知的社会研究所(内山敬康)

文献総一覧

トップページにもどる

【文献1】Karel van Wolferen, The Enigma of Japanese Power; People and Politics in a Stateless Nation, Macmillan London Limited (1989)、カレル・ヴァン・ウォルフレン「日本/権力構造の謎」(上・下)(篠原勝訳、大久保慶の/カーティス・エバハード翻訳協力)早川書房(1990);1.21.4

【文献2】Karel van Wolferen, The False Realities of a Politicized Society、カレル・ヴァン・ウォルフレン「人間を幸福にしない日本というシステム」(篠原勝訳)毎日新聞社(1994);1.2

【文献3】Karel van Wolferen, To the Japanese Intellectuals、カレル・ヴァン・ウォルフレン「日本の知識人へ」(西岡公、篠原勝、中村保男訳)窓社(1995);1.24.2

【文献4】Karel van Wolferen, BourgeoisieThe Missing Element in Japanese Political Culture、カレル・ヴァン・ウォルフレン「怒れ!日本の中流階級」(鈴木主税訳)毎日新聞社(1999);1.21.5

【文献5】猪瀬直樹「日本国の研究」文芸春秋社(1997);1.31.41.1010.4

【文献6】Alex Kerr, Dogs and Demons, Hill and Wang (2001)、アレックス・カー「犬と鬼─知られざる日本の肖像」講談社(2001);1.41.101.11

【文献7】小池洋次「政策形成の日米比較 官民の人材交流をどう進めるか」中公新書(1999);1.51.71.91.101.117.57.77.93.3

【文献8】キャサリン・グラハム「わが人生」(小野善法訳)TBSブリタニカ(1997);1.5

【文献9】秦(はだ)由実子「変わりゆくイギリスの大学」学文社(2001);1.51.101.117.4Blog.12

【文献10】Jared Diamond, Guns, Germs, and SteelThe Fates of Human Societies, W.W.Norton (1997)、ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」(上・下)(倉骨彰訳)草思社(2000);1.61.11

【文献11】Jared Diamond, Evolution, consequences and future of plant and animal domestication, Nature 418, 700-7 (2002)1.7

【文献12】Bertrand Russell, The practice and theory of bolshevism, George Allen & Unwin (1920)、バートランド・ラッセル「ロシア共産主義」(河合秀和訳)みすず書房(1990);1.812.8Blog.7

【文献13】Amartya Sen, Beyond the CrisisDevelopment Strategies in Asia, Institute of Southeast Asia Studies (1999)、アマルティア・セン「貧困の克服─アジア発展の鍵は何か」(大石りら訳)集英社新書(2002);1.8

【文献14】Bertrand Russell, Authority and The Individual, George Allen & Unwin (1949)、バートランド・ラッセル「権威と個人」(江上照彦訳)社会思想研究会出版部(1951);1.8

【文献15】小島朋之「中国現代史 建国50年、検証と展望」中公新書(1999);1.912.3

【文献16】Zbigniew Brzezinski, The Grand FailureThe Birth and Death of Communism in the Twentieth Century, Macmillan Publishing Co. (1988)、ズビグネフ・ブレジンスキー「大いなる失敗─20世紀における共産主義の誕生と終焉」(伊藤憲一訳)飛鳥新社(1989);1.9

【文献17】中山 茂「帝国大学の誕生─国際比較の中での東大」中公新書(1978);1.103.3

【文献18】木原誠二「英国大蔵省から見た日本」文芸春秋(2001);1.101.117.57.73.3

【文献19】Andrew White, The Warfare of Science (1876); A History of the Warfare of Science with Theology in Christendom (1896)、アンドリュー・ホワイト「科学と宗教との闘争」(森島恒雄訳)岩波書店(1968)では前者を台本にし後者も取り入れている;1.103.2

【文献20】ハロラン芙美子『アメリカ精神の源「神のもとにある国」』中公新書(1998);1.107.11

【文献21】James A. Smith, THE IDEA BROKERSTHINK TANKS AND THE RISE OF THE NEW POLICY ELITE, The Free Press (1991)、ジェームズ・A・スミス「アメリカのシンクタンク─大統領と政策エリートの世界」(長谷川文雄、石田肇、ボストン・フューチャー・グループ訳)ダイヤモンド社(1994);1.107.5

【文献22】Max Weber, Die protestantische Ethik und der Geistdes Kapitalismus, Gesammelte Aufsatze zur Religionssozioligie, Bd.1, 1920, SS.17-206、マックス・ヴェーバー「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(大塚久雄訳)岩波書店(1989);1.107.610.7Blog.5Blog.73.23.3

【文献23】黒田玲子「科学を育む」中公新書(2002);1.11

【文献24】内山敬康「大学化学の基礎」共立出版(1991);4.46.2Datsu.3.2Datsu.3.3Blog.14

【文献25】David Sloan Wilson, The struggle to evolve complexity, a book review on "The Cooperative Gene: How Mendel's demon explains the evolution of complex beings", Mark Ridley, Free Press (2000), Bioessays 25, 189-90 (2003)6.2

【文献26】Richard E. Dickerson, Irving Geis, The Structure and Action of Proteins, Harper & Row Publishers (1969)RE・ディカーソン、I・ガイス「タンパク質の構造と作用」(山崎 誠、赤沼宏史、野村晃司、諸井将明、黒田和史、共訳)共立出版(1975);4.46.2Blog.14

【文献27】Paul Johnson, A History of the American People, HarperCollins Publishers, Inc. (1997)、ポール・ジョンソン「アメリカ人の歴史」(IIIIII)(別宮貞徳、べっく さだのり、訳)共同通信社(2001);6.36.46.56.66.76.97.27.37.67.118.18.412.9Blog.7Blog.83.2

【文献28】Paul Johnson, A History of Christianity, The Orion Publishing Group Ltd. (1976)、ポール・ジョンソン「キリスト教の2000年」(上、下)(別宮貞徳、べっく さだのり、訳)共同通信社(1999);6.86.96.107.27.67.118.412.9

【文献29】Paul Johnson, The Quest for God: A Personal Pilgrimage, The Orion Publishing Group Ltd. (1996)、ポール・ジョンソン「神の探究」(高橋照子 訳)共同通信社(1997);6.108.4

【文献30】Jared Diamond, Why is sex fun? Orion Publishing Group Ltd. (1997)、ジャレド・ダイアモンド「セックスはなぜ楽しいか」(長谷川寿一 訳)草思社(1999);6.10

【文献31】Samuel Coleman, Japanese ScienceFrom the Inside、サミュエル・コールマン「検証 なぜ日本の科学者は報われないのか」(岩舘葉子 訳)文一総合出版(20027.37.57.93.3

【文献32】三谷 博「ペリー来航」吉川弘文館(2003);7.37.8

【文献33】中村修二「怒りのブレイクスルー」集英社(2001);7.4Blog.12

【文献34】Simon Singh, The Code Book, The Science of Secrecy from Ancient Egypt to Quantum Cryptography、サイモン・シン「暗号解読、ロゼッタストーンから量子暗号まで」(青木薫 訳)新潮社(2001);4.37.4

【文献35】Simon Singh, Fermat's Last Theorem, The story of a riddle that confounded the world's greatest minds for 358 years、サイモン・シン「フェルマーの最終定理、ピタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで」(青木薫 訳)新潮社(2000);7.4

【文献36】Alice Wexler, Mapping Fate, A Memoir of Family, Risk, and Genetic Research、アリス・ウェクスラー「ウェクスラー家の選択、遺伝子診断と向き合った家族」(武藤香織、額賀淑郎 訳)新潮社(2003);7.5

【文献37】Donna Williams, Nobody Nowhere、ドナ・ウィリアムズ「自閉症だったわたしへ」(河野万里子 訳)新潮文庫(2000);7.4Blog.13

【文献38】Max Weber, Wissenschaft als beruf、マックス・ウェーバー「職業としての学問」(尾高邦雄 訳)岩波文庫(1936);7.6

【文献39】吉野源三郎「君たちはどう生きるか」新潮社(1937);復刊、岩波文庫(1982);7.6

【文献40】Albert Camus,Noces”“Le Mythe de Sisyphe(Gallimard)、アルベール・カミュ「結婚・シジフォスの神話」カミュ著作集5(窪田啓作、矢内原伊柞 訳)新潮社(1957);7.6

【文献41】松田道雄「君たちの天分を生かそう」筑摩書房(1962);7.6

【文献42】内山 節(たかし)「哲学の冒険」毎日新聞社(1985);7.6

【文献43】寺島実郎「脅威のアメリカ 希望のアメリカ」岩波書店(2003);7.8

【文献44】養老孟司「バカの壁」新潮新書(2003);7.10

【文献45】Angus Armitage, Sun stand thou still (1947)A. アーミティジ「太陽よ、汝は動かず─コペルニクスの世界─」(奥住喜重 訳)岩波新書(1962);4.37.10

【文献46】F. M. Cornford, Before and After Socrates (Cambridge, 1932)F. M. コーンフォード「ソクラテス以前以後」(山田道夫 訳)岩波文庫(1995);7.10

【文献47】大貫 隆「イエスという経験」岩波書店(2003);7.11

【文献48】橋本左内「国民学校一年生」新日本出版社(1994);4.2

【文献49】京大新聞史編集委員会編「権力にアカンベー!─京都大学新聞の六五年」草思社(1990);4.2

【文献50】土居健郎『「甘え」の構造』弘文堂選書(1971);4.24.4

【文献51】林 道義「父性の復権」中公新書(1996);4.2

【文献52】M. Scott PeckPEOPLE OF THE LIESimon & Schuster, Inc. (1983)M・スコット・ペック「平気でうそをつく人たち─虚偽と邪悪の心理学」(森 英明訳)草思社(1996);4.24.4

【文献53】Erich FrommTHE HEART OF MANIts Genius for God and EvilHarper & Row (1964)、エーリッヒ・フロム「悪について」(鈴木重吉訳)紀伊国屋書店(1965);4.24.4

【文献54】Lewis Wolpert, Allison RichardsA PASSION FOR SCIENCEOxford University Press (1988)、ルイス・ウルパート、アリソン・リチャーズ「科学に魅せられた人びと」(牧野賢治訳)東京化学同人(1991);4.3

【文献55】Gordon M. Barrow, Physical Chemistry for the Life Sciences, McGraw-Hill (1974)、「生命科学のための物理化学」(野田春彦訳)東京化学同人、第1版、第2刷(1976);4.4

【文献56】Andre Maurois, La Vie de Sir Alexander Fleming, Librairie Hachette、アンドレ・マルロー「フレミングの生涯」(新庄嘉章、平岡篤頼 訳)新潮社(1959);4.4Blog.14

【文献57】Sylvia Nasar, A BEAUTIFUL MIND: Genius, Madness, Reawakening The Life of John Nash、「ビューティフル・マインド─天才数学者の絶望と奇跡」(塩川 優訳)新潮社(2002);4.4

【文献58】Erich Fromm, TO HAVE OR TO BE? Harper & Row (1976)、エーリッヒ・フロム「生きるということ」(佐野哲郎訳)紀伊国屋書店(1977);4.4

【文献59】M. Scott Peck, THE ROAD LESS TRAVELED, Simon & Schuster (1978)M. スコット・ペック「愛と心理療法」(氏原 寛、矢野隆子 訳)創元社(1987);4.4

【文献60】John Fitzgerald Kennedy、ジョン・F・ケネディ「勇気ある人々」(下島連 訳)日本外政学会(昭和38);10.7

【文献61】Helen Keller, The story of my life (1887-1901), Midstream (1929)、ヘレン・ケラー「わたしの生涯」(岩橋武夫 訳)角川文庫(昭和41);11.111.512.3Blog.13

【文献62】保阪正康「周恩来の『遺訓』を無視する首相の靖国参拝」「現代」7月号、pp.84-932005);12.212.5

【文献63】林博史「BC級戦犯裁判」岩波新書(2005);12.412.7

【文献64】朱建栄「毛沢東の朝鮮戦争 中国が鴨緑江を渡るまで」岩波現代文庫(2004);12.6

【文献65】朝河貫一「日本の禍機」講談社学術文庫(1987);12.812.912.10Blog.7Datsu.2

【文献66】須藤眞志「ハル・ノートを書いた男 日米開戦外交と『雪』作戦」文芸春秋(1999);Blog.7Blog.8

【文献67】松尾尊(たか)よし「大正デモクラシー」岩波書店(1974);Blog.7

【文献68】半藤一利「昭和史 1926-1945」平凡社(2004);Blog.7

【文献69】臼井勝美「満州事変 戦争と外交と」中公新書(1974);Blog.7

【文献70】Henri MichelLES MOUVEMENTS CLANDESTINS EN EUROPEQUE SAIS-JE?1961)アンリ・ミシェル「地下抵抗運動」(霧生和夫 訳)文庫クセジュ、白水社(1962);8.1

【文献71】Jeremy RifkinThe European Dream」(2004)ジェレミー・リフキン「ヨーロピアン・ドリーム」(柴田祐之 訳)NHK出版(2006 );8.18.28.4Yasukuni.3

【文献72】中西俊裕「中東和平 歴史との葛藤‐混沌の現場から」日本経済新聞社(2006);8.28.3

【文献73】John J. Mearsheimer & Stephen M. WaltTHE ISRAERL LOBBY AND U.S. FOREIGN POLICYFarrar, Straus and Giroux2007)ジョン・J・ミアシャイマー、スティーヴン・M・ウォルト「イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策(III)」(副島隆彦 訳)講談社(2007);8.2

【文献74】Arthur M. Schlesinger, Jr.WAR AND THE AMERICAN PRESIDENCYW. W. Norton & Company, Inc.2004)アーサー・シュレジンガー、Jr.「アメリカ大統領と戦争」(藤田文子・藤田博司 訳)岩波書店(2005);8.2

【文献75】Hermann Beckh BuddhismusBuddha und seine Lehre)」Sammlung Goeschen1928)ベック「仏教(上、下)」(渡辺照宏 訳)岩波書店(2000);8.2

【文献76】イエス「山上のすい訓」「新訳聖書」マタイ伝、第5章‐第7章;8.2 8.4 Blog.13 Datsu.2 Yasukuni.1 Yasukuni.2 Yasukuni.3

【文献77】芥川龍之介「くもの糸」、「くもの糸・杜子春(新装版)‐芥川龍之介短編集」講談社 青い鳥文庫(2007);8.28.4

【文献78】中村圭志「信じない人のための<宗教>講義」みすず書房(2007);8.2

【文献79】片山杜秀「近代日本の右翼思想」講談社選書メチエ(2007);8.2

【文献80】Al GoreTHE ASSAULT ON REASONPenguin Press2007)アル・ゴア「理性の奪還 もうひとつの『不都合な真実』」(竹林卓 訳)ランダムハウス講談社(2008);8.2

【文献81】近藤孝弘「国際歴史教科書対話」中公新書(1998);8.2Yasukuni.3

【文献82】Paul JohnsonA History of the Jews(Weidenfeld & Nicolson, London/Harper & Row, New York, 1987) ポール・ジョンソン「ユダヤ人の歴史(上・下)(石田友雄 監修、阿川尚之、池田潤、山田恵子 訳)徳間書店(1999);8.38.4

【文献83】Paul JohnsonA History of the Jews(Weidenfeld & Nicolson, London/Harper & Row, New York, 1987) ポール・ジョンソン「ユダヤ人の歴史(現代篇)(石田友雄 監修、阿川尚之、池田潤、山田恵子 訳)徳間文庫(2006);8.38.4Blog.13

【文献84】David A. Vise and Mark MalseedTHE GOOGLE STORY(Random House, Inc., 2005) デビッド・ヴァイス、マーク・マルシード「Google 誕生―ガレージで生まれたサーチ・モンスター」(田村理香 訳)イースト・プレス(2006);Blog.9Blog.12Blog.13PanCan.1

【文献85】Melvyn A. Goodale and David MilnerSIGHT UNSEEN, An Exploration of Conscious and Unconsious Vision(Oxford University Press, 2004)メルヴィン・グッデイル、デイヴィッド・ミルナー「もうひとつの視覚、<見えない視覚>はどのように発見されたか」(鈴木光太郎、工藤信雄 訳)新曜社(2008);Blog.13

【文献86】Andrew ParkerIN THE BLINK OF AN EYE, The Cause of the Most Dramatic Event in the History of Life(The Free Press, 2003)アンドリュー・パーカー「眼の誕生、カンブリア紀大進化の謎を解く」(渡辺政隆、今西康子 訳)草思社(2006);Blog.13

【文献87】堂目卓生「アダム・スミス 道徳感情論と国富論の世界」中公新書(2008);3.13.2

【文献88】日本経済新聞社編「経済学 名著と現代」日本経済新聞出版社(2007);3.13.23.3

【文献89】上山隆大「アカデミック・キャピタリズムを超えて―アメリカの大学と科学研究の現在」NTT出版(2010);3.3

【文献90】五味文彦・鳥海靖編「もういちど読む山川日本史」山川出版社(2009);3.3

【文献91】Raghuram G. Rajan and Luigi Zingales Saving Capitalism from the Capitalists: unleashing the power of financial markets to create wealth and spread opportunity」(Crown Business, 2003) ラグラム・ラジャン、ルイジ・ジンガレス「セイヴィング キャピタリズム」(堀内昭義、アブレウ聖子、有岡律子、岡村正悟 訳)慶応大学出版会(2006);3.3

【文献92】George A. Akerlof and Robert J. ShillerANIMAL SPIRITS: How Human Psychology Drives the Economy and Why It Matters for Global Capitalism」(Princeton University Press, 2009)、ジョージ・A・アカロフ、ロバート・J・シラー「アニマルスピリット、人間の心理がマクロ経済を動かす」(山形浩生 訳)東洋経済新報社(2009Datsu.2

【文献93】John Maynard KeynesTHE GENERAL THEORY OF EMPLOYMENT. INTEREST AND MONEY」(Macmillan, 1936)、ケインズ「雇用、利子および貨幣の一般理論(上・下)」(間宮陽介 訳)岩波文庫(2008);Datsu.2

【文献94】深沢七郎「楢山節考」新潮文庫(1964);Datsu.2

【文献95】本田創造「アメリカ黒人の歴史」岩波新書(1964);Datsu.2

【文献96】Alan Greenspan The Age of Turbulence: Adventures in a New World」(The Penguin Press, 2008)、アラン・グリーンスパン「波乱の時代(特別版) サブプライム問題を語る」(山岡洋一 訳)日本経済新聞出版社(2008);Datsu.3.4Kanwa.1

【文献97】Benoit B. Mandelbrot and Richard L. Hudson THE (MIS)BEHAVIOR OF MAEKETS: A Fractal View of Risk, Ruin, and Reward」(Basic Books, 2004)、ベノワ・B・マンデルブロ、リチャード・L・ハドソン「禁断の市場 フラクタルで見るリスクリターン」 (高安秀樹 監訳、雨宮絵理、高安美佐子、冨永義治、山崎和子 訳)東洋経済新報社(2008);Datsu.3.4

【文献98】松本光正「血圧心配症ですよ!」本の泉社(2009);Blog.14

【文献99】Andrew WeilHealth and Healing」(Houghton Mifflin, 1983)、アンドルー・ワイル「人はなぜ治るのか」(上野圭一 訳)日本教文社(1989);Blog.14

【文献100】浜 六郎「高血圧は薬で下げるな!」角川書店(2009);Blog.14

【文献101】Walter IsaacsonSTEVE JOBS: THE BIOGRAPHY」(International Creative Management, Inc., 2011)、ウォルター・アイザックソン「スティーブ・ジョブズ II」(井口耕二 訳)講談社(2011);PanCan.1

【文献102】河口洋行「医療の経済学―経済学の視点で日本の医療政策を考える」(日本評論社(2009PanCan.1

【文献103】Chris AndersonFREE: The Future of a Radical Price(2009)、クリス・アンダーソン「フリー<無料>からお金を生み出す新戦略」(高橋則明 訳)NHK出版(2009PanCan.1

【文献104】近藤 誠「先進医療はカネの無駄」(文芸春秋、2012年10月号)PanCan.2

【文献105】近藤 誠「がん放置療法のすすめ 患者150人の証言」文春文庫(2012PanCan.2

【文献106】近藤 誠+イデアフォー「再発・転移の話をしよう」三省堂(2003PanCan.2

【文献107】近藤 誠「抗がん剤は効かない」文芸春秋(2011PanCan.3PanCan.4

【文献108】Bruce Alberts, et al.ESSENTIAL CELL BIOLOGY, Third Edition」(Garland Science, Taylor & Francis Group, LLC, 2010)、アルバーツ、他「Essential 細胞生物学、第3版」(中村桂子、松原謙一、監訳)南江堂(2011PanCan.2

【文献109】長尾和宏「在宅医が教える看取りの常識、非常識」(文芸春秋、2012年9月号)PanCan.3

【文献110】長尾和宏「平穏死 10の条件」ブックマン社(2012PanCan.3

【文献111】奥野修司「緩和ケア医師、余命十ヶ月の決断」(文芸春秋、2012年6月号)PanCan.4

【文献112】リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー 永井清彦訳「新版 荒れ野の40年―ヴァイツゼッカー大統領ドイツ終戦40周年記念演説」、岩波ブックレット No. 767(岩波書店、2009)Yasukuni.3

【文献113】リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー 永井清彦編訳「言葉の力 ヴァイツゼッカー演説集」、岩波現代文庫 社会193(岩波書店、2009) Yasukuni.3

【文献114】中日新聞社編 永井清彦訳「ヴァイツゼッカー日本講演録 歴史に目を閉ざすな」(岩波書店、1996) Yasukuni.3

【文献115】リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー「ヴァイツゼッカー回想録」(岩波書店、1998) Yasukuni.3

【文献116】ルース・ベネディクト「菊と刀」、IBCオーディオブックス(IBCパブリッシング、2011) Yasukuni.3

【文献117】藻谷浩介「デフレの正体―経済は「人口の波」で動く」(角川oneテーマ21、2010)Kanwa.1Kanwa.

【文献118】藻谷浩介、河野龍太郎、小野善康、萱野稔人「金融緩和の罠」(集英社新書、2013)Kanwa.1

【文献119】ベン・バーナンキ「連邦準備制度と金融危機 バーナンキFRB理事会議長による大学生向け講義録」(一灯社、2012)Kanwa.1

【文献120】伊東光晴「アベノミクス批判 四本の矢を折る」(岩波書店、2014)Kanwa.1

【文献121】伊藤 真「憲法の力」(集英社新書、2007)Anpohousei.2

【文献122】君塚正臣 編著「比較憲法」(ミネルヴァ書房、2014)Anpohousei.3

 

トップページにもどる