英語文学教材と第2言語習得の関係を探る

このホームページは、広島大学大学院教育学研究科英語教育学講座所属の西原貴之によるものです。
Since 2009.11.5

文学教材は、第2言語学習(英語教育)の手段として長い間用いられてきました。今日では、メディアの発達などで、文学教材以外にも多くのものが第2言語学習(英語学習)の手段として利用することが可能となりました。文学教材は今なお利用されているわけですが、果たして第2言語習得にどのように貢献するものなのでしょうか?このことについては各人が様々な考えを持っていると思いますが、実際のところはまだ明らかになっていません。このページでは、理論やデータに基づいて、特に日本人による英語学習を想定しながら、英語文学教材読解と第2言語習得の関係を探ってみたいと思います。まだまだ修行中です。

☆最近の更新☆
2019年度(令和元年度)前期の時間割を掲載しました
☆メニュー☆

    ●自己紹介

   ●授業


   ●研究
     ★学会発表
     ★論文・著書
     ★研究ノート
     ★読書ブログ
(英教育学・文学理論・言語理論の接点でもがく研究者の読書日記 エクリチュールの気まぐれ)

   ●英語学習サイト

   ●所属講座HP