医療と倫理を考える会・広島
本文へジャンプ

例会開催案内


第103回 医療と倫理を考える会・広島 例会

ポスター(PDF)  


と き  令和元年 6月20日(木) 18:00~20:00
ところ  広島大学霞キャンパス広仁会館2F大会議室
      広島市南区霞1-2-3   
内 容

 
 テ ー マ  : 喫煙対策の倫理 


 話題提供者 : 
津谷 隆史 先生 
        広島県医師会 副会長
        津谷内科呼吸器科クリニック 理事長


 講演要旨 :

 男性の3割が未だに喫煙者である日本では,他の先進国からみると喫煙に対して容認する国民は多い。喫煙対策の基本は,防煙,禁煙,分煙と言われてきたが,分煙に関しては,完全に喫煙の害を防止できないため,早急の受動喫煙対策が必要になってきた。今般,改正健康増進法が制定され,2020年に向けた受動喫煙防止対策が実施される。それに伴い,広島県でも受動喫煙防止に関する条例を見直すことになった。

 特に,子どもや妊婦には,受動喫煙による健康被害は計り知れないものがある。公共性の高い官公庁,学校における敷地内全面禁煙はもとより,通学路に面しているコンビニ店外の喫煙所,未成年が出入りする飲食店,その他子どもや妊婦を取り巻くあらゆる場所,場面での全面禁煙,受動喫煙防止対策が必須である。


主 催   医療と倫理を考える会・広島 
後 援   広島県、広島市
参加費   500円 (学生無料)
問い合わせ   
    電話 : (082) 257-5082
    FAX : (082) 257-5084
    E-mail: 

広仁会館は広島大学病院(霞キャンパス)構内にあります。
病院へのアクセスはこちら 、広仁会館の場所はこちらをご覧下さい。



 



Copyright:医療と倫理を考える会・広島