広島大学 大学院 統合生命科学研究科 分子遺伝学研究室 落合グループのウェブサイトです。

当グループでは、マウス胚性幹(ES)細胞をモデルとして、ゲノム編集技術、 ライブイメージング、細胞生物学を組み合わせた新しい実験手法を利用して、転写バーストと呼ばれる現象の制御機構の解明を目指しています。また、マウスES細胞における遺伝子発現量の細胞間多様性の分子機構の解明に取り組んでいます。また、ゲノム編集ツールZFNの効率的作製技術の開発も進めています。

学部生、大学院生、博士研究員を募集中です。研究内容、教育方針に関してより詳しく知りたい方は落合までお問い合わせください


NEWS