除

3)日本国内で「靖国問題」の議論が収束しない原因

 (1)問題は未解決のままである

 (2)重複する複数の要因と歴史への深いかかわり

4)小泉純一郎と安倍晋三との違い

 (1)小泉純一郎

 (2)安倍晋三

5)私が本シリーズで展開する議論の予告

12.2. 理解しておくべき経緯

1)05年4月に中国各地で起こった反日デモの真相

2)小泉首相の靖国参拝が日中問題の焦点となった経緯

3)中国政府は「なぜ靖国参拝に異議を唱えるのか」

 (1)歴史認識について中国が日本に求める基本的なコンセンサス

 (2)これまで両国で形成されてきた基本的なコンセンサス

 (3)コンセンサスに逆行する日本指導者の靖国参拝

 (4)参拝中止を求めているのは首相、官房長官、外相の3人だけ

 (5)「首相の私的参拝」はあり得ない

4)小泉純一郎首相の理解不可能な発言

5)小泉純一郎首相には何か裏の事情があるのか

6)私には理解できない世論の動向

12.3. 中国のひとたちは日本人への怨みをどのようにして乗りこえたか

1)「日中両国政府の基本的なコンセンサス」とは何か

2)保阪正康が抱いた疑問

3)保阪正康が見つけた「周恩来の遺訓」の意味

4)保阪正康が理解した「中国政府が靖国参拝に異議を唱える」理由

5)周恩来が中国の現代史において残した偉大な足跡

6)日本人は「周恩来の遺訓」をどうとらえるべきか

7)中国政府が「周恩来の遺訓」を詳しく説明しない理由

12.4. 日本人に対するBC級戦犯裁判

1)犯罪被害者の心の癒し─罪の裁きと加害者の懺悔

2)BC級戦犯裁判─林博史の優れた業績

 (1)BC級戦犯裁判とはなにか

 (2)BC級戦犯裁判の代表例(1)シンガポール華僑粛清事件

 (3)BC級戦犯裁判の代表例(2)石垣島米兵処刑事件と花岡事件

 (4)裁かれることが少なかった人道に対する罪

 (5)朝鮮や台湾など日本の植民地の人たちへの残虐行為は裁かれなかった

 (6)日本の戦争犯罪はドイツと比較して裁かれることが少なかった、その理由

3)「なぜ、いま戦犯裁判か」

4)中国におけるBC級戦犯裁判

 (1)中国における戦争犯罪は裁かれることが少なかった、その理由

 (2)国民政府(中華民国)のおこなったBC級戦犯裁判

 (3)中華人民共和国のおこなったBC級戦犯裁判─示された裁きの倫理

 (4)我が国の倫理意識のレベルの低さ─日本の新聞報道

5)日本政府の卑劣な行為─植民地の人たちへの差別

12.5. 裁かれずに終わった多くの残虐行為

1)圧倒的多数の残虐行為が裁かれなかった

 (1)女性に対する性暴力

 (2)強制労働の証拠隠滅

 (3)731部隊による人体実験と細菌・毒ガス兵器の使用

 (4)日本の植民地の民衆に対する残虐行為

 (5)民衆に対する残虐行為の計画立案・命令

2)スガモプリズンへの戦犯移送と戦犯への恩典付与

12.6. 日本人の「一億総懺悔」を腰くだけにした冷戦

1)東西の冷戦激化がもたらしたアメリカの対日政策の180度転換

2)マイケル・シャラー教授が語るアメリカの対日「二重封じ込め」政策

3)わたしが描く日本近代史の中の主な出来事

 (1)明治維新からアジア太平洋戦争の敗戦まで

 (2)マッカーサーが行なった戦後初期のリベラルな改革

 (3)アメリカの冷戦戦略の一環であった「日本の安定と再建」政策

 (4)冷戦と異常な円安水準の固定為替レートがもたらした日本の経済成長

 (5)「日本の安定と再建」の経済政策を支えた戦前生き残りの日本の官僚機構

 (6)1973年に独立した日本経済を襲ったバブル経済、その崩壊と平成不況

4)失敗から学ぶための条件

5)戦後の日本経済

6)日本の戦後政治

 (1)日本が失敗から学ぶ機会は冷戦の激化によって奪われた

 (2)社会の右傾化と政治がたどった「逆コース」

 (3)変わり行く世界

 (4)日本のリベラル派

7)「日本の保守層」

 (1)「日本の保守層」が抱く欲求不満

 (2)小泉・竹中改革

 (3)保守の直系の遺伝子をもつ安倍晋三首相

8)教育基本法改正案の衆院における与党強行採決に思う

12.7. 戦犯に対する「二重基準」の形成

1)安倍晋三らの語る「A級戦犯を戦争犯罪人と認めない国内法」は存在しない

2)米国政府の対日「二重封じ込め」政策で日本の政治がたどった「逆コース」

3)東京裁判の不当性を言いつのるナルシシズム

4)すべては1952年に始まった─「A級戦犯に対する二重基準」の形成

5)真摯な反省をした獄中の戦犯たち

6)尾辻秀久・自民党参議院議員(日本遺族会副会長)が語る軍人遺族の苦悩

12.8. 大平洋戦争への入り口で日本人に猛省をうながしていた朝河貫一(1)

1)36年後の祖国・日本の破局を予言し忠告していた朝河貫一の愛国心

2)朝河貫一の略歴と時代的背景

3)日本の運命を予言した在外憂国の士

 (1)歴史家・朝河の信念「人類史を貫く倫理が存在する」

 (2)日露戦争における日本の正義を世界各国に力説してまわった朝河

 (3)世界を背に日本を叱る朝河

4)『日本の禍機』で朝河貫一が日本に対して叫んでいる悲痛な警告

 (1)重要なキーワード

 (2)世界の思想的潮流であった「機会均等」と「清国主権」の「二大原則」

 (3)二大原則を破ったロシアに対する批判

 (4)二大原則を掲げて日露戦争を戦った日本の正義

 (5)日露戦争に勝利するやたちまちロシアになり替わった日本の偽善

5)太平洋戦争へつき進む道と不正をはたらく者の敗北の予言

 (1)日露戦争を戦った日本の正義を世界は支持し勝利を祝福した

 (2)日露戦争の勝利の後で暴露された日本の正義の正体

 (3)東洋における日本の覇権主義は世界的孤立を招く

 (4)日米開戦すれば大義名分は米国にある

 (5)日本の破局を前にして日本人の愛国心に訴える

12.9. 大平洋戦争への入り口で日本人に猛省をうながしていた朝河貫一(2)

1)米国およびアメリカ人について学ぶことの重要性は一世紀たった今も変わらない

 (1)米国を論じる日本人の姿勢によくある誤り

 (2)根拠のない対米批判

2)資本主義による国の腐敗という批判に対する朝河の反論

 (1)米国のもつバイタリティと道義的反発力

 (2)米国社会のもつ再チャレンジの土俵

 (3)ヨーロッパ文明の土台の上に築かれた米国社会

 (4)米国の教育

 (5)米国の学問・研究

3)膨張主義という対米批判に対する反論

4)個人主義という対米批判に対する反論

 (1)情緒や伝説によらず倫理と合理性にもとづく国民感情

 (2)民主国家における愛国心のかたち

 (3)米国人の一大長所であるユーモア

 (4)民主主義に対する強い信仰

 (5)弱小国家に対して同情し援助を与える侠気

12.10. 大平洋戦争への入り口で日本人に猛省をうながしていた朝河貫一(3)

1)本章を終えるにあたって

2)日本の伝統的な武士道に体現されている美徳

 (1)「義に勇むこと」

 (2)堅固の意志

 (3)自重、公平、抑制、礼譲

 (4)沈毅、深慮、反省

3)近代文明国家に求められる国民的レベルの知と倫理

 (1)一般人の反省力(義を行う能力)が国家の危機を防ぐ

 (2)一般人の反省力(義を行う能力)を国民的反省力に発展させよ

 (3)国家が不正を働くことを批判すると非愛国者とされる日本の現状

 (4)国家は率先して正しい愛国心を国民に示すべきである

トップページにもどる