うじらぼアイチャッチ

【2016年度ゼミ生】(平成29年度)

2017ゼミ生の様子
ゼミ生(学部4年)
磯 美佳子
大宅 健太郎
栃木 隆宏
林崎 恵
藤村 彩音
ゼミ生(学部3年)
十河 佐知
今津 麻衣
鷲見 千晴
鶴田 皓子
大谷 唯
高木 新太
ゼミ生(大学院博士前期課程2年)



ゼミ生(特別支援教育特別専攻科)
なし


ゼミ生(研究生)
劉 丹奇
史 佳炜
鄧 佳媛

【2016年度ゼミ生】(平成28年度)

2016年研究室メンバー
ゼミ生(学部4年)
池畑 友美
加茂 紗都子
町田 光翼
藤田 真美子
ゼミ生(学部3年)
磯 美佳子
大宅 健太郎
栃木 隆宏
林崎 恵
藤村 彩音
ゼミ生(大学院博士前期課程2年)



ゼミ生(特別支援教育特別専攻科)
鈴木 瑛莉子


【2015年度ゼミ生】

2015年研究室メンバー
ゼミ生(学部4年)
和田恵理子
河野友架
田中志奈
菊輪 舞
ゼミ生(学部3年)
池畑 友美
加茂 紗都子
町田 光翼
藤田 真美子
ゼミ生(大学院博士前期課程2年)
佐々木良治


ゼミ生(特別支援教育特別専攻科)
梶 聖弥


ゼミ生(大学院研究生)
郭 晶


副指導学生(大学院博士前期課程)
菊池 志乃
山本 奈々
新井 菜月
門脇 弘樹
研究室での行事
歓迎会(2015/6/20)
忘年会()
送別会()

【2014年度ゼミ生】

2013年研究室メンバー
ゼミ生(学部4年)
古山和葉
落石美菜子
ゼミ生(学部3年)
和田恵理子
河野友架
田中志奈
菊輪 舞
ゼミ生(大学院博士課程前期1年)
佐々木良治


研究室での行事
歓迎会()
忘年会()
送別会()

【2013年度ゼミ生】

2013年研究室メンバー
ゼミ生(学部4年)
亀井里美
松下萌
城田花弥
瀬尾勇規
藤平怜
ゼミ生(学部3年)
古山和葉
落石美菜子
研究室での行事
研究室歓迎会(2013/05/10)

【2012年度ゼミ生】

2012年研究室メンバー
ゼミ生(学部4年)
北村あずさ
桑原竜太
ゼミ生(学部3年)
亀井里美
松下萌
城田花弥
瀬尾勇規
藤平怜

【2011年度】

ゼミ生(学部3年)
北村あずさ
桑原竜太
研究室での行事
視覚障害リハビリテーション研究発表大会参加(2011/08/)
プチクリスマス会(2011/12/)
プチ忘年会(2011/12/)
第52回弱視教育研究全国大会(香川県)(牟田口研合同)(2012/1/)
第5回西日本視覚障害児教育研究会(大阪教育大学)(牟田口研合同)(2012/2/)
東京研修旅行(牟田口研合同)(2012/2/) クリスマス会の写真

【大学院生を歓迎します】

氏間研究室では,見えにくさを科学的に分析し,より効果的な外的・内的条件整備の確立をめざした研究を行っています。それは,基礎的な視知覚実験をベースにした研究から,実践的な教材開発・指導法開発の研究までを対象にしています。

このようなテーマで研究を行いたい大学院生を募集しています。博士前期課程では主指導教員として,博士後期課程では副指導教員としての指導が可能です。

卒業論文・終了論文題目一覧(平成24年度から)

平成26年度(2014)

卒業論文

和田恵理子
河野友架
田中志奈
菊輪 舞

卒業論文

卒業論文

平成26年度(2014)

卒業論文

弱視者の読書について
古山 和葉
弱視者の視覚補助具について
落石 美菜子
平成25年度(2013)

卒業論文

据置型拡大読書器調査
亀井里美
視覚障害を有する生徒の学習への電子教材の可能性
松下萌
視覚障害幼児用感覚訓練プログラムを盛り込んだ「さわる絵本」の作成と評価
城田花弥
文字拡大時の文章の読みやすさについて
瀬尾勇規
Visual Stressの評価に関する研究
藤平怜
平成24年度(2012)

卒業論文

視覚障害特別支援学校における歩行指導
北村あずさ
板書の文字サイズとチョーク色が読速度に与える影響について
桑原竜太

【氏間研究室のゼミ生が生んだ研究】

氏間研究室で卒業論文や修士論文を作成したみなさんの先輩の中には,以下のように学会や研究会等で発表したり,論文としてまとめて学術雑誌に掲載したりと,活躍しています。

みなさんも,私たちと一緒に「大学生らしい学び(study)」を通して,研究活動を行い,教育実践を適切に分析する力を身に付け,その成果を発表や印刷物として残してみませんか?

卒業論文から生まれた研究

論文として出版された研究

  • 鈴木麻央・氏間和仁 (2011) 視野の広さが分数の計算に及ぼす影響. 弱視教育, Vol.49, No.1, 9-12. 2011/06.
  • 氏間和仁・濱野仁暢・副島由美 (2011) Visual Stressと関連要因の研究,日本ロービジョン学会誌, Vol. 10, pp.86-90, 2011.3.31.
  • 桑原竜太・氏間和仁・牟田口辰己 (2013) 板書の文字サイズとチョーク色が読速度に与える影響についてー低視力シミュレーション下での基礎的実験ー. 弱視教育, 51(3), pp1-8. 2013-12

学会等で発表された研究

  • 氏間和仁・濱野仁暢, 弱視児のVisual Stress. 第12回日本ロービジョン学会学術総会プログラム・抄録集, 104, 会期:2011/6/3-5, 場所北九州市, 北九州国際会議場.
  • 本沖萌美・氏間和仁, シミュレーションゴーグルを用いた手持ち式拡大鏡の訓練効果. 第12回日本ロービジョン学会学術総会プログラム・抄録集, 83, 会期:2011/6/3-5, 場所北九州市, 北九州国際会議場.
  • 本沖萌美・氏間和仁, ロービジョン児を対象にした拡大鏡の訓練効果-1事例検討―. 第12回日本ロービジョン学会学術総会プログラム・抄録集, 84, 会期:2011/6/3-5, 場所北九州市, 北九州国際会議場.
  • 鈴木麻央・氏間和仁・高橋信行, 移動窓サイズが計算に与える影響. 第12回日本ロービジョン学会学術総会プログラム・抄録集, 102, 会期:2011/6/3-5, 場所北九州市, 北九州国際会議場.
  • 鈴木麻央・氏間和仁, 視野の広さが分数の計算に及ぼす影響, 第52回弱視教育研究全国大会抄録集, 6-7, 於:大阪国際障害者交流センター, 会期:2011/1/13-14.
  • 湯地陽香・氏間和仁 (2012) 読書速度及び臨界文字サイズに及びす要因にかんする研究-文章の長さと読み回数-. 第13回日本ロービジョン学会学術総会プログラム/抄録集, p112 時:2012-10-6,7,於:文京シビックホール(東京)
  • 瀬尾勇規・氏間和仁 (2013) 文字拡大時の文章の読みやすさについて-固定線幅と比例線幅の比較-. 第14回日本ロービジョン学会学術総会抄録集, 104.(2013/10/11-12, 倉敷芸文館).