"Toward a New Class Magnetism by Chemically-controlled Chirality" - Grants-in-Aid for Scientific Research [KAKENHI] (S) -
"A Consortium to Exploit Spin Chirality in Advanced Materials" -JSPS Core-to-Core Program, A. Advanced Research Networks-

Papers (Magazines/Books)

2020年

Book Title : The Beauty and Fascination of Science

Author: Anatoly L. Buchachenko, Translated by Berdinskiy, V., Inoue, K.

2019年

“Chiral soliton lattice formation in monoaxial helimagnet Yb(Ni1-xCux)3Al9

Takeshi MATSUMURA、Shinji MICHIMURA、Toshiya INAMI
Journal of JSSRR, 32, 5, Sep. 2019, p.239  C/H

“πラジカルがつくる新たな幾何構造-ダイヤモンドより魅力的!?”

Naoto TSUCHIYA、Katsuya INOUE
月刊化学, 74, 2, 2019, 66-67  (ns/C/H)

2018年

“ナノ空間領域の構造と近接場光のキラリティ”

Hiromi OKAMOTO
レーザー研究 46, 187–191, 2018

2017年

“固体中電子の磁性再考: 大統一理論”

小形正男、松浦弘泰
固体物理 2017年 10月号(vol. 52) P.521 ~537 (ns/C/nh)

2016

“キラル磁性のスピントロニクスへの応用”

戸川欣彦
化学工業 Vol. 67, No.3, 33-40 (2016)
2月17日

“スピン軌道相互作用と多体効果の協奏”C

松浦弘泰、三宅和正
固体物理 2016年 2月号

2015

“キラル磁性を用いた革新的情報処理磁気デバイスの創製”

戸川欣彦
ケミカルエンジニヤリング 61(1), 47-52 (2016)
12月25日

“キラルソリトン格子におけるスピン位相コヒーレンスの制御”

戸川欣彦
まぐね 10(4), 199-205 (2015)
8月1日

PAGE TOP